hisakoara さん プロフィール

  •  
hisakoaraさん: ミャンマーごろりん日記
ハンドル名hisakoara さん
ブログタイトルミャンマーごろりん日記
ブログURLhttp://hisakoara.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミャンマーのヤンゴンに押しかけ嫁入りした女の愉快なファンキー日常を感じたままに綴ります。
自由文ヤンゴンに住んで4年。
仕事の目ではなく、暮らす視点で感じたままをストレートに書いてます。
暑いミャンマー、熱い出来事、おやおや、あらあら、おっとっと、ちょっとちょっと、もー!的な日常ですが、楽しむ気持ちが大切、っていうかそれ無いと暮らせないミャンマー。
ファンキーミャンマー、お楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2017/03/29 18:14

hisakoara さんのブログ記事

  • リア充アピール必要なし!
  • 私がヤンゴンに来たのは5年前。当時は知り合いもいなくて、相方と行動するか1人飲み以外はほぼ引きこもり。でも寂しくもなんともなくて毎日が充実してた。Facebookにアップする内容はミャンマーの実情とそれに関する自分の思いが多くて(また停電、嫌だー!とかね。笑)、誰かと一緒に写真を撮ることは無かった。でも、何年か過ごすうちに知り合いがちょっとずつ増えて、一緒にランチしたりお茶したり飲んだりしている写真を撮るこ [続きを読む]
  • 魔王に??現る
  • うちの??さん、魔王デビュー。??さんは早寝、早起きなので夜は苦手、夜は弱い(それ言うな!って言われるけど。笑)。なのに昨夜は頑張った。しかも「俺はカラオケはいいや」と言ってたのに2曲続けて入れるとか、マナーを守ることなんかすっ飛んで熱唱されてました。先日の東京ラブストーリーで魔々と偶然会って、その可愛らしさ、素直さ、言葉の真っ当さが心に響いたらしく、あの日以来ちょっと魔々っぽくしゃべったりしてる [続きを読む]
  • ??と??のブルース
  • 7月から始まった連ドラ「義母と娘のブルース」が面白い。主演の綾瀬はるかが演じるのは大手企業の部長、向かうところ敵なしのバリバリのキャリアウーマンだ。ところが、そのキャリアウーマンの座を捨てて、妻を亡くした子持ちの中年男と再婚して、その男の娘の義母になるという話。ある日突然、仕事で関わった男から「僕と結婚してください」と言われ、その理由が惚れられたとかではなく、自分は癌で限られた時間しかないので残さ [続きを読む]
  • 人は見た目が何パーセント?!
  • 早く寝すぎている相方の隣で、昔の知り合いをネットで探す「あの人は今」的な遊びを昨夜1人で楽しんでいた。すると、高校時代同じ学年にいたモテ男を見つけた。一時期同じ部活にいたこともあり、友達と付き合っていたこともあるそのモテ男、スポーツ万能で長身でハーフのような顔立ちでちょい軟派。それゃ目立つしモテた。そのモテ男の現在は白髪で頭頂部の髪は無く、まるで70代か?!と思わせるような老けっぷりだった。相方にそ [続きを読む]
  • 心理テスト
  • A子とB男は恋仲で、橋を挟んで川のこちらとあちらに住んでいました。ところが、大雨で橋が壊れて2人は会うことが出来なくなってしまいました。B男に会いに行きたいA子に対して、C男は「500万円の保証金を払えば船を貸してやる」と言い、D男は「一度抱かせてくれたら船を出してやる」と言いました。お金が無いA子は、どうしてもB男に会いたい一心でD男に抱かれてしまいます。そしてB男に会えたA子は、B男についそのことを話してしま [続きを読む]
  • 言葉を考える
  • 今朝の会話は相方が読んだ本のこと。AI(人工知能)は言葉の背景を読むことが出来ないので、「昨日は川崎と横浜へ行った」という文だと、「川崎という名前の人と一緒に横浜という地に行った」とも「川崎という地と横浜という地に行った」とも取れる。同じ川崎と横浜でもこれは大きな違い。しかし人間はその文章から背景を読み取ることが出来るので、「ああ、彼は川崎君と仲がいいので、昨日は川崎君と一緒に横浜へ行ったんだな」と [続きを読む]
  • 常識の上を行くミャンマー
  • マリーナ目指してタクシーに乗った。違う方向へ行くので「おいおい、マリーナだよ」と言ったら「わかってる」的な。。。そして急に止まったと思ったら、ドライバーさん車から降りてアパートにぶら下がっている紐にビニール袋に入ったごはんだか麺だかをピンチで挟んでるじゃないのー!これ、ミャンマーあるあるで、下から上の階に荷物上げたい時によく使われてるワザ。もしかして、家族に昼ごはん届けた?!はあ〜、やるなぁミャン [続きを読む]
  • ビバ!友人来緬
  • 横浜の不動産会社で働いていたときの同僚が中国から会いに来てくれた。約4年ぶりの再会。お互いの年齢を確認して「もうそんな歳になったの?」と自分のことは棚に上げて、月日が経ったんだなぁと思った。出会いはもう11年も前になる。私が営業マンのとき、部屋を案内したときからのご縁。会社がすったもんだして、巡り巡って同じ職場になり、同じ思いを抱えていた時期もあったり、秘密を共有したり(笑)、なんだかんだでご縁があ [続きを読む]
  • ハノイで感じた女性のこと
  • ベトナムに来てみて思ったことは、女性の肌出しがすごいこと。ミニスカートやお尻が出そうなショートパンツで太ももをあらわにしてバイクにまたがるとか、どう見てもシミーズ(スリップのことを昔はこう呼んだ。笑)にしか見えない服で街を闊歩しているとか、下着のブラ丸出しとか、ヤンゴンから来た相方は目の保養をしておりました。暑いし宗教上の問題もないし、涼しくて楽な格好なんだけど、あれだけ露出してもなぜかそこに色気 [続きを読む]
  • ハノイでヘルシー、美味しい、楽しいをリザーブ!
