ティー さん プロフィール

  •  
ティーさん: 君に届くといいのに
ハンドル名ティー さん
ブログタイトル君に届くといいのに
ブログURLhttps://ameblo.jp/stupidtm/
サイト紹介文遠いところへいってしまった妻へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 326日(平均6.1回/週) - 参加 2017/04/03 21:43

ティー さんのブログ記事

  • だれよりも
  • 人生は何が起こるかわからん 昨日まで元気だった人が今日、命をなくすこともあるほんで、大切な人をうしなってこれから辛い日を過ごすひとが増える その哀しみは、きっと、いろんなかたちがあってあの人より僕の方が哀しいんじゃなくて僕よりもあの人の方が哀しいんじゃなくて 遺された人の生き方も、きっと、いろんなかたちがあって早くに楽しみを見つけられる人もいたり長い時間、心から笑えない人もいたり人それぞれ性格が違う [続きを読む]
  • 変わるらしい
  • 先日 数人の友達と飲んでた時ひとりが、手相を見せてって僕が右手の平を差し出すとじっと見て あー..... って、それだけかい!って 大丈夫、手相は変わるから ......... よっぽど悪かったんやねまあ、どうでもエエけどでも、手相って変わるんや...まあ、どうでもエエけど きみへお前のお陰で いい人生だったと俺が言うから 必ず言うから... 僕が初めて買ったレコード [続きを読む]
  • 見せられない
  • 雨が降ってるっていうのに車がパンクしてた 腹が立つ、面倒くさい、寒い、冷たい、うっとうしい、しょうもない、イライラする、やる気が出ない、眠たい、情けない、寂しい、哀しい、恋しい...愚痴を聞いてくれる きみもおらへんしなんでやねん...なああ〜、しんどいアカン、こんな自分、きみに見せられへんわ [続きを読む]
  • 今朝の夢
  • どこかの家でパーティーをしてる何のパーティーか知らんけど誰の家か知らんけど何か知らん人もいっぱいいてて大騒ぎして、朝になって、みんなが寝静まってでも、僕は仕事があるから、もう出掛けないとアカン僕の前には きみと君の友達がいててどんな料理を作ろうかって相談してる僕は仕事やから食べられへんわって出掛けて行く... 17年ほど前かな、その友達の家の新築祝いでサッカーのメンバーと家族と大勢でパーティーをし [続きを読む]
  • 意表を突かれる
  • SDに録音して車で聴いている曲オールディーズのベストセレクション確か きみが持ってたCDやったよなあ娘がスマホに入れたいって言うんで部屋を探したらCDが出てきたけどケースに何をはさんでんねん... 意表を突かれた... ずいぶんと昔の写真付き合いだした頃のやね... でも、予想外に現れるのはアカンわ想定外はまだキツイねん涙が出てくるやん にほんブログ村 [続きを読む]
  • 無気力
  • 暇つぶしにいろいろと調べてきみと楽しみたかった旅館の予約をとった3ヶ月先の事やけどお一人様不可の宿やから娘かお母さんと行くつもり そうするとさあ何にも考える事が無くなって何にもやる気が無くなって何にもしない日が続いてあまりに時間を持て余すもんやからネットで きみの名前を検索してみた僕の名字も きみの旧姓も少ない方なのでほとんど出てこない 今までに何度も同じことをやったけど今までも出てこなかったからそ [続きを読む]
  • 雪が降ってきた
  • 大阪にも雪が降ってきた 粉〜雪〜 って歌が流行ってた頃となりには、まだ、きみはいてたよなあ きみがいなくなってから何にもない日が続くもんやからそんな事でもつい昨日の事のようで 長くて寂しくて、早く時間が過ぎればいいのにって、思ってばっかりなのにきみとの想い出はまるで、昨日の事のように頭から離れへんわ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2018年1月23日
  • 2018年1月23日 おはよう。きみへ久しぶりに手紙でも書こうかな。と、言うても、別に何にも無いねんけどな。あまりに何にも無いから、無理矢理に用事を作ってみたりして久しぶりに絵を描いてみたり、久しぶりに楽器を弾いてみたり、いろいろとやってみた所で1、2時間程、時間がつぶれるだけで何にも代わり映えのしない毎日やわ じっと家にいるのが嫌いだった きみがいてきみの好きな買い物や旅行に振り回されてたのが懐かしい酔い [続きを読む]
