あずみ野。 さん プロフィール

  •  
あずみ野。さん: 脳性麻痺児の家庭療育ミラクルテクニック
ハンドル名あずみ野。 さん
ブログタイトル脳性麻痺児の家庭療育ミラクルテクニック
ブログURLhttp://azumino.3rin.net/
サイト紹介文「脳性麻痺で低緊張」の赤ちゃんのいろいろ諦めないおうちケアの方法を探しています
自由文病院や療育で学んだことをもとに自分なりに考えて実践しています。病児保育2年目のママは奮闘中。情報交換できるお友達も募集中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供334回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2017/03/30 14:28

あずみ野。 さんのブログ記事

  • 高原療法の効果
  • 1か月の高原療法から帰って来るといろんな人から「すごい変わった!」と言われました。確かにずっと一緒にいる私でさえ「変わった」と思うのですから久しぶりにあった人はもっと強くそう思うのでしょう。「たった1か月でこれだけ?」と驚かれるのです。<体の変化>・体重が増えた・単純にできることが増えている、難しいことが簡単にできるようになっている・細かい作業が上手になっている・力がついてきて重いものも平気で持ち上 [続きを読む]
  • 療育施設の実力と支援計画書の関係
  • こちらが7月時点でのうちの子の言語療法を中心とした児童発達支援センターの支援計画です。長期目標が「他者に意思を伝えることができる」というもので、短期目標が「様々な手段で意思表出を経験する」というものでした。項目は「体・感覚・手先」「情緒」「認知」「コミュニケーション(理解・手段・かかわり方)」というように分かれています。ざっくり見ると情緒とコミュニケーションに関してはおおむね問題がないのですがとに [続きを読む]
  • ファンクションエルボープロ
  • こちらはダイヤ工業さんの「ファンクションエルボープロ」という商品です。もともとは大人用なのですがSサイズならうちの子供にも使えるサイズです。でもちょっと大きめかなー。肘の過伸展がものすごくてあり得ない角度まで曲がりまくるので見た目にもヤバそう。先生たちに「痛くないんですかね?これ」と聞いても「大丈夫じゃないですかー?」なんて言われるだけだったのですが、ばね指に反応する部位をマッサージで探してみると [続きを読む]
  • 英語とドイツ語の表出
  • 高原療法の最中に持っていくつもりだったしまじろうのDVDを自宅に忘れてしまっていたのでそこで見れる子供向けの動画を探していたらかろうじてこれを見ることができました。KIKAです。KiKa von ARD und ZDFこれはドイツの教育テレビのようなもので一日中子供向けの番組をやっています。TVのチャンネルは何百個もあったのですが子供向けなのはこれとディズニーチャンネルだけ。こちらのほうが小さい子供向けの番組が多かったので・ [続きを読む]
  • 今日は言語療法でした
  • 先日から気になっていた「同じ言葉を繰り返す」と言うことについて先生に質問してきました。「それって自閉的な症状なの?」と少し気になっていたんです。すると先生は「楽しんでやっているし、話の流れから言うと合っているから、わざとやっているんだと思いますよ。同じ言葉を繰り返して口の中での刺激を楽しんでいる。」というさらっとした答えでにっこり。「同じ場所でぐるぐる回る」という自閉っぽい行為を繰り返していた時に [続きを読む]
  • 「むずかしい」と「ちょっと難しい」
  • ここ1か月ほど、うちの子は毎日おむつを履くのを嫌がります。ただし私以外の人の場合はかなり協力的におむつを履いていて、「いい子!上手!」と褒められまくっているのに、おむつ替えをするのが私の時だけ「あたちが!あたちが!」と言っておむつを自分で持って離さないのです。そして私が履かせようとすると逃げて逃げて…、絶対に拒絶するんです。そこで「自分で履きたいの?」と聞くと「はく!」と言うのです。でもおむ [続きを読む]
  • 高原療法から帰ってきました
  • 1か月間の高原療法から帰ってきました。その間にやはりロゼレムが必要ないほどよく寝てくれたので、発達のほうもかなり進んでいます。きっと先生たちもビックリされることでしょう。大きく変わった点は次の通りです。・体の動きがよくなった・足の冷えをあまり感じなくなった・言葉がたくさん出るようになった・移動に関する意欲が強くなった(ハイハイで移動することに慣れた)・食べられる食べ物が少し増えた(リンゴやクランベ [続きを読む]
  • 同じ言葉を繰り返す
