カネタロー さん プロフィール

  •  
カネタローさん: カネタローのぜにっき
ハンドル名カネタロー さん
ブログタイトルカネタローのぜにっき
ブログURLhttps://ameblo.jp/ubin1982/
サイト紹介文株、仮想通貨、保険、節約ネタを中心に、リタイア時に十分な資金を作るべく奮闘するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 202日(平均3.0回/週) - 参加 2017/03/30 01:03

カネタロー さんのブログ記事

  • 長期休業補償保険は解約しました。
  • 最近、TVCMでよくみる長期休業補償保険ですが、数年前から加入していましたが解約しました。 母に言われて適当に加入し、万が一、病気にでもなって働けなくなった場合のために必要と考えていました。 病気等の就業障害が発生した時点から2年間は免責期間で、その間は傷病手当金を受け取り、2年以後は最長満60歳まで補償されるという内容です。 障害厚生年金等では賄えない収入の減少分を、この補償で補填するのが目的です。 しかし [続きを読む]
  • 強く生きるために副業をやりましょう
  • 皆さん、日々、本業に邁進されて頑張っていると思います。仕事が楽しいひと、辛いひと、色んな人がいると思いますが、ふと、このままで大丈夫かなと、不安を感じることありませんか? 今後も仕事あるのか?会社存続するのか?給料下がるんじゃないか?リストラされるんじゃないか? 歳を取るほど家庭でも仕事でも責任は重くなるのに、心配や苦労ばかり増えますよね。 カネタローの勤務先も入社して3年目でビジネスモデルが崩壊し、 [続きを読む]
  • 仮想通貨が下落中なのでBTCとXRPを買いました。
  • 仮想通貨がただいま下落中です。 BTCが25日にハードフォークするので、いつもの自然発生的な下落局面と考えています。 9月の中国政府による中国国内の取引所の強制閉鎖に比べれば、全然小さな下落ですが、買い時のチャンスです。 中国発の大幅下落時には、我慢してホールドするつもりでしたが、それまでの買い方がイマイチだったので、一度やり直すつもりで全コイン売却処分しました。 少しは利益出る予定でしたが、コインチェック [続きを読む]
  • 中国は日本にとって代わって科学技術立国になるのか
  • 明日から中国で5年に1度の党大会が始まります。 毛沢東、鄧小平という歴史上の政治家と、同格になるのではないかと言われる習主席ですが、中国経済の更なる発展と変革に向けて彼が今、推し進めるのが「創新」、すなわちイノベーションです。 新幹線そっくりの高速鉄道が思い出されるように、中国人はイノベーションというよりはコピーの方が得意な印象があります。 元々、古代中国で紙や羅針盤(コンパス)、火薬が発明された点で [続きを読む]
  • 長期投資先は国際分散すべきか集中するべきか
  • つみたてNISAやiDeCoを活用して長期投資する際に、有力な投資商品としてインデックスファンドを選択肢にあげることが多いと思います。 インデックスファンドには一国集中のものもあれば、世界中に分散するものもあり多種多様で何を選択すべきか非常に迷います。 国際分散してリスクを抑えるか、成長著しい国や地域に賭けて集中投資するかで大きく運用成績が左右されることは想像に難くありません。 リスクを抑えつつ優秀な運用成績 [続きを読む]
  • 車でよく走る人にオススメのエネオスPカード
  • カネタローは職場が遠いので、毎日往復80kmを車通勤しています。 ちゃんと会社から通勤費としてガソリン代が支給されますが、多目にはもらえないので、少しでも節約するためにエネオスPカードを使用しています。 以前は還元率2%のリクルートカードプラスで支払っていましたが、エネオスPカードに切り換えました。 エネオスカードはC, P, Sの三種類あり、全て年会費は初年度無料で税込1350円です。 Sカードのみ年一回利用すれば年会 [続きを読む]
  • 廃車で自動車税が還ってきました
  • 8月に廃車買取してもらった車の自動車税が還ってきました。 廃車では自動車税、自賠責保険料、重量税が還付されます。 ただし買い取り業者によって、何をどれくらい顧客に返すかはまちまちです。 カネタローが3社くらいに見積を取ったところ、自賠責保険料、重量税の還付を車両買取価格に含めて提示するところもあれば、買取価格とは別にそれぞれ残存分の3か月分を提示するところもありました。 大事なのは買取価格と還付金の合計 [続きを読む]
  • 積立NISAで投資するファンドは何がいいか?
  • 積立NISAで投資するファンドは何がいいでしょうか? 損失が出ても損益通算ができないので、しっかりとプラス運用してくれるファンドでないと困ります。金融庁に指定されたファンドは少ないので、闇雲に選ぶことにはなりませんが、やはり迷いますね。指定ファンドの中でも運用成績が良く、ローコストのファンドを検討します。 まずカネタローが候補として検討しているのは「ひふみ投信」です。2年前から積立開始して、+30%近い運 [続きを読む]
  • 積立NISAでコツコツ資産形成を目指します
