いなかのむすめ さん プロフィール

  •  
いなかのむすめさん: いなか道
ハンドル名いなかのむすめ さん
ブログタイトルいなか道
ブログURLhttp://inakanomusume.blog.fc2.com/
サイト紹介文ドールハウスや箱庭文化に関する研究やゼミ活動、日常などを更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 198日(平均1.0回/週) - 参加 2017/03/28 23:03

いなかのむすめ さんのブログ記事

  • 試作品1号で遊んでもらった
  • 友達3人に試作品1号で遊んでもらいました!■1人目:22歳女性「家具で、どう空間を区切ろうかな〜」と言いながらいろいろ動かしながら遊んでくれました。アイデアマンなので、いろんなレイアウトを考えてくれました!①タイトル:なし②タイトル:なし③タイトル:なし④タイトル:カップルの部屋コメント:6畳だと3人で暮らすのは厳しいからカップルかな。同棲っていうよりはお泊り的な感じかな〜。妄想が膨らむね!■2人目:22歳 [続きを読む]
  • 手を動かす
  • 「とりあえず手を動かして何かしてみよう!」ということで、遊んでみました!作ってみました!■遊んでみた昔遊んでいた、シルバニアファミリーの「ポケットバッグ 森のパン屋さん」で遊んでみました。いろんなシチュエーションを考えて写真を撮ってみましたよ!猫の目線と同じになるように意識して撮っているつもりです。↑パン屋さん↑猫とお茶してる設定です。ケーキで猫の顔が見えません…!↑親子でお茶会↑子どもを見守るマ [続きを読む]
  • スケール感覚を養う
  • 書きたいことが溜まっているので、消化していきます。■スケール感覚を養う方法スケール感覚を養うには、どんな方法があるのでしょうか?少し調べてみたところ・日常的に物の大きさや長さを測ること・自分の体と比較することの二つを方法として挙げている人が多いように感じました。日常的にコンベックスを持ち歩いたりすることは少ないかもしれないですが、自分の体と比べるのならば、身ひとつでできますし、良さそうですよね。先 [続きを読む]
  • 夏の一大イベント
  • 久しぶりの投稿となってしまいました。いなかのむすめです。人生最後の夏休みが終了しました。そんな夏休み中のゼミの活動を書いていこうと思います。主な活動は「村田フェスタ」開催へ向けての活動でした。ちょっとここで村田フェスタについて少し紹介を…!村田町で廃校となった「旧村田第三小学校」が再利用され、現在は一般社団法人ふくのねが運営する障がい者のための就労支援施設「ふきのとう村田」として使われています。こ [続きを読む]
  • スケール感覚とは
  • こんにちは。いなかのむすめです。迫りくる前期発表に向けて予稿をカタカタ書いています。文章を書くのが苦手なので、書いては消してを繰り返しながらせっせと作成中です。書きながら思ったことがあったのでメモしておきます。「幼少期の遊びとスケール感覚の関係性を探る」というテーマで書いていたのですが、そもそも ”スケール感覚” って何なんだろう…??(え…今更それ言うの…?)という疑問が浮上したので、調べてまし [続きを読む]
  • ゼミ課題ブロックチェーンとは
  • 久しぶりの投稿になってしまいました。いなかのむすめです。今回のゼミ課題は「ブロックチェーンについて調べること」です。では早速、ブロックチェーンについて書いていきます〜!■ブロックチェーンとは…?ブロックチェーンとは、ビットコインなどで知られる暗号通貨(仮想通貨)に利用されている仕組みのことだそうです。■説明パソコンが他のたくさんのパソコンと繋がっていて、パソコンを繋いでいるのが「チェーン」で、パソ [続きを読む]
  • ドールハウス調査
  • いなかのむすめです。心機一転、ブログのデザインを変えてみました!ずっと読みづらい感じがしていたので、スッキリシンプルなものに変更してみました。シンプルながらもピンクは取り入れますよ。では、さっそく調べたことを書いていきます〜。◎ドールハウスの「ドール」ここでの「ドール」は人形という意味ではなく「小さい」という意味で用いられているようです。ドールハウスの主役は家であって、人形は脇役なんだそうです。◎ [続きを読む]
  • 箱庭文化と日用品
  • またまた連続の投稿です。いなかのむすめです。前回は、少しだけ調べたドールハウスの歴史とメルヘンな私の脳内をさらけ出して終わってしまいました。お恥ずかしい…今回もまだ、6時間のうちに書いたメモを参考に書いていきます。前回の記事の歴史を見ると、ドールハウスというと、すごくルールがあって格式高いようなイメージをもちました。ドールハウスも、シルバニアファミリーも箱庭趣味に基づいて出来上がったものだけど用途 [続きを読む]
  • ドールハウスの歴史
