心 さん プロフィール

  •  
心さん: 今日まで、そして明日から
ハンドル名心 さん
ブログタイトル今日まで、そして明日から
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/vt1300cxorange
サイト紹介文定年間近の単身赴任親父が、ボケ防止のために忘備帳を綴っているのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/04/01 12:12

心 さんのブログ記事

  • 今年一年ありがとうございました
  •  ここに訪れてくださった皆様、一年間ありがとうございました。 「終わり良ければ総て良し」という言葉がありますけれど、今年は最後にインフルエンザに罹ってしまいましたので、「終わり悪ければ総て台無し」とでも言うのでしょうかねぇ〜 来年は、平成も30年目を迎えます、『三の法則』で言えば何かの転換期となる訳ですので、このブログも年の改まりに合わせて古巣へ戻ろうと思います。 来年もよろしくお願いします、良い [続きを読む]
  • 蟄居生活3日目
  •  ようやく熱は下がりましたが、身体中の筋肉が痛いのです、運動した後の筋肉痛とは違う、筋肉が裂けそうになる痛みといった感じの。 それにしても暇です、テレビを観るしかやることが無くて、これじゃかなり筋力が落ちちゃいますね。 蟄居生活が明けたら、早速体力づくりに励もうと思っています、まずは遠野にある「滝富士」に登ろうと。 [続きを読む]
  • やっぱりインフルでした
  •  昨夜一晩、9度の熱と闘いましたが、全然下がらないので病院に行き、インフルの検査をしてもらいました。 結果は、 B型のインフルエンザと判明     ↓ ↓ ↓ いわきでのボッチ正月が決定 正月を一人で過ごすなんて、生まれて初めてのことなんじゃないかと。。。 病院から戻ってきて、薬の吸入が効いたのか、7度台に下がったのですが、午後からまた上がりだし、またしても九度。 この現象を 散々九度 と呼ぶらし [続きを読む]
  • 会社を休んだけど、ヤバい
  •  昨日は、薬を飲んで早くに寝たのですが、今日になっても熱が下がらずに、頭痛も酷かったので、一日休みをもらいました。 ツルハドラックで薬を買ってきて、おとなしく寝ていたので、お昼頃には大分下がり、私の「啓蟄線」である37度あたりでで留まっていたのですが、夕方になってまた上がりだし、朝鮮半島の境界線を超えてしまいました。 ヤバいですねぇ〜、明日は仕事納めですからねぇ、何としても出勤しないと。 しかし、 [続きを読む]
  • 木彫りの干支
  •  古殿の道の駅には、大きな木彫りの干支が置かれています。 昨日立ち寄ってみたら、既に来年の干支である犬か置かれていました。 秋田犬でしょうかねぇ? とっても凛々しくて見入ってしまいました。 日本でペットとして飼われている動物は、犬を追い越して猫が1位となったそうですね。 十二支の中には、辰などという架空の動物も入っているのに、なんで身近に実在する猫が入らなかったのでしょうか? 話の繋がりはありませ [続きを読む]
  • 胃カメラ
  •  人間ドックでの胃の検査は、数年バリウムで済ませてきたのですが、そろそろ胃カメラを飲んでみようかと、勇気を出してチャレンジしました。 担当の先生は、その道のベテランの方で、いろいろ冗談を言いながらリラックスさせてくれたのですけれど、やっぱり、いざその時が来ると身体が硬直してしまいました。 「ゴクン」と飲み込むあの一瞬が、何とも辛いんですよねぇ〜 何とか入った後は、「そうそう、うまいですよー」と先生 [続きを読む]
  • 人間ドック
  • 明日の人間ドックのために、前泊で仙台に来ています。 お酒も飲めずに何にもやることがありません。 今、9時半ですけど、このまま寝ちゃったら今日中に目が覚めちゃうだろうし、「どうしたもんじゃろのう?」って感じです。 やっぱ、寝ちゃいましょ?? [続きを読む]
