ティー さん プロフィール

  •  
ティーさん: 君に届くといいのに
ハンドル名ティー さん
ブログタイトル君に届くといいのに
ブログURLhttps://ameblo.jp/stupidtm/
サイト紹介文遠いところへいってしまった妻へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2017/04/03 21:43

ティー さんのブログ記事

  • 記憶
  • 大きな地震ひとりで会社の事務所にいたけど猛ダッシュで外へ飛び出した 揺れのおさまる頃あの時の記憶が甦ってきた阪神淡路大震災の時新婚時代、まだ子供もいない頃パジャマ姿の きみと家を飛び出した事... LINEで娘たちとお母さんの無事を確認きみは大丈夫?昨日いけたばかりのお花が心配きみは大丈夫?娘たちも心配やけどきみの事が気になるやん心配する事ないのになあでも、あの時の怖さがいまだに残ってるしきみがいない [続きを読む]
  • 依存症
  • 20年かけて きみ依存症になってた全然気付かんかったけどどんだけ きみに頼ってたかきみのおかげで普通に過ごせててきみが隣にいてくれたから小さな事でも笑っていられた 20年かけて なった依存症を2年や3年で治せるわけがないやんなあ時間が掛かってもしょうがないんちゃう... って、自分を甘やかしてます [続きを読む]
  • 格好つけて
  • エンヤの曲を聴くといつも映画スウィートノーベンバーを思い出す まだ、きみがいた頃僕ひとりで見てたきみがいなくなる事なんか絶対にあり得へんって思ってた あの時エエかっこして、恥ずかしがらんときみが気味悪く思うくらい尽くしてあげれば良かったエエかっこしたってろくなこと無いエエかっこしたって後悔するだけやった... にほんブログ村 [続きを読む]
  • そのうちに
  • 幸せになろうってなかなか考えられへんし何かを楽しもうってなかなか考えられへんし今のところきみの写真に話し掛けるのは朝晩のあいさつ以外、しょーもない愚痴か失敗してあやまる事が多い 寂しい、哀しいは許してもらえたとしてもきみも愚痴は聞きたくないやんなあ でも、そのうちに、今日はこんな事をやって楽しかったとか今日はこんなおもろい事があってんでとかそんな風に笑いながらきみの写真に話し掛ける事が増えるとエエ [続きを読む]
  • 昨日の月命日に娘がお供えしてくれてた     僕がお供えした時よりも喜んでるやろ写真の顔が心なしかいつもより笑ってるみたいやでまあ、しゃあないけど...ヤキモチ妬くわ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 古いドラマ
  • 数日前テレビで、きみが好きやったTVドラマ「愛していると言ってくれ」が紹介されてた映ったのは、ほんの一瞬やったけどあの頃の事を思い出したわ古い映像で、ずい分と昔のドラマみたいやけど良く覚えてるわ、まだ新婚の頃やったなあ 「懐かしいなあ」「このドラマ、良かったよな」......... ひとり言その時、心の中でつぶやいてた それから数日経って今日は月命日仕事前、無意識につぶやいてたなあ..「愛していると言 [続きを読む]
  • 一人歩き
  • 5日に高槻JAZZストリートに行ってきた音楽は好きやけど別にJAZZが好きなわけじゃないきみは音楽は好きやったけど別にJAZZが好きやったわけじゃないけど、無料やし、暇やし、やること無いから     ひとりでお酒を飲みながらきみの事を考えてた きみがいなくなってからたくさんの時間が過ぎたんやと思ったのは楽しそうなカップル幸せそうな家族連れがいても自然と見て見ぬふりが出来たからでもなあ...楽しそうに歩く年配の [続きを読む]
  • 感謝しなくちゃ
  • いつの頃からかなあ、当たり前になったんわ きみは空気のような存在できみは毎日の食事のような存在で空気があるおかげで生きていけて食事が出来るおかげで元気が出て楽しく過ごしていられたのに当たり前にあるもんやから感謝することも忘れてしもて幸せな事も忘れてたんちゃうかな きみがいなくなったからというてホンマに空気がなくなった訳でもないし別に食べることも出来てんのに 時々、息苦しくなったりどうしても元気が出な [続きを読む]
  • 日頃の行い
  • 別に日頃の行いが悪いからってきみに怒られる訳じゃないし だらしない事をしてもきみに愚痴を言われる訳じゃないし もしも、きみを裏切ったとして化けて出て来るとは思わんけどそんな事は出来ひんねんなあ やっぱり、まだ、きみには嫌われたくないねんなあ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 行ってきました
  • 妻が元気だった頃十数年前に家族で行った宿に行ってきました。娘たちとお義母さんと、人数はあの時と同じ4人で でも、僕の向かいに座ってるのがきみじゃなくお義母さんに変わっちゃったお義母さんも向かいに座ってんのが僕じゃあ寂しいやろうなあ... 僕はお酒を飲んで爆睡してたけど娘たちとお義母さんは明け方にもう一度、温泉につかりに行ったんやて そんなに大きな浴場ではないけど海が見える大きなガラス張りになってて綺 [続きを読む]
  • 撮ってみたけど...
