ひなこ さん プロフィール

  •  
ひなこさん: ひななくままに
ハンドル名ひなこ さん
ブログタイトルひななくままに
ブログURLhttps://ameblo.jp/175world/
サイト紹介文毎日欠かさず(ちょっと欠かすかも...)20時投稿。20歳女子大生の世界一周ひとり旅
自由文20歳になりました。高知大学を一年休学して2017年春から西回りで世界一周中

自分、おもしろくなれーーーーー!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 199日(平均5.6回/週) - 参加 2017/04/02 15:05

ひなこ さんのブログ記事

  • ヌビアンに学ぶ、笑顔の連鎖
  • いきなり問題です!エジプトのスーパーでペットボトルの水グアバジュースKiri のクリームチーズクラッカー2袋買ってきました。さて、いくらだったでしょう??・・・(うん、だれも真剣に考えないよね)答えはブログの最後に。↓美味しいご飯をシェアできるのもふたり旅のいいところ。 [続きを読む]
  • 電車で!カイロからアスワンへ移動
  • 毎日ブログを更新しているのは質がダメなら量でいこう!って思ったからです。※そんな毎日更新も、たまにサボってますw特におもしろくもない話を、技量のない文章で書いているのですが、楽しいなって少しでも思ってくれたら幸いです!エジプトの首都カイロからアスワンへの移動手段として・バス・スリーピングトレイン(寝台列車)があります。1週間後のエチオピア行きの航空券を取得したあと最後にエジプトを楽しむべく、カイロ→ア [続きを読む]
  • 【学割万歳】ツタンカーメンと対面?
  • 先日、エジプト考古学博物館に行ってきました博物館に興味を示さない私もここは、絶対に行きたい!!なぜなら有名なツタンカーメン王の仮面があるから!!これ、有名じゃなかったら絶対に興味持ってないからねwもうね、この博物館に私は感動しましたヤバそうなものがゴロゴロとあるwwwそしてちょー広いんです、さすがエジプト一階と二階があって、中央は吹き抜けになっています途中で、このブース見たくない?ってなるくらい、同じ [続きを読む]
  • ピラミッドを見てきたよ【エジプト】
  • やばい!テレビでも教科書でも見たことあるものが目の前に!!ついにエジプト・カイロにてピラミッドを見てきましたどの感動にも「やばい」って言っちゃうの勿体無いなぁって思うけどもう口癖のようになっててピラミッド見たときのひとこともやばいでした・・・泊まっていたカイロのSultan Hotel(1泊35ポンド≒220円)から歩いてメトロステーションへ。電車にのって【Giza駅】まで行き、そこからピラミッドまではバスに乗りました! [続きを読む]
  • ブログ書くのヘタクソかよ
  • イスラエルの建国(1948年5月14日)の背景には、19世紀の主にヨーロッパでのユダヤ人迫害からの、シオニズム運動が活発になったということがありますもともと2000年前にこの地にいたユダヤ教徒が世界に散らばった後、アラブ人が住み、パレスチナができました。戦後のイスラエル建国によりおこったのが中東戦争。緊迫した軍事情勢の中にあるイスラエルには女子にも徴兵制度があります。街を歩けば軍の制服に身を包んだお化粧バッチリ [続きを読む]
  • のんびりダハブ
  • 「緊張」という言葉の対義語は「弛緩」らしいダハブにはすることがない。という弛緩した空気が漂ってました※緊張感のない様子を表現したくて弛緩という言葉を選んだけど、なんか違う気がする・・・絶対使い方間違ってるよね?笑することがない状態をシアワセと呼んでしまえば、勤勉な日本人に失礼というか、怒られそうというか、人生はもっと面白くなるよとも言われそうな気がするけれど、私がここで過ごした時間は間違いなくシア [続きを読む]
  • 世界一長い?ナイル川
  • 世界でいちばん長い川は?って聞かれると 世界でいちばん高い山はエベレスト! って答えれるようにはっきり言うことができなくて気になったので調べたら2つの答えが出てきました・・・それがアマゾン川 と ナイル川しょーみ、どっちが長いとかどーでもよー。ただ、今回ナイル川を実際に見ることが出来たので、世界一長い川を見てきたぞ!と言うべく、 ナイル川がアマゾン川より長かったら少し嬉しいななんて思っています笑ナイル [続きを読む]
  • カイロが揺れた!!【ワールドカップ出場おめでとう】
  • 10月8日なんとなく朝から車のクラクションがリズム刻んでるなーちょっと今日いつもよりうるさいなぁーそんなことを思いながら過ごしていたら今日はロシア・ワールドカップ アフリカ最終予選エジプトVSコンゴの対戦日でした!!せっかく?いや、もちろん!!エジプトにいるのでエジプト代表応援首都カイロはすっかり戦闘態勢&お祭りモードイスラム教のお祈りも今日は外でしてるのかそれとも試合に勝てるように道でお祈りしてるのか [続きを読む]
