Hidamoku さん プロフィール

  •  
Hidamokuさん: 三代目のつぶやき NEO!!
ハンドル名Hidamoku さん
ブログタイトル三代目のつぶやき NEO!!
ブログURLhttp://hidamoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文茨城県つくば市を中心に、新築・リフォーム・リノベーションで「空気の美味しい家」をつくる材木店/工務店
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/04/03 08:04

Hidamoku さんのブログ記事

  • 熱中症予防のための緊急案内
  • 今年の夏は記録的猛暑です!日本全国で、気温35℃超えが続出!埼玉県熊谷市では、ナント41.1℃の歴代観測記録が更新されました。こんな猛暑、いや、酷暑では、「自宅で過ごして居たにも関わらず、熱中症で救急搬送されました。」なんてTVのニュースも、とても他人事とは思えません。熱中症を発症する状況といえば、学校のグラウンドでの練習中や、屋外競技場での試合中など、暑い場所が思い浮かびますが、実は熱中症を発症する場 [続きを読む]
  • 高齢者のためのコンパクト住宅
  • 今年の夏は異常ともいえる暑さですね!つくば市でも連日35度を超える過酷な環境です。おかげで、どこのお宅でも連日クーラーフル稼働。それでも2018/7/20現在で、 熱中症で救急搬送された方は1.3万人を超え、7月だけでも20名を超える方々が亡くなられました。そんな昼下がり、簡易テントを設置して日陰を確保しての地鎮祭を行いました。高齢者のためのコンパクト住宅新築工事のはじまりです。ヒダモクのコンパクト住宅は、様々なメ [続きを読む]
  • 最優先すべきは…?
  • サッカーW杯ロシア大会、2010年南アフリカ大会以来の2大会ぶりの予選リーグ突破、おめでとうございます。深夜の試合にも関わらず、皆さん眠い目をこすりながら応援していたことでしょう。モチロン私もその一人です。昨夜のポーランド戦、残り10分のゲームの進め方には、世界中から賛否両論が聞こえてきます。負けているにも関わらず、攻めずにボールを回し続けた日本代表、本当にあんな試合をしてしまって良かったんでしょうか?&# [続きを読む]
  • ある新築助成制度の残念な真実
  • 茨城県は、国内有数の林業県です。栃木・福島県境の山々には、杉や桧の造林があり、良質な建築用構造材や内装材を生産しています。茨城県では森林湖沼環境税を用いて、この県産材の良さを普及啓発するため、木造住宅の新築やリフォームに対して助成を行っています。これまでは年間300棟もの住宅に対し助成が行われ、300もの家族が、その恩恵を受けることができました。先日、これまでと内容が一新された平成30年度の助成制度が発表 [続きを読む]
  • 「リフォーム」or「建て替え」、我が家はどちら?
  • 築40年のお住まいで暮らすご家族から、リフォームの相談をいただきました。体調を崩されたため受診したお医者さんから「リフォームするなり、引っ越した方が良い。」とも言われたそうで、住宅診断もさせていただきました。お母様のご希望は、「住みながらの全面リフォーム」でしたが、それだと、お医者さんからアドバイスされた問題の改善は困難です。ご家族の下した結論は、①家族の健康回復を考えて「空気の美味しい家」、②やが [続きを読む]
  • 心地良い床で暮らすための必勝パターン
  • 我が家を建てた、リフォームした。完成時の喜びは、例え様もありません。でも、完成した我が家に入居して、暮らし始めていくと、何かシックリ来ないと感じたり、想定外のことが分かってきて、「やっぱり〇〇にしなきゃ良かった。」などと、我が家に不満を抱えながら毎日を過ごされているご家族は少なくありません。そんな想いを抱かないためには、ちょっとしたコツがあるのです。こんにちは!自然素材で木の家造り、茨城県つ [続きを読む]
  • 我が家の位置が未来を拓く
  • 敷地の何処に我が家を配置するかは、理想の暮らしを実現させるために、とても重要なポイントです。いくら建物本体が満足する出来でも、配置場所を安易に決めてしまったりすると、「やっぱり、もう1m道路から遠ざければ良かった。」なんて、残念な想いをすることもあるからです。マイホーム打合せ中のお客様、間取りプランもほぼまとまったので、建築予定地に「地縄(じなわ)」を張って建物の位置を確認していただきました。 [続きを読む]
  • 「衣食住」、優先すべきは経済性?or安全性?
  • 昔から「衣食住」という言葉があります。「衣食住」とは、読んで字のごとく、着ること、食べること、住むこと。人間の生活の基本を簡潔に表した言葉です。厚生労働省の調査では、いまの日本の子ども達の約50%は、何らかのアレルギーを持っているそうです。様々な要因が絡み合った結果でしょう。そのせいもあってか、「衣」と「食」の安全性に気配りしているご家庭は少なくないようです。では、「住」への気配りまで考えているご [続きを読む]
  • 家造りの迷宮(ラビリンス)からの脱出!