  • ハノイでは最初に身体のメンテナンスをこちらで。基本は痛くないのに下半身に圧痛点だらけの私はたまに「痛っ!」と声が出てしまうのに、カーテンの向こうの相方は健やかな寝息(ときにはおおらかな寝息。朝起きてごはん食べてきたところなのにもう寝るのか、おいっ!)をたてて誠に気持ち良さそうだ。痛くはないかと緊張している私からしたらホント羨ましい。ランチはベトナム料理のブンチャー。甘酸っぱい汁につけて食べるつけ麺 [続きを読む]
  • なんとも言えない気持ち
  • WCサッカー日本戦を観戦。いただいたハチマキといただいたウィスキーで。笑私はサッカーに興味ないけど、相方に付き合って日本を応援した。でも。。。星稜の松井が明徳義塾に全座席敬遠されたときとちょっと似たような気持ちになった。選手は頑張ってる。評論家にはなりたくない。けど感情には逆らえない。「ちっ」にほんブログ村 [続きを読む]
  • こだわりのマッサージで受けるサービス最高!
  • 久しぶりにサンチャウンの日本商店街の中にある都マッサージに来たー。いつもながら気持ちいい〜!そしたら朗報。今月、都マッサージから鰻神さんに行くと、なんとお食事から5ドル割引きですって!これ、すごくないですか?!まさに今夜、鰻神さんに行くので超ラッキーで嬉しい!都マッサージからコッペパン屋さんに行くとコーヒーが、サンチャウンダイニングに行くとビール一杯がサービスされるそうです。ありがたい、このサービ [続きを読む]
  • 病は人を強くする
  • 久しぶりの更新。先月のドイツ旅行から戻ってホッとしたのも束の間、私はまた旅に出た。治療という名の旅に。私は5年前に筋筋膜疼痛症候群という病気になり、左足に痛みが出た。そのときはミャンマーに来る直前で、整形外科やら整体やらカイロ、手技療法やマッサージなどあらゆるところを走り回って、ようやく症状を見極めて楽にしてくれた気功&筋膜調整法の先生に出会うことが出来た。あのまま日本にいたら定期的に通院して今頃は [続きを読む]
  • 病は人に何かを感じさせる
  • 一昨日、夜中に腹痛&ピーピー、発熱といういつもの3点セットが襲ってきた。昨日はトイレ通いしながら寝ていたけど、午後には熱も39度を超えてきて、「いつものことながらろ本当にしんどいなぁ」と心が萎えた。でも昨日は日曜日で相方が終日家にいた。家にいるからといって何をしてくれるわけではないけれど(当たり前だのクラッカー、トイレは自分で行くしかない。笑)、誰かがいてくれるという状態はなんだかとても安心する。同じ [続きを読む]
  • 食わず嫌いと食って嫌い
  • この世の中、なんとなく苦手とか、なんとなく嫌い、というものがけっこうある。私の場合、食べ物に関しては、どうしても食べられないのは虫くらいなもんで、苦手とするパクチーも食べられないものではない。同じく、食べ物以外でも苦手なものはある。私は、西欧人が苦手だった。挨拶で抱き合うとかキスするとか、私の男にはするなー!!!って。笑無駄にデカくて馴れ馴れしくて厚かましい。そう、苦手な理由は実に勝手な言い分でし [続きを読む]
  • ドイツで気がついたこと
  • ドイツに来てみて気がついたこと。・トイレットペーパーが頑丈(笑)で破けない。ミャンマーは金魚すくいの紙より弱くてボロボロだから、ドイツのペーパーに感動!・ホテルやレストラン以外のトイレはたいてい有料。(1ユーロ=約135円)その代わり、お掃除の人が常に見張ってて清潔。でも、おしっこするのに135円払うって。。。(笑)・水道水が硬水なので、髪が硬くなってバサつく。手も荒れやすい。・ドイツ車だから当たり前なん [続きを読む]
  • リューデスハイムの夜
