今日までそして明日から さん プロフィール

  •  
今日までそして明日からさん: 今日までそして明日から
ハンドル名今日までそして明日から さん
ブログタイトル今日までそして明日から
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/karasu-mugi
サイト紹介文散歩道で見つけた自然の移ろいや街の様子、等々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 236日(平均3.7回/週) - 参加 2017/03/29 15:00

今日までそして明日から さんのブログ記事

  • ツワブキ
  • ツワブキは堺市南区泉北ニュータウンの緑道でたくさん見られます。植栽されたもので、多くの株が固まって花を咲かせていると見ごたえがあります。ツワブキ 学名 Farfugium japonicum キク科 ツワブキ属本州(福島県以西)、四国、九州、沖縄、台湾に分布する多年草。海がごく近い海岸線に自生する。江戸時代の初めから茶室の庭等に植えられた。 [続きを読む]
  • ハマアザミ
  • 昨日あたりから、気温がなかなか上がりません。上空に寒気が来ているということで、明日の朝も寒そうです。花の文化園で咲いていたハマアザミです。寒くなったので、まだ咲いているでしょうか?ハマアザミ 学名 Cirsium maritimum  キク科 アザミ属本州,四国,九州の太平洋側に分布し,沿海地の草原や砂浜,岩礫地に生える多年草。 [続きを読む]
  • フジバカマ
  • 花の文化園で咲いていた秋の七草、フジバカマです。フジバカマ  学名 Eupatorium japonicum キク科 ヒヨドリバナ属関東地方以西に分布している。奈良時代に中国から渡来したともいわれる。自生のものはほとんどない。 [続きを読む]
  • ダイモンジソウ
  • 花の文化園の温室で撮影したダイモンジソウです。ダイモンジソウ 学名:Saxifraga fortunei var. incisolobata ユキノシタ科ユキノシタ属本州(関東以西・四国・九州)、朝鮮、中国、サハリンなどに分布する多年草。湿り気のある環境を好み、渓谷の岩肌などに自生する。園芸品種が多数ある。 [続きを読む]
  • ネリネ
  • 花の文化園で撮影したネリネです。ネリネ 学名 Nerine ヒガンバナ科ネリネ属南アフリカ原産の球根植物。17世紀後半にイギリスで盛んに改良がはじまり、次いでオランダでは切り花向きに改良、生産されるようになった。日本には大正時代に入ってきた。 [続きを読む]
  • トキリマメの果実
  • 台風21号、台風22号と2週続けて週末に台風が接近、大雨で散歩に行けず、籠っていました。久しぶりに泉北ニュータウンの緑道を歩いてきました。木枯らし1号が吹いたということで、風が強く、陽射しもあまりなく、寒い散歩になりました。以前花を紹介したトキリマメに赤い果実がいっぱいついていました。もうすぐ、はじけて中から黒い種子がでてきます。トキリマメ 学名 Rhynchosia acuminatifolia マメ科 タンキリマメ属本州( [続きを読む]
  • カラスウリの果実
  • 台風21号は堺には大変な豪雨をもたらしました。3日たっても影響が残っています。台風21号が来る前にあまの街道で撮影したカラスウリの果実です。若い実は、緑色で白い筋状の模様があります。熟すと朱色になります。カラスウリ 学名 Trichosanthes cucumeroides ウリ科 カラスウリ属本州、四国、九州、沖縄、中国、台湾に分布するつる性多年草。 [続きを読む]
  • 大宇陀 森野旧薬園
  • 奈良県宇陀市大宇陀の森野旧薬園に行ってきました。伊勢本街道に位置する松山の古い町並みの中にあります。薬園内からは大宇陀の町を見渡す事が出来ます。春にはカタクリも咲くということですが、花が咲いていたのはシュウメイギクとサラシナショウマだけでした。 [続きを読む]
  • あまの街道のコウヤボウキ
  • 昨夜からの雨が朝も降り続けていました。雨はやんでいますが、気温が上がらず寒いです。あまの街道で咲き始めたコウヤボウキです。高野といえば、女人禁制だったので、あまの街道は女人高野とも呼ばれる「天野山金剛寺」に続く街道ですコウヤボウキ 学名 Pertya scandens キク科 コウヤボウキ属本州(関東地方以西)、四国、九州、中国に分布する落葉小低木。明るい二次林、特にアカマツ林に生育する。 [続きを読む]
  • あまの街道のヨメナ
  • 久しぶりに晴れたので、あまの街道を歩いてきました。青空はすぐに曇り空に変わり、風が冷たく感じました。水田の畔でヨメナが咲いていました。ヨメナ 学名 Aster yomena キク科 シオン属本州(中部地方以西)・四国・九州に分布する多年草。山野の湿ったところにや道端に普通に生える。 [続きを読む]