  • 何ヶ月も前からうちの子は「あっち」とか「こっち」という言葉を1日に何百回も繰り返し言っていました。それまでほとんど言葉が出てこない時期が長かったので、私はどんな言葉でも喋ろうとしてくれていた事が嬉しくて、あっちこっちと指差しをしながら指示されるたびに抱いて移動をしてあげたり視線の先を探したりしていました。「あっち」というたったひとつの言葉の中にもたくさんの意味があってその時その時で違った内容の言葉 [続きを読む]
  • SIGGと脳性麻痺のこだわり。
  • うちの子は小さな頃から子供向けの飲み物の用具が苦手で、哺乳瓶から始まってスパウト、マグ、スプーン、コップ、ストローといったもの全てに拒絶反応を示しました。当然水分が取れず脱水症状になります。今年に入ってからは紙パックのりんごジュースとラブレなら飲めましたが、そればっかり飲むというのもどうかと悩んでいました。母乳以外の水分が取れないのは問題です。普段強いこだわりを見せることはないのですが 飲み物の形 [続きを読む]
  • 麻黄湯の不思議
  • 今日はちょっと気になる事柄を眉唾的に。うちの子は時々原因不明の高熱を出します。38度後半くらいの熱が5日間から7日間ほど続くのですが病院で調べても炎症を起こしているわけでもなく、なんでもないといわれて帰されます。下痢をともうなうこともしばしば。高熱だけの時もあります。最初は風邪だと思っていたので風邪薬を飲ませていましたがその薬にアレルギーがあるかもしれないということで、医師の指導のもと麻黄湯という漢方 [続きを読む]
  • 靴下を履きたいのです
  • 最近、自分で靴下を履きたがるのですがどうもうまくいきません。それでも人にやってもらうのはいやらしく、勝手に履かせてしまうと全身でうなだれて嫌がります。他にも自分でやりたがるのは、箒で床を履くことやスパウトのフタを自分で開け閉めすること。車のキーのリモコンを操作してドアを開けたり閉めたりすること。エレベーターのボタンを押すこと。ボタンを押して操作することはそれほど難しくないので何がなんでも自分でやり [続きを読む]
  • 息を吐く練習
  • 息を吐く練習をすると口の周りの筋肉がついて発語に繋がるかもしれないといくつかの専用の器具を試してみたのですが、結局ずっと使い続けることができたのはこちらだけでした。は筒の部分を口に咥えて息を吐くのが正しい使い方ですがうちの子の場合は羽根に直接フーフーと息を吹きかけて回します。風車でよかったんじゃないかと少し複雑な気分です。日本の昔ながらのおもちゃは凄いですね。実はよく考えられています。でんでん太鼓 [続きを読む]
  • Power Wheels Wild Thing
  • ちょっと前のニュース映像みたいですが、偶然youtubeで見つけました。以前からこういうタイプのものが欲しいとずっと言っていたんです。どこぞの大学でこういうものを研究している理学療法士さんたちのチームがあると聞いたことがあります。そこで作られた乳幼児用の電動車いすの試作品を何度か使わせてもらったことがあります。それはコストがかかりすぎてあんまりたくさん販売できないから採算が合わないという理由で研究 [続きを読む]
  • ジェスチャーで意思を伝える
  • うちの子はしまじろうのDVDを見たいときは子供はDVDを直接操作して好きな時に見ることができていたのですが、あまりにもボタンを手当たり次第に押しまくって遊ぶのでDVDが壊れそうでした。それからシッターさんが「DVDを触っちゃダメ令」を出したので、見たいときは自分で勝手にいじれなくなったんです。それ以来DVDを見たいときは・リモコンを持ってきて「ん!ん!」と言う・DVDを直接持ってきて「あ!あ!」と言う2種類の方法で [続きを読む]
  • 子供用車いすのクッションを自作しました
  • もともとうちの子の車いすはこういうクッションが付いていました。が、これを作った装具屋さんが「もうなくてもいいかもね。遠出をするときはあるほうがいいけどちょっと乗るだけならなくてもいいと思う。もういっそお母さんが持ってるその100均の座布団でいい」と言われたので、座布団改造してみました。そして作ったのがこちらです。 色を黒でそろえればよかったのですが、たまたまうちにあったのが紺色だったのでとりあえず作っ [続きを読む]
  • 飛行機用シートベルトを手作りしました
  • 今日は飛行機の中で使う子供用シートベルトを自作していました。飛行機会社が「ハイシーズンで在庫が切れているから座位を安定させるためのシートベルトを貸し出せないです。ないと飛行機に乗せられないのですが、お手持ちのものはございませんか?」なーんて言うものだから、自作してたんです。・マジックテープで止められるタイプで金具やボタンを使用していないもの(有事の際にすぐに取り外せる必要があるため)・長さの調節が [続きを読む]
  • 飛行機用シートベルトを手作りしました
