Koubou FUTABA さん プロフィール

  •  
Koubou FUTABAさん: DIY侍のハンドメイド作家やってますのブログ
ハンドル名Koubou FUTABA さん
ブログタイトルDIY侍のハンドメイド作家やってますのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/koubou-futaba/
サイト紹介文KoubouFUTABAのDIY侍が、ハンドメイド作品といろんな事を思い付くまま綴ります。
自由文2017年2月からハンドメイド作家としての活動を始めました。

作家歴は浅いですが、ハンドメイド、DIY歴は産まれてからずっとです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2017/04/01 09:06

Koubou FUTABA さんのブログ記事

  • 「アンティークな両開き窓」①と真鍮のアンティーク加工
  • いつも読んでくれたり、色々とにかくありがとうございます!今回はアンティークテイストなデザインの両開き窓①です。以前紹介した「引き違い窓」と、どうしても内容がかぶるので、前半はカンタンにやっていきます。(製作はカンタンじゃないですよっ。)だいたいのパーツ揃えた状態です。まずは枠(窓台)ですね。↓↑建物の構造として、横(水平)の部材を縦(垂直)の部材で支えるってのが基本です。でも、室内窓とか建具には鉛直荷重( [続きを読む]
  • 【DIYネタ】手押しカンナを自作する Ver.3
  • さて、今日は久しぶりのDIYネタ、いつものナチュラルアンティークな作品紹介と違って、「いかにもDIY」な内容です。「手押しカンナ」をサクッと製作していきます。さすがにVer.3となれば慣れたもので、2時間かからなかったです。ポイントはやっぱり刃とガイドフェンスを直角にする事です。できたての頃。1ヶ月ぐらい前かな。↓有名メーカーっぽくグリーンで塗ってみましたが、木材そのまんまよりちょっと気分が盛り上がるような? [続きを読む]
  • フルオーダーの「引き違い窓」完成編 と「ショーケース試作品」①
  • いつも読んでくれてありがとうございます!今回は「引き違い窓」完成編です。フルオーダーなのでそこそこ時間かかりましたが、「無事に?! 」完成しました。今回、色はお客さん指定でこの色になりました。ワタクシもこんな感じの色好きで、工房の玄関ドアも近い色にしたいと思っていたところ。裏です。↑室内壁に据え付けるので、厚み部分は塗装していません。取っ手(引き手)はブラックのリクエストだったので塗装しました。↓写 [続きを読む]
  • 「引き違い窓」製作② と気遣いに感謝
  • いつも色々ありがとうございます。さて、今日も始まりました。富良野からお届けします。「富良野」といっても、厳密にいうとここは富良野じゃないんです。ええ〜?今まで1年以上も ウソついてたの?って言われそうですが、ここは上富良野(かみふらの)といって、富良野の隣の隣なんですね。南富良野、富良野、中富良野、上富良野、あと観光で有名な美瑛。ぜんぶ別の市町村なんです。ワタクシもここに移住する前は全部一緒だと思っ [続きを読む]
  • 北海道地震 停電2日目 (追記あり)
  • さて、今日はいつもと内容を変えてというか、変えざるを得なくなったので停電のハナシ。富良野に関しては地震はそれほどでもなかったのですが、全面停電、一部断水でした。幸いここは水道の断水は大丈夫でした。あと、水に関しては、お店でけっこう売っている天然水の取水地近くのせいか、美味しい水がタダで汲める場所が何ヵ所かあるのでありがたいです。一応ワタクシ、DIYと作家で生活しているのでこんなことしてみました。↓車 [続きを読む]
  • ミニテーブルと「引き違い窓」製作①
  • はい。こんばんは。今日のネタはミニテーブルと、「引き違い窓」製作①です。まず、以前紹介した画期的な(たぶん)折り畳みテーブルアイアン部分を艶消しブラックで塗装しました。ミッチャクロンで下塗りすると、スプレーでもけっこう丈夫な塗膜になったので、販売する時にはその方法にするかも知れません。(今までは刷毛で塗ってた)オーブンで焼き付け塗装する方法もありますが、さすがにコレは入らないので。↑もちろん販売用は [続きを読む]
  • 「テーブルの脚延長パーツ」完成編と イロイロ
  • いつもいいね!や、読んでくれてありがとうございます。趣味兼仕事のブログです。もちろん、もっとターゲットやカテゴリーを絞ったり、皆さんのブログを訪問したりした方が仕事的にいいのはわかっていますが、(必ず読ませていただいているブログもあります。)既に、というか、常に注文があるので、あまりがっついて仕事ちょうだいな〜ってなってないので、気持ち的にはけっこう趣味ブログの感じもあります。さて、今回は「テーブ [続きを読む]
  • 【番外編DIY】ちょっと変わった小屋の屋根補修
