kyoumo3456のブログ さん プロフィール

  •  
kyoumo3456のブログさん: kyoumo3456のブログ
ハンドル名kyoumo3456のブログ さん
ブログタイトルkyoumo3456のブログ
ブログURLhttps://kyoumo3456.muragon.com/
サイト紹介文ネット上の英字新聞から、気になった記事を取り上げています。 英文とともに、私の感想も発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2017/03/28 09:18

kyoumo3456のブログ さんのブログ記事

  • 経済成長 外国人頼み ?
  • 来年4月から5年間に、外国人を26万人から34万人を「労働者」として受け入れる。 深刻な労働者不足に対処するため。 野党は、急な法案つくりのために、資料に欠陥がると、提出された法案に反対の構え。 関係者によると、この5年間の「労働者不足数は130万人から135万人とされ、2019年度だけでも33,000人から47,000人の受け入れが予測されている。 それも、実際は、60万人以上の不足が予想 [続きを読む]
  • 回転寿司 世界をまわる
  • ユニークな中小企業の集まるまち、と知られる、東大阪(大阪府)市。 そこは、そうした会社で働く人たちに人気の、<回転すし店>の、きびしい激戦区でもある。 この土地の<安くて><早くて><たのしい>食事場所を求める気質が、今日の「回転すし」の開発をもたらした? それは、約60年前。 それが今では、アジア諸国や北アメリカでも人気となり、調子よく世界中を駆け回る食事に。 ”元祖・回転すし”の記念碑もある店 [続きを読む]
  • 新元号は 誰のもの?
  • 「平成最後の〜」の言葉が、よく聞かれるよになった最近。 どんな言葉になろうと、われわれには、どうしようもないことだけど、気にはなる。 日本会議なる団体が、なにやら、現行法のもとでの制定方法に異論を唱えているようだが、、 それは、ともかく、、、。 今現在の(グレゴリアン・)カレンダー(太陽暦)は、まだ、わずか500年ほどの歴史で、西暦2018年の現在、世界が共有している。 現行カレンダーは、1 [続きを読む]
  • ポリ袋の使用 政府「有料」へ
  • スーパー・コンビニなどのレジ袋、その使用に「有料化で歯止め」をかけようとの政府方針。 環境問題の世界的な責任に応えるため。 環境省の専門会議の求めた素案で「有料化」が提案。 来年6月に大阪で開催の20カ国・地域(G20)首脳会議でのアッピールを狙う。 ちなみに国内では年450億枚のレジ袋(400トン)が使われているとか。 世界有数のプラスチック天国。 (レジ袋は、英語で<Plastic [続きを読む]
  • 8%か10%か 消費税の悩み
  • 食品に軽減税率を導入することにした、来秋からの消費税10%。 2014年の5〜8%への増税時に、GDPが7.1%も落ち込んだ。 そうした轍を踏まないようにと、頭をかかえて、あれやこれやの策が検討中。 消費者や小売り業者に、「補助金」の交付。 キャッシュレス(カード)支払い者には、あとで、2%を戻し実質8%にとか、、。 それを、生鮮食品に加えて、車や住宅と言った「大型」賞品にも適用との案まで。 ・ [続きを読む]
  • 小型車人気  若者より高齢者に
  • 若者の車離れが広がるなか、それならと、「小型車を彼らに」と目論んだ車業界。 しかし、アテが外れて、高齢者に小型車が人気。 1年前にホンダが市場に投入したNボックス車。 自動緊急ブレーキや、可動シートなどで、若者層に「ウケ」ねらい。 しかし、急激な人口構成の変化(高齢者の増加)で、若者より高齢者に人気。 このNボックス車、購買者の約半数が、50歳以上の「高齢者」。 この傾向は、2001年以来で、3 [続きを読む]
  • 「値下げ」なるか  ケータイ端末