  • 大蓮公園のナワシログミ
  • 大蓮公園(堺市南区)でナワシログミが花盛りでした。自生なのか植栽なのかわかりませんが、大蓮公園にはナワシログミがたくさんあり、どの株も花をつけていました(個人的感想)。ナワシログミ 学名 Elaeagnus pungens グミ科 グミ属本州(関東以西の海岸沿い)、四国、九州に分布する常緑低木。丘陵地から山地でふつうに見られ、生垣などに植栽もされる。 [続きを読む]
  • セイタカアワダチソウ
  • セイタカアワダチソウは空き地や放棄畑などに繁茂して大群落を形成する。花粉アレルギーの元凶と濡れ衣を着せられたこともあった。花粉は昆虫によって媒介させる植物で、風媒花ではない。泉北ニュータウンでは空地などどこにでも見られたのですが、近年は除草が頻繁に行われ、大群落はみられなくなりました。セイタカアワダチソウ 学名 Solidago altissima キク科 アキノキリンソウ属北アメリカ原産の帰化植物。観賞用,蜜源植 [続きを読む]
  • ワレモコウ
  • 今日は暑かったです。午後から散歩に出たので余計に暑かったのですが、狭山池まで歩いてきました。狭山池副池公園でワレモコウを見つけました。実は堺市南区泉北ニュータウンの晴美台でも一株見つけました。一枚目は晴美台で、二枚目は狭山池副池で撮影。ワレモコウ 学名 Sanguisorba officinalis バラ科 ワレモコウ属日本、朝鮮半島、中国、シベリア、ヨーロッパに分布する多年草。田園地帯の道端や山地の草原などに生育する [続きを読む]
  • イヌタデ
  • あまの街道で咲いていたイヌタデです。あまの街道に限らず、道端で普通に見られます。単に蓼といえば、タデ科イヌタデ属のヤナギタデPersicaria hydropiperをさし、川魚などの香辛料として使われてきた。刺身のつまとして使われるのはヤナギタデの同一種の変種のベニタデで、生えたばかりの芽を収穫したもの。イヌタデ 学名 Persicaria longiseta タデ科 イヌタデ属日本全土、中国、朝鮮などに広く分布する一年草。道端や原野 [続きを読む]
  • あまの街道のヤブマメ
  • あまの街道は河内長野市に入ると田園地帯です。水田だけでなく、桃畑や葡萄畑もあります。ウォーカーだけでなく、ランナーも多いです。そして、自転車の人も増えてきました。林縁でヤブマメを見つけました。ヤブマメ 学名 Amphicarpaea bracteata subsp. edgeworthii var. japonica マメ科 ヤブマメ属北海道、本州、四国、九州、中国、朝鮮に分布するつる性一年草。林縁や草原などに生育する。 [続きを読む]
  • あまの街道のミゾソバ
  • あまの街道で咲いていたミゾソバです。湿った場所を好み、水田の溝に生えていました。ミゾソバ 学名 Persicaria thunbergii タデ科 イヌタデ属北海道、本州、四国、九州、朝鮮、台湾、中国、ロシア、インドに分布する一年草。水田の畦、用水路、休耕田、溜池畔などに生育する。 [続きを読む]
  • あまの街道のアキノノゲシ
  • 10月2日、朝から雨です。最高気温も23℃ということで、暑さはどこへやら。先日あまの街道を歩いたときに撮影したアキノノゲシです。あまの街道に限らず、泉北ニュータウンで普通に見られます。アキノノゲシ 学名 Lactuca indica キク科 アキノノゲシ属北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、東南アジアに分布する一・二年草。道端、空き地、河原、草地など普通に見られる。 [続きを読む]
  • あまの街道のツルボ
  • 今日から10月、今年度も半分が終わり、2017年もあと3ヶ月となりました。堺ではつぎの土日にだんじり祭りのところが多いようで、太鼓の音が遠くから響いてきます。あまの街道で咲いていたツルボです。泉北ニュータウンの緑道でも見られます。ツルボ 学名 Scilla scilloides キジカクシ科 ツルボ属北海道〜南西諸島、朝鮮、中国、ウスリー地方などに分布する多年草。土手や田の畦などに普通にみられる。 [続きを読む]
  • 晴美台のヒヨドリバナ
  • 堺市南区泉北ニュータウンの林縁で、咲いていたヒヨドリバナです。泉北ニュータウンではそれほど大きくなく、人の手がほとんど入らないところに見られます。ヒヨドリバナ 学名 Eupatorium makinoi var. oppositifolium キク科 ヒヨドリバナ属北海道、本州、四国、九州に分布する多年草。山野の日当たりのよい場所、林縁に生育する。 [続きを読む]