bonsai-labo-rin さん プロフィール

  •  
bonsai-labo-rinさん: BONSAI-LABO(盆栽ラボ)凜 係の者の日記
ハンドル名bonsai-labo-rin さん
ブログタイトルBONSAI-LABO(盆栽ラボ)凜 係の者の日記
ブログURLhttp://bonsai-labo-rin.hatenablog.com/
サイト紹介文盆栽師の妻のブログ。盆栽にまつわる不思議をご紹介します。
自由文盆栽師の妻のブログ。店主が不在の際には係の者としてご案内させて頂きます。ブログに登場する盆栽は、ほぼほぼ店主が手がけたものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/03/28 20:09

bonsai-labo-rin さんのブログ記事

  • 大観展@京都ならではのおすすめスポット!!
  • 大観展まで2週間を切りましたが、みなさんお出かけの準備はばっちりでしょうか。せっかく京都まできたので京都ならではの観光も兼ねて、という方におすすめスポットをご紹介したいと思います。というのも、BONSAIちえさんが秋雅展の時に記事にされておりめっちゃ素敵やん!と感化され京都verをまとめた次第です。上野スポットはぜひ国風展の時に行きたい...www.bonsaichie.com 第38回日本盆栽大観展概要 周辺のおすすめ [続きを読む]
  • セリ(交換会)に行こう@九州支部大会
  • 盆栽園探訪の合間に各園主さんからお誘いいただいた九州支部の交換会!店主は荷運び、係の者は事務として旅費をちゃっかり稼いできました。九州の旨いモンに散財していたところありがてぇぇ〜ほんとに九州のみなさんは暖かくオープンです。しっかり買い物もさせていただきました!慣れない事務であわあわしていたので写真少なめです。。暁霞園の永田さんに手取り足取りシステムを教えてもらって…係の者の事務の師匠です(笑)交換 [続きを読む]
  • 係の者の盆栽園探訪@雅松園
  • 改めて記事にしてみるとよく回ったなーと思い返しておりますが、本日でまだ半分ということで折り返しお付き合いください。樹心園さんでお世話になったあとは、夕方に満を持して熊本の雅松園さんへ訪れました。そうです園主の佐々木さんは遊びに行くといつもウマい物をご馳走してくれます。熊本でしか食べられない貴重な馬肝など大盤振る舞いしてくれるんですっ!!!思い出すだけでよだれものなので取り乱してしまいましたが、そ [続きを読む]
  • 係の者の盆栽園探訪@樹心園
  • 飲み会があると更新をサボってしまう係の者です。気を取り直して4日目樹心園さんから再開でーす。ラーメンや温泉で有名な熊本県玉名にある樹心園さん。道路からばっちり見えてくるオシャレな看板が目印です。看板のフォントって大事ですよね、この文体から園主の徳永さんの温かさや盆栽への溢れる愛情が伝わってきます。ホームページも洗練されていて熱い思いも綴られております。「盆栽は自分を映す鏡」っていい言葉ですね。kigok [続きを読む]
  • 係の者の盆栽園探訪@錦花園
  • またまた台風が近づいておりますがみなさん対策は万全でしょうか?当店は昨日のうちに盆栽を全部下に降ろして棚板も取り外し、最大限の対策で備えております。《学び》2018これでダメなら廃業します笑台風対策完了。来いや!24号!午後は雨が緩くなるってゆうから仕入れがてら和歌山でも行って午前中の疲れを癒すため温泉??でも入ろーかぁ。って言うてましたが全然止まんやん!雨!ま、仕事しよ。#台風 #大阪 #bonsailabo凜 #新 [続きを読む]
  • 係の者の盆栽園探訪@鳥栖昭緑園
  • 順調に3日目を迎えようとしております。この日は2件お邪魔させて頂きましたが、まずは佐賀県鳥栖市にある昭緑園さんへ。そうです、こちらは長崎にある昭緑園さんのお兄さんの園なんです。329号線を恐る恐る北上すると(結構坂道です)突き当たりに鳥栖昭緑園の看板が!初めて訪問させて頂いたのですが、またまたパラダイスを発見してしまいました。大きさに関わらずどれも迫力のある樹ばかりでゾックゾクします。園主の久保田 [続きを読む]
  • 係の者の盆栽園探訪@野元珍松園
  • さて、2日目は店主が一番楽しみにしている宮崎の野元珍松園さんへ。こちらは当店主力としている小品〜中品のいい骨が沢山あるので興奮を抑えられない様子。今回も無理を言って逸品をいくつかわけて頂きました。日本全国の交換会だけでなく海外も飛び回っておられるので、バラエティ豊かな盆栽が並んでおりました!高く売れそうな盆栽ばかりを執拗に物色するおおがら中腰男。南国宮崎もびっくりするほどの暑さでしたが広くて青い空 [続きを読む]
  • 係の者の盆栽園探訪@いまむら園
