渚ケイ さん プロフィール

  •  
渚ケイさん: 渚ケイのいろいろガタリ
ハンドル名渚ケイ さん
ブログタイトル渚ケイのいろいろガタリ
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/k-89nagisa/
サイト紹介文日本語教育 ジョジョの奇妙な冒険 プロレス 音楽 サブカルチャー全般 歴史、旅行、日々の徒然。
自由文筆者は日本語教師&イベントコンパニオン&MCです。まじめに日本語教育やってます。イベント業もやってます。日本語教育が主なコンテンツですが、自身のジョブにまつわる話題から趣味の話まで、振り幅広すぎなのがタマニキズ…なブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2017/04/03 10:18

渚ケイ さんのブログ記事

  • 夏学期が始まる。
  • 学期間休みもあっという間に過ぎ夏学期が始まる。あー、もうちょっと休みたかったなぁ…休みの間に、あれやりたかったなぁ…また怒涛の日々が始まるなぁ…などとつらつら考えながら朝の通り雨?ピンポイント豪雨?で足元はぐっしょり。不快感MAXな気分で学校への道を歩いていると「先生ーーっ!おはようーー!ひさしぶりーー!」元気な声が聞こえてきた。振り返るとクラスの子たち。「あー、おはよう!あとでねー!」じめじめした [続きを読む]
  • ジョジョ5部アニメ化だね。その2ローマ。
  • 読み返しては熱が上がりそしてまた鎮静に向かいまたまた何かのきっかけで読み返しては再燃する。 ジョジョとはそういう作品。そんなこんなでちょい前ですが2016年自分の5部熱が周期的に上がっていたころ思い立ってローマを旅した。初めてのエティハド航空。アラブの王様のエアライン。よかったです!やっぱり旅は1人に限る。もちろん親しい人と行く旅もまたいいものだが自分1人で自由に時間を使えるひとり旅が自分にはいちばんし [続きを読む]
  • ジョジョ5部アニメ化だね。
  • ひえー。こんなに早く5部がアニメ化になるとは…。ジョジョファンだと何部推しとかあるけど自分は何かなあ?とか、あんまり考えたことなかったな。でもやっぱり興奮の度合いが他の部のときとぜんぜん異なる。えー!?自分、5部推しだったの?と、改めて今、そう思っている。先日仙台出張の際かねてから行きたかった念願のジョジョバーW3Dさん★へ行ってきたもう、店内入った瞬間にどうしていいかわかんないテンションに。お店のオ [続きを読む]
  • 春学期を振り返る①
  • 今週から来週にかけて学期末面談が続く。授業とは違うエネルギーを使う。面談は会話力テストも兼ねているので学期中に習った文型、表現、語彙などかどれぐらい使えているかという日本語運用力の確認と同時に日本滞在中の保護者というか管理責任のある立場としてバイトや生活、交流関係のことなどまた大概が進学希望の学生であるため進路についての意識調査準備についての話など…。クラス全体のオリエンやっても留学生というのは [続きを読む]
  • 日本留学試験。
  • 本日でした。我が大学進学クラスの面々も先週一週間はそわそわ、ふわふわした感じ。留学試験前のこの時期はわりといろいろなことを大目には見ている。総合科目や理科など基礎科目の本を広げていても普段なら関係ないものはしまえ!だがこの時期は課題が終わったらやってもいいとか。居眠りに関しても夜遅くまで塾通いや緊張で眠れない子がいるのも確か。授業中にうとうと居眠りしてしまった子たちは休み時間や授業後に「先生、ご [続きを読む]
  • カンニングについて。
  • 日本語学校の教室内の指導は言葉のレッスンだけではない。母語私語居眠り遅刻無断欠席スマホで遊ぶゲーム機で遊ぶごはんを食べるおかしを食べる授業と関係ないものを出す授業と関係ないことをやるエトセトラエトセトラ。学校によってルールは多少違うだろうが教室内でのマナーを守る授業中のルールを守る最低限のラインというものはどこも共通だろう。今回はカンニングについて。カンニングに対する意識や感覚は国によって違う。 [続きを読む]
  • 課外活動まとめ。
  • 春学期も残すところ1ヶ月を切る。だいたいの日本語学校では春、秋の行楽シーズンに課外活動を組んでいる。担任クラスを複数持つのはもう自分にとっては当たり前のことだが各クラス個性があり楽しいものだ。教室では見られない学生たちの顔を見るのも楽しみのひとつだがそれぞれのクラスの個性で引率の仕方など課外活動の楽しみ方もまた変わる。この四月に日本に来たばかりのほぼゼロスタートの初級クラスの活動はいろいろ懸念も [続きを読む]