  • 「40%ぐらいは値下げできる」と、菅官房長の言葉もあった。 ここにきて、また、「携帯端末の料金値下げ」への、オカミからの声。 政府は、あらためて「値下げ」のための研究者会議を立ち上げた。 加熱する価格競争だが、一方、海外の価格比較では、きわめて「高額」。 大手の3社の「寡占」で、価格への「命令」も、効果なし? 「3年縛り」や大手と格安スマホの「通信速度の差」。 大手の次世代携帯への「設備 [続きを読む]
  • 女性の70% 職場で働く
  • 15歳から64歳の日本人女性の70%が、仕事を持ち働いている。 8月の政府統計から分かった。 折からの労働人口の減少を受けて、前月より0.1%伸びて、これまでの最高の率。 人口減少の中、このような傾向を政府も歓迎。 政府の目標は、子育て世代の25歳から44歳の世代層の「働く女性」の割合を2022年度末までに「80%まで伸ばしたい」としている。 8月の有効求人倍率も、1.63と依然と高率。 [続きを読む]
  • 五輪種目に テレビゲーム
  • 千葉県幕張で開幕した「東京ゲームショウ」。 有名なゲーム機メーカが参加しする、世界最大のコンピュタゲーム機展示会。 この業界、毎年、世界でその市場を拡大し続けており、今年は特に、「E-スポーツ(エレクトロ・スポーツ)」に関心が深まっている。 巨大な輸出産業目指し、世界のゲーム機メーカも参加。 最近は、家の中や、狭い空間での「ゲーム(遊び)」から、観衆もいる「(勝敗を争う)スポーツ」に「進化」 [続きを読む]
  • 大学授業料  「売り出し」バーゲン
  • 「100才以上なら、授業料は無料」と、花園大学(京都府)の”入試要綱”。 50歳以上の人の入学者に、授業料を安くし、大学の門を広くする。 「社会人入学」と「学士入学」の試験の合格者に適用。 60歳なら60%免除、70歳なら70%免除というふうに、授業料「バーゲン」。 ・・・・・・どちらも、毎年、一桁の受験者数なので、、、が、その理由? 多くの向学心旺盛な高齢者に、学ぶための「ハードル」を低くし [続きを読む]
  • 歴史に残る 勝利と ?クレーム"
  • 全米オープンテニス・女子選手権の決勝戦。 日本人初の優勝者となった、大坂なおみ選手の「大勝利」。 女子テニス界の「レジェンド」セレナ・ウイリアムズの「大醜態」。 ・・・・ともに、テニスの歴史に残るだろう。 テニスは、紳士・淑女のスポーツ?、テニスコートは、上流社会の「社交場」? <ラケットの投げ捨ての>判定へのクレームで、「1ポイント・マイナス」、審判への抗議で「1ゲーム・マイナス」が、ウイ [続きを読む]
  • 日本の 恐ろしい夏
  • 今年の日本には、恐ろしい災害が次々と、、。 洪水、台風、そして、記録破りの酷暑。 自然災害に弱い日本と言われながらも、この2018年は「破壊的で、恐ろしい」夏だ。 ・6月18日朝、大阪北部に、M6.1の地震。  ブロック塀の倒壊による死者が出るなど、老朽家屋などの点検や改修に拍車。 ・異常な豪雨で、広島県等で221人の死者。  土砂崩れなどで中国地方で、今もなお、1,500人を越すひとが避 [続きを読む]
  • こういう古都なら 鹿たない
  • 京都より古い「古都・奈良」。 4本脚の鹿も、二本足の人も「増えすぎて、困った」と、奈良市が頭を悩ましている。 二本足は、増える外国人観光客、、、、ともに、安全と健康のため。 先月(7月)では、1955(昭和30)年の調査以来最多の、1,360頭の鹿を記録。 調査開始の同年は、378頭だった。 その後、急激に増えたり、市の「コントロール」もあり、「順調に」増加してきた。 そのため、最近は、近隣 [続きを読む]
  • 智恵者?逃走犯 いまだ捕まらず
  • ニュースのトップにあった、このニュース、次第に後ろで「放映」。 その後、「逃走」した事実より、「いかに」逃走したかが「ニュ‐ス」に。 このニュースを最初に知った時に、面会した弁護士の言葉を聞きたいと思った。 その時の「密室」や「事後対応」の状況が、知らされたのは、数日後のニュース。 ・・・・弁護士にも責任あるんちゃうの? 「私から警察に、<面会終了>や<退出を>、報告しときます」と、容疑者に言われ [続きを読む]
  • 空飛ぶクルマ 間もなく「離陸」?