  • 船を下りる⇒下船⇒解せん
  •  新幹線や特急列車の車両の前方に、電光掲示板のニュースが流れますよね、↓↓↓な感じで。 なのですが、昨日、常磐線の特急「ひたち」で戻ってくるときに流れた、翌日の各地の天気予報に「???」だったのです。 最初に「函館」、以下「青森」→「秋田」→「盛岡」→「仙台」→「山形」→「長野」→「新潟」→「金沢」→「東京」の順に流れたのですが、、、 「あれっ、どっか忘れてね?」 東北6県のうち福島だけが無いんで [続きを読む]
  • 吉良高校
  •  野球漫画「ドカベン」に登場した吉良高校、神奈川県予選大会で、対戦する高校が食中毒や日射病、交通事故などで、まともに戦うことなく準々決勝まで駒を進め、山田太郎を有する明訓高校と対戦した不思議な高校がありました。 私が、いわきに赴任してから4年が経ちますが、まるで吉良高校のように不戦勝の連続なのです。 何故か分かりませんけれど、反対勢力・不満分子が自らステージを降りていきました、そして今月、最大の「 [続きを読む]
  • お江戸出張
  •  明日は、今年最後のお江戸出張です、会議の後、忘年会を兼ねた懇親会が予定されています。 金曜日だったなら、懇親会はバッくれて、【金魚】で前の職場の子達と会えたのですが、水曜日ではねぇ〜 楽しみは、また次の機会にとっておきましょ [続きを読む]
  • 女将さんのトンデモ発言
  •  週末家に帰ると、最低でも一回は飛び出す女将さんのトンデモ発言、今回も出ましたぁー 女将さんが、私のために低反発枕を買っていてくれて、使ってみたらジャストフィット、「これいいねぇ」と言ったら、うちに来ていたマスオさんにも勧めたのです。 女将さん「マスオさん、ちょっと寝てみて」 横になり枕を使うマスオさん  マスオさん「僕にはちょっと高すぎるかなぁ」 女将さん「ああ、マスオさんは頭が軽いからねぇ」  [続きを読む]
  • せせらぎ
  •  先日の「鹿沼蕎麦天国」に出店していた『せせらぎ』に行ってきました。 『せせらぎ』の名のとおり、お店のすぐ横に大芦川の清流が流れていて、マイナスイオン全開でした。 鴨汁そばを注文 チョー旨い、これまで食べた蕎麦ランキングの1,2位を争います。 店の女将さんの接客態度もバッチグーで、季節の変わり目には必ず訪れたいお店になりました。 やっぱ、私にとっては、鹿沼の蕎麦が日本一です。  [続きを読む]
  • 倍返しです
  •  私は、比較的温厚なB型人間ですが、攻撃を受けた場合には、Bの血潮が騒ぎます。 B型の詩 12項、「目には目を」が信条です。恨みは倍で返します。 たとえどこへ逃げようと、地獄の底まで追いかけます。 [続きを読む]
  • 地域性?
  • 「お降りの方は、バスが停留所に停止し、降車ドアが開いてから、出口のほうへお進み願います」 いわき市内を走る路線バスで流れるアナウンスなのですが、いわきの人たちは、このアナウンスを遵守して、ドアが開くまで席を立とうとしないのですよ。 このあいだなんか、小銭が足りなかったので、事前に両替をしようと両替機のところに行ったら、運転手さんから「まだ停留所じゃありませんよ」と言われてしまったのです。 私にとっ [続きを読む]
  • やっと痛みが取れました
  •  まだ若干の張りと違和感は残っていますが、太ももの痛みが取れました。 一緒に登った4人の中で、一番回復が遅かったのは最年長の私でした(しゃーないね) 昨日までは、「もう山登りはいいや」と思っていましたが、痛みが消えた途端、「近々、またどっかの山に登りたいなあ〜」という気持ちが湧いてきて、つくづく『懲りない男』だと。。。 次はどこに登るか、トレッキング部長と相談してみましょ [続きを読む]
  • いい流れになってきたかも?