  • タイムマネジメントについて。
  • 最近うまくいってない。基本的にやりたいことしかやってないのだがこのやりたいことをやるにあたっての時間的バランス配分ができていない。以前のように体力に任せてむちゃをすることも難しくなってきた。限られた時間で効率よく事を進めることを考えなければならない。やりたいことしかやってないのは確かだが最近のこの失敗感マンネリ感というかこなしてる感というか…。自分がやりたいと思ってやってきたことにふとした瞬間飽 [続きを読む]
  • 偶然。
  • 日本語学校での社会参画クラス。この日は校内で行なっているエコキャップ回収ボックスのリニューアル作業と回収したエコキャップを台東区社会福祉協議会に届ける活動。活動の帰り道ある学生がラーメンの話をふる。「先生は、天下一品と一蘭なら、どちらが好きですか?」「そうですねー、ラーメンはその日の気分にもよりますから、どっちとか、決めるのは難しいですね…。」それを発端にラーメン話に花が咲く。「ラーメン食べたい [続きを読む]
  • 母の日によせて
  • 日本語学校での活動。母の日とは謳ってはいるが6月の父の日や敬老の日なども紹介し家族にメッセージを書きましょうという趣旨で国の家族に向けてのメッセージカードを作成した。複雑な家庭環境の学生もいなくはないのでこういう活動は積極的にはやらないのだが別のクラスの活動の掲示を見て触発された面々のリクエストにより行うことに。4月に来日して1ヶ月ちょいで使えるようになった日本語を駆使して国のご家族へ向けたメッセ [続きを読む]
  • 乗り鉄というほどではないが
  • 電車は好き。日本全国のほとんどを電車で旅するのが趣味になってたような時期もあったが、まだまだ空白の地域や路線もある。今回初めての路線に乗る機会を二回も得た。ひとつは、ことでんこと、高松琴平電鉄。四国には数回行く機会があったが飛行機での往復が多く、乗るチャンスを逃してました。片原町から高松築港へ。駅前。高松城の石垣を背景に。そして前からほんとに一度は乗りたかった瀬戸大橋線の車内から。バタバタの中で [続きを読む]
  • 社会参画クラス2018
  • 今年度の社会参画クラスが始まった。当校の選択授業の定番クラスとなっている社会参画クラス。これまでは学部進学クラス対象にしか行っていなかったが今回は大学院進学クラスでも初の実施。台東区が取り組んでいる大江戸清掃隊というボランティア活動。ボランティア活動、環境学習を通して留学生は多くのことを学べる。敬愛する井上里鶴先生が始めたこの活動を引き継いで早3年となるが自分なりにもっともっと深めたいという思いが [続きを読む]
  • 会話の授業
  • iPhoneをテレビに接続するケーブルを購入!これがまた、めっちゃ便利!!!会話授業ではやりっぱなしにならないよう録画をしてフィードバック&反省会を行うことにしている。これまでは録画したものから会話を拾い表現や発音のフィードバックをしていたがこの手間が省け即時にいろんなことができるようになる。恥ずかしいやらおかしいやら自分が日本語で喋っている姿をテレビでみんなで見るというのはなかなか刺激的だったよう。ほ [続きを読む]
  • 期待。
  • 春学期から担当することになった大学クラス。N1の学習が半ばレベルのクラスだがなんとまあ、よく頑張る学生たちだ。なんといっても反応がいい。文法の教科書。というと、全員がさっと開く。はい、記述。というと、全員が本を閉じ、用紙が配られるのを待つ。漢字のディクテーションもちょっと量を多目に設定していたので学生の様子を見ながら調節しようと思いどうする?まだいける?と聞くと大丈夫です!と返ってくる。発表の時間。 [続きを読む]
  • 藤まつり。
  • 学校の近くの神社での藤まつりが見頃…ということで授業時間の一部を課外活動にあて参拝に。四月に来日したばかりの学生で構成された2クラスを午前、午後にそれぞれ引率。片方のクラス。途中で野菜を買おうとする学生ついてこいと言ってるのに勝手にグーグルマップ見ながら行こうとする学生そのへんでたばこ吸おうとする学生を注意しながらの道中。もう一方のクラスは…。リーダー役を買って出てくれた学生が列が長くならないよう [続きを読む]
  • へんな咳。
