山田頂光 さん プロフィール

  •  
山田頂光さん: 頂光書道教室
ハンドル名山田頂光 さん
ブログタイトル頂光書道教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/tyoukou-syodou/
サイト紹介文仙台市宮城野区の宮城野区文化センターにて子供向けのお習字教室をやっています。
自由文「お習字が好きだから、みんながいるから行く!」と言ってもらえるような楽しい教室を目指しています。
新学年になって新しい習い事を考えている小学生のみなさん、見学いつでもOKなので、ぜひのぞきにきてください(^_^)b
水曜の部
 前半 15時30分〜17時
 後半 17時〜18時30分
金曜の部
 17時〜18時30分
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2017/03/31 23:26

山田頂光 さんのブログ記事

  • 9月号毛筆課題
  • 9月号の毛筆課題です 幼年・1年↓↓「の」は一気にぐるんとまわすのではなく途中で1度筆をとめて次は書きはじめに向かってそこからぐるんとまわします 「び」もまず卵型の底をめざしてそこから上に向かいます 大人でも思うような曲線を書くのが難しい課題ですね 2年↓↓「ア」は2画目が字の中心になるように 「オ」の2画目の縦線は中心よりちょっと右になります 「はらい」や「はね」はゆっくり 3年↓↓「月」の1画目 [続きを読む]
  • 行書の臨書課題
  • 一般の部の毛筆漢字課題今回は初段〜 4段の臨書課題の行書です 臨書とは優れた作品を真似て書くのですが筆使いや文字の構成の仕方が身につきます ↓↓こちらは「集字聖教序」といって「書聖」と呼ばれる王羲之の作品です行書の臨書の代表的なものと言えるでしょうね今回競書本にはこのようにポイントを書き込んでみました先日解説本も購入してます集王聖教序とも呼ばれます画と画を続けて書いたり書き始めなどの筆使いが違うのが [続きを読む]
  • JA書道コンクール 2018
  • 2018年のJA書道コンクール半紙課題です 教室では今年も数名挑戦します 私も書いてみましたが・・・書道会の競書課題よりも難しいです 1年↓↓ 「む」の「むすび」が難しいですよね ちょうど8月の硬筆の競書課題に「む」があったのですがえんぴつで書くのもなかなか難しい 2年↓↓ 「ほ」も「むすび」があります 手だけでなくゆっくりと体全体を使って書きましょう 「ん」は思い切ってはねてみましょう 3年 [続きを読む]
  • 硬筆昇格試験課題 後期
  • 平成30年後期硬筆昇格試験課題です 硬筆の日は通常月1回ですが試験の練習で月2回になります 幼年・1年↓↓ 「うま」「むし」は8月の硬筆の課題にもなっています 似ているひらがながあるので間違えないように 2年↓↓ 「岩山」「公園」は3年の8月硬筆課題です 「はね」や「はらい」「点」の方向を正しく 3年↓↓ 「男女」は8月の硬筆課題にもなっています「おれ」の方向や「書」「事」の横画の間隔に気をつけて 「道」の「 [続きを読む]
  • 8月硬筆課題
  • 8月号の硬筆課題です 幼年・1年↓↓「むすび」の字が多く登場しますむすびの後に進む方向が右なら横長に下なら縦長のむすびになります 2年↓↓「点」の方向に気をつけて書く課題です「弱」や「羽」はカタカナの「ン」のようになります 3年↓↓「おれ」を正しく書く課題です縦画が内側に向かうとカッコよくなるのですが締めすぎないように 4年↓↓課題の文章の通り文字の中心に注意して書きます「縦画」や「点」が行の中心に [続きを読む]
  • 8月毛筆課題
  • 8月号の毛筆課題です 幼年・1年↓↓ 「あ」はえんぴつで書くのにまだ上手に書けない子がいるのではないでしょうか 手だけでなく体全体を使ってぐるんと書いてみましょう 「さ」は最後の画がちょうどいい位置になるように 2年↓↓ 「セ」の最初の横画は長めに 「ミ」は3つの画を平行に間隔も同じくらいに 角度が難しいので何回も練習しましょう 職場が緑豊かな場所にあるので1ヶ月くらい前までは小鳥のさえずりが [続きを読む]
  • うれしさが次のがんばりになる
  • 8月の競書本が届きました 今回は始めたばかりの子が次回昇級確定になっているのが多くみられました その中で名前の上に「賞」がついている子を発見 Mちゃんの作品が写真掲載されています 子供たちは毎回おけいこで競書本を配ると成績発表のページから目を通します 頂「名前みつけた M「うん 6級 頂「それ毛筆でしょ  ペン字の方見た    ここに名前があるでしょ  名前の上に何か  書いてない M「? 頂「ここに写真 [続きを読む]
  • 漢字で名前
  • 毛筆の課題の時幼年・1年は名前のみを書いてもらってますが2年生からは名字と名前のフルネームで3年生からは漢字で書くのにチャレンジしてもらってます生徒さんのほとんどは名字か名前どちらかを漢字で書けるのですが全てを漢字で書くようにするタイミングは学校で名前を全部漢字で書くよう指導された時もしくは生徒さん本人の意志表示があった時に先日生徒さんから「名前を漢字で書いてみる」という申告がありましたこの子の名字 [続きを読む]
  • 練習後の半紙はどうしてる?
