Koubou FUTABA さん プロフィール

  •  
Koubou FUTABAさん: DIY侍のハンドメイド作家やってますのブログ
ハンドル名Koubou FUTABA さん
ブログタイトルDIY侍のハンドメイド作家やってますのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/koubou-futaba/
サイト紹介文KoubouFUTABAのDIY侍が、ハンドメイド作品といろんな事を思い付くまま綴ります。
自由文2017年2月からハンドメイド作家としての活動を始めました。

作家歴は浅いですが、ハンドメイド、DIY歴は産まれてからずっとです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2017/04/01 09:06

Koubou FUTABA さんのブログ記事

  • 【ミキサーラック】完成編
  • さて、今回は【ミキサーラック】完成編です。DJさんからのオーダー作品を紹介していきます。精度、強度ともにOKです!なんと内寸誤差0.5mm!(通常作品は1〜2mmくらいは許してちょ)中に入れる機材がないので、入れた状態を見せる事が出来ないのが残念っすね〜。後ろから。途中ですね。↓危うく持ち手部分忘れる所でした。せっかくなので紹介していきますか!ワタクシのやり方で正解なのかわかりませんが、こやってやってます。まず [続きを読む]
  • 【ミキサーラック】製作 ①
  • 今日のネタは珍しく、ミンネやクリーマに関係なく、リアルでのお仕事です。まず、コレはなんなのかというと、「ミキサーラック」といいます。今回はライブ活動しているDJさんからのオーダーです。「ミキサー」というのは、ミュージシャンが使う機材ですね。ライブ映像とかで見た事あるかと思います。それを収納して持ち運び出来るようにするためのラックを製作していきます。まず、今回は精度と強度が大事です。(たいていそうです [続きを読む]
  • ビスを黒くするやり方 と窓格子
  • さて今回は木工ではないのですが、木工に必要なビス(ネジ)についてのお話。まずはオマケ。以前ちょっと紹介しましたが、この窓格子全て手作りです。(取っ手も)こんなカンジで、(ウネウネに意味はありません)まるで機械で大量生産したように見えますが、元々はただの針金ッ。よく丸く束になってるヤツです。んで、ビスを黒くしたいんです。なんでかというと、市販のは「ツヤあり」なんです。ツヤ消しとまではいかなくとも、せめて [続きを読む]
  • 水性塗料の保管庫作ってみた① とアンティークな取っ手
  • さて、今回半分はDIYネタです。ここ富良野では、冬に暖房のないところに水性塗料を置いておくと氷ってしまうんですね。大きい木工ボンドも氷ってダメになった事もあります。なんと木工ボンドのシャーベット!今は夏なのでそんな心配ありませんが、どのみち保管場所は必要なのと、工房にある機材の配置替えがあったので作り直しました。と、その前にこの取っ手はセリアだったかな?元々真鍮色だったものをツヤ消しブラックで塗装し [続きを読む]
  • フルオーダーのサイドテーブル 完成編
  • はい、こんばんは!今日のネタは「フルオーダーのサイドテーブル」完成編です。無事に完成しました!今回は実用と強度重視で、天板が赤松の集成材、サイド部分は2×4を横に継いだモノになります。中にモノを入れるのでこういう構造なのですね。ロの字構造だと、どうしても斜めからの力に弱いので見えない所に金具使ってます。塗装前の様子です。↓チビッ子がいても安心仕様の、角面取りです。塗装後。ワタクシ得意のホワイトうっ [続きを読む]
  • フルオーダーのサイドテーブル ① とミニチュア
  • さて、今回はサイドテーブルのオーダーいただいたので紹介していきますよッ。まずは途中写真。ちょこんと出てるのはビス隠しです。今回は幅、奥行き、高さ全部指定なので、それに合わせて製作していきます。キャスター付きです。50mmのこのタイプは耐荷重1個あたり40kgです。せっかくなのでちょっと解説すると、許容鉛直荷重(要するににどこまで耐えれるか) は40kg×4(箇所)×0.8=128kgになります。キャスターの付け根が、そこま [続きを読む]
  • ルーバーウエスタン扉完成編と、ミニチュアとガーデンのイス
  • さて、今回はルーバータイプのウエスタン扉完成編ですね。出来ましたッ!うん。いいカンジです。まず、前回の続きから、製作した「治具」ですね。↑まだ改良の余地はあるものの、普通につかえましたね〜。こういうのは試行錯誤していくイメージだったので、1号機から使えたので良かったっす。堀り込みを端から端までやらないで、正面から見える所は残したかった訳です。↓ えーと、コレ名前なんていうんだろう。「嵌め込む薄い板 [続きを読む]
  • 【謎の棚】をリメイク とルーバータイプのウエスタン扉③
