しんさん さん プロフィール

  •  
しんさんさん: はーとふるでいず
ハンドル名しんさん さん
ブログタイトルはーとふるでいず
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sinnsan/
サイト紹介文子供なし、10歳年下の妻に先立たれた寂しいオヤジの独り言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 202日(平均6.4回/週) - 参加 2017/03/31 14:22

しんさん さんのブログ記事

  • 冬支度
  • 今日は期日前投票に行ってきた。投票所入場券には私の名前しかない。妻の名前の記載がない。長年、二人分の入場券があったのに。二人で投票してたのに。寂しいがしょうがない。一人で投票所に行った。投票所に着いたら、来ているのは老人ばかりだった。要領の悪い爺さんが受け付けでもたついている。私は少し間を空けて後ろに並んで待っていた。誰かに肩を叩かれた。振り向くと、知らない婆さんが、「受け付けはあっち」と、私の後 [続きを読む]
  • ミステイク
  • 今朝、食後のコーヒーを飲んでまったりしている時だった。珍しく私のケータイが鳴った。職場からだった。朝っぱらから何だ?私のプライベートタイムを侵すんじゃない、と思いながら出た。私 「もしもし」職場「今日しんさんですけど」私 「え………」まさかと思い、慌ててカレンダーを見たら私だった。今日は私が出勤する日だ。既に勤務時間に入っている。やってまった。( ̄▽ ̄;)アホみたいにコーヒー飲んでる場合じゃなかった [続きを読む]
  • 誕生ケーキ
  • 2013年の私の誕生日に妻が作ってくれたベジケーキとベジオムライス。妻が作るのはヴィーガン料理だから、砂糖もチョコも卵も使わない。でも美味い。私の誕生日には、よく何か作ってくれた。妻はサプライズするのが好きだったから、その努力は惜しまいタイプではあった。でも、ここまで凝ったケーキは他になかった。ええ歳こいて誕生日なんかどうでもええけど、妻の気持ちが嬉しかった。二人きりの家族、1年に2回の誕生日は大切に [続きを読む]
  • Stay With Me
  • 私たち夫婦は一緒にいる時間が長かった。二人で一緒に仕事していた。買い物も遊びも二人で行った。毎日べったり濃密に過ごした分、今、一人ぼっちの寂しさを痛感している。ギャップが激し過ぎる。普通の夫婦の何倍も一緒に過ごした。15年しか同居していないが、普通の夫婦の50年分に相当するように思う。仕事が忙しくて毎晩帰りが遅く、死別してから「もっと一緒にいれば良かった」と後悔するよりいいと、自分を説得している。納得 [続きを読む]
  • 懐かしい味
  • 以前ほどではないけど、妻の料理が恋しくて仕方がない時がある。自分では再現できないし、もう二度と食べる事ができないのはわかっている。私はあまり食べ物に執着しないし、いい舌を持っているわけでもない。スーパーとかに売っている物を食べていれば平気だと思っていた。でも実際にはスーパーで出来合いのおかずはあまり買わない。好き嫌いが激しくて、手作り的な出来合いのおかずが食べれなかった。豆類や海草類は好きなので、 [続きを読む]
  • 妻のブログより
  • 2015-10-05それがあたし通院日たいしたことしてないのに疲れたわー少し寒かったからかな?家にいるとたまに孤独病院嫌いだけどおんなじ病気の人いて少しホッとする自分がいてどんだけあたしは心弱いんだろねーあーすればこれが嫌だそれが怖いこーすればそれも嫌だそっちも怖いよわっちーあたしこわがりなあたしうんうんそれがあたし…なんだね約2年前の妻のブログより怖がっていた妻。助けてあげられない私。心が痛い。 [続きを読む]
  • 辛い頃
  • 毎日デジタルフォトフレームのスライドショーで、元気な妻の写真を見て懐かしがっている。できるだけ辛くて苦しい時の妻を思い出さないよう心掛けている。でも今日はたくさん辛い事を思い出してしまった。妻は最後の1年間、腰痛でまともに歩けなかった。座ってる時は腰にかかる上半身の体重を軽減させるために両手を踏ん張っていた。腰痛が出る前から手術痕にできたケロイド状の見える癌に心を痛めていた。毎晩ガーゼを剥がす度に [続きを読む]
  • よく寝たけど
