saki さん プロフィール

  •  
sakiさん: グアテマラで花咲かセニョリータ
ハンドル名saki さん
ブログタイトルグアテマラで花咲かセニョリータ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bloom-where-you-are/
サイト紹介文元英語教師がマヤの文化が色濃く残るグアテマラで算数教育を支援しています。H28/1
自由文公立の中学校で英語教師をしていたアラサー女が青年海外協力隊として、グアテマラの小学校で知識経験ゼロの算数を教えるというチャレンジ奮闘記
自分の足跡の記録、あなたとつながるための場所
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 196日(平均4.8回/週) - 参加 2017/04/02 10:16

saki さんのブログ記事

  • 心配事祭り
  • 最近、心配事が多くって、いろいろ気持ちが重いです・・・。 心配事1教育学区長との話しがうまくまとまらず、算数委員会のメンバーが決まらない→12月の研修会に招待するメンバーが決まらない。全体での名簿決定は先週だったのに、自分だけこんなに遅れていることが申し訳ない・・・。 心配事2その12月の国内研修で、委員長という役職でやらせてもらっているのに、十分な働きができていない。目の前の活動とは別の次元で考えな [続きを読む]
  • 子どもの学力テスト
  • 教員学力テストのお次は、子どもの学力調査をパイロット校で行っています。各クラスから5名ずつランダムに選ばれた子どもが受けています。しかし、疲れた…大人の学力テストでもカンニング、おしゃべりがあとを絶たないのですから、相手が子どもだったらどうなるかご想像できるかと思います。そして、一緒に監督してくれた先生、自分の担任の子どもにべったりついての、答えをそそのかす…ふー。たったの1時間で、すごく疲れてしま [続きを読む]
  • やさしすぎませんか??グアテマラ。
  • 現在、教員学力テストの返却と教科書の進行状況を調査するために、パイロット校以外の学校をまわり、一人一人の先生に会っています。 去年も、この時期に同じように学校まわりをしたので、その当時のことを思い出したりも。 今回まわっていて思うのは、この一年で先生方の私に対する態度が変わってきたなぁということ。 一年前は、先生方とはほぼほぼ初対面。 むこうも 「誰だこいつ?」 と思うところが内心あったと思います。 ま [続きを読む]
  • 人の存在が心に染みるとき
  • こんにちは! 衣類を熱湯消毒&Colemanのカッパを着て寝るということを続けてみたら、新たなダニ刺されがなくなった気がします! 体がかゆくないって、幸せなことなんですね。笑 今日は、心がプルっと震える出来事がありました。 午前中、教育学区長と来年の活動に向けて会議を行いました。以前から、彼は私の話を理解してくれないことが多く、話がかみ合わないことが多々ありました。 また、JICAは県教育事務所が申請したのであ [続きを読む]
  • しめくくってます、2017
  • 久々の気持ちのいい太陽!!お日様っていいねー!!このまま乾季へ行こうぜー!!グアテマラでは、10月で学校が終わります。そのため、各学校では、テストを行ったり、1年の学習内容のまとめをしていたりします。そんなわけで、年の暮れを感じる今日この頃。今は、9月末に行った教員学力テストの返却をするために各学校をまわりながら、教科書の進行状況を調査しております。ここグアテマラでは、教科書の範囲を一年で終えられない [続きを読む]
  • BK時代、心の交換ノート
  • 高校2年生、通学にかかっていた往復3時間を練習の時間にまわしたいという思いから、親にお願いして校内にある寮へ入れさせてもらった。 こうして、さらに私の高校生活はバスケ一色に。 高校生活で私という人間に深みを与えたのは、部活動の顧問の先生に毎日提出していた部活動ノートの存在。 一日一ページ、毎日毎日先生に提出していた。先生も忙しい中、私のノートに返事をくれた。 これが、3年の卒業まで続き、最後には20冊くら [続きを読む]