  •  1月からの新たな体制が決まり、職場内の雰囲気が少しピリッとしてきたような気がします。 12月に採用した3名の新人も、これまでにない粒ぞろいで期待が持てますし、本日、1月採用に向け職場見学に訪れた人も『目力』があって即戦力に成り得る雰囲気を醸し出していました。 来年の4月には、若鮎2名がやってくることも決まっていますので、清流化計画が着々と進んでいる手ごたえを感じています。  ですが、これまでの経 [続きを読む]
  • 昨日より痛い
  •  昨日は、一昨日の登山による筋肉痛をやわらげるために、お昼近くに湯本の「みゆきの湯」に浸かって揉み解した後、「痛い筋肉を積極的に動かそう」と温泉神社の石段を昇り降り。 石塔のてっぺんから「さはこ湯」の温泉が吹き出ています。 その後、ゴルフの練習にも行き、寝る前には再度揉み解してバンデリンを塗り込んだのです。 が、今朝目覚めると、、、 昨日より痛い こんな痛さは、中学生の時に兎跳びをやらされた翌日以 [続きを読む]
  • すんごい山でした
  •  昨日登ってきました「二ッ箭山」に。 標高710メートルの低山なのですが、これまで登った山の中で一番の急勾配、昔は修験者しか登れなかった山なんだそうです。 9時20分に入山し、沢コースを進みます。 まもなく注連縄を張った滝が現れ、「神聖な山なんだなぁ〜」と。 ロープや鎖をつたって登る場所が当たり前。 途中から尾根コースに変更します、30メートルの鎖場に挑むために。 これです。 必死で登りついたと思 [続きを読む]
  • 師走
  •  月日の経つのは早いもので、今年もあと一月になってしまいましたねぇ〜 「今年は何があったんだっけ?」とブログを読み返してみましたが、何と言っても、『マスオさんとサザエの新居購入』と『ラピとの出会い』が一番の出来事でしたねぇ。 新居への引っ越しに合わせたかのようなラピとの遭遇、ホントに不思議な運命的な出会いとしか言いようがありませんでした。 その他にも、嬉しいことや楽しいこと、辛いことや悲しいことも [続きを読む]
  • 二ツ箭山登山
  •  今週の土曜日は、職場の有志数名で二ツ箭山(ふたつやさん)に登ります。 当初の計画では、背戸峨廊トレッキングだったのですが、10月の大雨で道が崩れてしまって、現在は入山禁止になっていることが判明したために変更となったのです。 標高700メートルの低山ではあるものの、切り立った岩場を鎖をつたって登るところも何箇所かあって、トレッキング感覚では登れない山のようです。 そんなきつい思いをしてまで、人はなん [続きを読む]
  • 性悪説への転換?
  •  会社を辞めるときは、身辺整理をしてから、きれいに辞めたいと思うのが当たり前と考えているのですが、これもどうやら非常識になりつつありそうで。。。 「恩を仇で返す」と言うか「後足で砂をかける」ように二人の派遣社員が辞めていきました。 常々、『性善説』で生きていきたいと思っていましたけど、こういう現実を何度も突きつけられると『性悪説』に切り替えるしかないのかなぁ?と思ってみたり。。。 やっぱ、一日も早 [続きを読む]
  • 電話番号の概念が違う
  •  一服して自席に戻ってくると、二十代の総括担当の社員が「○○様から電話がありました、お電話いただきたいとのことです」と言って電話番号の書かれたメモをくれたのです。 が、その番号の書き方が、「○○○○-△△△-×××」となっているのです。 「フリーダイヤルじゃないんだから、下三桁はないだろう?」と思ったのですが、少し考えてみたら「そうか、固定電話を持っていないから、市外局番-市内局番-個人の番号という概 [続きを読む]
  • 大好きな道
  •  「日光例幣使街道」の一本西側の道、文挟から今市に抜ける県道70号から見える景色が、私にとっての「日本の原風景」なのです。 家々の北側には、男体下ろしの寒風を和らげる防風林、里山に向かって段々に重なる田んぼ、川の土手には大きな柿の木、こんな風景を目にするとなぜか心の故郷に帰ってきたような気がするのです。 戻れるものなら、野山を駆け回っていた子供の頃に戻りたいですねぇ〜 記憶だけでも掘り起こしてみま [続きを読む]