しんさん さん プロフィール

  •  
しんさんさん: はーとふるでいず
ハンドル名しんさん さん
ブログタイトルはーとふるでいず
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sinnsan/
サイト紹介文子供なし、10歳年下の妻に先立たれた寂しいオヤジの独り言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/03/31 14:22

しんさん さんのブログ記事

  • 決断
  • 本日、クルマを注文してきた。軽やけど。今日は試乗だけのつもりだった。コーヒー飲んで試乗して帰るつもりだった。でも注文してしまった。決して営業マンの口車に乗ったわけではない。私はこういう大きな買い物の時に一人で決めるのは苦手だ。洗濯機でさえ悩みに悩んだ。妻がいる時でも、今のクルマを買う時はかなり悩んだ。根っからの貧乏症のせいか、大きなお金が動く時の決断力がない。それが、今日はすぐ決断できた。妻が私を [続きを読む]
  • ケータイ解約
  • 「スマホで通話するの嫌い、2つに折れるヤツがいい」と、妻が珍しく我が儘を言った。もう歩くのも辛い状態になっており、やつれた病人顔で友人と会うのを嫌った。なので友人と電話するのが数少ない楽しみの一つだった。メール用と通話用に2台もケータイを持てる身分ではない。我が家は大貧乏だ。だが妻の希望は叶えたいので、色々調べて安いのを買ってあげた。結局、妻が使えたのは半年ほど。その後は私が持っていたが、私は誰と [続きを読む]
  • DM
  • 妻宛の郵便物が届いた。久しぶりだ。差出人は私の知らない会社名だった。仏壇前で妻に断って私が代わりに開封した。封筒の中身はオリーブオイルのダイレクトメールで手作り感満載の手紙だった。そういえば去年も来てたな。郵便物ではないが、妻宛のEメールが届くのが辛くて片っ端から停止していた時期があった。その甲斐あってもうほとんど届かなくなったが、なんとなく寂しくもある。妻が生きていた証拠だし、何より妻が好んでい [続きを読む]
  • ホスピス
  • 今朝、テレビでホスピス関係の番組をやっていた。とても素晴らしい医者の話だった。その中でインタビュアーが、「もし自分が末期になったら、弱いから取り乱してしまうかも知れない」と言ったら医者は、「どんな人も最後は上手に死ねる」という意味の解説をしていた。人間にはそういう能力が備わっているようだと。その医者の話で思い出した。10年以上前、私がパニくった時に妻が言っていた。「生まれてこれたんだから、ちゃんと [続きを読む]
  • 初めてのカレー
  • アジサイの咲く季節らしい。あちこちでアジサイ祭りをやってる。職場の近くのアジサイ公園でも、アジサイ祭りをやっていた。アホな私は花の名前を知らない。薔薇と百合とチューリップなら知っているレベル。いや、それも怪しいかも。アジサイは10年以上前に妻が教えてくれた。それ以来毎年アジサイが咲くと、妻に教わったアジサイだと思っていた。3回目の感慨深いアジサイの開花を迎えた。私は料理ができない。妻はそんな私を心 [続きを読む]
  • 東京集会4
  • 昨日は台風の影響で雨の中、東京に集結した。今回はコメットさんが初参戦。残念ながらマリルさんは仕事の為欠席で、オッサンは私ひとり。華やかな集まりになった。みんな普段心の中に仕舞っている言葉がいっぱいある。それを吐き出せる集まりは必要だと再確認した。 [続きを読む]
  • 六月のことば
  • 夏のような陽射しの中、久し振りにお寺まで歩いた。4〜5キロのコースだが、山の上にある寺なので運動不足には結構ハードだ。ここへは妻と一緒によく歩いた。全国あちこちの寺に行ったけど、よく妻は「お言葉」を探した。大体は寺の門にある。今日行った寺にも門にあった。お言葉を探す妻は、良く言えば純粋で勉強熱心。書いてある事を理解し、実践しようと努力する。悪く言えば、信念がなく影響され易い。お言葉ならいいけど、何 [続きを読む]
  • 無事帰着
  • 昼に自宅を出発。初日は良い天気だった。快適に高速ドライブ。私は田舎者で、都会の運転は極力避けたい。吹田とか豊中の辺りは高速でも通りたくない。それが嫌で、西へ行くのを敬遠してしまう程だ。なのでかなり遠回りだけど、米原から舞鶴若狭道を通って中国道に出た。あまり記憶がないけど、たぶん綾部PAで車中泊した。元々寝るのがへただし寒くて2〜3時間しか寝れなかった。まだ暗い3時頃出発した。2日目の朝は良かったもの [続きを読む]