  • 続けての投稿になります。いなかのむすめです。前の記事では、日本人はに箱庭文化があるんだ!!というのを、ざっくり長々と書いていたので、今回は、掘り下げて書いていこうと思います。箱庭文化が日本人にはあると書いていましたが、そういえばドールハウスも人気だよな〜と思ったので、ドールハウスの歴史について調べてみました。☆ドールハウスの歴史・ドールハウスの起源:歴史書の記述によると紀元前のエジプト文明・150 [続きを読む]
  • 箱庭文化
  • こんにちは。いなかのむすめです。昨日のゼミでレジュメを見てもらいました。(レジュメと言えるものになっていたかは謎です…。)テーマが大きすぎるという事だったので、どう絞っていこうかと考えながら論文を読んでいました。24時に寝ようと思って布団に入ったのですが、落ち着かなかったので、ベッドの上でスマホ片手に色々検索して、気づいたら朝の6時でした。驚きです。その6時間で出会った気になったことをメモしていたので [続きを読む]
  • 潜在的有用性
  • 2日連続の投稿です。いなかのむすめです。コンバージョンについて調べていた時、「潜在的有用性」という言葉を見つけました。☆潜在的有用性とは?潜在的:表面に表れないで内部に隠れて存在しているさま。(コトバンク参照)有用性:役に立つこと。また、そのさま。(コトバンク参照)→つまり、潜在的有用性とは、 "表面には見えない役立つ機能"ということですかね。昨日のブログで書いた①モノがもっている元々の使い方を変えて [続きを読む]
  • なぜ、コンバージョンに興味をもったのか
  • 久しぶりの投稿になってしまいました。いなかのむすめです。これまでコンバージョンについて調べたりはしていたのですが、まだ卒業研究のテーマを決めかねています。正直とても焦っています。自分が何に興味をもっているのかわからなくなってしまったので、今日は研究室の卒業生のブログを読んでみました。そこで疑問が浮上。以前から「コンバージョンに興味がある!」と言っていましたが、私はコンバージョンのどんなところに興味 [続きを読む]
  • まちをよみがえらせる地域建築資産活用術 ①住む
  • 「まちをよみがえらせる地域建築資産活用術」を読んで、気になった事例について書いてみようと思います。この本は、事例を活用方法を「住む」「業(なりわ)う」「商う」「集まる」「触れあう」「観せる」の6つのテーマに分けて書いてあるので、今日は「住む」について書いていきます。まちをよみがえらせる地域建築資産活用術posted with amazlet at 17.05.18地域建築資産活用研究会 風土社 売り上げランキング: 2,186,016Amazon [続きを読む]
  • 梅原真さんについて
  • 今回のゼミ課題は、梅原真さんについてです。どういう人なのか、どんな活動をしている人なのか、調べてみようと思います。★どんな人?★プロフィールMAKOTO UMEBARA梅原 真高知市生まれ。デザイナー。1972年高知放送プロダクション入社。テレビ美術担当。スペイン、アメリカ遊学後、デザインを一次産業再生のために使いたいと、1980年梅原デザイン事務所主宰。1988年、高知県土佐佐賀町のかつお一本釣り漁業再生のため「土佐一本 [続きを読む]
  • 第26回入賞作品展 紙わざ大賞
  • 近くのショッピングモールで「第26回入賞作品展 紙わざ大賞」をしていたので、見に行ってきました。紙で作られたいろんな作品があって、「これも紙なの?!」と驚いてしまうようなものまで…!私も細かい作業が好きなので、ワクワクしながら見てきました!気になった作品を3つほど紹介していきます!★華やかに 淑やかに 優雅に 紙の断面は、1枚では線ですが、ぐるぐるに巻いたり重ねたりすることで面になることに気づきました [続きを読む]
  • ゼミ課題3:エレベーターピッチとは
  • 今回のゼミ課題は・エレベーターピッチについて調べること・その活用例2つを書く事でした。人の行動を促すためのもであることと、構成を意識することに注意して取り組んでみます。★エレベーターピッチとは…?わずかな時間で、自分自身や自社のビジネスについて説明すること。偶然エレベーターで乗り合わせた投資家に対し、印象深く、かつ簡潔に自らを売り込む行為を意味し、米国のシリコンバレーが発祥とされる。エレベータース [続きを読む]
  • ゼミ課題2:日本でいちばん大切にしたい会社
  • ゼミの課題で出ていた、「日本でいちばん大切にした会社」の感想を書いていこうと思います。日本でいちばん大切にしたい会社posted with amazlet at 17.04.14坂本 光司 あさ出版 売り上げランキング: 2,180Amazon.co.jpで詳細を見る★幸福とは…?・幸福とは、 ①人に愛されること ②人にほめられること ③人の役に立つこと ④人に必要とされること そして、②③④の3つの幸福は施設では得られない、働くことによって得られ [続きを読む]
  • ゼミ課題1-2:10年後、君に仕事はあるのか?