  • わかっちゃいるけど
  • 生きてる事の有難さを、一番よく知っていた きみが生きられなくなってしまって生きてる事の有難さを、一番よく知っていた きみを隣りでずっと見ていた僕が生きてる事の有難さを、一番感じなきゃアカンはずの僕が生きてる事の有難さを、感じられないでいるんやから 鈍感な男やし、普通に二人でいれば幸せやったからきみがいなくなるまでは、それが有難い事と思わなくてきみがいなくなって、やっと気付いた所でもう、その幸せは戻 [続きを読む]
  • 想定外 ②
  • 日曜日にお墓参りに行った時想定外な事がもう一つあってん いつものように車を走らせ霊園に着くといつもよりたくさんの車ガードマンまで立っていて、落ち着かへんなあと思いながら車を停めてお墓に向かった その日は新しい区画の見学会と月に一度の合同慰霊祭人が多いはずやなあどちらかというと若い人が多い、3〜40代かなあ小さい子供連れの夫婦がスタッフと歩いてる何でか、僕はそれを避けるように違う道をお花とコーヒーを持っ [続きを読む]
  • 想定外
  • 日曜日にお墓参りに行った時想定外な事があってん いつものように車を走らせいつものようにいつもの店でお花を買おうと思ってたのにいつもの花屋さんが閉まってた昨年末に閉店してた。さあ、困った。もう、霊園までは有料道路に乗って、降りてすぐで店なんか何も無い霊園の売店で買うか。でも、きみは菊の花が好きじゃなかったからなあ哀しくなるからって普通の墓花は好きじゃなかったもんなあ今日のところはお参りだけで許しても [続きを読む]
  • 追記
  • お墓での事少し反省してます。きみにとったら迷惑やったかもなあ静かに眠ってるのに寒い日にいきなり起こされたら腹立つわなあ お父さん、おばあちゃんもごめんなさい。 [続きを読む]
  • きみに逢う
  • 先日の月命日に何もしてあげられなかったのでお詫びに日曜日にお墓参りに行った お墓に入れる時は骨を土に返すためそのまま土に置くと聞いた事があるだけど、僕の父と祖母の所で一人じゃ寂しいやろうからって僕が入る時に一緒に土に返そうという事になり骨壺のまま僕の手で墓石の中へ入れた ひとりでお墓を見つめているとなんだか、きみを見たくなった。無性に、きみと逢いたくなったきみのいる所は良く知ってる、だって僕が置いた [続きを読む]
  • 大丈夫
  • 大丈夫や... 今まで何度か「大丈夫や」って書き始めてでも、それ以上何も書けないでいる自分で言い出しておいて何が大丈夫なんやろうって 今は、寂しいし、哀しいし、辛いけどきみの分の仕事もこなしてるし...今は、寂しいし、哀しいし、辛いけど人前では普通に笑ってられるし...今は、寂しいし、哀しいし、辛いけど日曜日には何をしようかなんて考えるし...これは、大丈夫ってことなんかな きみが娘たちと三人で嬉し [続きを読む]
  • 昔も今も
  • 一緒に笑ってくれた人がいる、泣いてくれた人がいる僕を叱ってくれた人がいる、慰めてくれた人がいるいつもそばにいて支えてくれた人それが、きみやった。いろんな役目をしてくれてたんやねえ 一緒に笑ってほしい人、泣いてほしい人僕を叱ってほしい人、慰めてほしい人いつもそばにいて支えてほしい人結局、それは、今も きみやったいつまでも、きみに求めてしまうんや ひとり立ちせなアカンのかなあ...別にいつ迄って決まって [続きを読む]
  • 寝つき
  • 夜、眠る前に日記を書いたり考え事をすると脳が活性化されて寝つきが悪くなるって聞いたから寝る前には何も考えないようしようと思うんやけど静かな暗い部屋でじーっと布団にくるまって目を閉じていると嫌でも浮かんでくるあの時のきみが笑ってるきみの顔...あの時は喜んでくれたよなあ怒ってるきみの顔...何であんな事をしたんやろう申し訳ない事をしたなあ ほんで、つい携帯電話を開いて残っている写真を見てしまう何度デ [続きを読む]
  • ふたり分
  • 休日、どう過ごすか 朝、起きます。朝食を食べます洗濯物を取り入れて年末にやり残した窓の掃除窓を拭いて網戸の掃除をしますカーテンの洗濯をします掃除機をかけて、夕食の下ごしらえだけでもとやってるうちに、もう夕方... 買い物に行く気も無くなって他にもやりたい事があったのに、また今度にしようビールを飲み始め、後は夕食を食べて寝る時間が来るのを待つだけ ひとりでやるのって、結構、大変やねえきみと分け合ってた [続きを読む]