  • ヒダモクでは家造りについての相談・質問を電話でいただくことがあります。先週、何度か電話で質問を下さった方(以下、Aさん)から、相談電話がありました。事前費用から部屋の広さや収納の数など、 相談内容は多岐にわたり、電話で簡単に解決できる相談ではありません。まるで迷路に迷い込んでしまったようで、 突破口(正解)が分からない…。どうやらAさんは、家造りのラビリンス(迷宮)に迷い込んでしまわれたようです。一 [続きを読む]
  • 相見積を活かす3つの不文律
  • 我が家を建てよう、直そうと考えたあなた、やはり一番気になるのは、「費用」ではありませんか?インターネットの新築住宅やリフォームサイトでは、「必ず相見積りをしましょう。」などと、相見積りを奨励さえしています。ですが、ほとんどの方が誤った相見積りの取り方をされているようで、業者選びを間違えて、自ら満足度の低い我が家にしてしまうことさえ…。実は「相見積りの取り方」にも上手下手があるんです。 こんにちは! [続きを読む]
  • 幾つになっても超快適な我が家にするための7つの極意
  • ご年配のご夫婦が、快適な毎日を過ごすためのコンパクト住宅の設計依頼をいただきました。ご本人たちは「(そこまでの)必要ない。」っておっしゃっていましたが、ヒダモクとしては「バリアフリー住宅」をご提案させていただくつもりです。誰しも、今は普通に動けても、老化による足腰の衰えは避けられません。そんな高齢者が暮らし易い家は、誰にとっても使い易い家です。なぜなら、介護するされるまで想定された住宅ですから。で [続きを読む]
  • 「剛床工法」の不都合な真実
  • お屠蘇気分も抜けた1/22の月曜日、関東地方は大雪でした。ヒダモクのある筑波山麓もお昼前には雪がチラつき、夕方には、まるで雪国の様な景色が拡がりました。皆さん、通勤通学大丈夫でしたか?翌朝、念のために迂回通勤。すると、上棟したばかりのお宅がありました。どうやら、屋根より床を先に施工した「剛床工法」の様です。2階の床に雪が積もっているのが分かります。我が家を堅固にする「剛床工法」ですが、実は施工方法次第 [続きを読む]
  • こんな業者にご用心!美味い話には裏がある!!
  • 松の内が明けたばかりの1/8、よりによって成人の日に着物販売レンタル業者が計画倒産して、300人以上が晴れの成人式を踏みにじられた詐欺事件がおきました。どうやら総被害者数は、1000人を超え、被害総額は2億円以上といわれています。昨年は、格安の海外旅行を売りにした旅行代理店が倒産し、一般旅行者だけでも3.6万件もの方が被害に遭いました。住宅業界でも、着手金や中間金を支払ったけれど、着工前・完成前にそのハウスメー [続きを読む]
  • 我が家の素材の選び方
  • 我が家を建てる(リフォームする)とお考えのあなた、あなたは、どんな部屋で暮らしたいですか?床は、テカテカ輝く合板フローリング?それとも、木目や節など不揃いだけど、味わいのある無垢フローリング?壁や天井は、豊富な種類色柄から、選ぶ楽しさを味わえるビニールクロス?それとも、人の手による微妙な凹凸の陰影で素材の表情が際立つ塗り壁?どんな素材が我が家に合うのかお悩みのあなた、自然素材は良さそうだけど、高価 [続きを読む]
  • 住み心地アップ大作戦
  • 愛着のある我が家。でも、時代の変遷とともに使い勝手が悪くなって来たり、不具合箇所が増えてきたり、冬の寒さや夏の暑さに閉口したり…。「どうにかしたいけど、何から手を付ければ良いの?」建築やリフォーム知識の乏しい、普通の皆さんの共通のお悩みです。住み心地の向上!さて、何から手を付けていくのが良いのでしょうか?こんにちは!新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。自然素材で木の家造 [続きを読む]
  • 床材選びのウソ?、ホント
  • ヒダモクの床材は、「無垢材」が標準仕様です。住宅の床は「無垢の床が一番良い。」という信念からです。でも、建替えやリフォームの相談をいただくと、「床に無垢なんて高くて、とんでもない!合板で良いです。」と仰る方が少なくありません。うかがった理由を要約すると、「無垢の床はデメリットばかり(だと聞いている)。」本当に無垢の床はデメリットばかりなのでしょうか?こんにちは!新築・注文住宅、リフォーム(増 [続きを読む]
  • 健康で安心して暮らせる家のつくり方
  • ヒダモクでリフォームされたあるOBさんは、「健康で安心して暮らせることが、予算や工期よりも大切だと感じました。」と、感想を教えて下さいました。おっしゃる通りだと思います。でも、実際に新築された住宅や、リフォームされた住宅に入居後、シックハウス症候群に当てはまる体の不調を訴える方もいます。そんな残念な我が家にしないためにも、「健康で安心して暮らせる家のつくり方」を覚えて、あなたのマイホームを安心安全 [続きを読む]
  • 高齢者向け住宅リフォーム成否のカギ
  • 最近、高齢になられた方が住むお宅についての相談を受けることが多くなりました。30代40代で我が家を建てられた当時は、何の不便さも感じなかったけれど、70代、80代になり足腰の衰えから感じる様になる「暮らしにくさ」、床材の剥離などに代表される建物の経年劣化が相まって、「暮らしにくい」と感じている方は少なくありません。内閣府の団塊世代の意識に関する調査では、8割以上の人が「今住んでいる家に住み続けたい」と回答 [続きを読む]
  • 結構?いや、相当お得です、無垢リフォーム!!