  • 九州上陸後まずは別府で温泉を楽しもうと、ラムネ温泉で有名な長湯温泉へ向かう途中に偶然にも盆栽園を発見。この日は完全オフ()だったはずなのに、結局小一時間ほど園でお世話になってしまいました。別府から長湯温泉へ向かう国道か街道沿いを走っていると突如盆栽の看板が…!多分この辺です。園主の今村さんは元々愛好家で、退職を機にいまむら園を始められたそうです。棚場には畑で20年地植えで太らせたという巨大モミジがあ [続きを読む]
  • BONSAI LABO 凜 被災からの復活〜そして九州横断仕入れ旅へ〜
  • 最近ブログの冒頭がお久しぶりになることを反省している係の者です。九州仕入れ旅から帰阪したのでここ1ヶ月の動向を備忘録として書き記しておきたいと思います。本記事はプロローグとして、九州仕入先情報は次ブログからまとめていきます。 台風襲来 いざ九州へ 盆栽園へのルート 交通について 台風襲来先の台風21号でBONSAI LABO 凜の棚場がほぼ全壊となってしまいました。棚場 [続きを読む]
  • 自動散水器「アクアガーデン」の導入
  • アクアガーデンの内容 散水ノズルの準備 いよいよ設置!! 散水の様子 まとめ(反省点)お久しぶりです係の者です。夏のお手入れがひと段落し、やっとブログネタになりそうな作業があったのでレポです。そう、盆栽持ちの永遠の悩み “夏の水やり問題” を解決すべくついに自動散水器を導入することにしました。と言っても去年購入していたものの億劫で先送りにしていたのです。重い腰をあげたのも9月後半に長崎 [続きを読む]
  • 【夏休み】苔を使った盆景作り【自由研究に】
  • さて、世間は夏休みに入りましたね。ここ最近の暑さときたら大人も夏休みほしいよーと引きこもりがちの当店ですが、ワークショップやります。夏休みっぽく「親子特別企画」と題して、苔を使って景色盆栽を作って頂きます!!この機会にお子さんの自由研究終わらせてしまいましょう(苔の生態的なお勉強もまじえましょう)。親子といってますがカップルやご夫婦でも、ソロでも大歓迎でございます。作ってもらうのはこんな感じ。苔 [続きを読む]
  • (常滑シリーズ第三弾)常滑焼と草もちでおなじみ「にざまつ」さんへ
  • 常滑シリーズ第三弾(いったん最終回)第一弾をお読みで無い方はこちらから↓bonsai-labo-rin.hatenablog.com常滑探訪最後の場所は常滑焼と草もちの「にざまつ」さんへ。江戸時代に関 仁左衛門が窯を興し、以来なんと九代に渡って窯元を生業とされているそうで歴史はんぱない(語彙力)それで「にざまつ」さんなんやーと納得!!入口には昔に大きな陶器を焼く際に使用した器具?なども見ることができ他の窯元さんと違う楽しみ [続きを読む]
  • 【参加無料】芽切り教室やります!!
  • ここ最近は芽切りに追われている当店ですが、皆さんもそろそろ取りかからないとなーってなりながら放置してませんか?年に一回の作業やし、去年どうしてたかまたググらな…って面倒になっている方、ぜひ教室へいらして下さい。参加費無料です。基本的には自分の樹を持ち込んで頂きますが、持ってない方は当日店で買って頂いてもOKです。うちにお化けみいになってる黒松の苗1,000円〜であります。道具はお店の使って頂けます!! [続きを読む]
  • (常滑シリーズ第二弾)中野行山パラダイス!!
  • さて、前回の常滑見学の第二弾は言わずと知れた盆栽鉢のレジェンド「中野行山」さんの窯へ。壹興さんに行山邸まで送って頂きました。 最後までお世話になりました!まだ第一弾をご覧でない方はこちらから↓bonsai-labo-rin.hatenablog.com行山(ぎょうざん)さんは和鉢の第一任者でもあり、皇居の盆栽にも鉢を収められたり凄い人なんです。御歳78歳にして1メートル超えの鉢を現役で作られています。この何気に写ってるテーブ [続きを読む]
  • (常滑シリーズ第一弾)盆栽鉢作家「壹興」こと渡邉一弘さんを訪ねて
  • 先週は盆栽鉢の聖地でもある愛知県の常滑市に鉢を仕入れに行ってまいりました。というのも今回は壹興(いっこう)こと渡邉一弘さんに特注品を作って頂いてたので、引き取り兼ねて常滑見学することに。実は雅風展の鉢作家展で壹興さんに特別出品して頂いたのがこの「広縁雲足長方鉢」、一目惚れして特注で可能なかぎり大きなサイズで作って頂くことに。幅14cmこちらが特注品の幅30.5cmのもの。小品用と比べても引けを取らないシャ [続きを読む]
  • (作業レポ)松の芽切り
  • 6月に入り松盆栽のお手入れメインイベント「芽切り」の季節がやってきましたね。当店の棚場は半数以上が黒・赤松なので今月来月は大忙しで、係の者の手も借りたいという事で芽切りのお手伝いです。1年前は芽切りの意味もわからず新芽のことを「なんか変な虫おる」くらいにしか思ってなかったのになー成長するもんです。新芽のできる仕組みをもとに芽切りに最適な時期を解説。bonsai-labo-rin.hatenablog.com芽切りの作 [続きを読む]
  • セリ(交換会)に行こう!!
