もーりん さん プロフィール

  •  
もーりんさん: 激走競馬ブログ
ハンドル名もーりん さん
ブログタイトル激走競馬ブログ
ブログURLhttp://gekisoukeiba.blog.fc2.com/
サイト紹介文展開予想から絡む馬を見抜け!目指せ、馬券で一攫千金!
自由文中央競馬と地方競馬の得する情報やコラムもあり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 134日(平均4.0回/週) - 参加 2017/03/31 13:28

もーりん さんのブログ記事

  • 2017年・福島牝馬S 回顧
  • ウキヨノカゼは距離実績はなかったですが、勝ちましたね。前レースが今回の54キロでも、買っていない計算でした。テン乗りの吉田隼人騎手がうまく乗りましたね。☆デンコウアンジュは外を回した分、最後に伸びを欠いた感じです。終わってみれば、オープン馬・3頭の決着。ハンデ戦並のメンバーでも、やはりハンデ戦ではなかったようですね。2017年・皐月賞で学んだことですが、実力差のないメンバーが集まった場合、中枠の馬 [続きを読む]
  • 2017年・フローラS(G2) 展開予想
  • 桜花賞までの顔ぶれを見ると、牝馬は強い!と言えたのですが、このレースのメンバーを見ると、そうとも言えないですね。本当に強い世代なら、青葉賞を使う牝馬が居てもおかしくないですね。ミスエルテ、ファンディーナは牡馬相手に通用しなかったですね。元々、フローラSは強い馬は出走せず、オークス出走への権利獲りのために、1勝馬でも出てきます。よって、ど本命決着は稀ですね。順調に500万下を勝った馬が良さそうです。 [続きを読む]
  • 2017年・マイラーズカップ(G2) 展開予想
  • 去年は見事なまでに内寄り決着の波乱。開幕週なので、差し馬でも内寄りを狙った方が良さそうです。◎エアスピネル前走よりも枠が良いですね。同型のブラックスピネルとは枠の差があるので、逃げても良いのではと思います。ブラックスピネルとは斤量差がありましたので、同斤量なら勝ち負けのはず。○フィエロ8歳馬でも能力を維持しているのは、戦績が23戦と浅いからですね。前走は100%絡まない自信がありましたが、それでも [続きを読む]
  • 2017年・福島牝馬S(G3) 展開予想
  • トウカイシェーン、ブリガアルタ、ロッカフラベイビー、ギモーヴ、ウエスタンレベッカ 、リーサルウェポンと、格上挑戦が6頭。別定戦というよりハンデ戦並か。阪急杯の悪夢が頭をよぎります。浮上するなら55キロで勝ったことのある馬。◎フロンテアクイーン前走は枠が響いたと思います。同距離の時計は上位です。1800mは合っていそうですね。父メイショウサムソンなら最終週の馬場も行けるはずです。○クインズミラーグロ [続きを読む]
  • 2017年・マイラーズカップ(G2) 有力馬の考察
  • ・エアスピネル人馬一体。武騎手の全G1勝利を逃した馬ですね。2015年・朝日杯FSを勝ったリオンディーズは既に引退しています。菊花賞3着の直後に京都金杯出走は異例。マイルG1で2着ですし、理屈では間違っていませんが、使ったのがハンデ戦なので、陣営もマイルは疑問視していたと思います。リオンディーズを引き合いに出したのは同馬がマイル未経験だったからですね。ハンデ戦を使った理由はこの辺にありそうです。東 [続きを読む]
  • 2017年・フローラS 有力馬の考察
  • ・フローレスマジック桜花賞を使わず、ここに参戦。重賞2着なら賞金は足りていたはずなので、理由は別でしょう。マイル実績だけでは何とも言えません。レース間隔も空いていますしね。戸崎騎手の重賞不安もありますが、3着には滑り込んで欲しいですね。・ホウオウパフュームこちらには2000m実績があります。同コースも勝っていますし、最有力として推したいのですが、この馬も間隔が空いていますね。・アドマイヤローザハー [続きを読む]
  • 2017年・福島牝馬S(G3) 有力馬の考察
  • ・クインズミラーグロ去年と全く同じ、牝馬3重賞ローテ。去年よりも着順が向上していますが、一度、条件落ちしていますし、重賞ではギリギリ感は否めませんね。ただし、武騎手は買えます。最近好調ですし。・クロコスミアオープンクラスでは1勝もしていません。条件戦を勝ったのは1年半前。デビューは6月。そろそろ厳しそうですね。マイルでは善戦しましたが、松若騎手は先行がうまいので、騎手の力でしょう。馬場も味方しまし [続きを読む]
  • 2017年・東京スプリント(G3) 回顧