  • だからモーセって誰やねーん笑
  • エジプトはダハブからシナイ山へ行ってきました!!このツアー、ダハブから150エジプトポンド(約950円)でそんなに高くないけど、いい経験ができた気がする〜まずシナイ山どこ?wシナイ山は、エジプト・シナイ半島にある標高2285mの山聖書でモーセが十戒を授けた場所で、ユダヤ、キリスト、イスラム教の聖地とされ、多くの巡礼者が訪れます。 そんな山に登ってご来光を拝むため、ダハブの街を出発したのは午後10時。ダハブから山の [続きを読む]
  • デリラン【イスラエル】
  • イスラエルで困ったことは・・・ズバリ!物価が高いこと!!特に外食すると、どんどん食費がかさみます。幸いなことに私はホームステイさせてもらっていたので、いろんなイスラエル料理を食べさせてもらうことができました!ほんまに感謝それでもイスラエル料理は美味しかった!多くのユダヤ教徒の住むイスラエルという国は、国自体の歴史は浅くても、その地に長い歴史を持ち、さらに世界各国に散らばったユダヤ教徒が戻って来た一 [続きを読む]
  • コウカイのない国境越え【イスラエルからエジプト】
  • イスラエルの南端【エイラット】は、エジプトとヨルダンに接する国境の町そして「紅い海(Red Sea)」って言うのにめっちゃ青い海、紅海に接していますエジプトビザを無事に取得した私はここからエジプトのダハブへ向かいます!!エイラットの中心街からは15番のバスで国境【TABA(ターバ)】へ5シュケル足らず行くことができました海のすぐそばにある国境は初めてで、テンションあがるぅぅぅ!!今回の国境越えは、エイラットのホステ [続きを読む]
  • コウカイのない国境越え【イスラエルからエジプト】
  • イスラエルの南端【エイラット】は、エジプトとヨルダンに接する国境の町そして「紅い海(Red Sea)」って言うのにめっちゃ青い海、紅海に接していますエジプトビザを無事に取得した私はここからエジプトのダハブへ向かいます!!エイラットの中心街からは15番のバスで国境【TABA(ターバ)】へ5シュケル足らず行くことができました海のすぐそばにある国境は初めてで、テンションあがるぅぅぅ!!今回の国境越えは、エイラットのホステ [続きを読む]
  • エイラット(イスラエル)でエジプトビザ取得!
  • イスラエルはエルサレムからバスで死海を経て国境の町【エイラット】へ!ここでエジプトビザを取得しましたエイラット行きのバスから見えたのは・・・真っ暗な砂漠に赤々と灯りを燃やす工場(?) これ、プペル(キンコン西野さんの絵本)みたいちゃう?ま、読んだことないんやけどなに作ってるんやろこの工場エイラットには夜11時ごろにつきました。こわいなぁーって思ってたんやけどバスから見えたのは空港沿いのホテルが建ち並んだ [続きを読む]
  • ナポレオンの陥せなかった街【Akko】
  • 地中海に泳ぎに行った時に見えた街がありましたそれが城壁で囲まれた湾岸都市【Acre/Akko(アッコ)】 ビーチからみるとめちゃめちゃカッコいい1799年のオスマン帝国であったこの地をナポレオン率いるフランス軍が攻略しようと包囲しました(アッコ攻囲戦)しかし、攻略は失敗に終わったそう・・・【アッコ旧市街(The Old City of Akko)】は、今やオスマン帝国時代の建物が残るイスラエルの世界文化遺産の1つです(知らずに行っていたw [続きを読む]
  • 死海に浮くということ
  • エルサレムで1万円札を両替所へ持っていき、何シェケルになる尋ねたら100シェケル(≒3200円) って言われたことにショックを受けましたなにかの間違えかと思ったけどThis is our rate.(これがここのレートです)と言われ・・・やっぱりお金って紙きれなんやなって。ここで諭吉に価値はないんだと。一応ドルをもってたから、それを両替してもらった(100ドル→340シェケル≒11000円)これからクレジットカード使えるかわからないところ [続きを読む]
  • ハイファ・バハイガーデン
  • 朝、ビーチ(Akko beach)に行き、ひと泳ぎして来たんやけど、波が高すぎて岸にあげられましたそのあとイスラエル朝食を食べに行ってお腹いっぱいになって横になったら夕方になってたwww泳ぐと疲れるよねー先日、【Haifa(ハイファ)】という街に行って来ました。ちなみにハイファは「ハイファと西ガリラヤのバハーイー教聖地群」として世界文化遺産に登録されています(2008年)(やはり世界遺産と知らずに行っていたw)ハイファは、イス [続きを読む]
  • 買いたい衝動と闘うバックパッカー