  • 生徒さんから「練習後の半紙は どうしたらいいの」という声がありました どんどんどんどんたまっていきます 私は清書をする前に字の大きさの確認や筆使いの練習の時に練習後の半紙を使います しかし1度墨が入った半紙は墨の部分が縮んでしまうので字によっては線が跳んだりしますが 他には我が家では犬のフンを始末する時包むのに使ってます 新聞紙だと適当な大きさにカットしなければなりませんがそのまま使えるので [続きを読む]
  • 楷書の課題
  • 一般の部の毛筆漢字課題は3種類あります 今回はその中から臨書課題を 簡単に説明すると 優れた作品を真似て書きます そうすることで筆使いや文字の構成の仕方を身につけるのです 書道会では級の人は楷書初段〜 4段は行書5段〜7段は草書 準師範以上は行草体の課題になります 級の人の課題がこちら↓↓ 私たちが普段使っている形とちょっと違うので書く前にポイントになる部分を確認します これは「九成宮醴泉銘」 [続きを読む]
  • 小筆は穂先が大事です
  • 生徒さんの筆トラブルは大筆のみならず小筆も小筆は穂先を使うので崩しすぎたり割れたりしているとうまく書くことができません年長さんのYちゃんからは「穴あいた」「」小筆が乱れすぎて穂に空間ができていましたこの筆でよく名前書いてたねっていうか小筆崩しすぎ「水で洗ってる」「うん ねんね(お姉ちゃん) 水で洗ってる」なにす‼?水で洗っちゃイカンよ迎えにきたお姉さんに小筆のほうはティッシュを水にぬらしてふき取る [続きを読む]
  • 7月号硬筆課題
  • 7月号の硬筆課題です 幼年・1年↓↓ 毛筆課題にもでてきた「か」と「た」がでてきます 縦長にや横長に書くとカッコよく書ける字があります どれだか分かりますか 2年↓↓ ここのところ毎月硬筆の課題に登場する「心」が 「気」や「見」など上から下へ書く字はマスの上の方から書くと下の方がきゅうくつになりません 3年↓↓ 筆と違ってえんぴつで表現するのは難しいですが「はらい」や「はね」はきちんと 「気」も [続きを読む]
  • 7月毛筆課題
  • 7月号の毛筆課題です 幼年・1年↓↓ 「か」は「や」と間違って書かないように 難しい課題ですがまずは正しい形で書けるように ずーっと同じ姿勢でいるのは体に良くないのでたまに首や肩を回すようにしてます 2年↓↓ 正しく「シソ」が書けますか 「はらい」は手だけでなく体全体を動かして書きます 3年↓↓ 「七」は2画目は1画目の真ん中よりちょっと左を通るように 「夕」は「七」のすぐ下から書き [続きを読む]
  • 成長は続いてるんだよ^_^
  • 毛筆試験の結果が戻ってきました 「おっ 上がったね」「そうそう この子は もっと上の級で おかしくないと思ってた」と嬉しくなりました しかし生徒さんの中には合格証の級を確認して「もっと上がってるかと 思ったのに」とがっかりする子も 試験課題を練習していたのは4月 その時よりもある子は毛筆の筆使いが上手になり転折(おれ)ができるようにまた別な子は右払いが上手になっています 試験の課題は難し [続きを読む]
  • 筆は整えて
  • 最近、生徒さんから筆のトラブルの声が多く聞かれます私も添削をしているうちにこのようになります筆の穂の長さに対してだんだん墨をつける量が少なくなることで筆の動きが制限されてるのかもしれませんもう少し穂が短い筆の方がよかったんですねそれでも墨をたっぷりつけて余分な分を落としながら穂先を整えればそれと筆を洗った後に穂先をきれいに整える習慣をつけることも大事ですどうせ墨つけるからちょっとねじれててもいいん [続きを読む]
  • 魂がすり減る
  • 現在はお子さんのおけいこが主となっていますがそのうち高校生以上の方が対象の一般の部のおけいこも始められたらと考えています 教育部は毛筆と硬筆のみですが私の所属している玄粒書道会は一般の部は12種類の課題が ※作品につける出品券です↓↓ その中からいくつかに絞っておけいこすることになります そこでどんな課題があるのか少しずつご紹介していこうと思います 一般の部も年2回試験があり実は私も〆切 [続きを読む]
  • 生徒さんにインタビュー
  • お習字教室を始めて1年になり開始当初から通っていただいているお子さんから最近始めたお子さんまで現在10名の生徒さんに来ていただいています この1年で1番成長したYちゃんにちょっとインタビューしてみました 頂:お習字をはじめて1年何が楽しいですか Y:(筆で)書くのが楽しい 頂:ひらがなは来年小学校で習うんだけど読めるようになりましたか Y:うん 頂:去年の今頃は読める字もいくつかあったけどま [続きを読む]
