樹野 花葉 さん プロフィール

  •  
樹野 花葉さん: AriaLien
ハンドル名樹野 花葉 さん
ブログタイトルAriaLien
ブログURLhttp://hanahanovel.officialblog.jp/
サイト紹介文樹野花葉の恋愛小説ブログです。18禁要素が含まれる甘い作品を色々更新しています。
自由文趣味で綴っている恋愛小説の他にも日常記事や好きな事の記事などを更新しています。樹野花葉の備忘録的よろずブログになっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供574回 / 365日(平均11.0回/週) - 参加 2017/04/01 11:20

樹野 花葉 さんのブログ記事

  • エニグマの娘 7話
  • 其の夜もいつも通り旦那様と一緒に眠るために大きなベッドに潜り込んでいた。「私、旦那様のあんな顔、初めて見ました」「あんな顔?」「はい、先生と話している時の旦那様、私やしおりさんと話している時とは違った顔をしていました」「……」「先生とは親しいのですか?」「親しいというか、まぁちいさい頃から傍にいたからな。歳も二つしか違わないし、弟分みたいな存在だな」「弟分」「俺には兄弟がいないからな…昔から何でも [続きを読む]
  • 市役所から届いたもの
  • こんにちは、樹野です 昨夜はさほど寒くなかったのか、一度もトイレに起きることなく朝までぶっ通しで寝ることが出来ました。しかし起きる寸前まで夢を見ていたので浅い眠りだったと思います。寝起きはいまいちでした。グッスリ寝た──という爽快感はありませんでした。残念 さて。本日の記事は本当は昨日書こうと思っていたネタですが、昨日は刀剣男士が紅白に出場するというニュースに湧いてしまい、急遽記事を差し替えてしまい [続きを読む]
  • エニグマの娘 6話
  • 「──どうぞ」「あぁ、ありがとうございます」目の前に置かれた真っ黒な液体をひと口飲んだ。「ん、相変わらずいい豆ですね。香りが豊潤だ」「ありがとうございます。旦那様のお気に入りの銘柄なんです」「…旦那様、ねぇ」「…」彼女はにこやかな笑みを浮かべて持っていたトレイを胸の前で抱えていた。「しかし…あの子は賢いですね」「そうでございましょう?昔から呑み込みが早くてきめ細やかなスポンジが水をグングン吸い取る [続きを読む]
  • 刀剣男士、紅白歌合戦に出陣!
  • こんにちは、樹野です 最近寒くなったせいか、夜中必ず一回はトイレに起きてしまうばばぁです(笑)元々冷え性の私。しかもトイレが近い。其のせいで中々朝までグッスリ眠るという事が出来ていません 睡眠が浅くてブチブチなんですよ。大体二、三時間毎に覚醒。其のせいで起きてからもやたらと眠くて仕方がありません。昼間、PCをやっていても眠くなったらすぐにベッドに横になります。活動拠点(笑)を寝室である和室に移動してか [続きを読む]
  • secret crush 72話(終)
  • 夏の夕暮れ。遠くでヒグラシが鳴いているのが聞こえて来る。ファミレスで冴ちゃん、瑠花ちゃん、忍の三人と別れた後、私と武流は手を繋ぎながら帰途についていた。「あ、そういえば武流」「ん?」「武流も進学組だよね?」「あ…」ふと武流の進路の事が気になった。 私は福祉大学への進学を決めていて、秋には推薦入試が控えていた。「武流の進路って…訊いていなかったなと思って」「あぁ、すっかりちとせに話すの忘れていた」「 [続きを読む]
  • 第七号車
  • こんにちは、樹野です 明るくなるのが段々遅くなって来ましたね。六時でもまだ暗いです。朝方は寒いという事もあって布団から這い出るのが辛い季節になりました。其れでも暑いよりはいいんですけれど。(・ω・)この季候のせいか、鼻喉の調子がいまいちです。薬を飲んでいるので咳は出ないのですが、喉がピリピリ痛かったり鼻が詰まったり鼻水が出たりします。体も急に熱っぽくなったり悪寒が走るような寒さを感じたり…………って [続きを読む]
  • secret crush 71話
  • 武流から真相を訊いて驚いたのはおばあちゃんもそうで、武流はおばあちゃんからまた「年寄りを驚かすんじゃないよ!」と怒られていた。でも私に説明したように黙っていた訳を訊かされると薄っすら涙を流してただ首をうんうんと縦に振るだけだった。(おばあちゃんも寂しかったんだよね…其れで嬉しいんだ)おばあちゃんも私と同じ気持ちなんだと思ったらなんだかまた私まで泣けて来て、ふたり揃って大泣きしてしまった。そんな私た [続きを読む]
  • 囚ワレ婚 嘘から始まる溺愛生活