  • テルアビブを1日観光してきましたというかウィンドーショッピングテルアビブはイスラエルの第2の人口をもつ都市で、中東のイメージとは少しかけ離れた街でした!というのも宗教色が薄く、国際都市といえるでしょう。※イスラエルの首都はエルサレムですが、大使館などの政府機関はテルアビブにありますゲイにも優しい街らしいエルサレムと比べると、観光客に対する地元民の態度も違いました。オープンマインドで、観光客に慣れてい [続きを読む]
  • 嘆きの壁に嘆く【エルサレム旧市街】
  • 泊めてもらっているニコールの家からバスで片道2時間半かけてエルサレムへの1 Day Tripちなみにイスラエルは6時間で縦断出来てしまうほどの小さな国です。エルサレムという場所は現在イスラエルの東部とパレスチナ自治区の西部に位置しています。世界大戦、イスラエルの建国、中東戦争によりパレスチナ問題が起こったため、エルサレムという場所はすごく複雑ですなかでもエルサレム旧市街と呼ばれる城壁に囲まれた街は、4つのエリ [続きを読む]
  • 高1の時の写真
  • 中東《イスラエル》への入国に関しては、「スタンプを押されるとUSAや他のイスラム教国には入れない」「たくさん質問される」などの話を聞いたことがあったけど、2017年現在、空路でスタンプは押されないっていう情報もあったし、何よりイスラエルには友達がいるので安心してしまって、ほとんど入国に関して調べることなく飛行機に乗っていましたトルコのサビハ・ギョクチェン国際空港という何回見ても覚えられない名前の空港では [続きを読む]
  • イスタンブールのバザール
  • トルコには多くのバザールがありました中でも1番有名な「グランドバザール」へ・・・行き損ねました。笑町歩きしてるとバザールや市場たくさんあったからグランドバザールをあえて行こうということは頭からすっかり抜けてたみたい暗くなる頃に気づいて向かったら、声かけまくられてこわくなって帰ったから行けなかったし。笑ある旅人が話してた「各国に宿題を残していってるみたい」っていうのは、「その国をどれだけみても見たり [続きを読む]
  • ブルーモスクと地下宮殿《イスタンブール》
  • すすトルコ・イスタンブールの観光名所で有名な場所にブルーモスクと呼ばれるモスクがあります!ここは嬉しいことに入場無料。ということで見学してきました〜なんでブルーモスクというかというかというと青いから。らしいねんけど、そんなに青くない。これを青といいますか?笑そして、私は気付きました。カーペット、赤い。もはや赤の占める割合の方が多いんじゃないか?レッドモスクにしたらいいのになというのが私の感想。とい [続きを読む]
  • 【うぁお?】素っ裸でアワアワになるハマムの女風呂は・・・
  • Hamam(ハマム)とは・・・中東でよくみられる伝統的な大衆浴場のことエクスペリエンスオタクちっくな私はこのハマムというちょっと怪しい不思議な空気をもったお風呂屋さんを目の前に素通りするわけにいかないということで人生初!トルコのハマムへ行ってみた!!女性にとって肌を見せることが消極的であるイスラム教の国、トルコで大衆浴場ってことはみんな素っ裸なのか!?そもそも大衆浴場って温泉?湯に浸かるの?それとも岩盤 [続きを読む]
  • デリラン【トルコ】
  • 世界三大料理のひとつ、トルコ料理せっかくきたのだから美味しいものが食べたいけど、インドの物価感覚に慣れてしまった私には、トルコの物価は日本みたいに高い・・・。早く寝る作戦や遅く起きる作戦にて1日2食の節約を試みだが・・・やっぱり食欲を抑えることが出来ず、毎日しっかり食べていました!!笑やっぱりね、削るところは食ではないと思うんだよね〜(ゆーて何も節制してないけどw)まだまだトライしたいトルコ料理がたー [続きを読む]
  • イスタンブール新市街
  • 久しぶりにたくさん歩きました。18?!でも全然歩いた気がしないのは、見ている風景が新しくて気持ち的に疲れなかったからやと思うトルコで町歩きしてるとYou are beautiful sweetie You look so niceとかってすれ違うトルコ人ボーイズたちは言ってくれてそれはそれは気色悪いと思いながらもすこし心を躍らせるんやけど無視ったら後ろからFuck you Bitch(怒)って言われるwwwえwwwあと、Can I ask one question,honey?(1つ聞いても [続きを読む]
  • 気球からの景色は最高【カッパドキア】
  • トルコといえばカッパドキア!!ほんまはトルコといえばトルコアイスやったけど朝早くに起きて気球に乗りましたピックアップが来たのが午前5時前。宿泊していたギョレメの村はピックアップラッシュ。同じようなバンがあちこちのホテルやゲストハウスへ観光客を迎えにいきます。恥ずかしながら「カッパドキア」って地名だと思ってた!笑でも違いましたカッパドキアはトルコの中央、アナトリア高原のことで火山により柔らかい地層と [続きを読む]