  • 昔から私は起きる時間が癖になる事が多い。一度夜中に起きると、翌日も同じような時刻に起きてしまう。その翌日も同じ。それでここ1〜2週間は毎朝2時半頃に起きていた。一度起きるともう寝れない体質だし。どうせ仕事の日は朝4時に起きるけど、2時半はちょっと早過ぎる。・睡眠時間が5時間未満の日が続いていた。・先日の長距離運転の疲れが溜まっていた。・もらった湯の花でゆっくり風呂に入って温まった。・急に寒くなって [続きを読む]
  • 墓参り
  • 私の実家近くの妻が入ってる墓へ、妻の姉を連れて行った。時間に余裕があったので、高速を途中で降りて妻が好きだった木曽谷を走った。ここを通ると、平野育ちの妻は山の大きさに感動し、ハイテンションになった。義姉も妻と同じ反応をした。やはり姉妹だ。DNAも育った環境もほぼ同じ人なんだと改めて思った。墓に到着し、妻に義姉を連れてきたよと報告した。喜んでくれたと思う。蚊に刺されたが、無事に墓参りも終わった。さあ宿 [続きを読む]
  • 姉との約束
  • 妻は2人姉妹。昨年、妻が亡くなった年に、妻の姉も子宮癌になり手術した。まあ、両親は堪ったもんじゃないだろう。妻の葬儀以降会ってないから知らないが。今年の妻の誕生日に、妻の姉の抗癌剤投与が始まった。「これはきっと妹が応援してくれてる」と信じて、全6回の投与を頑張った。副作用で苦しんでいる時、私はメールで何度も励ましていた。その中で、抗癌剤が終わったら妻の墓参りをしようと約束もしていた。今は投与も終わ [続きを読む]
  • Too Many Tears
  • 去年は次から次に妻が亡くなった事を思い知らされた。昏睡から臨終、火葬、納骨などすべて私の目の前に現実として起こった。まさか棺に妻が寝かされるとは。まさか坊さんに妻がお経を唱えてもらうとは。まさか墓碑に妻の名前が刻まれるとは。いくら往生際の悪い私でも、妻の死を受け入れざるを得ない。余命宣告以来、もし妻がいなくなったら私は発狂するか落ち込んで何もしないかだと思っていた。しかし現実には次々に考えなきゃい [続きを読む]
  • カステラ
  • 寮生にお土産を頂いた。ここの寮生は仕事でよく出掛ける人達なので、私にもおこぼれがくる事がある。ここ2日で6人くらいから頂いた。お土産ラッシュで太ってしまう。長崎に帰省していた寮生から頂いたのは、福砂屋のカステラだった。開けてから、コウモリ印が見えたので福砂屋だと気付いた。たった2切れだけど、私にとって福砂屋は特別だ。最初は私が好きな佐伯泰英の時代小説に出てきたので知った。ちょうどその頃、前いた寮で [続きを読む]
  • カブトムシ
  • 今朝、カーコンポからaikoの「カブトムシ」が流れた。aikoは妻の好みで、古いCDを7〜8枚カーコンポのHDDに落としている。妻の影響で私も好きになった。??あなたが死んでしまって あたしもどんどん年老いて??想像つかないくらいよ そう 今が何より大切でもう遅い。大切だったのは過去だと思うと悲しくなった。私達夫婦はいつも一緒に居た。仕事も買い物も友達と会う時もほとんど一緒。ごく稀に私一人で出掛けて帰ってくると、 [続きを読む]
  • しん散歩
  • 今日のしん散歩は2時間で14159歩。人通りの少ない田舎道を選んで歩いている。道端の花が、私より高く咲き乱れていた。10キロ歩いても信号機が3つしかない。その内の2つは押しボタン式。押しボタン式は、車が来ないので押した事がない。だからほとんど止まる事なく歩ける。歩きながら考えるのは妻の事。考えてもしょうがない、もしも妻がいれば、みたいな事まで。いつも二人で散歩していたが、一人の散歩にも慣れてきた。こうや [続きを読む]
  • 月のふるさと便
  • 妻はビーガンになってから、普通のスイーツは食べれなかった。妻が食べる中で一番甘い物は、たぶん干し柿だったと思う。ビーガン以前はアイスとかシュークリームとかケーキとか食べていた。だから凄く我慢していた。我慢しきれなくなると、マクロビオティックのスイーツを自分で作ったり、買う事もあった。マクロビオティックだからそんなに甘くないけど、妻にとっては十分な甘さだった。妻の一番のお気に入りは、料理家である月森 [続きを読む]
  • 変わった
  • 私は妻に会ってから随分丸くなったが、一人暮らしするようになってから更に変わった。ご飯は玄米に押麦ともち黒米ともちきびを入れて炊いている。黒ゴマと梅干しも毎日食べる。これは、できるだけ毎日の食事を妻に近付けたいから真似している。あまり好きではなかったリンゴもところてんも食べた。どちらも妻が好きだった。食べ物以外も変わった。運転中に割り込みとかされても、あまり腹が立たない。むしろ、率先して入れてやった [続きを読む]
  • 秋空
