KeikoBook さん プロフィール

  •  
KeikoBookさん: Under the Duvet ~ 読書の時間 ~
ハンドル名KeikoBook さん
ブログタイトルUnder the Duvet ~ 読書の時間 ~
ブログURLhttp://undertheduvettimetoread.blogspot.co.uk/
サイト紹介文一日で一番幸せな時間は、布団に入って寝るまでの間のつかの間の読書の時間。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2017/04/03 03:08

KeikoBook さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 通天閣
  • 2018年2月にセミリタイアして以来、読書に精をだしております。今は、それまで忙しくて、買うだけ買って「積読」だった本を読んだり、以前確かに読んだはずだけど、詳細を忘れてしまった本を再読したり、お気に入りで何度も読み返したい本を、さらに読み返したり。自分が買った「積読」本を全部読んでしまっても、夫が買った本がまだまだあるので安心です。夫が買った本の中には、自分だったら買わないだろうけど、そこにあったら [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 2001年、OLをやめてロンドンへ語学留学。そこで相方を拾ってしまい、帰るに帰れなくなってしまいました。日々のあれこれについては、徒然日記Floating on Water 2 に書いているのですが、読書日記だけは別にしようと思って作ったブログです。なんとなく、心情的に、読書日記は別に分けておきたかったのです。そのワケは、、、自己紹介のページに。自己紹介のページは、私を取り巻く状況が変わる度に、適宜アップデートする所存で [続きを読む]
  • 単語帳 : plunger
  • あの、トイレとかが詰まった時に使う、吸盤みたいなのに棒がついたやつ。ありますよねえ。あれ。なんて言う名前でしたっけ?実生活では、なんとなくジェスチャーとかでごまかしてますが、日本でなんと言うのかはっきりしない、あれ。 ↑こんなやつ。これ、Amazon さんで検索してみたら、「ラバーカップ」とか、「トイレのつまり取り」とか、「真空パイプクリーナー」とか、皆、好き放題の名前をつけてます。日本語では、特に決 [続きを読む]
  • 単語帳 - 英日まとめ
  • 英語の勉強をしていると、日本語では一語で言い表せないような複雑な内容を一語でスパッと言い表してしまうような単語に遭遇することがあります。私は結構、そんな単語がお気に入り。 そんな単語に出会ったら、できるだけメモしたりして頑張って覚えているのですが、備忘録をかねて、ブログにアップしようかと思います。追記 :日本語で話している時に、どうしても英単語を混ぜて話してしまう事があります。あまり褒められた事では [続きを読む]
  • 働かないの
  • 群ようこさんの「れんげ荘」の続編、「働かないの」を再読しました。「れんげ荘」は、かなり長期間トイレが指定席だった為、何度も何度も読み返しているのですが、本作は久々の再読です。以下は私の独断と偏見によるあらすじです。~~~~~~「れんげ荘」から3年。主人公のキョウコは、まだれんげ荘で貯金生活を送っています。若干退屈してきたのか、何か夢中になれる事がないかと考えていた時に、ふと立ち寄ったカフェで、刺繍教室の [続きを読む]
  • おいしいおかゆ - グリム童話
  • 突然ですが、お腹をこわしました。正確には、胃です。元々胃が弱いのか、疲れたりしたら時々こわすのです。まあ、慣れっこなので、胃の中のもの全部吐いたら、半日ほど絶食して、次の日はおかゆです。というわけで、本日はおかゆを作っております。おかゆって、いつも思うんですが、煮ていったらどんどん増えますよねえ。私の場合は、とりあえずお米を一合お鍋に入れて、お水を多めに入れて弱火で煮ていきます。煮詰まってきたらお [続きを読む]
  • 単語帳 : naive
  • 今回の単語は naive前回の単語 gullible の synonyms です。なぜ、いちいちルー大柴のように synonyms と書くかと言うと、synonyms の定義を辞書でしらべると、同義語、類義語、同意語となっていて、naive は gullible の 同義語なのか類義語なのか同意語なのか、いまひとつ良く分からないからです。この単語、日本人が誤用し易い単語としてはかなり有名な単語なので、このブログでは取り上げる予定はなかったのですが、せっかく [続きを読む]
  • PK ピーケイ
  • 我が家のミャンマー人夫は、とてもテレビっ子です。英国の Netflix に加入しているのですが、絶対に元とってます。Netflix は国によってコンテンツが異なるようですので、他の国の状況は良く分かりませんが、英国の Netflix は、韓国映画やインド映画なども結構充実していて、なかなか楽しめます。そんな夫が、どうやらインド映画の気分だったようで、そして、どうやら今、夫の中ではアーミル・カーンブームが起こっているようで。 [続きを読む]
  • 単語帳 : gullible