  • ゼミ課題の続きです。10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」posted with amazlet at 17.04.05藤原 和博 ダイヤモンド社 売り上げランキング: 817Amazon.co.jpで詳細を見る今回は、動画で紹介されていたこの本のレビューを読んでの感想を書いていこうと思います。黄色が引用レビュー、この色が感想です★星5のレビュー高校生としては、いまなぜ、こんな勉強をしなければならないのか、この勉強が将来 [続きを読む]
  • ゼミ課題1-1:「情報処理力」から「情報編集力」へ
  • 今日気づきました。4年生になったんですね、私…。企業へのメールの署名欄に3年と書いて気づき、焦って書き直しました。送る前に気づいてよかった…。さて、今回はゼミで出された課題に取り組もうと思います。★動画の要約1Q.先の見えない不透明な時代にビジネスパーソンに必要な能力とは?A.知識は簡単に入手でき、情報の処理の仕事はAI・ロボットが担うようになると予想され、かなり高度で知的な仕事(弁護士、医者)では、AI [続きを読む]
  • 致道博物館に行ってきました!
  • 先日、私の地元にある「致道博物館」に祖父母と一緒に行ってきました!★致道博物館とは…?1950(昭和25)年、旧庄内藩主酒井氏によって地方文化の向上発展に資することを目的に土地、建物および伝来の文化財などが寄附され、財団法人以文会が設立されました。1952(昭和27)年には博物館法の成立に伴って「財団法人 以文会立致道博物館」と改め、その後、1957(昭和32)年に「財団法人 致道博物館」と改称しました。「致道」の名 [続きを読む]
  • リフォームとリノベーションとコンバージョンと。
  • 自分で「コンバージョンに興味があるんです!」と言っておきながら、明確にイメージが持てていないことに、今更ながら気づきました。(就活で「何を研究してるか」を聞かれると、いつもボヤっとしたことしか言えない…これは一大事である)キャパシティが小さすぎる私の頭では、論文を読んでいても意味がこんがらがってしまうので、「リフォーム」と「リノベーション」と「コンバージョン」の意味を調べてまとめてみました。★リフ [続きを読む]
  • 好きなコト・モノ
  • 連続の投稿になります。突然ですが皆さんには、「のめりこめるもの」ってありますか…?これから1年間研究していくからには「のめりこめるもの」を見つけなければ…!!と思っているのですが…。なんだろう?卒研に絡めることができそうな「のめりこめるもの」。①模型作り手を動かして細かいものを作るのが好きです。大学に来てからは、設計課題で提出する建築模型を作るのが好きです。(図面を書くよりも模型を作ることの方が好 [続きを読む]
  • 廃校施設の利活用が求められている過疎地域
  • リノベーション、コンバージョン、地方活性化…等に最近興味を持ち始めた私ですがなぜ興味を持ち始めたかというと、ズバリ…!「私が通っていた児童館が、高齢者施設に変わっていたから」という平凡な理由です…。(自分の身の回りで起きていたら誰でも、気になってしまうものなのではないでしょうか…?汗)他にも身の回りで起きている地方の動きはないか考えてみたところ「そういえば、母校の小学校も再編されたなぁ…」というこ [続きを読む]