  • 6月号硬筆課題
  • 6月号の硬筆課題です 幼年・1年↓↓ 「う」と「ら」「り」と「い」は似ている字なので注意 「か」も「や」にならないように 2年↓↓ 「月」「日」「園」は縦の線をまっすぐ書きます正方形のマスの中に字を書きますが字の形は正方形だけでなく長方形や三角形があるのでどんな形なのか考えてから書いてみましょう 3年↓↓ 「人」「天」「火」は左右の「はらい」が同じ高さで終わるように 「心」と「進」は難しい字なの [続きを読む]
  • 6月号毛筆課題
  • 6月号の毛筆課題です 幼年・1年↓↓ むかーしむかし調理実習の授業でコイを料理した時「こいは元気印なんです」と先生に言われたのを思い出しました 紙いっぱいに元気よく書いてみましょう 2年↓↓ 「ユ」は横長の字「リ」は縦長の字です 「リ」の間隔が広くならないように ユリの花粉は粘着性が高いので服につくとなかなかとれないようです 3年↓↓ 「王」の1番目と2番目の横画は同じ長さです [続きを読む]
  • 1周年
  • お習字教室を始めて1年を迎えました教室に通っていただいている生徒の皆さん、保護者の方々私の通っている習字教室の師匠共に学んでいる皆さんたくさんの方々のおかげです想像していたよりも多くの人に教室に通っていただいたり見学にいらしていただき嬉しい限りですまだまだ足りない部分考えなきゃいけないことなど皆さんにご不便やご迷惑をおかけすることが多々あるとは思いますが「お習字が好きだから みんながいるから 行 [続きを読む]
  • 試験課題の選考は悩みます
  • 生徒さんの毛筆試験の作品ができました試験に限らず何枚かある作品の中から1枚を選ぶのは毎回難しいです責任重大ですよね「今日はコレにしましょ」と選んだものの選んだ作品以外を添削していると「あれ こっちの方が 良かったかな」と感じたり今回の試験課題もとても頭を悩ませましたどれにするか迷った時作品に書いてある名前を比べてみます名前も作品の一部なんですよ試験課題は特に自分の級と姓名も毛筆で書くことと注記があ [続きを読む]
  • お手本は
  • お習字教室を始めてもうすぐ1年になりますが師匠から絶対と言われたことがあります 朱墨のお手本は必ず生徒さんの目の前で書くことです 私は師匠に習い始めたころから毎回新しい課題になると目の前でお手本を書いてもらっていたので当たり前のことととらえていたのですがそれが結構難しいんです 「この線はここから書いて」とか「このはらいはここに向かって」とポイントを説明しながら書くのは集中して書くのとは違いリズムも違 [続きを読む]
  • 何回も書ける!
  • 教室では毛筆試験の〆切が近づいているので受験する生徒さんには特にがんばってもらっています お習字をはじめてもうすぐ1年の子もいれば半年くらいの子もいてキャリアは様々ですが生徒さんが書いているところを見ていて特に気になったのが筆を持つ手に力が入っていたり書くのが早くて「はらい」や「おれ」が雑になっていたりすることでした そこで強い見方をみつけました水で書けるシートですシートが乾けばまた使うことができ [続きを読む]
  • 5月硬筆課題
  • 5月号の硬筆課題です 幼年・1年↓↓ 書き順に気をつけて正しい形で書きましう特に「か」が「や」になったり「り」が「い」になったりしないように 2年↓↓ 「はね」や「はらい」が書けてますか「気」や「草」のように上から下へ書いていく字はマスの上の方から書きはじめると下の方が書けなくなったり小さくなったりしません 3年↓↓ 縦画のある字が多くなっている課題です 短すぎず 長すぎず他の画とのバランスも考 [続きを読む]
  • 5月毛筆課題
  • 5月号の毛筆課題です試験を受験しない人はコチラをおけいこします 幼年・1年↓↓ 「と」の2画目曲線は手だけでなく体も大きく動かして書きます 「り」は2画目の長さは1画目と2画目の間が大きくなりすぎないように最後は中心に向かってはらいます いつもなにげなく書いている字ですが書いてみるとなかなか難しい 2年↓↓ 「フ」横線が短すぎると縦長になってしまうので思い切って長く書いてみましょう 「ナ」の2画目は1 [続きを読む]