  • BK時代、くやしいベンチ
  • 私も、いつかあんなバスケットができるようになりたい! 中3の時にみた、あの試合に恋してから、そんな野望を胸に、自分のレベルには合わない高校バスケ部へ入部。 それまで私は、何をやるにしても大抵は人並み以上にできることが多かった。 しかし、ここでは私は体も小さく、技術もなく、一番下手くそだった。 届かないロングパス。キャッチミスの連続。役に立たないディフェンス。決まらないシュート。鈍い判断力。続かない脚力 [続きを読む]
  • エネルギー、湧いてこーい。
  • 活動でも、プライベートでも、未解決事項がいろいろあり、もんもんとする今日この頃。さらに、本当に痒い、ダニの攻撃。もう、ついに写真で公開。6月にやられた時よりは、まだましな状態なんですが。写真にはとれないようなところも結構やられています。この痒みは、本当に精神やられる…辛い。毎日、毎日、本当に雨、雨、雨。洗濯物乾かない。早く、乾季にはいってください!!こんな状態なんで、いまいちエンジンがかからない自 [続きを読む]
  • フランスちゃん
  • 書きたいネタはたくさんあるのだけど、1日のうちでそれを書く時間が残らない…ってことで今日は、軽くあっさり。私のいる家は私以外にもいろんな外国からのボランティアがホームステイします。今は私の他にスペイン人2名とフランス人2名がいるのです。私はヨーロッパにはいったことがないので、こんな風にフランス人やスペイン人の人とお話することって考えてみれば今まであまりなかった経験。うれしいことに今日はフランス人の子 [続きを読む]
  • BK時代、入学編
  • 高校時代。人は、花の女子高生をJKと呼ぶが、私の高校3年間は、バスケットBKで95%を占められている。今日はそんなBK時代に至るまでの道のりについて思い出してみよう。公立の高校へ進学し、ごくごく平凡な道を歩むはずだった、高校生活。しかし、ある何気ない1日が私の選択を180度変えてしまった。お父さんの幼馴染の近所のおじさんが、「今週娘のバスケの試合見に行くけど、よかったら一緒に行くかい?」と誘ってくださった。その [続きを読む]
  • 中学生の私の決断
  • 中学時代、小規模の小学校からきた私は、一気に同級生が増え、ドキドキわくわく。 小学校時代は、リーダー役を務めてきた私だったが、中学では凡人になろうと決め、ほのぼのと生きていた。 中学一年生、私はそれまでの12年間生きてきた中で、もっとも勇気のいる決断をした。 今日は、そんな私の人生初の一大決心について思い出してみよう。 小学校では、バスケ部のキャプテンをしていた。バスケはだ〜い好きだったけれど、ちゃ [続きを読む]
  • 小学時代の心の違和感
  • 20代最後の宿題、それはこれまで歩んできた30年間をもう一度見つめなおし、自分という人間を再発見すること。 自分をもっと深く知ること、これが30代からの人生をきっとより輝かせる。 そういうわけで、自分の人生を振り返り、言葉にしていこうと決め、プログには書けていませんが、ふとした時に最近はよく過去の自分を会話をしています。 今日は、私をあまり知らない人が読むと、「なんだこいつ?調子にのんなよ?」と思う [続きを読む]
  • 教員学力テスト 年末編
  • 最近、雨が続いています。すると、服がカラッとかわかず、ダニやらなんやらに体を蝕まれます・・・。現在、左足攻撃され中。ざっと、10か所。このかゆみは蚊とは違い、すんごくかゆい!そして、一週間以上はかゆみが収まらないというえげつない現象なのです。泣 さて、かゆみなんてほかっておいて、今日は年末の教員学力テストを行いました。これまでの流れを見てみたい方は、以下のリンクからご覧ください。 教員学力テスト 準 [続きを読む]
  • やっとこさ授業研究 試行錯誤の事後検討会