  • 土佐より
  • 台風並みの強風が吹き荒れていたぜよ。灯台が風で倒されそうに傾いて見える。手に持ってるスマホが吹き飛ばされないように、力一杯握りしめていた。今日は何とかもったけど、これから雨模様らしい。夕べは人の少ない高速のPAで車中泊した。私にしてはよく寝れた方だが、それでも2時間くらいしか寝ていない。今夜もどっかの道の駅で車中泊するつもりだったが、雨でしかもかなり寒いらしい。それじゃあしょうがないって事で、ホテル [続きを読む]
  • 決められない
  • もうすぐ6連休。まだ一人旅の行き先が決まらない。あ〜、どうしよう。以前はこんな事なかった。休日はすぐに「ここにしよう」と決めて、下調べをした。だが妻がいないと何も決められない。そりゃそうか、妻の為に行っていたから。妻が喜ぶ所を考えていたから。妻との思い出の地を巡りたい。アホみたいやけど、昔の妻に会えるような気がして。もちろん現実にないのはわかってるけど、少し期待もしてしまう。最初に行きたいと思った [続きを読む]
  • 夢まで
  • 久しぶりに妻の夢を見た。妻が甥っ子のためにおむすびを握ってあげていた。しかし、それはビデオの中の出来事だった。夢の中でさえ、私は妻がいないとわかっていた。だから「これは動く妻が写った貴重なビデオだ」と思って見た。それと同時に、「あー、これこれ、いつもの妻の握り方や。懐かしい」と思った。私は小さい頃からおむすびが好きで、よく母親に握ってもらっていた。(山下清か!)妻と一緒になってからは、妻にもよく握 [続きを読む]
  • In This River
  • Zakk Wyldeが、ライブ中に射殺された元PanteraのDimebag Darrellに捧げた曲。曲中の「My Only Friend」という歌詞の所を歌う時、上を指差して天を見つめる姿が泣かせる。ハードロック・ヘヴィメタルにも色々あって、私はスラッシュ系とかデス系は好きではない。正統派ブリティッシュハードロックとかが好みなので、パンテラは聴かなかった。だからダイムもよく知らないが、ザックは親友だったらしい。それにしてもザックはデビュ [続きを読む]
  • 今日は休みなので、撮り溜めてたドラマを見た。「西郷どん」と福岡製作の「You May Dream」と他諸々。ドラマを見ると、大体泣いてしまう。今日はなぜかいつも以上に号泣してしまった。シーナだったからかも。あれから崩壊した。妻が息を引き取った時。妻の実家で、医者から聞いていた症状が妻に現れた。横に向けたまま昏睡していた妻の首が、上に向き始めた。口をパクパクし始めた。ついにこの時が来てしまったかと思い、階下にい [続きを読む]
  • ムカデ
  • 朝、着替えようとした時、枕元の小さい棚の上にムカデを発見。プラスチック製品のような綺麗なオレンジ色の足が特徴的な10センチオーバーのヤツ。びっくりした後、どうしようどうしようとあたふたしてしまった。こんなのと一夜を共にしてたのか?何かを取りに行ってる間にもしヤツを見失ったら、一生この部屋で寝ることはできない。絶対に仕留めるしかない。咄嗟に近くにあったティッシュボックスを掴んでヤツを思い切り叩いた。ヤ [続きを読む]
  • 連休
  • 世間は連休真っ只中。私には全く関係ない。昔は長いこと企業にいたので、私にも大型連休はあった。その後転職し、10年ほど前から土日はだいたい働く職種になった。その代わり平日に休める。平日に休む良さを知ると、もう世間の休日には休みたくなくなる。今はバイトじゃないけどシフト通りに出勤している。かなり融通が効く職場なので、シフトの調整もできる。5月は職場が暇なのでシフト調整して、後半に6連休を取ろうと思って [続きを読む]
  • 不眠
  • 怖い夢を見た。妹が、30?位の太さの地中に埋めてある長いパイプの中で死んだ、と二十歳位の東南アジア風の兄が泣き叫んでいた。怖すぎて起きた。時計を見ると12時ちょっと前。私は狭い状況を想像するだけでクラッとする程弱いので、起きてから暫く寝れなかった。それでもそれから30分くらいして寝れたと思う。そして、夢の続きを見た。ただパイプではなく、砂の池に代わっていた。水と砂が混ざった底無し沼的な池。見えてないけど [続きを読む]
  • メジャー
