真夏 さん プロフィール

  •  
真夏さん: 何もない部屋
ハンドル名真夏 さん
ブログタイトル何もない部屋
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nanimonaiheya
サイト紹介文言葉や感情が溢れそうな夜に、詩や日々考えていることを綴っています。
自由文ひとつでも誰かの心に響く詩を書きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2017/04/03 18:45

真夏 さんのブログ記事

  • 変わらない夢
  • 暗い部屋で膝を抱えてる街の景色もあの人の髪型も変わった明日も当たり前に朝が来て当たり前に過ぎていく毎日変わらないのは私だけ夜の闇が運んでくる懐かしい記憶だけが宝物あの頃少しだけ夢を見てた誰かを愛するという夢誰かに愛されるという夢 [続きを読む]
  • 愛は欲しいときほど側になくて鬱陶しいときほど近くにあった都合よくコントロールしようとすればするほど愛は本質を見抜き遠ざかっていく傷ついた心を癒してくれたのも幸福を感じて胸が踊ったのもすべて愛を感じたときだったいつも僕を救ってくれたのは愛だった [続きを読む]
  • 二人の世界
  • 紫陽花の季節愛し合った日々6月の雨が胸を打つみんな幸せそう雨に濡れながらつぶやいた懐かしい愛の歌を歌ってたあの頃は幸せだったのに二人の世界があったのに結ばれることはない二人の世界を隔てていたものそれは愛だった [続きを読む]
  • ラブアゲイン
  • 愛がすべてと言った愛すること愛を持つこと愛を感じた瞬間愛されたことを感じた瞬間愛を知った夜明け前霧の中簡単には見つからないものがあるたやすくは手に入らないものがある夜が明けて霧が晴れて太陽が昇ってもう一度愛を信じられる日が来るから [続きを読む]
  • 海の底
  • 甘い匂いに包まれたベッドの中踊らされ続けてた僕の身体全部わかったフリの演技知らないフリの前戯見たこともない淀んだ色のシーツの海で一匹の魚が悶えてる落胆し続けて震えたのはあの時繰り返し繰り返す精神の攻め合いに疲れ果てて眠りについた心どこまで甘受すれば報われるだろう沈んでいく海の底苦しくて息もできないのならもう愛なんて知らないままでいいと思ったんだにほんブログ村 [続きを読む]
  • あるままに
  • 雨の日曜日手のひらの上落ちる雫が指の隙間からこぼれる信じる心変わること変わらないもの言葉 感覚 決意世の中は曖昧ではっきりしないものばかり時の流れ川も雲もあるままに流れるどんなに月日を重ねても美しいものは美しくここにある美しいままここにあるにほんブログ村 [続きを読む]
  • 僕には僕のルーツ
  • ただいままたここへ戻ってきた子供の頃からこの場所が大好きで嫌いだった僕には僕のルーツ子供みたいに散々強がって甘えてもこの場所はいつもここにあった違うルーツの愛と愛を探しに旅に出てそして最後は元の場所に帰っていくにほんブログ村 [続きを読む]
  • 不幸話
  • 一番そばで幸せになってほしい君がどんなに不幸かなんて話聞きたくないよそれは大きな声のひとり言だよねにほんブログ村 [続きを読む]
  • 恋の次の行方
  • 運命に引き寄せられ恋の只中いくつもの甘い時間を共有して会えない切なさを乗り越えて恋はふたりに何を教えてくれるだろう運命から恋が生まれ恋は恋のあと何に変わっていつどんなとき恋はどこで消えてしまうのだろうにほんブログ村 [続きを読む]
  • 若葉の頃
  • 計り知れない孤独に負けて夜の闇に堕ちていくくだらないこだわりが身動きもできないほど僕を苦しめていた若葉の頃人を簡単に傷つけていた愛なんて簡単に手に入ると思っていた失うものなんて怖くなかった無知で浅はかで何も見えていなかった優しく生きているか愛するものに正直か大切にしているか好きなこと好きな場所愛する人に向き合えているか今の自分を愛せているかにほんブログ村 [続きを読む]
  • ゲームみたいな日常
  • 日常はゲームみたいに繰り返えされる負けたら涙に終わるだけだから次の手を考えて同じ手は二度と使わない本音でぶつかっても誰の言葉も軽率で真実からは遠いとすればいまの自分に勝ち目はないだから今度は手の内は明かさない [続きを読む]
  • この道は標識も矢印もない僕らが歩いて線を引いていく光が見えたらそれを頼りにひとまずトンネルを抜けよう歩けば線は続くにほんブログ村 [続きを読む]
  • カタチ
  • 嵐のように去っていく毎日こんなに愛していてももう二度と離れないと言っても信じてもらえないだろうもう祈ったり誓ったりしなくてもふたりということを感じられるように繋がっていられる形をくださいにほんブログ村 [続きを読む]
  • 肌寒い夕方降りしきる雨を車の中から眺めてた静かな雨の音庭に咲いてたクレマチスがびしょ濡れになって雨に打たれてた昨日までそよ風に揺れて笑ってた外へ出て傘をさして花のそばでじっとしてた傘はあったのだろうかあの人の手に本当に嫌なことは思い出せなくなるのねにほんブログ村 [続きを読む]
  • 遠い人
  • 君はいつの間にか遠い人になってしまった使い果たした時間が心を追い詰めて僕らを遠ざけてしまった余裕がないとね優しい言葉も出てこない僕はここで待ついろんなものを見て感じておいでその経験がひとつずつ心を育むからにほんブログ村 [続きを読む]
  • 君が好き
  • 受話器越しに君が言う素直じゃないって憎まれ口はただの甘えで素っ気ないのはただの嫉妬だよ大事なのはそこじゃない分かるよね僕は君が好きでただ笑ってほしいだけだよにほんブログ村 [続きを読む]
  • 若草の匂い
  • 久しぶりに見たあなたはまっすぐで曇りのない瞳だったあなたの胸に埋もれて思いが宇宙みたいに広がっていく草むらに寝転がって意味もなく流れる雲を見ていたあの頃のあの思いみたい懐かしい若草の匂いに似ているあなたが私を見つめてくれたら私も決して目を逸らさないにほんブログ村 [続きを読む]
  • オレンジの輝き
  • 家までの帰り道ため息がこぼれる日もあるあなたからのメール他愛もない言葉のかけらが夕焼けの空に散らばってオレンジの輝きを放つ街のあちこちに次々と灯がともる私の心にもにほんブログ村 [続きを読む]
  • 心の片隅に咲いた花
  • 道端に咲いた野の花が風に揺れていたあなたとの毎日が川のせせらぎみたいに穏やかに流れていくのを聞いている何も知らなくて何もできなくて迷っていたあの頃とはもう違う私もあなたもずっとずっと長い間信じられなかった愛を誰の真似でもなく私たちなりに理解して前に進もうとしている心の片隅に咲いた花は真っ赤な薔薇のような華やかさはないけれど道端に咲く野の花のように散ることのない強さや可愛さがある春が去っていく足音心 [続きを読む]