  • 最近、あんまり外に出ないので英語を話す機会が減ってしまい、たまに仕事に行くと、英国人上司や同僚と話す際にとっさに英語がでてこなくて言葉に詰まる事がしばしば。外国語って身につけるのは大変だけど、忘れるのは速いなあ。と、しみじみ感じております。少なくとも、もうしばらくの間はひきこもり生活を楽しみたいので、せめて、家にいる間も英語の勉強を頑張ろうと思います。さて、今回の単語は、gullibleまずは、某A○Cさん [続きを読む]
  • 小さな王様 ナカニシマナティー
  • さて私、本ブログの上部にこっそりをリンクを貼って、ひっそりと宣伝しているモノがあります。それは、京都在住のイラストレーター、ナカニシマナティーさんによるピータンというキャラクターです。どんなキャラクターかと申しますと、こんな感じ。本読むピータン本ブログの上記のリンクは、それぞれ、ピータンの Facebook ページ と キャラクターグッズのオンラインショップへのリンクです。ただし、キャラクターグッズのオンライ [続きを読む]
  • れんげ荘
  • せっかくセミリタイアしたんだから、時間はたっぷりあるんだから、いっぱい本を読まないと!と気負ってしまうと、逆に本から遠のいてしまっていました。まあ、人生そんなものです。でもやっぱり、せっかく時間があるんだから、今まで出来なかったことをやりたい。買うだけ買って、時間がなくて読めなかった本を読んだり、読み始めたけど途中で放ってしまった本に再度チャレンジしたり、昔読んだお気に入りの本を再読したり、図書館 [続きを読む]
  • Alternative
  • どっか、インターネットの翻訳記事でちょいとひっかかる訳を見つけたので、その記事の原文にて使われていたと思われる単語、Alternative について。ちょいと気になった訳は、スターバックスのプラスチック製のストロー廃止に関しての翻訳記事で、おそらく原文ではAlternative と記されていたであろう部分が、選択肢と約されているのです。もちろん、文脈によっては「選択肢」という訳語が適当な場合もあります。たとえば下記の引用 [続きを読む]
  • 単語帳 : hindsight
  • 久しぶりに、単語帳をアップデートいたします。本当は、普段からもっと意識して生活して、この単語帳に乗せたいような単語を見つけたいと思っているのですが。なかなかそうは問屋がおろしません。さて、本日の単語は、 hindsightまずは、某A○CさんのOnline辞書での定義 ~~~~hindsight【名】あとになっての判断、後知恵◆【対】foresight〔銃の〕後部照尺レベル11、発音háindsàit、分節hind・sightwith hindsight後知恵で、後か [続きを読む]
  • HORTON HEARS A WHO!
  • ここ数年、歳をとって体力が減退してきたのか、仕事内容がきつくなってきたのか、その両方なのか、毎日の仕事をこなすのが精一杯で、せっかくの週末にもゆっくり本を読んだりする精神的余裕がなかったのですが、2017年、ついに一大決心をし、働き方を変える事にしました。別ブログに顛末を徒然と書きなぐっているのですが、セミリタイアします。うれしい〜。フルタイムからパートタイムへ転身。収入半減。家計管理どうしようかなあ [続きを読む]
  • 単語帳 - 英日まとめ
  • 英語の勉強をしていると、日本語では一語で言い表せないような複雑な内容を一語でスパッと言い表してしまうような単語に遭遇することがあります。私は結構、そんな単語がお気に入り。 そんな単語に出会ったら、できるだけメモしたりして頑張って覚えているのですが、備忘録をかねて、ブログにアップしようかと思います。palpable (adj) : 容易に分かる、明白な、触れられそうな、〔医学的に〕触診可能のsquarmish (adj) : 〔血や [続きを読む]
  • The Gruffalo's Child
  • 大人買いした絵本の第二弾。Julia Donaldson (作)Axel Scheffler (絵)最強コンビ再び。ってか、今回私が大人買いした絵本は Julia Donaldson (作) 絵本のセレクションセットであるためしばらくこのコンビによる絵本が続きそうです。そしてこちらは、The Gruffalo's Child 第一弾、Gruffalo の続編です。最初、The Gruffalo's Child とな?Gruffalo は女性だったのか?と、驚きましたが、前作でも代名詞は"H [続きを読む]
  • THE GRUFFALO
  • ものすごーく長い間放置していたこのブログですが、先日つれづれブログで宣言した!もっと本を読もうということで、読み始めました。大人買いした絵本の第一弾。Julia Donaldson (作)Axel Scheffler (絵)私の好きな最強コンビによるTHE GRUFFALO このGRUFFALOなるキャラクター、ギリスでは結構人気だと思います。本屋さんの絵本のコーナーでは彼のキャラクターグッズを頻繁に見かけますし、私も実際、いくつか買った。そして、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …