jizi9 さん プロフィール

  •  
jizi9さん: 本当に本が読みたくなる書評ブログ
ハンドル名jizi9 さん
ブログタイトル本当に本が読みたくなる書評ブログ
ブログURLhttp://hontouni-yomitai.hateblo.jp/
サイト紹介文読書は好きですか? 本当に読みたくなる小説、エッセイ、ビジネス書を紹介します。
自由文紹介しますジャンルは小説、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、実用書の中から筆者が読んで面白かった本、面白くなかった本も全て紹介します。
多くの本を多くの方の読書のきっかけになって欲しいと思い、自分勝手ですが正直な本の書評を書かせていただきます。
読書は好きですか?
はい!大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2017/04/01 13:31

jizi9 さんのブログ記事

  • ようやく暖かさが戻った北国の近況
  • ようやく陽射しが戻って 北国の週末は、穏やかで昼間は少し暖かく夜は少し冷える天気が続きます。今週末からようやく陽射しが戻って、気温が少し上がってきた北国の夏が始まりました。全国的に天気が不安定な日が続いたためか、心なしか痛々しい事故や事件も多かった1週間だったのではないでしょうか?米朝首脳会談のニュースも、何だか雲行きが………といった内容のようですね。北のある国が無理に作った物騒な兵器の処分 [続きを読む]
  • 読書感想文にお勧めしたい小説3冊を紹介
  • 読書感想文にお勧めしたい3冊の小説を紹介 今回のテーマは、夏休みには少し早いですが読書感想文のお話です。10代の読者さんや親御さんのお役に立てればと思い、「読書感想文シリーズ」を始めたのですが……。春休みの期間に間に合いませんでした。反省を生かして、1カ月前に更新しておきますね。 読書感想文にお勧めしたい3冊の小説を紹介 読書感想文って? 学年別!読書感想文におすすめの作品 [続きを読む]
  • 九十歳何がめでたい 佐藤愛子さんのエッセイ『バッサリ編』
  • 九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 著者 佐藤愛子出版社 小学館分類 エッセイ出版日 2016/8/1親しみのある毒舌、読者の気分をスッキリさせてくれる佐藤愛子さんのベストセラーエッセイを紹介。今回の『九十歳 何がめでたい』では、もちろん佐藤愛子さんの毒舌も含みますが、中にはほっこりさせてくれる出来事もありますよ。せっかくのベストセラーのエッセイの紹介。今回は、『バッサリ編』と『ほっこり編』の2回に分けて詳しい [続きを読む]
  • 夜が長く感じる夏、本当に夜が長い冬
  • 夜が長い夏と夜が長くなる冬 夜が長い夏と夜が長くなる冬 夜が長い夏 夜が長くなる冬 やっぱり受け止め方次第 夏の場合 冬の場合 夜が長い夏 夜が長い夏?夏の夜の時間は長くはなく、日本では夏は夜が短いのが当たり前。ですが、暗くなってからも時間が長い気がするのはなぜでしょう?それも、 [続きを読む]
  • 引用はどこまでできる?ブログやSNSで注意すること
  • 引用とは?読書ブログを書くときに注意したいこと ブログやSNSをされている方は、引用の経験があるかと思います。特に花水(hanami)のように、読書ブログをされている方は本の内容を引用することが多いのではないでしょうか?そこで、今回は引用に関する法律と、ブログをSNSでの引用方法をまとめたのでお伝えしますね。 引用とは?読書ブログを書くときに注意したいこと 引用とは? 引用と決まり [続きを読む]
  • 文庫本の役割と単行本が文庫化されるまで
  • 文庫本の役割は? 文庫本、最近はコンビニにも新作や人気の文庫本が並ぶことが多くなりましたね。読書ブログを書いている花水(hanami)ですが、新刊の作品よりも文庫本を買う機会の方が多くあります。そこで、今回のテーマは単行本が文庫本になるまでと文庫本の役割のお話をさせていただきますね。 文庫本の役割は? 文庫本って? 単行本が文庫化されるまで 初版から文庫化 [続きを読む]
  • 逆ハラスメントとは?身近にある逆ハラスメント
  • 逆ハラスメントの実態 ハラスメント(Harassment)とは、その人の発言や行動が本人の意図には関係なく、相手の気持ちを不快にさせたり、生活の不利益を与えたり、脅威を与えることとされています。ハラスメントはセクハラ、パワハラ、マタハラと多くの種類があり、強い立場や地位の人から弱い立場や地位の人に対して行われる場合がほとんどでしょう。先日紹介したWebコンテンツの文章の勉強にもなる、大宮エリーさんの『生 [続きを読む]
  • 書評の書き方〜小説のジャンルに合わせた文章表現がいい理由
  • 書評の書き方は小説のジャンルに合わせる ブログで本の紹介を始めて1年と1カ月になる、自称読者ブロガーの花水由宇(hanami yuu)です。本当に本が読みたくなる読書のブログの本の紹介カテゴリーも80を超えました。ビジネス書、実用書、エッセイ、ノンフィクションと特にジャンルにこだわらないで紹介させていただいておりますが、中でも小説の紹介は難しくもあります。そこで、今回は小説の紹介の方法、書評の文章表現のお話 [続きを読む]
  • 賃貸マンションの我が家でもBS番組が見れた!
  • 賃貸マンションでBSが観れたことを知る 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。今回は世の中ではちょっと小さくて、我が家では大きなニュース!それは、BSが見れたことを初めて知ったお話。今の賃貸マンションで暮らして5年になりますが、何と我が家でBSが見れました。「え?知らなかったの?」と思われて当然ですが、我が家では大きなニュースです。 賃貸マンショ [続きを読む]
  • 読書療法には専門機関があった
  • 読書療法と専門機関「日本読書療法学会」とは? 「うつ病に効果のある本」の紹介をきっかけに情報を集め始めた読書療法。読書療法の取り組みには、「日本読書療法学会」という専門機関があるようです。実体験を通じて、読書療法を世の中に広める目的の日本読書療法学会と読書療法のお話をさせていただきますね。 読書療法と専門機関「日本読書療法学会」とは? 読書療法とは 専門機関「日本読書療 [続きを読む]
  • 5月のブログ運営報告
  • 2018年5月のブログ運営報告 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。北国も暖かい日が続いています。これからのお出かけが楽しみな毎日ですよ!それでは、恒例の5月の運営報告です。※この記事は「列挙型」のフォーマット上手な文章の書き方〜紹介記事に向いている「列挙型」のフォーマット - 本当に本が読みたくなる読書のブログで書いています。 2018年5月のブログ [続きを読む]
  • 6月のブログ更新予定
  • 6月の更新予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。6月になって、こちらは過ごしやすい毎日が続きます。日の入りが長くなってから、気温が下がる夕方の帰り道でも明るいんですね。やっぱり夏は得した気分になれます。そんな6月の1の日は、恒例になった更新予定を発表します。 6月の更新予定 目玉記事の更新予定 まとめ記事の更新予定 [続きを読む]
  • 社会保障費や税金は利用金額別の負担がいい?
  • 社会保障費や税金は収入別ではなく利用金額で負担が変わるようにしては? 今年の住民税の通知、会社員の花水(hanami)は今月の給料日に合わせて届きました。そこで、毎年思っているのが税金や社会保障費は収入別の割合になっていますが、利用料別の割合も取り入れては?そう思うことを書き綴ってみました。 社会保障費や税金は収入別ではなく利用金額で負担が変わるようにしては? 実は平等ではない社会保障費 [続きを読む]
  • ドラマでお馴染みの熱い中小企業『下町ロケット』池井戸潤
  • 下町ロケット 著者 池井戸潤出版社 株式会社 小学館分類 ビジネス小説出版日 2013/12/26今回は2年前にドラマ化されたことで有名な『下町ロケット』を紹介しますね。ドラマを見られた方も多いと思い、あらすじは説明する必要はないと思います。きっと多くの方がドラマを見ていると思いますから。そこで、ドラマで深く考えることのなかった点と、ビジネス小説を読むことでタメになるお話をさせていただきますね。 下町ロケ [続きを読む]
  • 初夏に読みたいビジネス書3冊
  • 2018年 初夏に読みたい3冊のビジネス書 今回は、この夏に読みたいビジネス書を3冊紹介させていただきますね。 2018年 初夏に読みたい3冊のビジネス書 初夏に読みたい3冊のビジネス書 『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編』ティモシー・テイラー、池上彰訳 『起業を考えたら必ず読む本』井上達也 『はじめての人の飲食店開業塾 ( [続きを読む]
  • 花水由宇のブログ紹介 2018年5月
  • ブログの紹介2018年5月編 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。この時間に「こんばんは」を言うのが合わないほど陽が長くなりましたね。花水の大好きな夏が到来!こちらも今週はずっと20度ですよ。それでは、皆さまわidコールでお騒がせしておりますブログ紹介コーナーをはじめますね! ブログの紹介2018年5月編 2018年上半期のテーマ は「関わりのキッ [続きを読む]
  • 自作小説『常世と情世』
  • ファンタジー小説『常世と情世』 ジャンル:ファンタジー小説公開:未定花水(hanami)が10代後半から20代前半にかけて書いていた、中二病感が満載のファンタジー小説。神話の時代から、6つに分かれた人の生き方を描いた作品です。今回は物語の舞台設定になる「神話」という部分だけ公開しますね。 ファンタジー小説『常世と情世』 「神話 想世記〜果実」 「神話 想世記〜街」 「神話 [続きを読む]
  • それぞれの進む道、人と人との『切れない糸』坂木司
  • 切れない糸 著者 坂木司出版社 創元推理文庫分類 エンタメ小説、ミステリー小説出版日 2005/5/25私のイチ押しの作家さん、坂木司さんの“ひきこもり探偵三部作”以降の作品です。『切れない糸』は東京の下町を描いたシリーズで、今作では主人公の大学生新井和也が家庭の都合から家業のクリーニング店を継ぐ物語です。 切れない糸 テーマは若者の進路の選択 日常の謎解きの醍醐味 それ [続きを読む]