  • ベランダの隅で外を向いて咲いているのをいまだに愛用しているガラケーで必死で手を伸ばして撮ったんで上手く撮れへんかったけど クレマチス         花ってエライもんやねえ無精もんの僕の世話でもこんなにきれいに花を咲かせてくれる 見えてるか〜っ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 水をやる
  • 2階のベランダの片隅にクレマチスが植わってる今年もきれいな花を咲かせてくれた きみの好きだった花花は育てるのが僕の係できみは花を見て喜んでくれる係やったけど2階のベランダのクレマチスとブーゲンビレアはきみが洗濯物を干す時に水をやって大切に育てていた 僕が、「また、クレマチスが綺麗に咲いたなあ」 って言うときみが、得意げな顔で嬉しそうに、「そうやろ」 って言う... 毎年、この季節になると決まってする会 [続きを読む]
  • 損した
  • 僕は映画が好きやし今年で50才になるやん先日、会社での世間話で50才からシニア料金があるって聞いて早速、ネットで調べてみた 映画料金が1100円に  条件夫婦のどちらかの年齢が50才以上であればふたりで2200円......ホンマかいな...それは無いよなあ... 別に きみを責める気はないんやでそやけど...なんか...損した気分... [続きを読む]
  • 日々
  • 普通に毎日を過ごしてる昨日も別に何事も無く 何にも考えず今日も別に何の予定も無く 何にも考えず明日も別に何の予定も無く 何にも考えずブログに書くことも 何にも考えずブログの書き方も忘れてしもうた そういえば先週の日曜日にお墓参りに行ったお母さんが自分のお墓を買うためにお父さんも きみもいてる、お墓はちゃんとあるんやけど「別荘」にって桜の樹の下にある小さなお墓を園芸が趣味のお母さんはお父さんの眠るお墓に [続きを読む]
  • 元はと言うと
  • ちなみに昨日の記事の元はと言えば... この季節になるとよく聞く 瞳を閉じればあなたが まぶたの裏にいる事でどれほど強くなれたでしょう あなたにとって私もそうでありたい きみにそんな風に思ってもらえればってきみを支え続けていかなアカンって考えてたって、結局、僕の力じゃあ きみを助ける事を出来なくて 瞳を閉じれば きみがまぶたの裏にいるきっと、それに支えられて... 悔しいなあ情けないなあ悔しいなあ.. [続きを読む]
  • 方言で
  • この季節になるとよく聞く 瞳を閉じればあなたが まぶたの裏にいる事で どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私もそうでありたい... この曲を聞くといつも思う頭の中にもたくさんの きみの顔が残っていて心の中にもたくさんの きみの声が残っていてきっと、それに支えられて... って書きながら、ふと、これをいつもの言葉で書いてみるとどうなるか 瞳を閉じたら きみがまぶたの裏におるからどんだけ僕は強くなれ [続きを読む]
  • 春眠暁を覚えず
  • 寝坊した きみと結婚してから初めて会社の始業時間には間に合ったけど初めて他の社員より遅く出社昨晩、そんなに飲み過ぎたんかなあ なんで起こしてくれへんねん...は〜あ、情けないお父さんやわ今日も思う... 心を入れ替えよ心を入れ替えよ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 共通のもの