  • 築50年近いお宅の、壁がカビだらけの6畳間和室リフォーム(http://www.hidamoku.com/blog-171002kabi/)木の香りたっぷりの山小屋風な部屋へと生まれ変わらせてお引渡ししました。床はヒノキの無垢フローリング、壁は杉の合い欠き加工板で仕上げたこの空間、無垢の木々が呼吸をして、湿度の高い暑い季節は、水分を吸ってサラサラ空間、カラカラ乾く寒い季節は、水分を放出してシットリ空間。除湿器も加湿器も要りませ [続きを読む]
  • あなたでも出来る、我が家のカビ対策
  • 築50年近いお宅の、壁がカビだらけの和室リフォーム、原因究明と床の貼り換えと貼り換えのため、畳を撤去し、荒床を剥がしてみました。想像していたよりも、床下の状況は悪くありませんでしたが、室内の壁をカビだらけにしてしまった原因であろう、大きな問題を2つ見つけました。しかも問題の1つは、新築時に防げたはずの欠陥。もう一つは20年近く前に行ったメンテナンスによって発生しています。どちらも、建築士などがキチンと [続きを読む]
  • 病気になりやすい家、健康になってしまう家
  • 新居に引っ越したら、病気がちになった。リフォームしたら、目が痛くなったり、吐き気がしたり…。あなたのご家族やお知り合いに、そんな経験をされた方いませんか?快適な毎日を求めて、家造りをしたなずなのに、逆に不快な毎日に甘んじなければならない…。そんなの真っ平ゴメンです。家を新しくしたら体調不良になってしまった原因とな、いったい何でしょう?こんにちは!新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待 [続きを読む]
  • 住宅展示場≦現場見学会≦OBさんお宅見学
  • 「ヒダモクの施工例が見たい。」とおっしゃるご夫婦を、ヒダモクOBさん宅の見学にお連れしました。「百聞は一見に如かず」の例えもありますが、いまの時代、マイホームを建てようと決心すると、必ずといって良いほど、その住宅会社の特徴が盛り込まれた「施工例」を見て、我が家を託す工務店を選ぶようです。「施工例」を見る機会は3つあります。①住宅展示場のモデルハウス②完成現場見学会③OBさんのお宅見学とりわけ1番参 [続きを読む]
  • 間違いだらけの、見た目だけリフォーム!
  • ヒダモクでは、住まいに関する疑問質問を、相談会だけでなく、メールでも受け付けています。 昨日、こんな問い合わせをいただきました。「(前略)私の実家についての相談です。カビだらけになってしまった砂壁をごく短期間でリフォームする事は可能でしょうか。母が寝室にしている一部屋なのですが。(後略)」塗り壁の短期間リフォーム、あなたは可能だと思いますか、不可能だと思いますか? こんにちは!新築・注文住宅、 [続きを読む]
  • 知っておかないと損をする設備機器の選び方②
  • 新築時にガス会社の強烈なプッシュを受けて設置したコージェネレーションガス給湯器から水漏れがするようになったBさん宅。 「使って12年だし、そろそろ交換時期かな?でも、修理で済めば助かるな。」 と、都市ガス会社に修理を依頼したところ、「修理だけでも結構な費用がかかります。10年保証もきれていますから、今後の故障修理の費用を考えると交換をおススメします。」と言われました。そこで、交換工事の見積をお願いすると [続きを読む]
  • 知っておかないと損をする設備機器の選び方①
  • 毎日の暮らしには、想定外の出来事が起こることもあります。築12年の戸建て住宅にお住まいのAさん。少し前からトイレの水漏れが気になるようになりました。インターネットで検索したら、水漏れ修理は¥5,000-〜。温水洗浄便座を交換しても、約30,000-。「これ位の金額なら…。」と、水漏れ修理を依頼したそうです。ですが結局、便器自体を交換する羽目に!提示された工事見積ナント18万円!!想定額のおよそ6倍!水漏れ修理のつも [続きを読む]