  • さて、今回は前回予告した「謎の棚」をリメイクしていきます。今回も、端材でお金をかけないという条件で製作です。引き出しのアップですが、スキマがキッチリしてますね!まず、Beforeですね。今回の引き出しは下から順に組み上げていくやり方にしてみました。引き出しの前板を、微調整してから接着したのでスキマがキレイに出来たんですね〜。完全に端材の寄せ集めなので、背板は足りないし、左右で板も違います。もちろん販売 [続きを読む]
  • ルーバータイプのウエスタン扉 ②
  • さて、今回はウエスタン扉製作の続きやっていきます。この蝶番の名前は「グレビティヒンジ」っていいます。以前は名前わからなくて、なんて検索していいか困ったモノです。ウエスタン扉といえば、こっちの蝶番の方がお馴染みかも知れません。こっちは「自由蝶番」っていいます。ホムセンで売っているモノだったら、自由蝶番の方が若干安いかな?自由蝶番は押してもバネで戻ってくる構造です。そしてグレビティヒンジはこんなカン [続きを読む]
  • ノミの入れ物とルーバータイプのウエスタン扉①
  • さて、今回のネタは、ずっーとノミを収納したかったのですが、延び延びになってたので、作品製作の合間に入れ物作りました。まず、こんなイメージでいいかな?↑材料をまとめて加工します。↓あっ。そうそう。コレ、いいっすよ〜! ↓挟むだけのクランプです。毎日かなりの頻度で使います。こんなに開くんですよ〜。このままルーターで溝を掘って、組み立てます。ハイッ出来ました。ちょっと工夫した点は磁石でくっつく所です。 [続きを読む]
  • 小物収納用引き出しをDIY ② 完成編
  • さて、今回は工房で使う「まあまあ」の引き出し作っていきます。完成しました!材料は全部端材の寄せ集め、自分用なんで、取っ手も品質の悪いヤツを選んで使いました。ブログ長くなるので2回に分けて書いてますが、実際は数時間で完成してます。んで、前回の続きから、引き出しの〜 ↑引き出しの取っ手付ける部分↓コレももちろん余りモノ↑180cmあったので、幅30cmの引き出しを6杯で設計しました。レールというか、引き出しを支 [続きを読む]
  • 小物収納用 引き出しをDIYッ! ①
  • さて、今回は自分用というか、工房でのパーツ類を収納する引き出し作っていきます。まず、前提条件として、●端材とか使ってお金をかけない。●めっちゃ早く作る(コレ作んないと整理が進まないので) スピード優先で普通に使える程度の精度で作っていきます。って事で収納したいパーツ類ですね。コレ以外にもまだまだあります。こっちは「治具」類ですね。コレは引き出しに入らないかな〜?まず、端材のみって事で、あるヤツでなん [続きを読む]
  • 糸鋸盤磨いてみた結果 と 小ネタ色々
  • さて、コレは一体なんなのかというと、「ウォールシェルフの支え」です。このネタ前に一回やったのですが、沢山作ったらなんか前以上にオブジェみたいだな〜と思って撮って見ました。それにしても木だらけですね〜。上から見ると分かりやすいかな?!んで、糸鋸盤の定盤?天板?でいいのかな。ここがザラザラのせいか、なんか切る時抵抗あるな〜と思ったので磨く事にしました。磁石つかないのでアルミダイキャストでしょう。ハイ [続きを読む]
  • たまにはミニチュア とカンナとメルカリ
  • さて、今回は色んなネタ詰め込んでいきます。まず造りかけのミニチュアちょっと進みました。大きさの対比で缶コーヒー置いときます。今回は試作品なんでざっくりした造りです。実はここまで作っておいて蝶番どうしよう?ってなってます。 ミニチュア用の蝶番ってあるのですが、まだ買ってないっ!まあ、なんとかします。あとやった事は、前回紹介した窓枠の廃材。コレですね。 こんなのでも中は大丈夫でした。ほらね〜。↓細い材 [続きを読む]
  • 珍しく家具作家がガチの現場で仕事
  • さて、今回は珍しく現場仕事で手一杯なのでブログ短めです。木製の窓枠交換です。交換前はこんな状態でした。↓現場で窓を作っちゃうのは珍しいかも知れませんね。もちろん事前に採寸しないと厳しいですが。あとはウォールシェルフの写真撮りなおしました。まだこの写真使うかわかりませんが、飾り付けの方法で、エアプランツとラベルの合わせ技考えました。もう誰かやってるかな?まだ未確認です。ではでは。アンティーク、ナチ [続きを読む]
  • たまにはミニチュア② とドラム缶ストーブをDIY
  • さて、ミニチュアと言ったものの、他に仕事があってほとんど進んでないです。すんませんッ!ちょっと仕事が入っているので次回もできるかな〜?あと、製作したのはトイレットペーパーケースの本体とか、さて、この変な模様はなんでしょう?答えはウォールシェルフの支えでした〜。わかりやすい写真はコレですね。(この支えはリニューアル前です。)あと、製作したのはドラム缶ストーブ!前のヤツはコレです。↓以前紹介しましたが [続きを読む]
  • 廃材が変身した結果ッ!