  • もう一度
  • きみとの思い出を想う時どうしても引っ掛かるイヤな思い出がある 毎年行ってた城崎や香住への旅行車で2時間ほどで手軽やし新鮮な魚介料理を味わえて温泉もある楽しい思い出ばかりやのにあの時だけはいまだに悔やまれる 小綺麗でエレベーターまでついた10室ほどの小さな宿料理は食べきれないほどの量大食漢の僕は、いつもやったら皆の分までたいらげるのにその日に限って猛烈な歯痛でほとんど手を付けず部屋の隅で横になっている [続きを読む]
  • 責任転嫁してみても
  • きみのせいやわこんなにも、哀しくてこんなにも、辛くてこんなにも、寂しくてそんな時間がこれからも続くなんてなあ それでも、やっぱり、きみの事が大好きで今でも忘れられなくてきみの事をさがしてしまうたくさんの きみの想い出に囲まれてんのに何で、きみがいないんやろう きみのせいにしても何にも意味ないやっぱり、きみがいてくれてありがとう僕が幸せだったのはやっぱり、きみのおかげやねんから にほんブログ村 [続きを読む]
  • まだまだ
  • 年末年始、飲んで寝て、飲んで寝てきみと僕の実家へ新年の挨拶も済まして昨夜から娘たちはお義母さんの家にお泊り僕はひとりで、映画を見て、飲んで、寝て。 今朝、目が覚めてもやっぱり、きみはいてへんかった。きみの夢も見られへんかった。やっぱり、今年も きみはいてへんねんなあ。この物足りなさには、まだ慣れへんなあ。泣きわめく事は無くなったから昨年よりはマシか... でも、この寂しさは、どうにもならへんわ。 娘が [続きを読む]
  • 違う意味で
  • 夢がこんなに大切なもんになったのはいつからやろうかでも、これまでの将来を思い描く意味の夢じゃなく 今まで何十年も生きてきて正直、マジメに夢を考えた事は無かった将来、プロ野球の選手になりたいとか将来、どんな仕事がしたいとか金持ちになって、いい女性と結婚したいとか真面目に勉強もしてこなかったから大した夢も描いてけえへんかったのにこの頃は夢が大切なもんになってきて... でも、これまでの将来を思い描く意味 [続きを読む]
  • たまには休養日
  • 昨日は仕事も休みになり1日くらい休もうと思いこれといって何もしなかった予定も考えず思いつくままにと 朝、起きて新聞に目を通し年内最後のゴミ出しをして簡単に作った年賀状を出してさあ、明日(と、言う事は今日)から大掃除しよう... きみがいなくなったからといって年末にすることは何にも変わってないだけどなあ、きみのやっていた事をせなアカンねんきみのやってた様子を思い出しながらきみのやってた事をせなアカンね [続きを読む]
  • 遅い、遅い
  • 昨夜、年賀状を買ってきたそう、今頃。ほんと、年賀状は楽しみではなくなったからどうでもええかなあと思ってたら、こんな日になってしまった きみがいた頃は僕が作る係きみと娘たちが文句を言う係大体、クリスマスツリーやイルミネーションの前で撮った娘たちの写真を入れたりしてたからその頃でも出すのは遅かったなあ 今の若い子は年賀状なんて書かないから娘たちも何も言わへんでも、毎年送ってきてくれる友達もいるし親戚の人 [続きを読む]
  • ニオイ
  • お義母さんの家に行ってきたお義母さんの家にはお義母さんの家の匂いがある芳香剤の匂いじゃない、臭いとかいう訳でもないきみの実家の匂い 僕が初めて きみの家に行った時に感じた匂いもう数十年も前の事なのに憶えている匂いと僕の気持ち緊張して居心地の悪かった事家にいる事でリラックスした きみの顔 今の自分の家の匂いってどんなんやろうか?芳香剤は嫌いなので使わない犬を飼い出したので 念のために使ったのは無香消臭剤 [続きを読む]
  • 決まってるけど
  • 当然の事やけど、いつかは きみの所へ行くその時は、きっと、きみが迎えに来てくれるそう願ってるその時は、きっと、きみが連れて行ってくれるそう信じてる だから、それは不安じゃないもしかして きみに嫌われるような事をしてきみに愛想をつかされたらアカンけどそうじゃなければ迎えに来てくれるやろだから、その時が来る事に不安はない だけどねえ、それまでが不安やねんきみが迎えに来てくれるまで、僕はどうやって過ごしてい [続きを読む]