  • ガソリンから電気へ、進化を続ける自動車。 一方で、ドローンの普及。 何とか、早く目的地に、の人間の野望?が、空飛ぶ飛行機で解決するか? 政府は今年中に、2020年代の実用化を目指し、官民共同で工程表つくりを始める。 技術的にも安全性においても、「エンジン全開で」取り組む。 空飛ぶクルマの定義は、今のところ、ヘリコプタとドローンの中間に位置し、垂直に離着陸することとされている。 動力は、 [続きを読む]
  • 認知症保険  発売相次ぐ
  • 2025年には、65歳以上の5人に1人,約700万人が認知症になると予測する厚労省。 そうしたなか、損保保険の会社が、新たに「認知症者むけ、保険」を創設、10月からの販売で、競争に加わる。 加速する高齢化で、認知症患者に対応するため。 「東京海上日動」の新商品は、患者が徘徊(はいかい)し、行方不明になった際の捜索費用などに備える。 「ひまわり生命」も業界初となる、認知症の前段階に当たる軽度の [続きを読む]
  • 日本車の生産 国内よりも中国で
  • トヨタなどの日本車の生産台数が、今年初めて、日本国内よりも中国内での生産が超える模様。 日米の「貿易戦争」の余波を受けて、7大日本車メーカーが中国内での生産を増やしているため。 本年1月から7月までの、7大日本車メーカーは約265万台を中国で生産・販売。 年換算で5%の増加で、1年を通すと500万台を超す予測。 一方、日本国内での販売は、490万台が予測され、米国内は3位にとどまる。 2 [続きを読む]
  • 私は僧侶 「死ぬのが怖い」
  • 人生相談: <お尋ねします> ・私は20歳代の僧侶、仕事として、人の死にかかわり、いつも苦しい思いをしています。 春、秋の「お彼岸」に加え、この夏のお盆の時期に、僧侶として多くの仕事があります。 もちろん、生計をたてるためです。 しかし、なかでも、葬儀にでるたびに、いつも「心が締め付けられ、苦しくなります」。 私の目の前の死体が、ほんの少し前までは、息をしていたと思うと、、。 「死は避けら [続きを読む]
  • 遠くの友人より 近くのコンビニ
  • コンビニが、新たなサービスを始めている。 コンビニ弁当などの需要に応えるのみでなく、ドラッグ・ストア的要求の高まりに「新手のサービス」。 薬を売り、同時に、その(病気の)相談にも応じている。 栄養相談に加え、介護の相談にもコンビニ内で。 薬品会社の協力のもとで、仙台市や東京の文京区で、こうしたサービスが。 もちろん、健康相談にも応じる。 ローソンは、現在17店舗で展開しているが、「100店舗 [続きを読む]
  • 溶けない ソフトクリーム人気
  • この暑さで、なんでも溶けてしまいそうな昨今。 そんな暑さでも、溶けないアイスクリームが 人気を呼んでいる。 21世紀の技術がなせるワザ。 開発したのは、石川県金沢市にあるバイオセラピーの開発研究所。 同市内の観光地で誕生し、その名も「金座和」。 特許付きで、東京・原宿や大阪のアメリカ村でも発売。 イチゴから抽出された液体のポリフェノールを加えることにより、長時間溶けることのないアイスクリーム [続きを読む]
  • 中国に対抗する国 オーストラリア
  • 中国に「対抗」できる国は、どこか? これは、21世紀の課題。 勢力を強める中国と友好関係を続けながら、一方で、その高圧に屈せずに相互友好関係を続けられるはどこの国か? 注目されるのは、中国の第一の貿易相手国・オーストラリア。 オーストラリアは、最近、これまでの対中国姿勢を「変化」させている。 中国の対豪州への「政治的干渉」や「インフラ投資」に神経をとがらす。 南シナ海で中国が進める軍事拠点 [続きを読む]
  • 雨ナシ猛暑で 野菜が高騰
  • 野菜が65%も値上がりをした地域がある。 昨日まで、2週間も続く記録的な暑さのなかで、、、。 一方では、また、大雨による災害の復旧に懸命だ。 こうした猛暑が続けば、「非常に厳しい値段の動き」になるだろうと、農水省も警告。 しかし、気象庁は、まだ、数週間このような天候が続くだろうと、予測。 雨も例年より、少ないだろうと、。 「野菜の値段は、天候次第、、」という言葉もムナシイ、、。 ・・・・・ [続きを読む]
  • 社内自販機で 弁当を注文
  • 到る所にある、ジュースやお茶の 飲料自販機。 そもちろん、会社の中にも、、。 そこで、社内からボタン一つで、社員がその日の弁当を注文。 これぞ、社内革新?かどうかは、別にして、、、。 飲料メーカーの「サントリー」と飲食店情報サイトの「ぐるなび」が発案。 近くの飲食店に直接注文を送る自動販売機を考え出した。 現金を入れて「宅配弁当」のボタンを押すと、「ぐるなび」が契約する飲食店に注文が届く。 [続きを読む]
  • ビデオ判定 女子サッカーにも
  • スポーツの勝敗が、「審判」という人間の判断に、いつまでも任せられるか? 今年から採用された、FIFAワールドカップ・世界選手権での「ビデオ使用」。 まさに、最終の決勝戦が、残るのみの今日。 女子の同サッカー連盟(FIFA女子ワールドカップ)が、女子の選手権大会でも「ビデを使用を許可して」と、訴えた。 ・・・ 「来年のフランスで行われる大会から、ビデを判定を採用せよ」と、、。 今回の男性の大会 [続きを読む]
  • お葬式の僧侶 スマホで“お経”
  • 人生の無常を感じながら、人は生きる、、。 それでも、葬儀には僧侶の「説教」は、聞きたい? ・・・・東京の会社が、僧侶ぬきの「説教、読経」サービスを始める。 3分間の僧侶の読経を、スマホを通し聞く。 僧侶の人数や、読み方の調子も、喪主の選択が可能。 ・・・人口減少が続く我が国、僧侶や葬儀会社も、「斜陽産業」いや、効率化で対応か。 仏教や神道への「愛着」も、次第に薄れつつあり、2040年までには、 [続きを読む]