  • こんにちは、樹野です今日は朝からどんよりしたお天気です。少し肌寒い朝で、首元がすぅすぅと冷えるのでいつも縛っている髪の毛を縛らずに首に巻き付けています(笑)そう、巻き付けるほどに伸びています、私の髪の毛 ずっとショートヘアだったのですが、此処数ヶ月切っていません。また伸ばしてみようかなという気になっているのです。まぁ、気まぐれな性格なのである日突然バッサリ切っちゃうかもしれませんが ただ、私の通って [続きを読む]
  • secret crush 70話
  • 「其れがちとせの本音?」「……え」武流が熱っぽい眼差しで私を見つめながら呟いた。「ちとせの其れ…本音?」「…ごめん」「ん?」「我儘で…ごめん。でも解っているの、こんな駄々捏ねちゃダメだって」「…」「今だけの事だって…武流、気に留めな──」「僕と同じだって思っていい?」「…え」武流は私の上体を抱きかかえるように起こした。相変わらず其処は繋がったままで、お互い体を起こして向かい合った。「ちとせはもう僕 [続きを読む]
  • 【A3!】が面白過ぎる♪
  • こんにちは、樹野です 11月も中旬ですね。暑い日よりも涼しい(寒い)日が多くなる頃でしょうか。お陰様で私を苦しめていた咳も昨日辺りから出なくなって来て、随分楽になりました。薬が効いたんでしょうね…よかったぁ〜咳が出ないのがこんなに幸せだとは…こんな些細なことにでも感動している私であります(笑)しかし、咳は出なくなりましたが、金曜日から始まった月のモノの痛さには相変わらず苦しめられている私兎に角腹痛が [続きを読む]
  • secret crush 69話
  • 予定していた時間よりも早くに帰宅した武流に驚いたのはおばあちゃんもだった。「この子は……年寄りを脅かすんじゃないよ!」「ははっ、ごめんね、ばあちゃん。でも元気そうでよかった」「元気元気。武流がいなくたって婆にはちとせちゃんがいるんじゃ」「…そっか」私はふたりのやり取りをにこやかに見ていた。(やっぱりいいな…こういう雰囲気)武流がいて、おばあちゃんがいて…其処に私も加えられてもらっている事に感謝した [続きを読む]
  • secret crush 68話
  • 『へぇ…ちとせってこんな処にホクロがあったんだね』『え、何処?』『此処…ん』『あっ』『ふふっ、感じた?』『へ、変な風に教えないでよ』『変?キスして教えるのが?』『だって…だって…』『変な気分になる?肩にキスしたくらいで?』『〜〜〜意地悪』『ん、ごめんねちとせ。ちとせがあまりにも可愛いから…つい』『あ!〜〜だ、だからもう…』『…ねぇ、もう一回しよ?』『もう一回って…もう何度もしてるじゃ』『抱き足りな [続きを読む]
  • 病院に行きました。
  • こんにちは、樹野です昨日は一日中雨降りだった三河ですが、今日は朝からよいお天気です気温も寒くも暑くもない丁度良い感じで、行楽にはもってこいの一日になりそうです。そろそろ紅葉の季節かな 私の家の近くにも紅葉で有名な場所があるのですが、この時期になると狭い公道が紅葉地へ行く車で渋滞します狭い一車線の道路なので混むんですよね… 多分今月の週末はいずれも混みそうな予感。下手に外出出来ません。…まぁ、しないけ [続きを読む]
  • 蒼のばら 10話
  • ──これはきっとそういう性分のせいなのだと思う「う〜ん…ねぇ、のばらちゃん。多分こっちの方がいいと思うけど」「えぇっ!そ、そんなヒラヒラしたのやだよっ」「でもね、デートにジャージ素材はちょっと」「デ、デデデートじゃないから!」とあるデパートの婦人服売り場にて。一番上の兄のお嫁さんである梢さんに付き合ってもらって今日着て行く服を吟味していた。「ねぇ、やっぱりもっと若い子が服を買うお店に行った方がいい [続きを読む]
  • 蒼のばら 9話
  • 『蒼…』ん『…ごめんね…蒼』…何…『蒼を守るためには…こうするしかなくて…』──母さん?「っ!」ガバッと飛び起きた視界は薄っすら明るかった。「はぁ、はぁはぁ…っ」全身汗でびっしょりだった。「…んだよ、なんで今更母さんの夢なんて…」此処数年見ていなかった胸糞悪い夢のお蔭で其の日は最悪な気分だった。「おはようございます、蒼様」「…」「蒼様?機嫌、悪いですか」「…」「そうですか、じゃあ勝手に喋らせていた [続きを読む]
  • ヤクザの極甘調教 三代目に毎日味見されてます…。
  • こんにちは、樹野です暖かい日が続いている三河です でも明日からは天気が崩れそうだと天気予報で云っていました。相変わらず喉の痛みとくしゃみ、鼻水鼻詰まりが続いています。市販の薬、効かないのかな…喉が痛いとご飯が美味しく食べられません。これ、私にとっては結構辛い事でして…もうしばらく様子を見て、これ以上酷くなるようならちゃんと病院に行こうと思います。(;´д`)さて。本日の漫画語りご紹介作品は此方【ヤク [続きを読む]
  • 蒼のばら 8話