  • 来年から積立NISAが始まりますね。積立NISAの対象商品は金融庁から指定されたものしか買えません。販売手数料、信託報酬、解約手数料が低く設定されたローコストで、毎月分配型ではないファンドが対象です。 積立NISAに関連する情報は、金融庁の下記リンク先から参照できます。http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-2.html NISAは年間の非課税枠が120万円、非課税期間が最大5年間なので、120万円×5年=600万円の非課税枠が [続きを読む]
  • クレジットカード払いが出来ない支払いは、nanacoで払って節約しましょう
  • 節約好きな方ならば、タイトルでピンとくると思います。既に知っている方は良しとして、何のこと?と思う方は参考にしてみてください。 納税は、国民の義務として避けられないことですね。 充実したインフラを享受してるので納めるべきなのは理解できますが、できるものなら払いたくないのが本音です。 せめて少しでも安くしたいですが、お上は税金を上げることはあっても下げてくれることはありません。 通常は現金払いなので得す [続きを読む]
  • 格安SIMカードは端末が何であれnanoSIMを選びましょう
  • 格安SIMカードは「標準SIM」、「micro SIM」、「nano SIM」の3種類があり、使用する端末のSIMカードスロットサイズに合わせたものを購入するのが普通です。 でも下記のものを使用すれば、nanoSIMで全てのSIMカードスロットサイズに対応できます。 mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット 2個セット Amazon似たようなものが複数売ってるので、これに限る必要はありません。ただ、上記は1円なので実質配送料が掛かるだけな [続きを読む]
  • 失敗しない格安SIMの選び方
  • 失敗しない格安SIMの選び方のポイントについて説明します。 ■必要な通信容量はいくら?格安SIMのサービス一覧を見ると、多種多様な通信容量プランがあり、そこから選択することになりますが、そもそも自分の月間使用量を把握されてない方も多いと思います。 大手キャリア利用者の多くは、店頭で勧められるままに使い放題プランに加入しているでしょうから、月間使用量を意識しないので当然です。 そういう方は、まずは自分の月間 [続きを読む]
  • 格安SIMで節約できる人って、どんな人?
  • 格安SIM興味あるけど、どうしたらいいか分からず手を出せてない方多いのではないでしょうか。DIMEなどの情報雑誌でも頻繁に取り上げられていますし、まとめサイトもたくさんありますが、情報過多で、初心者には余計に分かりづらいです。そこでシンプルに、どんな人が格安SIMで節約できるのか説明します。 ■どんな使い方をしている人が節約できるのか?格安SIMを未使用の方は大手キャリアを利用していると思いますが、格安SIMに乗 [続きを読む]
  • 【序章】格安SIMは節約のマストアイテムです。
  • カネタローは格安SIMを使い初めて5年くらい経ちますが、使い勝手と節約効果を考えれば、やって良かったと自信をもって言えます。なにせ、大手キャリアの頃と比べれば、年間10万も節約できたのですから。そもそも、iphone3GSが出た頃に、あまのじゃくのカネタローは、台湾メーカーのHTCのdesireという初期型アンドロイドスマホを買ったのがきっかけです。ガラケーで毎月2千円台だった通信費が、基本料金だけで6〜7千円、ちょっと多 [続きを読む]
  • H.I.Sがビットコイン限定の格安海外旅行ツアーを販売
  • 大手旅行代理店のH.I.Sが仮想通貨取引所のbit Flyerのシステムを利用して、今月23日から都内の店舗で仮想通貨による支払いサービスを始めます。https://bittimes.net/news/3338.htmlこれを記念して、ビットコインでの支払限定商品として、「ソウル3日間16,800円」、「ハワイ5日間69,800円」、「沖縄3日間36,800円」の格安ツアー商品を発売するそうです。21日に予約した方には先着10名でビットコイン5000円分をプレゼントすると [続きを読む]
  • 公的医療保険が効かない差額ベッド代はいくら?
  • 短期的な療養期間であれば、高額療養費制度のお陰で医療費の自己負担額は限定的です。 貯金100万もあれば、十分に医療費を払えそうと安心したくなりますが、差額ベッド代などの適用外の費用を考慮してないので、まだ安心するには早いです。というわけで、適用外の費用について考えていきます。 ■差額ベッド代はいくら?差額ベッド代が請求されるのは、1室4床以下の場合です。平成26年厚生労働省の調査結果によると、入院した方の [続きを読む]
  • 医療保険に入る前の基礎知識。高額療養費制度を理解しよう。
  • 公的医療保険では、通常の病気であれば補償され、自己負担3割で済みます。自己負担3割と言えど、医療費が高額になった場合は、3割相当の自己負担金も結構な金額になりうる可能性があります。そんなとき助けになるのが高額療養費制度です。■高額療養費制度とは高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、ひと月(月の初めから終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。※入院 [続きを読む]