  • 先週は池田の細河園芸農協でセリ(交換会)が行われておりましたので、係の者も同行することに。このセリは愛好家、業者誰でも参加可能な月一回の定例の会です。実はセリは気軽に参加できるので、気になってる方は是非参加チャレンジして欲しいです。ということで セリに参加するには? どこで開催されているの? 参加の条件は? 何が買えるの?売れるの? セリの楽しみ方セリに参加するには?係の者知ってるによ [続きを読む]
  • (作業レポ)カエデの葉刈り
  • お久ぶりです。最近の作業が植え替えばっかりなのでネタがない。。とおさぼりしてしおりました。植替えひと段落&怒涛のヤフオク出品により棚がすっきりとしたところで置き場がBBQ会場に。夏のBONSAI LABO 凜は盆栽を眺めながらお酒が楽しめる大阪いちHOTなビアガーデンに生まれ変わります(嘘)と、GWはBBQ三昧だったので最終日くらいは働こうとカエデの葉刈りを手伝うことに。これが地獄の始まりになるとはこの時の係の者はまだ [続きを読む]
  • BIGプロジェクト 真柏の改作
  • 植替えの忙しさにかまけてブログ更新サボってました。春なので来店されるお客様も多く、土日は結構賑わっている当店でございます。特に大変なのが大品の植替え。一人では心許ないので二人掛かりで取り掛かります。愛好家さんから譲って頂いた真柏。樹高は1メートルくらいあります。葉性も良くワサワサしていて触りがいがある逸品です2、3年かけて改作していく予定です。まずは根さばき…っと鉢から取り出して古い土を落とし [続きを読む]
  • 3/31 かかりのもの かんさつにっき
  • 春雅展がおわってやっと一息。お食事処が想像以上に忙しすぎて全然写真取れず...店主のインスタでお茶を濁します(画像 でインスタへ飛びます)。お食事処の反省点も多く来年はリベンジです。#春雅展 #unknownjapan #小品盆栽 #盆栽 #bonsai #bonsailabo凜 #moss #osaka #大阪 #心斎橋 #shinsaibashi #nanba #なんば #難波 #京都 #kyoto #祇園 #先斗町 #gion #pontocho #japan #japanese #tokyo #green #japanicious #sprin [続きを読む]
  • (3/23〜)春雅展準備の様子をちょっとだけ
  • 気付けば明後日から春雅展、準備でバタバタしている様子をやっつけ更新です。なんと今年は係の者がお食事処担当でデビューいたしますので、お弁当やお飲み物の準備であわあわしております?(゚Д゚)ご来場のみなさまは是非コーヒーで一服していって下さい。ビールもありますので昼から一杯ってのも休日の特権。明日は搬入日ということで、少しだけ売店のネタをご紹介したいと思います。今回は小品盆栽のフェアですので小さめの盆栽 [続きを読む]
  • 【体験】盆栽ワークショップにいこう!
  • 暖かくなってきたのでワークショップやご来店のお客様が増え春の訪れを感じますね。植替えの準備で鉢を求められるお客様や、グループでのワークショップなどなど賑わっております。今日はワークショップ興味あるけどーーーと二の足を踏んでいる方にお送りする(?)当店ワークショップ攻略法をお伝えします。 ワークショップのご予約について 肝心のお値段は・・・ 持ち物 体験内容 完成!! タイミングが合え [続きを読む]
  • ビフォーアフター3連発
  • 店主絶賛腰痛中によりなかなか作業が進んでおりませんので、先日施したビフォーアフター3連発をお届けします。過程がないのでツイッターでさくっと投稿に留めていたんですが、ネタが無くなってきたので…ご紹介させてもらいます(出来もいいんですよw)。まずは真柏から。ぼさぼさ少し前に倒して植え替える事で立上りがより太く立派に見えます。舎利もブラシで磨いて綺麗にしたら、良く見えるように幹の中心に空間をもた [続きを読む]
  • 【告知】入場無料 春雅展2018のみどころ
  • 暖かくなってきましたね!樹が活動を始めるので植替えするなら今でしょですが、店主の急な腰痛発症により水やりすらおぼつかない状態であります。。さて、関西では今シーズン最後となる盆栽展示会「第26回春雅展」のご案内です。そういえば詳細はレポばっかりだったので、今回は事前告知で春雅展の楽しみ方をお伝えしたいと思います!! 第26回春雅展@鶴見緑地公園 ??日程・アクセス ??小品 [続きを読む]