  • 「へ?!い、今…なんて」「だから…おまえを是非にと…あちらのたっての希望で、な」「…」姉と共に帰宅した数時間後、父に呼ばれて告げられた事に対して頭がついていってなかった。「どうしてもおまえがいいと云うのだ」「…」「あれはちょっと…訊いている此方も恥ずかしいくらいの告白だったが」「…」「という訳でそういう話になったのだが…どうする、のばら」「……え」父の言葉はスルスルと耳に入ってスルスルと耳から出て [続きを読む]
  • 最近お気に入りのYou Tuber
  • こんにちは、樹野です 今日の三河、朝からよいお天気です 気温も寒くもなく暑くもなく丁度よい感じ。(^ω^)これくらいの陽気がよいですね。しかし私は昨日から喉の痛みが本格化して、其れに伴いくしゃみも出るようになりました とりあえず市販の風邪薬を飲み始めましたが効くかな此処数年、熱が高くなる風邪をひいたことはありませんが、喉風邪というか鼻風邪(?)そういうのにはかかっています。寝込むまでいかないのは幸いで [続きを読む]
  • 蒼のばら 7話
  • このファミレスに入ってから二時間。(そう簡単に終わるとは思わないけれど)適当に携帯を弄ったり文庫本を読んだりして時間を潰す。コーヒーのお代わりももう三度目だ。ピロリロリ〜ン♪(あっ)客が出入りする度に聞こえるチャイム音に視線を向けると、やっと知った顔が見えた。「お姉ちゃん」「!」私の声に姉はハッとして足早に座っている席にやって来た。「お姉ちゃん、どうだった?!」「はぁ…はぁ…」「お姉ちゃん?」姉は [続きを読む]
  • 蘭ちゃんのガラケー
  • こんにちは、樹野です今日の三河は朝から土砂降りです 清々しいほどにザカザカ雨が降っています。出かける予定のない日でのこの思い切り感は好きですまぁ、出かける日にこんな雨が降ったら厭なんですけれど。雨のせいかどうか解りませんが、気温も高めでまた私は半袖仕様に戻ってしまいました。差が激し過ぎる体調崩しそうで怖いです。今も咳、鼻水、くしゃみが出ています。なんだか11月もおかしな天気&気温になりそうですね( ̄д [続きを読む]
  • 蒼のばら 6話
  • 堅苦しい見合いの席を終えホッと息を吐いた。先に祖父や父、伊志嶺社長と其の娘を見送ってから控室にいた八橋と合流した。「蒼様、お疲れ様でした」「あぁ。早速だが八橋、先日のサイバーフロストの件に関しての報告書が──」「あのっ」「!」八橋と話し始めた直ぐに部屋に響いた声に驚いた。「あの…」「──なんですか、お帰りになったんじゃなかったのですか」伊志嶺社長と帰ったとばかり思っていた伊志嶺蘭が扉の前に立ってい [続きを読む]
  • テンカウント
  • こんにちは、樹野です 月曜日ですね。学校にお仕事に頑張る平日の始まりです。私は引きこもりですが一応毎日同じ時間に起きて同じ時間に食事をして朝ドラを観て其れから趣味の時間に突入します。其の合間合間に家事もちょこっとこなしてね(笑)今日の三河は晴れたり曇ったり変化の激しいお天気です。外出した昨日は見事に雨降りましたけれどね 今日からまた一週間、私は家から一歩も出ない引きこもり生活の始まりです エンジ(^ω^ [続きを読む]
  • FRIEND→LOVER 15話
  • 結局私は光岡さんに丁重にお礼を述べて、そして洋子さんに頭を下げて家に帰った。家に着き、真っ暗な室内に灯りを点した瞬間私は泣き崩れた。「う、うっぅ…」色んな気持ちがせめぎ合って私の目からは後から後から涙が零れた。海斗の容態が解らないのが一番心を痛めた。襲撃未遂という事は、少なくとも銃による怪我をしたのだと思ったから。私みたいに銃なんてものが身近にない人間からしたら其れはとても恐ろしい事だった。其れに [続きを読む]
  • 乙女と野獣 誘惑は勤務時間外でお願いします。
  • こんにちは、樹野です 今日は美容院の予約を取っている日です(来店する度に次回の予約をしている)前に記事に書いたのですが、週間予報では晴れマークだった今日実際今日になったら曇り から〜の小雨 ですやっぱり私…雨女か いつもは朝一番の9時半に予約を取っていますが、今回は10時からの回しか取れませんでした。まぁ日曜日だから仕方がありませんね。私は夫の休みの日に合わせて毎回予約を取っています(送り迎えしてもらう [続きを読む]
  • FRIEND→LOVER 14話
  • 洋子さんが紹介してくれた光岡秋良さんという人は、パソコンを使ってなんでもやってしまう人だと教えられた。一般的にそういう事は犯罪として捉える行為なんだそうだけれど「時と場合があるの」という洋子さんの言葉で私は光岡さんにすがってしまったのだった。「名前、教えて」「佐々原海斗です」「──え」私が光岡さんに海斗の名前の漢字を教えていると、横にいた洋子さんが小さく声を発した。「洋子さん、どうかしましたか」「 [続きを読む]