渚ケイ さん プロフィール

  •  
渚ケイさん: 渚ケイのいろいろガタリ
ハンドル名渚ケイ さん
ブログタイトル渚ケイのいろいろガタリ
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/k-89nagisa/
サイト紹介文日本語教育 ジョジョの奇妙な冒険 プロレス 音楽 サブカルチャー全般 歴史、旅行、日々の徒然。
自由文筆者は日本語教師&イベントコンパニオン&MCです。まじめに日本語教育やってます。イベント業もやってます。日本語教育が主なコンテンツですが、自身のジョブにまつわる話題から趣味の話まで、振り幅広すぎなのがタマニキズ…なブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 314日(平均2.4回/週) - 参加 2017/04/03 10:18

渚ケイ さんのブログ記事

  • 日本語で話すことについて
  • 会話が苦手…という学生が比較的多いクラス。大学進学クラスでもう卒業を目前としている。面接試験も大詰めの時期。この後に及び自身の会話力に自信を失っている学生もいる。外国語を習得する過程において性格的な問題というのはかなり厄介だ。はっきりいって会話力というのはイケイケガンガンのタイプのほうが圧倒的に身につくのが早い。まちがえることを恐れない恥ずかしいという気持ちに打ち勝てるまたは恥ずかしいという気持 [続きを読む]
  • ものまね
  • 日によってクラスの雰囲気というものは変わる。付き合いが長くなればなるほどそれは顕著に出てくる。だらーっとした日もあれば妙にやる気にみなぎる日もあり暗ーい日もあればやたら盛り上がる日もある。そんな日常の中のなんだかだらーっとした日。怒りどころもない注意のしようもない発破のかけようもないつかみどころのないだらーっと感。特にお勉強が苦手なクラスのこんな日は開き直っていつもとちがうことをするしかない。「 [続きを読む]
  • モンゴル相撲すごいね!
  • うちの男子校クラスはときどき体育の授業をやる。机に向かってずっと勉強できるタイプが少ないのでたまに体育とか入れないとダメなのだ。先学期は腕相撲をやった。意外なヤツが弱かったり強かったり。普段の授業では見られない学生の顔が見られる貴重な時間だ。留学生たちはというか外国人というのはその言語力だけで人物や能力まで測られがち。日本人同士でもありがちなのが英語ができるイコール優秀みたいな。語学力というのは [続きを読む]
  • 社会参画授業in台東区環境ふれあい館①
  • 台東区環境学習室ふれあい館での環境学習の授業。毎学期の社会参画授業にレギュラーに組み込んでいる企画。ふれあい館さんとのお付き合いは先代の井上里鶴先生からを含めると4年目?林田の代になってからは2年目である。さて今回の参加メンバーも全体的におとなしいながらも個性豊かな面々。皆熱心に活動に取り組んできてくれた。これまでは林田の独断と偏見でふれあい館さんの環境授業のメニューを決めてきたが今回は学生の多数 [続きを読む]
  • もうすぐ留学試験!
  • 今週末である。我がクラスはほとんどの学生が年に2回行われる秋の日本留学試験(以下留試)を受ける。大学受験クラスにとってはこの秋が正念場。出願、試験が怒涛のように襲ってくるこの季節。この時期の受験クラスの担任は心休まる暇はない。学生の顔つきもいよいよ変わってくるのがこの季節。すでに大学独自試験が行われているところもありそれで失敗して目が覚めてくるのだ。とにかくやれることはすべてやる。それしかない。学 [続きを読む]
  • 不思議な日
  • 今日はふらりと立ち寄った場所で教え子たちに会う1回目コーヒーブレイクに何気なく入って座った席1人なので大きなテーブル席に座る。はす向かいに突っ伏していた人がむくっと起き上がり何気に私もそちらをちらりと見るとむくっと起き上がった人は寝起きの顔で私を凝視その後おもむろにメガネをかけまた凝視私のほうもなんだか見覚えがある人だなぁと思いつつあまりに凝視してくるので私のほうから「どこかで会ったことありますよ [続きを読む]
  • 2017年秋学期社会参画クラス始動!
  • 今日から選択授業の社会参画クラスが始まった。今学期も噂を聞いて、やってきてくれた学生たちが集う。初級の頃、教えた新入生たちがこの社会参画クラスを受けられる中上級のクラスに進級している。「お久しぶりです。」と流暢になった日本語で嬉しそうな顔を見せてくれる。学生の成長を見るのはいちばんの喜びだ。先学期に教えたジョジョ学生→何を書かせてもDioのことしか書かないやつwww「先生のクラスならなんでもいいです」 [続きを読む]
  • 対面。
  • 新学期が開けての初の火曜日を迎える学校。担任クラスの初授業。N1半分くらい終わっている中級の最上位の大学進学クラス。学校全体の今年の進学実績を大きく左右するクラスだ。知った顔がほとんど。初級から中級前半にかけて教えた子たちも多数。今回は初めて教えるスウェーデンの学生やそして珍しくこのレベルから入ってくる新入生が1名。あの子たちがやっとここまで来たんだなぁ…と毎度のことながら感慨深い。上から下まで教え [続きを読む]
  • 自己記録更新
