えりえり@カラブリア さん プロフィール

  •  
えりえり@カラブリアさん: カラブリア.com カラブリア州から送るイタリア生活
ハンドル名えりえり@カラブリア さん
ブログタイトルカラブリア.com カラブリア州から送るイタリア生活
ブログURLhttp://www.xn--cckr3k1cg.com/
サイト紹介文カラブリア州に暮らす伊語通訳が見た・感じたイタリア生活雑記、お料理教室や旅行の情報を発信中。
自由文「カラブリア.com」はカラブリア州をご案内するerieriが送る、イタリアンな生活ブログ。土日・祝日は更新お休み。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2017/03/29 22:29

えりえり@カラブリア さんのブログ記事

  • マテ茶が待ってるアルバニア系イタリア人の村・チヴィタ(Civita)
  • 南米がルーツのマテ茶。イタリアの英雄・ガリバルディの奥様が南米出身者だった影響で、ガリバルディさんはマテ茶ファンだったと言われています。イタリア統一に出かけた際、マテ茶も持ってお出かけになったガリバルディさん。あちこちで休憩の度にマテ茶で一服していた、と言われています。そのガリバルディさん個人の習慣が残ったのが、イタリアで唯一カラブリア州のアルブレーシュ(アルバニア系イタリア人)の村々。イタリアで [続きを読む]
  • カラブリアに帰省した友人たちと復活祭(再現)ランチ
  • 今週頭からイタリア外に住んでいる友人たちがカラブリア州にお仕事もかねて一時帰省中。「コセンツァの復活祭っぽいことして!」とのお願いに押され(笑)、先日、復活祭再現ランチ作ってみました。再現といっても復活祭の時に我が家で頂いたお食事再現、ではなくて、なんとなく復活祭らしいランチメニューがご所望だった友人たち。まぁ、付き合いが長いと色々わがまま言いだす典型的なカラブリア人ですw復活祭や大切な日用のテー [続きを読む]
  • 【ご案内可能】カラブリア州の鷹匠
  • カラブリア州でたった1軒。鷹匠として活動を一般公開している友人・ロベルトです。カラブリア州北部のポッリーノ国立公園脇に住んでいて、川向うはポッリーノ国立公園という場所で猛禽類約20種、ポッリーノ国立公園固有種8種と暮らしています。写真撮るなら。。。と自慢の若い仔を出してきてくれました。こちらの鷲さん、まだ4歳!ストレスのかかる換毛期を除き、鷲さん達はこの谷間を飛ぶんだそうです。しっかり腕に戻ってくるって [続きを読む]
  • イタリア・カラブリア州在でも台屋さんラブ。鰹節削り器
  • イタリア・カラブリア州在住になってから特に大切にしているのが「毎日の食事」。カラブリアで入手できる、限られた食材で作るなんちゃって和食な日でも絶対に欠かせない鰹節削り器を日本から送ってもらいました。美しい佇まいのこちら、台屋さんの鰹節削り器です。長期出張から戻った届いていたのが日本からの箱。なぜか送り状がはがされ、配達の人も送り主をわかっていなかったらしいけれど。。。郵便局の箱だったので「たぶん日 [続きを読む]
  • 春恒例・約1500キロを超えてカラブリア州北部までやって来る、憎きヤツ
  • 今年もやってまいりました、サハラ砂漠の砂の時期!というわけで、カラブリア州北部のコセンツァ市内でも砂漠の砂が舞う時期がやって来ました。路駐している車はこんな有様。たった一晩でオレンジ色の砂がべっとり。。。雨が降ったわけでもないのに、車の天井部分はまだら模様になっています。これ、雨が降ると最悪で最悪で。粘土状になった砂って綺麗に落ちないんですよ! 黄砂の影響のある地域や火山の近くにお住まいの方たちの苦 [続きを読む]
  • 復活祭名物・チョコ卵割り。特売チョコ卵が手土産でもOKですよw
  • 4月1日の復活祭の後、投げ売り状態になるのが復活祭用のお菓子。こちらのピンクの物体・チョコレートの卵も例外でなく。。。先日、超特売になっていたのをチョコ星人の友人が手土産に遊びに来ましたw特売品をお呼ばれランチの手土産にってどーなのよ?って思いますがw まぁ、食卓を囲んだみんなチョコ星人だから良しとする? ちなみにチョコレート800gの大物です。ピンク色の包装紙なのは。。きっと女の子用の「サプライズ」が [続きを読む]
  • 自宅で簡単「我が家のピザ」。水に粉を合わせるのが私流♪
  • 週に1回程度は「自宅ピザ」な我が家。もちろん粉から作ります。って言っても本当に簡単で。。。我が家では超少量の酵母を使い、基本的に低温発酵させます。コツは「水分量に粉を合わせる」です。こちら、ビール酵母を溶かした水。この水分量が必要とする粉を加えて行く。。。というのが私の作り方。粉の中に必要な水分量を入れていく、というやり方の逆ですね。軽く捏ねながら粉を加えて、だいたいまとまったら台に出します。この [続きを読む]