  • 今回はちょっと忙しかったので簡単に。珍しくハンドメイドっぽくないネタです。なんの変哲も無い木材ですが、元々はコレです。そうです!建築廃材ですね。テーブルソーだとちょっと刃の高さが足りなかったので、丸ノコ+T型定規でひき割りました。ワタクシ大工の時もあったので、割りとこのやり方好きです。仕上げたらキレイっすね〜。↓元々は右側ですからね!節も無い良材でした。建築廃材、古材、木は古い方が乾燥してるので、 [続きを読む]
  • キャビネットの最大サイズはこんなカンジ。と、角を丸くする小技
  • 今回は大きなキャビネットのサイズ違いと、オプションのおはなしです。左側が標準サイズで、右側が最大サイズです。扉の色が違って見えますが、木材の個体差と、照明の当たり具合で違って見えるのかな?サイド部分みてみますか〜。右側が標準のカラーです。左側はオプションで追加できるアンティーク塗装ですね。アンティーク塗装は工程が多いので、ちょっとだけお金かかります。どちらもお気に入りです!お部屋に合わせて下さい [続きを読む]
  • アンティークな引き出し とミニチュアの小ネタ
  • さて、今日も始まりました!アンティークなテイストで、引き出し製作開始します。作品製作に使うパーツが増えてきて、必要に迫られて造るって訳です。デザイン決まってませんが、取っ手だけは決まっていて、コレです。まずは、工房用に沢山引き出しがあるやつ造りますが、もちろん出品用の試作品も兼ねてます。でも、ちょっと買いすぎたかも…。いずれ売れればなくなるのでまいっか。んで、ミニチュア家具造る時の小ネタですが、 [続きを読む]
  • コスパ最高のマグネットキャッチはこうやって付けてます。
  • さて、今回はワタクシが普段やってる、オリジナルのマグネットキャッチ付ける方法紹介していきますよ!マグネットキャッチというのは、扉がピタッと閉まるようになるヤツです。今回は市販のマグネットキャッチの付け方ではないです。小さめの扉とか用ですので良かったら参考に。たまたま製作中だったので、代表作の一つ【アンティークの扉のようなキャビネット】の扉を例に説明していきます。(波板ガラス、窓格子付き、サイド部分 [続きを読む]
  • 折り畳みテーブルの試作品作ってみた結果
  • さて、今回はアイアンと木のテーブル、試作品の完成編です。まだ、ちょっとだけ足の幅狭くした方がデザイン的にいいかも。試作品なので小さいですが、ちゃんと折り畳みというか、カンタンに足を外せますよ!アイアンはまだ塗装してません。なんでこのスタイルでテーブル作りたかったというと、この前作↓やっぱり天板の棒がジャマなんですね。キャンプとか、一時的に使うのならいいのですが、やっぱり普段使うテーブルには無いほ [続きを読む]
  • ついに! テーブル製作ッ!① とミニテーブルソー②
  • やっとテーブルのデザイン出来ました!ずーっとテーブル造りたかったのですが、造るならデザインと機能の両立したのを!という考えがあったので、構想にだいぶかかってしまいました。まずは構造のチェックのために小さいの作ります。写真では肝心な所がわからないと思いますが、まだ、誰もやっていない構造だと思います。まず、こだわった点です。●脚をナナメにしたい。(かといってナナメにすればするほど強度が心配なのでほどほ [続きを読む]