  • 無事に長女の卒業式も終わったわ平日で仕事も休まれへんし僕は次女の撮った写真を見せてもらっただけやけどね 娘たちは決して仲が良いようには思わへんしょっちゅうケンカして、いがみあってるけど、共通の趣味がある同じアイドルグループが好き 卒業式が22日に終わったと思ったら一昨日からは夜行バスでコンサートへまあ、一緒に暮らしているんだしケンカする事もあるけど喜びを分かち合うってエエよね... きみがいたら長女の [続きを読む]
  • 季節のかわりめ
  • 寒いのも苦手やし早く春になればエエのにと思うけど 春、桜のつぼみもふくらんできてもうすぐお花見の季節やなあと思うときみの実家の近くでの毎年恒例のお花見を思い出す 夏、暑くなってくるときみのいなくなる前の年に行った沖縄でのきみとの最初で最後のダイビングを思い出す 秋、枯葉が散るのを見ていると落ちた銀杏の葉で黄色くなった公園でうれしそうにはしゃぐ娘たちをきみと一緒に眺めていた事を思い出す 冬、寒くなって [続きを読む]
  • 子は育つ
  • 明日はいよいよ長女の卒業式僕はいつもの事ながら仕事を休めないので平日にやる式には不参加きみがいた頃はきみがしっかり予定を組んで娘たちの晴れ姿を見てあげてたのにね きみがいなくなってから次女の高校の卒業式の時には長女のママ友さんが、自分の子もいないのにきみの代わりにって卒業式に出てくれて長女と一緒に祝ってくれて僕は何にもしてやれず... 明日の卒業式も娘たちが二人で予定を決めてやってくれてるわ僕はや [続きを読む]
  • 出会えた事がすべて
  • いまだにさああん時、こうすれば良かったとかあん時、何で言わへんかったんやろうとか後悔することがある何でこうしてあげへんかったんやろう何でこう言うてあげへんかったんやろうって、後悔することがある でもなあ...きみと出逢ったこともきみを好きになったこともきみと一緒に過ごしたことも後悔したことなんか一度も無いいまだにさあきみがいてくれてホンマに良かったとしか思わへん だから、寂しくて哀しくなるねんけど [続きを読む]
  • 興味がある
  • 興味はあんねんけど... 読書には興味があんねんけど基本的に根気が無いねんやろうなあ好奇心で買うには買ったけど途中まで読んでほったらかしの本が何冊も本棚の中に残ったまんま いろいろあった人へも、読みたい気もするんやけどずいぶん若い頃に夏目雅子さんをうしなってそれから、どう過ごしてこられたんやろうか興味はあんねんけど何せ、読書が苦手やからお金の無駄になるかなあ大切な人をうしなってからどう過ごせばええ [続きを読む]
  • 2018.3.6. の夢
  • ほんのわずかな夢僕はどっかの駅で電車を待ってんねんたくさんの人が待ってて行列が出来てるどの列に並ぼうかと探して ひとつの列に並ぶ 電車が到着して乗り込む案外、空いてて僕はいつものように閉まってるドアの前に立つすると、後ろに並んでいた人が僕の隣に寄ってきた 気配からすると女の人や僕は自分の浮気願望のせいやと思い自分がイヤになった夢やとわかってたんかなあそんな夢を見てる自分がイヤになった その人が手をつ [続きを読む]
  • 追悼
  • 昨日の3月11日は東日本大震災の追悼式がたくさんの場所で行われていたたくさんの命が奪われた日たくさんの人が失った大切な人の事を想ってたんやろうね その時僕はねお花を買って供えててん きみに被災者の人たちは大変やろうなあって思ってはいたけど僕はねえきみにお花を供えててんきみの月命日やからたくさんの人の命が奪われて哀しい事やけど僕はねえきみの事を想ってたかなあ冷たい人間やなあ... 一昨日の土曜日一日 [続きを読む]