  • つ、つ、つ〜〜いに!デモやらなんやらで延期に延期を重ねまくった、授業研究2017、実施できていなかった2校の学校での開催を終え、無事に幕を閉じることができました。 今回私が一番注目したのは、授業の後の事後検討会。実は、延期に延期を重ねたこの一か月間、ほかのボランティアと12月に計画している国内研修会の計画を立てており、そのなかでこの事後検討会はどのようなものがベストなのかということについて、話し [続きを読む]
  • 土曜補習 最終回
  • 4回シリーズ土曜補習授業の最終回、無事終えることができました!待つこと、30分。前回に引き続き、今回も参加者ゼロかな?と思いましたが、2人の先生が来てくださいました。そのうちお一人は、ニューフェイス!今回は、次週にひかえている教員学力テストに向けて、練習問題を解きまくり予定でしたが、初めての先生もいらっしゃったので、分数についてちょっと復習してから、〜のつもりでしたが…そう簡単にはいきませんでした。は [続きを読む]
  • 校長先生に胸キュン
  • 金曜日もパイロット校での一年の締めくくり授業観察を行いました。しかし、朝からあまり気が乗らない。というのも、ここもパイロット校の校長先生先生は、この一年どれだけ一緒に授業観察してほしいと言っても、「今、手がはなせない」と言って、何十回かした授業観察のうちの一度だけ(15分ほど)しか一緒に授業観察してくれませんでした。忙しいのはわかるけれども、私だけが授業観察しても一時的なものにしかならない。しかし、校 [続きを読む]
  • 活動の現実と希望
  • 今日は、政府に対する全国規模の国民によるデモ活動がありまして、いろんなお店が休業していました。首都では、マクドナルドまで開いていなかったとのことです。 サンティアゴでも、市役所の前で集会みたいなことをやっていて、「こんな政府は、耐えられない!汚職まみれの、政府なんて、信用できないぞ!解散だ!」 というような声が飛び交っておりました。 国の情勢が、日々うごめいている感じをうけます。 最近、活動に関して [続きを読む]
  • 独立記念日パレード
  • ちょっ遅くなりましたが、9月15日はグアテマラの独立記念日でした。毎年この市では、この日にそれぞれの学校が何かしらのテーマを掲げ、市内を練り歩くパレードが行われます。去年は、見ているだけでしたが、今年は最後になるので、私もパイロット校の学校と一緒に練り歩きました!浴衣で!ちなみにここの学校のテーマは「グアテマラ歴代大統領」。ド派手はなコスチュームを身にまとったり、中国?インド?詳しいテーマはわかんな [続きを読む]
  • 独立記念の聖火
  • 独立記念日を明日に控えた今日は、それぞれの学校が別の市へ聖火を取りに行き、その聖火を市まで運んでくるという行事がありました。私はパイロット校の1つの学校についいて行き、今日はまるっと一日学校行事に参加しました。そんな今日の様子をご紹介します。朝、7:30集合。グアテマラでは珍しく、みんな集合時間にはきていた!我々は隣の村、サンペドロ ラ ラグーナへ!ランチャ(船)にて出発!こちらは、お隣を走っていた他の学 [続きを読む]
  • セニョ歴〜幼少期〜
  • 三十路という節目を前に、自分のこれまでを振り返り、「自分」を再発見する旅、第一弾。 30年間を振り返っていると、本当にいろんなこと、忘れかけていたこと、いろいろと思い出しつつあります。 ランダムに思いついたところから書いていきたい気もしますが、やっぱり時系列に書いていこう。 ということで、初回は 「幼少期」 のわたしを振りかえってみたいともいます。 〜超わがまま&いじわる〜幼い自分を思い出すときに、初 [続きを読む]
  • 美しい涙
  • 美しい涙をみた。純粋な心からあふれ出た涙を。切なく、そして温かい何かを感じて、流れ出た涙。「悲しいわけじゃないんです。これは嬉し涙。2人が本当にお互いを思っていることが伝わってきて…。人が愛し合うことって、本当にすごいことだと思うんです。」と。こんなに美しい涙を見たのは、いつぶりだろう。その子の心は、この上なく純粋で、透きとおっていて、私は宝石のように感じた。人は、誰かの純粋さに触れると、自分の心 [続きを読む]