  • 今日のしん散歩は1時間50分で13019歩。秋晴れで気持ちいい。私はこういう天気だと運動会を連想する。「ええ天気や、運動会日和やな」と私が言うと妻は嫌がった。運動会が大嫌いだった。私は小学生の頃、毎日が運動会ならいいのにと思うアホな少年だった。運動なら何でも学年トップで、誰にも負けない自信があった。「SASUKE」が小学生時代にあれば、軽くクリアしたと思っている。妻は対照的に運動音痴だった。何をやってもビリで、 [続きを読む]
  • 死刑
  • 今朝ニュースで、ある死刑囚が拘置所で食道癌のため死亡したと言っていた。4人も殺した悪い奴らしい。被害者遺族にしたら、死刑確定している奴が病死なんて許せないだろう。だから早く死刑執行すればいいのにと。でも私は、癌の方が苦しいと思った。死刑と癌とでは、痛みや苦しみが比較にならないほど違う。妻は余命半年と宣告されてから毎日、今日が死刑執行日じゃないかという恐怖と闘っていたと思う。毎日、死刑台に呼び出され [続きを読む]
  • 大泣き
  • あれから涙もろくなった。ちょっとした感動で涙。テレビで人が泣いてると涙。思い出の曲を聴いて涙。でも、ここ数ヵ月は割りと納まっていた。涙は出るけど、ちょっと出る程度に。私はいつもテレビは録画したものを見る。昨日も朝ドラ「ひよっこ」を数本まとめて見た。それを見て久しぶりに涙が大量に溢れ出た。「ひよっこ」の回想シーンで、みね子の就職先が決まって時子に告げた。それを聞いて時子が喜びの声を上げた。そのシーン [続きを読む]
  • 洗濯機購入
  • 騙し騙し使っていた洗濯機を、ついに新しいのと交換した。今まで乾燥機能付きだったからめちゃめちゃ重かった。もうそんな機能はなくていい。一人暮らしだから洗濯容量4.5kgの小さくて軽くて安いのにした。私はリサイクルがよくわかってなくて、ネットで購入した場合どうしていいかわからなかった。購入と同時に引き取ってもらえばいいのだろうけど。その場合、郵便局でリサイクル券を購入しなくていいのか、その辺がイマイチわか [続きを読む]
  • 思い出のラーメン屋
  • 妻と暮らし始めた頃、妻が教えてくれたラーメン屋があった。「ラーメンも美味しいけど、ジャンボ餃子も美味しいよ」一緒に行って、私は妻に言われるまま両方注文した。まず出てきたジャンボ餃子に驚いた。普通の倍くらいの長さ。容量で言えば普通の4〜5個分だろうか、いやもっとか。今ジャンボは珍しくないが、当時私は始めて見た。ただ大きいだけじゃなくて、味が良かった。私は食べ急ぎ過ぎて上顎をヤケドしてしまった。この後 [続きを読む]
  • 妻なら
  • 洗い物をしていて思った。ここに妻がいて、毎日料理していたんだなと。私から見たら魔法のように料理していた。買ってきた食材が、次々におかずになって器に入る。2時間かけて作っても、私が20分で食べてしまうと、よく、早すぎると言っていた。もっと味わうようにと。やっとわかるようになった。料理と後片付けの大変さ、面倒臭さ。料理以外の家事の大変さも。私の相手も。毎日よくやってくれてたと、今でも毎日感謝している。妻 [続きを読む]
  • ケントス
  • 今日のしん散歩は2時間で12458歩。昨日よりさらに暑く感じた。今日は歩いていて、オールディーズが頭に浮かんだ。そして妻と同居し始めた頃に、妻に連れて行ってもらった店を思い出した。私はハードロックが好きだけど、他にも洋楽全般を聴いていた。オールディーズも好きで良く聴いた。Doo Wopとか聴くと心打たれて、私は50〜60年代のアメリカ人の生まれ変わりではないかと思うほどだった。ストレイキャッツも好きで、タイムリー [続きを読む]
  • 大木
  • 今日のしん散歩は暑い中1時間50分で11972歩。もう金木犀が所々で香った。歩いている間、ほとんど妻の事を考えている。目に入った物で、何かにつけて妻を思い出す。大きな木を見て思い出した。妻は大木が好きでよく木と会話しに行っていた。大木のように何百年とは言わない、あと数十年は生きていて欲しかった。欲を言えば、私と同時期までが望ましかった。 [続きを読む]
  • ローソク
  • 毎日線香に火をつけるため、まず蝋燭に火をつける。元々私は焚き火とか、洗濯機の水流とか、蟻とか、じっと観察するのは好きだ。蝋燭の炎を見るのも好きだ。でも消えるのは見たくない。蝋燭が燃え尽きて煙が出る瞬間、妻の最期を思い出してしまうから。私は人の死に立ち会ったのは、妻が初めてだった。死んで欲しくない思いと、楽になって欲しい思いが混在していた。妻の心臓と呼吸が停止した時は「よく頑張った、今までありがとう [続きを読む]