  • レアヴェントゥーレが痛恨の出遅れ。元々1200m実績が少ないことは承知していたのですが、吉原の腕を信じていました。内田騎手は地元出身ということで、やはりキタサンサジンが勝ちましたね。アポロケンタッキーの東京大賞典は圧巻でしたから。大井は火曜も水曜も馬場が悪かったです。その影響もあるのか、内寄りの馬、全然きていなかったです。外の先行を買うなら内は差しを買わないといけないので、展開予想をしていたなら、 [続きを読む]
  • 2017年・東京スプリント(G3) 予想
  • 東京スプリント・過去8年調教師のコメント◎キタサンサジン黒船賞では勝っていない8枠の、ブラゾンドゥリスが勝利。このレースも同じく8枠は勝っていません。奇しくも同じ内田騎手。今回は少数頭なので8枠でも大丈夫でしょう。大井では馬場が荒れると外寄りがよく絡む印象があります。○ダノングッド前走に速い時計あり。1200m実績はなくても、まだ5歳。▲レアヴェントゥーレ中央時代に1200mで速い時計あり。最近で [続きを読む]
  • 2017年・皐月賞 回顧
  • ファンディーナやアルアインは先行して前に出ました。クリンチャーも予想通り先行集団。道中、カデナとペルシアンナイトが内ラチから伸びるシーンがありましたが、カデナはペルシアンナイトより後ろに居たため、ペルシアンナイトだけが最後に伸びてきましたね。元の枠の差が出た形です。差し馬にはやはり内枠は不利でした。スワーヴリチャードも向こう正面では中団に居ました。ここから差すのはまず無理。この時点でレース終了です [続きを読む]
  • 2017年・アンタレスS(G3) 回顧
  • ミツバが後ろから行く展開。この時点で終わったような気がしました。第3コーナーでは団子状態。こうなると内寄りの馬が有利ですね。タムロミラクル、ナムラアラシ、グレンツェントは外を回すしかありませんでした。当然、届くはずもなく・・。グレンツェントは斤量が響いた形ですね。休養明けで力を出せなかったのかもしれません。デムーロ騎手のモルトベーネが勝ちました。1番人気のルメール騎手は着外。もう少し上位着順であっ [続きを読む]
  • 2017年 中山グランドジャンプ 回顧
  • 無事に飛越を全て終えたオジュウチョウサンが圧勝。サンレイデュークに並ばれそうになっても突き放しました。最強障害馬の世代交代とはなりませんでした。アップトゥデイトは直線手前で、既に余力はありませんでしたね。残念ながら馬券が外れてしまいましたが、サンレイデュークの後の着順は、買った順番通りでした。障害レースは難しいですね・・。 [続きを読む]
  • 2017年 アンタレスS(G3) 展開予想
  • 伏兵らしい伏兵が見当たらないですね。ハンデ戦で負けた馬は買いづらいです。うまい騎手が人気しそうですし、意外と荒れないかもしれません。◎グレンツェント実力最上位。良くも悪くもない枠ですね。間隔が空いているので馬体重は気になります。乗り替わりルメール騎手は問題はないですが、3キロ増の斤量58キロをどう見るかですね。今までの走ってきたレースでこの斤量なら、全く勝てていない計算です。しかし、成長分もあるは [続きを読む]
  • 2017年・中山グランドジャンプ 展開予想
  • 展開予想と言うより、元々の力と微妙な枠の差だけですね。◎オジュウチョウサン前走は大外枠からの勝利。ゴールまで無事なら馬圏内は確実視。○アップトゥデイト前走はオジュウチョウサンより内枠でも、完敗でした。逆転はまず無理でしょう。▲タイセイドリームアップトゥデイトより内枠。この枠なら。△ルペールノエル高田騎手なら再度馬券内も可能では。アップトゥデイトより外なので少し評価は落ちています。−メイショウヒデタ [続きを読む]
  • 2017年・皐月賞 展開予想
  • レースが難解なものになりそうなことは、3歳牡馬の弱さから想定済。多数頭での経験、微妙な枠順。その辺りがここでは影響しそうですね。枠に有利不利はないコースと言っても、逃げ・先行の同型多数ならば内寄り、差し追い込みなら外寄り。外枠に差し多数なら中枠寄りがそれぞれ有利だと思います。展開予想ですが、1 逃げ・先行 2 先行(恐らく)3 大逃げ・差し4 差し 5 差し6 差し7 差し8 先行9 差し10 先行  [続きを読む]
  • 2017年・アンタレスS(G3) 有力馬の考察