  • はい。今日はいつもとちょっと違ってDIYネタ!後ろに見える小屋の屋根が壊れたので、補修ついでにリメイクしちゃえ!ってネタです。だいぶ形になってきましたね。前回の続きです。仮組して、塗装ですね。↓屋外なのでいつも使っているワトコオイルではなく、屋外用の油性オイルステインです。この後、あらゆるスキマをシリコン詰めて取り付けました。自分のためだけの作品は、イマイチ燃えないタチなので、色やデザインはテキトー [続きを読む]
  • 「ナチュラルなキッズデスク」完成編
  • はいっ!完成しました。数ミリの誤差はあるものの、ご要望どおりに出来ましたっ!前回の続きです。↓今回、天板を「先」に塗装しました。久しぶりに来ました2トーンカラー。気を付けなければならないのが、「取り合い」ですね。2色の接点の事です。塗る「順番」に関わってきます。「油性」と「水性」油性でも、「ラッカー塗料」、「ウレタン塗料」、「植物油系」など、しかも溶剤の種類も色々。「浸透性の塗料」と 「浸透しない [続きを読む]
  • 【番外編】DIYネタ 小屋の屋根をリメイク
  • ちょっとキッズデスクの完成編は次回にして、今回はDIYネタいきたいと思います。前回からの続きですね。屋外で、しかも屋根なんでトタン張ります。ワタクシは屋根板金屋さんでは働いた事がないので、自己流でやっていきます。はい。張れました。↑屋外の屋根、壁の工事のポイントは「雨仕舞い」ですね。 雨の流れを考えて施工するって事です。あと、今回は「異種金属の接触」も考えないとダメかも知れません。↑ちょっと分かりに [続きを読む]
  • ナチュラルなキッズデスク ①
  • はい!お盆休みで曜日感覚がズレて、ブログすっかり忘れていたワタクシです。さて、今回のネタは「キッズデスク」シンプルでナチュラルテイスト寄りのデザインの予定です。今回小さなお子さん用ということで、天板に立ち上がり部分を設ける事になりました。はじっこから物が落ちないようにですね。ルーター削り出しです。うん。いい精度でしょう。幅、高さもご注文通り。真ん中の板付ける時、天板にネジの痕跡を残したくなかった [続きを読む]
  • 「ハンドメイドイベント」に便利!折り畳みカウンター
  • はい。こんにちは。出来ましたっ!今回のネタは「ハンドメイドイベント用カウンター」です。おそらく日本でワタクシしか製作していない、「磁石が付く本物の木目の黒板」も装備!看板やメニューにどうぞ。今回ご注文どおり、アンティークなテイストのデザインです。「店舗什器」と言ってもいいので、少しカスレ具合がハッキリしたアンティークホワイトにしました。裏側です。折り畳みの棚(上段)と、必要に応じて取り外し出来る棚( [続きを読む]
  • 「アンティークな小物入れ」とタジマサンダーレビュー
  • そう言えば、以前紹介した「アンティークな小物入れ」完成後の写真まだでしたね。工房が散らかっていたので外で撮影しました。背板はリバーシブルなので、お好みで替えられます。背板を下から取って、ひっくり返すと、ホワイトになります。 もちろん背板無しでもOK!壁に掛けてもよさげですね!写真は違う小物入れですが、合板じゃないのがポイントです。↓でもすいません。とっくにご購入いただいたので、もうありません〜!今 [続きを読む]
  • 「窓のようなショーケース」リメイク
  • さて、今回は久しぶりの登場。「窓のようなショーケース」以前作ったモノのリメイクというか、蝶番の場所とか少し調整したものです。今回のはボツ作品なので自宅用になるかもです。開くとこんなカンジ。窓みたいですね〜。試作品なんでガラスは入れないっす。と、いうか溝浅くて入らないっす。(最初アクリルを想定してやっぱりやめた)んで、実際出品するデザインは、まわりの枠をもう少し細くして、もうちょい大きいものを標準サ [続きを読む]
  • 「小さめリンゴ箱」とスライドソーの調整
  • さて、今回は「小さめリンゴ箱」です。構造は見たまんまのシンプルなものですが、後から思ったのが、やっぱり全部無垢板で作った方が雰囲気良かったかな〜?と感じました。でも、まあ悪くはないかな?製材からやると、どんなサイズにも出来るのが楽しいっす。ちっちゃいのは以前紹介したミニチュアのリンゴ箱です。↓元々ミニチュア好きなので、ちっちゃいのも時間があれば作りたいですね。ハナシ変わって、スライドソー、テーブ [続きを読む]
  • イベントに持っていくの忘れた引き出し
  • さて、今回はタイトルのとおり、イベント用に作ったのにもかかわらず、持っていくの忘れた!っていう引き出しの紹介です。なんとなくホワイトに合いそうな取っ手だったので、全体をホワイトに。ただ、この取っ手の質感がイマイチなので、常時販売はちょっと考え中です。ホワイトステイン→つや消しクリア仕上げです。けっこう精度高く出来ましたが、なんとコレ、イベント前日に1時間ほどで製作しました。塗装はドライヤーで乾かし [続きを読む]