  • リューデスハイム2日目の夜は、3軒はしご〜♪1軒目ではソーセージが絶品、2軒目ではドイツ人のご夫婦が歌に合わせて踊る様子に見とれ、中でも手がペンギンのように可愛いおじさまは、終始笑顔で奥様を見つめる目が優しくて、私はペンギンおじさんに釘付けになりました。笑ドイツのお店ではウエイターやウエイトレスがお財布のようなバッグを肩にかけていて、お会計を頼むとそのお財布がレジになるのです。面白いね。相方はつい「シ [続きを読む]
  • ドイツで感じたこと
  • 昨日の朝は少し早起きしてハイデルベルク城を見学した。ドイツの街並みは本当に美しく、城からの眺めはまるで絵葉書のよう。ハイデルベルク城を背景に、本当は大きいのに小さく写ってる私。笑お城が大きくて良かったー。ハイデルベルクからフランクフルトを経由して、ドイツの旅の最後はリューデスハイムという街を選んだ。リューデスハイムの街はとても小さいけれど、「つぐみ横丁」というワインと歌と踊りを楽しむ小路があり、泊 [続きを読む]
  • ドイツにて
  • ソーセージにビール、ワインと相変わらず快調にとばしてます。ソーセージや肉料理、パンが主流のドイツ料理、2〜3回食べたら飽きるだろうとか、いくらビールが美味しくてもやっぱり日本やミャンマーのビールの方が美味しくて恋しくなるだろうとか、そんな感想を持つ自信があったけど、今日で6日目のドイツはまだ飽きずにソーセージなど食してドイツを堪能している私たち。もうね、どこへ行ってもその地のものを美味しく食べられる [続きを読む]
  • 初オペラ
  • ケルンから電車で1時間、アーヘン市立劇場で相方の息子Tが出演するオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を鑑賞した。Tが転じるのはマゼットという役。「ドン・ジョヴァンニ」はイタリア語なので言葉はわからないけれど、予めあらすじを予習しておいたので内容は理解できて、思わず引き込まれた。「ドン・ジョヴァンニ」という男、女たらしの話だから興味持てたのか?!笑実は心配していたのよね、私。その昔、相方にクラシックコンサート [続きを読む]
  • いざドイツへ!
  • 一昨日、ドイツのデュッセルドルフ空港に着き、相方の息子Tとその彼女Yさんが出迎えてくれてケルンへ。夕食はT、Y宅で彼女が作ってくれたお料理をいただき、この時期だけ、旬の白アスパラが美味しかったー。ケルンのビールとミャンマーワイン。父と息子が住むそれぞれの国のお酒を楽しみました。昨日は快晴の中、ケルンの中心でケルンビールを。さすがドイツ、どれを飲んでも美味しい。200mlの小さなグラスを何杯もおかわりするの [続きを読む]
  • とりあえず
  • トランジットの地、ドバイに到着。エミレーツ航空の機種は777。機内は広いしキレイだし、日本語の映画や音楽などもあり退屈しなかった。ていうか、午前2時に搭乗しているわけで、退屈も何もとにかく寝るでしょ。笑昭和70〜80年代の日本の歌謡曲を聴いていたら、百恵ちゃんのプレイバックパートⅡで寝落ち。美しいcAさんに優しく起こされて朝食をいただき、再び昭和の歌を聴いて眠っていたらもうドバイ。早いね、ヤンゴンから5時間 [続きを読む]
  • 忍耐は必ず報われる(と思いたい)
  • 今日は8:30〜13:30停電、外は40度を超えているであろうと思われる中での停電は人格が崩壊しそうだ。相方から「生きているか?」と安否確認の電話が入り、「バイタルは安定、意識レベルは低下せず」との返答。なんとかやり過ごした。その後ヤダナポンの業者の人、アイドラさんが来て、それぞれ修理。アイドラさんは電話したらその日にすぐ来てくれた。でもヤダナポンはもう2週間も前からWi-Fiが繋がらず不自由していたのに、なかな [続きを読む]