  • 合格者4名残りあと6名…もしかしたら増えるかもだけど。かつてはいろいろな呼び名のあったこの我がクラス。そんなこのクラスで現状4名の合格者を出している。なせばなるとはいうがそれにしても、強運というか「持ってる!」としかいいようのない何かを彼らは持っている。相変わらず手のかかる面々ではあるがなんとか卒業するまでに決着はつけたいところだ。今期は日本語教師のキャリア上の自己記録を更新する。なんの記録かは秘密 [続きを読む]
  • JO☆STARS 最高更新
  • JO☆STARS@渋谷 Duo music exchange最高。毎回最高だけどまた最高を更新した。まさかのアレがJO☆STARSで聞けるとは!!!アロホゲェッ。Codaさんのアレもあのver.と両方で聞けるとは!!!しかも露伴ちゃんのアレまで聞けるとは!!!→これは最初から期待してたけど。いやー、ほんとクオリティ上がってく分ハードルも上がってくね。今回で何回?7回ぐらい見てるけど毎回内容更新されてる。これはほんとにすごいことだと思う。自 [続きを読む]
  • おそ松さん 第2期放送開始??
  • ちゃんとする、がこんなにおかしいなんてやっぱりすごいわ、おそ松さん。伝説となった衝撃の第1期の1話のように円盤にならない場合もあることを予測して今回はちゃんと!放映録画!それ行け!デカパンマンのパターンもあるから今回はちゃんと!全部!録画するぞ!ところでちゃんとするって、なんだろう。なに?ちゃんとするって。ちゃんとする。反省してんの?それ。ちゃんとしてないうちの6つ子たち。ちゃんとするってなんだかす [続きを読む]
  • レジェンドの肩越しに
  • 観た。10月1日NOAH @横浜文体来てよかったー!来られてよかったー!丸藤正道選手のタイトルマッチが今回のメインと私のメインではあったが第1試合から贅沢な内容でフルコースおなかいっぱいにさせていただきました丸藤正道選手結果は…残念でしたが次期待しましょう次。ヨネちゃんとクワイエット・ストームさんヨネちゃんの今日のアフロはいつもにも増してでっかかったですwwwG H Cタッグ??おめでとうございます??手前の右が [続きを読む]
  • ソウルメイト☆井上先生
  • 日本語教育方法研究会(JLEM) 第49回筑波大学にて開催されました。 こちらの発表のことはまた別の回で記すとしてこの日の晩は井上里鶴先生宅に宿泊し念願の「朝までトーク about 日本語教育」が実現しました ちょうど1年前井上先生とAKB先生と3人でJLEMでの発表のための強化合宿を行いました。今回の発表直前にもAKB先生から激励をいただき単独発表は2回目でしたが心強かったです。ありがとうございました。 井上先生とはほ [続きを読む]
  • 来ることのないいつか
  • ある日突然日常から消え去るモノがある。あまりにも当たり前に日常の中にあってでもそれが消え去る日がいつか来ることは誰もが知っている。それはあまりにも突然にやってきた。いつか来ることはわかっていてもそれに備えることすら日常の中に埋もれさせている。遠い昔の思い出までもついこの前のことのようで日常という時の流れの中に毎日の言い訳を少しずつ混ぜながら来るはずもないいつかをぼんやりと夢みながら今日という現実 [続きを読む]
  • 女神が奏でるセッションハーモニー♪にいってみた
  • 今日のはここで公開する初ジャンルものです。以下スピリチュアル系、心霊系、精神世界系のものとかご興味ご関心のない方にはオススメいたしません。あらかじめご了承ください久しぶりに会った古い友人に誘われスピリチュアル系のイベント女神が奏でるセッションハーモニー♪なるものに行ってみた。実は自分自身が密かにそういう系の人なので説明されなくてもいろいろわかってるのと例えばそこにいらっしゃる先生方やヒーラー、占 [続きを読む]
  • 仕事と生き方
  • 夏休みもあっとゆーまにぶっとんでいき9月に入りもう1週間。先週は卒業生ラッシュというかQくんが来た同じ週に2年前に大学院に進学した学生がその後の進路について相談にきた。就職か進学か。芸術系の学生の進路は正直難しい。芸大進学と決めてきている学生の受験指導ならともかくその後の就職、仕事、人生、、、となるとそう簡単に道が見つかることはない。音楽や美術の教師として教職につくというのがいちばん堅い道でもあるし [続きを読む]
  • 2017年度合格いちばんノリィィィッッ!!!
  • 担当学生の合格通知ほど日本語教師というか、受験生を抱える教師にとって嬉しいものはないんじゃないかな?日々嬉しいこともあれば頭に来ることもある。大笑いすることもあれば涙が出そうになることもある。異文化最前線にある日本語学校は毎日がジェットコースター。今日も喜怒哀楽満載の一日。しょっぱなからおしゃべりがうるさく速攻席替え。みんなの日本語クライマックス一歩手前の難関先生は学生に勉強させます。の使役形。 [続きを読む]
  • 思い出の卒業生
  • まだ何千までは行かないがもう何百人もの学生を見送ってきた。だいたい教えた学生のことは忘れない。1人1人とのエピソードがあるからだ。エピソード記憶というやつだ。特に印象深い、手のかかった子のことは何年経っても思い出すことがある。今日はそんな学生の1人Qがやってきた。どう手がかかったかってまあ言うこと聞かないwww 今となっては笑い話でしかないがどれだけの先生方を怒らせたことか。校史に残る伝説の男である。初 [続きを読む]