  • 1強という感じですね。伏兵の台頭もあり得そうな顔ぶれです。・グレンツェントフェブラリーSを回避して、ここに参戦。帝王賞狙いなのかもしれないですが、マイルG1でも見てみたかった素材です。ですが、ここでは斤量を背負うので、全幅の信頼はおけないかもしれませんが、相手関係では最有力です。・ミツバ1800mで速い時計を持っており、今回のコースの方が合うかもしれません。現能力で重賞級かどうかがポイントですね。 [続きを読む]
  • 2017年・中山グランドジャンプ 有力馬の考察
  • 日本一長い距離を走るのが同コースです。うまい騎手でも、走るべきルートを間違えることがあります。それくらいの集中力を要します。障害G1は暮れの中山大障害とこのレースで、年に2回しか開催されません。中山グランドジャンプは4歳以上、中山大障害は3歳以上となっています。中山コースですので、先行なら内寄りの枠と障害の中山実績が欲しいです。平地成績は全くなしで問題ないです。・オジュウチョウサン現役最強の障害馬 [続きを読む]
  • 2017年 4−6月 的中実績
  • マリーンカップ(G3) 展開予想◎ホワイトフーガ、▲ララベル、△リンダリンダで的中ですね。4着の差し届かなかったタイニーダンサーにまで言及できたので、ほぼ完璧でした。出遅れた○ワンミリオンスは仕方ないですね。三連単も事前に書けましたし、私は満足です。三連複ボックスも買っとけば・・なんて言っていたらキリがないです。 [続きを読む]
  • 2017年・マリーンカップ(G3) 回顧
  • ワンミリオンスが痛恨の出遅れ。この時点で当たったかもと思いました。1番人気か2番人気が勝つと思っていましたので。+25キロ体重のララベルが先行。ホワイトフーガも先頭集団に居ましたね。第4コーナーを回っても脚色が衰えることなくララベルは2着に残りました。タイニーダンサーが4着止まりだったのは想定通りです。脚抜きの良い馬場では時計が重要です。これは中央競馬でも同じですね。ダート未経験のパールコードは見 [続きを読む]
  • 2017年・マリーンカップ(G3) 展開予想
  • このレースは購入が初めて。どうやら過去10年で6番人気以内決着で、かつ1番人気は必ず絡んでいるようです。牝馬戦重賞でここまで堅い決着のレースはまずないでしょう。逆らわずに買うのが良さそうですね。地方競馬ではマイル重賞はマイル実績が基本。馬場は重〜不良予想です。脚抜きのいい馬場なので、時計のある馬なら差しが決まるでしょう。◎ホワイトフーガこの枠なら恐らくは差すでしょう。時計を持っていますので、外枠か [続きを読む]
  • 2017年・皐月賞 有力馬の考察
  • 船橋市の週末は雨ではなさそうです。道悪はさすがに牝馬には厳しいですからね。・スワーヴリチャード共同通信杯のステップから勝った馬は去年のディーマジェスティ以外にもゴールドシップが居ます。穴馬なら特注ですが、今回は人気サイドとなりそうですね。これまでの相手関係ですが、エトルディーニュはG2で沈み、ブレスジャーニーは戦線離脱。さらに、阪神実績はあっても中山実績はありません。ゴールドシップは中山未経験でし [続きを読む]
  • 2017年・皐月賞 レースの傾向
  • 強い世代と言われていた去年の皐月賞ですが、あっさりと大外の伏兵馬に勝たれました。その後の実績を見る限りでは、やはり伏兵でしたね。皐月賞を不人気で勝った馬は後が不振です。サニーブライアンは例外としても、ヴィクトリーに然り、ノーリーズンに然りです。理由は皐月賞を勝つ馬は、スピードがあるだけだからです。とはいえ、朝日杯FSの上位馬の信頼性は低いです。過去20年でも、朝日杯FSとこのレースを両方勝ったのは [続きを読む]
  • 中央競馬における、データの信頼性とは?
  • 2017年・桜花賞の回顧で、データを裏切ったのはなぜか、というのを書きたくなったので、こちらで記述します。フィリーズレビューもフローラSもそうですが、G1を経由した馬よりも条件戦勝ち上がり馬、賞金が足りない馬の出走が多いです。強い相手と戦ってきた馬が少なく、馬自体の経験も浅いので、上位入着馬であっても、G1では凡走するわけです。レーヌミノルは阪神JFで3着なので、その経験が活きたのでしょうね。とこ [続きを読む]
  • 2017年 桜花賞・回顧
  • ソウルスターリングの敗因は道悪らしいです。欧州血統らしくないですが・・。ソウルスターリングは向こう正面で、7−8番手辺りを追走。リスグラシューも同じくらいの位置に居ました。無理に先行しなかったのは、武騎手やルメール騎手らしいですね。勝ったレーヌミノルですが、第3コーナー手前で4番手辺り。この先行策がうまく行ったようです。元々、調教は一番良かったですからね。この馬はローテーション云々の話をして、切っ [続きを読む]