  • 大谷のメジャーでの活躍は、日本人として本当に嬉しい。日本で大谷を見ていた人なら、この活躍はそんなに驚かないだろう。ピッチャーでもバッターでも十分通用するのはわかっていた。ただ、スタートからあれほど活躍できるとは思ってなかっただけで。妻がいたらさぞかし興奮して応援しただろうに。ダルビッシュやマー君の時のように。いや、それ以上か。オリンピックやその他でも、スポーツ観戦で日本人をよく応援していた。ほとん [続きを読む]
  • 朝ドラ
  • 今月から始まったNHKの朝ドラの舞台が、私の故郷に近いみたい。故郷はド田舎で山間の小さい町なのでドラマの舞台になるなんて事はあり得ない。だけど、たぶん今までの朝ドラの中では一番近いと思う。役者が使う方言が懐かしい。とは言えイントネーションは結構違う。微妙な所はネイティブしか無理だろう。でも「ありがとう」の発音は皆中々上手い。ドラマを見ながら独り言が増えた。「これ違う」とか「これはこういう意味」とか「 [続きを読む]
  • 朝から号泣
  • 朝3時頃目が覚めてしまった。24時間勤務なので一応仕事中だけど、睡眠時間はちゃんとある。早いけど目が覚めて寝れそうにないのでテレビを点けてみた。深夜映画というか早朝に映画をやっていた。「きみに読む物語」というやつ。テレビに映った映画のヒロインが可愛かったので、つい見てしまった。ラブストーリーだった。私が見てきた映画は、ほとんどアクション系なのでこれまで無縁のジャンル。朝っぱらから映画見て号泣してま [続きを読む]
  • Tears in Heaven
  • 昔から私はロックギタリストが好きだった。今でも好きだし。学生の頃、3大ギタリストのジェフ・ベックとジミー・ペイジはよく聴いた。でも、エリック・クラプトンは毛嫌いして聴かなかった。自分でもなぜかわからない。たぶん見た目かな?「Layla」や「Tears in Heaven」は聴きたくなくてもTVやラジオから流れる。だからある程度メロディーは知っていた。最近、「Tears in Heaven」が死別の曲だと知った。1992年の曲で、前年4歳 [続きを読む]
  • 桜満開
  • この花粉真っ盛りの時期に外に出たくはないが、用事がある。銀行と郵便局へ行かなくては。しょうがない、意を決してマスクして車で出掛ける。銀行が終わって郵便局に行く途中でフと思った。「山の寺の桜はちょうど満開じゃないかな?」さっさと用事を済ませて帰りたいのに、なぜか頭に浮かんだ。その寺は妻のお気に入りで、麓に車を停めて何度も二人で歩いて登った所。1キロくらい急坂を登った所にある由緒ある古寺で、郵便局はそ [続きを読む]
  • 命日
  • 今日は2回目の命日。久しぶりに切り花を買ってきた。あと供え放しのチョコレートを新しい物に交換。妻の好きなサンドイッチと草餅も買ってお供えした。私にはこれくらいしかできない。他に何かして欲しいことは何だろう。何かあればメッセージが欲しい。いつもは妻が大変だった時を思い出さないようにしている。思い出しても、すぐに楽しい時に変換する。無理矢理する。でも今日はあかん。どうしてもあの辛い頃がよぎる。何度も何 [続きを読む]
  • 春が来た
  • スプリング ハズ カム??年2回、恒例のタイヤ交換をやった。??今住んでいる所では、ほぼスタッドレスは必要ない。何年かに一度の大雪の日にたまたま仕事だと必要になるけど。その為ではなく、田舎に高齢の親がいるので毎年替えている。いつ、何があっても峠を越えてすぐ行けるように。そして妻の法要が三月に田舎であるので、それが終わってからの交換になる。もうひとつ、春の恒例が花粉症。??????私はもう30年以上のベ [続きを読む]
  • フォトブック
  • 一昨年はデジタルフォトフレームを購入した。1ヶ月くらいは毎日パソコンの前でスライドショー用の写真選定をした。何かに憑かれたように一日中パソコンと格闘していた。お陰で今も毎日1000枚のスライドショーが色んな妻を映し出してくれている。その後は、妻が好みそうなサーモンピンクのアルバムを購入した。それもまた写真の選定をして、日付と場所を印刷した。仕上がるのに数週間かかった。スライドショーがあるのでそのアルバ [続きを読む]
  • 結婚記念日
  • 今朝、通勤中に思い出した。今日は結婚記念日だった。今までほとんど毎年忘れて過ごしていた。それは妻も同じだった。思い出したとしても、何も特別なこともしないし。われわれ夫婦にとって、大切な日ではなかった。でも今は大切にしたい。が、今日は仕事で家には帰らない。しょうがないので、コンビニで小さいロールケーキを買って、昼に一人でお祝いした。午後、寮のロビーに花束が4つ置いてあった。ある寮生がもらった物らしい [続きを読む]