  • 清く正しい醤油のお話。堀河屋野村醤油醸造所を訪問&ショッピング
  • 和歌山県の御坊にあるのが堀川屋 野村醤油醸造所。300年ほどの歴史を誇り、手麹で作る由緒正しい醤油を生産されています。当代はなんと17代目!お醤油は「三ッ星醤油」の名前を持つ1シリーズのみ製造。ほかにとにかく美味な味噌なども作っていますが・・とにかく「醤油」についての考え方ががらっと変わってしまった堀河屋野村醤油醸造所訪問体験についてご紹介します。直売所もある工房は、御坊市の幹線通りから少し入った場所に [続きを読む]
  • カラブリア州で、アルバニア系イタリア人だけが作るパスタ
  • 500年ほど前のお話。オスマントルコの拡大と共に本国を追われ、現在のアルバニアからカラブリア州に移住してきた人たちがいました。これが現在の「アルブレーシュ」と言われる人々の先祖。カラブリア州コセンツァ県に多く住んでいるアルバニア系イタリア人のことです。言葉も文化も大切に守り、現代に伝えているアルブレーシュの間で作られているパスタのレッスンを先日開催しました。先生はもちろんこの方、アルブレーシュ貴族の [続きを読む]
  • 日本土産はStaub・ラココット de Gohan
  • 今回の一時帰国時に購入したいものリストNo.1だったStaubのラココットdeGohan。記事はこちら(☆)イタリアではおそらく販売されていないこちら。小さ目12?の物を背負って帰ってまいりました。すでに持っているはい色をチョイス。ちょっとメタリックなカラーで気に入っています。白も気になったのだけれど、ガサツな私はきっと底をきれいに保てないかなーとw毎日使いのエスプレッソマシーンと比べると小ささが際立ちますw かわ [続きを読む]
  • 本日はパスクエッタ(祝日です)
  • 復活祭の翌日は「パスクエッタ」という祝日。昨日までさんざんチョコの卵割ったり子ヤギちゃんを食べまくったりしたけれど、本日はどちらかというと「ピクニックや外にご飯を食べに行く日」としている家庭が多いように感じます。我が家も本日は外ご飯です〜 profile:この記事を書いている人Sawai Eri 公式HP:La Terra del Sole(☆)カラブリア州コゼンツァ(Cosenza)在住。通訳・翻訳家でイベントオーガナイザー。食べ歩きと [続きを読む]
  • ワイン好きには楽しすぎるランチマットがお出迎えのレストラン
  • 最近シェフが変わったレストランの、リニューアルオープンにご招待されてきました。もともと地産地消をくどいほど徹底していたけれど、今度はワインの方も地元ワインに力を入れて展開していくんだそう。気軽なレストランなのでランチもディナーも紙のランチマットを使用なんですが、それぞれの土地の土着品種(その土地で作られているブドウ)の名前が列記されている、ソムリエ勉強時代が懐かしいカンジのマットになってました。力 [続きを読む]
  • カラブリア州を訪問するなら〜お勧めの服装は「たまねぎ」〜
  • 頂くご質問の中で多いのが「今度カラブリア州を訪問するんですが、服装は?」といったもの。南伊カラブリア州は日本と比べてどのくらい暖かいのか/寒くなるのか計りかねている方が多いように思います。「狂った」と称されるほど天気が乱れる3月がやっと終わるところですが・・カラブリア州を訪問される方にお勧めの服装は、「たまねぎ」になれ!というもの。は?たまねぎ??って思いますよねwこれ、薄めの物を重ね着して気温によって [続きを読む]
  • 日本で、カラブリア料理を語る上で欠かせない伝説の人に会う。
  • 35年ほど前に単身カラブリア州に滞在し、州料理について修行された「伝説」の日本人シェフがいます。イタリア料理を勉強された方の間では必携の「イタリア料理用語辞典」の共同編集者でもある、吉田政国さんがその人。私は日本国内でイタリア料理を学んでいないので、辞書の編集者というよりも「カラブリア州を日本に持って行った人」としてお名前を知っている程度の伝説の人。今回の日本滞在中、なんとこの伝説とお会いしお料理を [続きを読む]
  • まさかの南伊にあった、高速サービスエリ内のドッグラン?
  • 旅行には大抵同行する我が家のワンコ・Paddy氏。旅慣れてはいるものの、やはり休憩時間には思いっきり走らせてあげたいので「ドッグランがあるよ?」と情報が出ている高速サービスエリアを狙って休憩していたんですが・・ココはイタリア。期待を裏切らないスバラシイ施設に毎度苦笑いだったわけです。苦笑いの様子はこちらの記事で→期待を裏切らないイタリア高速内施設・ドッグラン(☆)本年もカラブリア州から片道1300?ほどの [続きを読む]