  • 今日は飛行機の中で使う子供用シートベルトを自作していました。飛行機会社が「ハイシーズンで在庫が切れているから座位を安定させるためのシートベルトを貸し出せないです。ないと飛行機に乗せられないのですが、お手持ちのものはございませんか?」なーんて言うものだから、自作してたんです。・マジックテープで止められるタイプで金具やボタンを使用していないもの(有事の際にすぐに取り外せる必要があるため)・長さの調節が [続きを読む]
  • 低緊張の子供の足の写真。
  • 久しぶりの足の写真です。手を洗うのが好きでイスを持ってくるとこのように立ち上がって洗います。この時に気になっているのが足首の角度。以前とあまり変化がありません。足の形そのものも昔のままです。足が薄っぺらくて土踏まずがなく、踵が細いのです。 長時間立っていると足の指先に力が入って丸まります。だんだんと色が変わってきて赤紫色に変色してきています。もっと立たせていると真紫色になります。イスに座ると元の色 [続きを読む]
  • 車いすに対する気持ちの変化。
  • うちの子が車いすを作ったのが2歳4か月の時でした。移動細胞を活性化するのに車いすがとても良いという話を聞いて急いで作ってもらったのですが「自分で上手に漕げるのに乗りたがらない」という状況に陥ってしまって、ずっと使えずにいたんです。車いすを見るだけで大泣きするので。最初に病院で車いすに試乗した時は大喜びでした。乗せてみると最初から上手にコントロールしていて、方向転換も上手にできていました。片手駆動とい [続きを読む]
  • 座位を安定させるクッションを改良する
  • 我が家で使っているこの座布団的なモノについて理学療法士さんに相談をしたら「もっと固いものでもいい。クッションである限り柔らかい。もっと固くていい。」と言われたので、石のようなものでも?と聞くと「もうそのレベルで。形はそれでいいです」と言われました。もっと固いものとは何だろうかと考えながら、ちょっと今日は装具屋さんのところにお邪魔してこようと思っています。ここ3〜4日病院と装具屋さんに立て続けにかか [続きを読む]
  • 人気の作業療法士。
  • 装具屋さんとお話をしているときに私の子が通っているレスパイトの先生の話になって「どうしてあの先生を良いっていう親御さんはこんなに多いんでしょうね?僕わからないなー。でも本当に大先生って言われててすごいんですよ。実績もすごい残してますけど、それ以前になんかあの人って障害持った子の親にすごい好かれますよね?あれが不思議で。あんなに人に好かれる人いないですよ?どうしてなんですか?」と聞かれました。その先 [続きを読む]
  • 代謝の先生に会ってきました
  • 今日、初めての本格的な代謝の先生との出会いがありました。うちの子は生まれてすぐに呼吸が止まって調べた時に脳にダメージがありました。その後も呼吸が止まったっりして体調がすぐれず、摂食障害や睡眠障害、知的な発達の遅れなどに苦しめられましたが、その中で「原疾患が何か?もし生まれ持った病気が原因ならまた無呼吸で死にかけることがあるのではないか?」という不安がありました。リハビリも効果を感じることができず買 [続きを読む]
  • こどもちゃれんじ インドネシア版
  • こちら、こどもちゃれんじのインドネシア版だそうです。普段聞きなれた音楽も、ちょっと言葉が変わるだけで脳みそがビックリしますねー。子供には猛烈なしまじろうブームが来ているのですが母である私はとっくに飽きています。一応肢体不自由児なので上半身だけですがどの歌も全部完コピしていて踊りまくります。DVDを見たりyoutubeを見たり、とにかく脳性麻痺による知的な遅れなどによってできなかったこともしまじろうさえあれば [続きを読む]
  • 冷えのラインが足首まで到達
  • 以前は腰のところにあった冷えラインが最近は足首まで下がってきました。先々月あたりには膝上くらいだったのですが今はくるぶしの上あたりです。このラインを境にくっきりと体の「暖かい部分」と「冷たい部分」が分かれています。その境目をマッサージしたりしていたら少しずつその境目が下がってきました。最初に気が付いたときは腰の上あたりでしたが体を触っているうちにそれが下がってきているのを発見してマッサージを続けて [続きを読む]
  • おじいちゃん先生、力説する
  • 今日検査結果を聞きに行ったら、「結局何にもわからなかった。モヤモヤする。こんな結果でお母さんにも申し訳ない。」と先生は元気がなかったんです。でも内容のない会話をひたすらした後に、「これだけは言っておきたい!本当に!」と、力説されたのがこちらです。「病気の子供がいるとあれこれ言って近づいてくる悪い人たちがいるの!お金すごい高いこといって吹っ掛けてきて何にもならないの!本当に騙されないで!あなたは騙さ [続きを読む]