  • 2017年度が終わりスリランカから帰ってきて2018年度が始まってあっとゆーまに新学期。忙しいのはいいのだが体がついていってない?風邪かと思っていた咳。久々にイベントjobで同じ現場に入ったCぴょんが。「その咳、風邪じゃなくて胃酸が逆流して出る咳かもよ。疲れとか、ストレスとかで。」えー!!!なにそれ?そんなのあるの???以前Cぴょんも忙しいとき同じような症状になったとか。熱はないし、だるくもないし、咳だけがや [続きを読む]
  • 新学期が始まる。
  • 入学式が迫る。先週までスリランカでゆったりした時間を過ごしていたが今晩くらいから新学期へ向けてモードチェンジ。止まったら死ぬ回遊魚タイプの気質もあるがスケジュールの空白はとにかく埋めてかないと落ち着かない。日本語教師であれその他の業種であれフリーランスで仕事をしていく上でスケジュールの空白はとにかく不安につながる。まあ、その分自由を謳歌できるが今は海外にいても普通に連絡取れちゃう時代なのであんま [続きを読む]
  • 帰国。
  • しました。なんやかんやでホームステイ短期留学みたいになりました今回のスリランカ。スリランカのファミリー。お母さん毎日おいしいスリランカ料理をありがとう!お父さんいろいろな心配りをありがとうございました!お兄さん神対応!日本に留学中の弟くんのことは私が責任をもってしっかりお世話をさせていただきますので!安心してくださいwww笑そして滞在中に出会ったすべてのスリランカのみなさん本当にお世話になりました。 [続きを読む]
  • まだスリランカ
  • 私が外国にいくのは単なるリフレッシュとかそういうのではない。 リフレッシュなら国内で十分だ。いやむしろ勝手がわかり自由自在にできる国内のほうがリフレッシュに向いている。 ツアー旅行をあえてしないのも同じ理由。 現地の生活に近いものを見て体感したい。時間に縛られず立ち止まりたいところに立ち止まって心ゆくまま見たいものを見てその空気の中に身を置きたい。ただそれだけの理由だ。 今回はこの1年の間に縁が深ま [続きを読む]
  • スリランカの聖地巡礼
  • その日の朝はスリランカのみんなが食文化の授業で発表してくれたミルクライスで始まった。ココナッツで炊いたご飯。スリランカの代表的な朝食。これにスリランカのご飯の友的なものを混ぜ込んで食べる。スリランカ式の「手で食べる」をやってみたが、玉砕。みんな、ちゃっちゃと上手に食べやすい大きさにまとめて食べているがそれがそんなに難しいこととは!!!お箸の国の人々にとってなんてことないことがそうでない国の人々に [続きを読む]
  • スリランカのホスピタリティ
  • 3月は怒涛の勢いで過ぎていきなんやかんやで今月末はスリランカにいる。そしてなんやかんやあってとあるご家庭に泊まらせていただくことになった。まだ空港について数時間しかたっていない間にもうすでにスリランカの皆さんの驚くべき暖かさとホスピタリティにどっぷりとはまっている。時系列で書きたい気持ちはあるがそのときの感動とか感覚とか今捕まえておかないと逃げていってしまいそうな事は時系列関係なしに記しておくこと [続きを読む]
  • スリランカのあいさつ
  • ロスからはようやく解放されつつありますが今年の卒業式で涙したことをもうひとつ。スリランカのあいさつ。謝恩会も終わり帰ろうとしていた矢先スリランカ勢が集まって「先生たち、ちょっと待って。5分。」と呼びとめられる。先生たちにどうしてもやりたいことがあるという。スリランカの先生や年長者を敬いお礼を伝えるあいさつだ。そのあいさつは自分より年長者に対して行うというのが原則だそうで例えば30歳の学生から25歳の先 [続きを読む]
  • ロス 2
  • Sがまだ決まってない!!!と夢にうなされてガバっと起きた朝。クラスでいちばんしっかり者だったSちゃん。1人だけ結果待ちで進路が決まらないまま迎えた卒業式から数日後。その後大学進学コースの専門学校へ進学が決まったことを聞き一安心…うちのクラスの美女たち??お顔が見せられないのが残念…中国、ベトナム、インドネシア、オランダ、スウェーデン、スリランカ…女の子たちって国関係なく思うことがいっしょというか言わ [続きを読む]
  • ロス
  • 卒業生たちの送り出しが終わり安堵感と解放感と喪失感に見舞われる時期。特にあの史上最高に世話を焼かせたクラス彼らに対しては1ミリ足りとも流す涙はないというかそんな余裕は微塵もない。無事式でのクラス発表が終わることだけを考えて臨んだ。が。ステージに上がった晴れ姿?※みんな掲載OKですのでこのまんま。涙腺崩壊。あとで録画を見ると歌のところは歌声よりも録画してる林田先生のすすり泣きのほうが入ってるし。 卒業 [続きを読む]