ティー さん プロフィール

  •  
ティーさん: 君に届くといいのに
ハンドル名ティー さん
ブログタイトル君に届くといいのに
ブログURLhttps://ameblo.jp/stupidtm/
サイト紹介文遠いところへいってしまった妻へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 198日(平均7.0回/週) - 参加 2017/04/03 21:43

ティー さんのブログ記事

  • 鈍感なんだから
  • お花をたくさん飾ってみても好きだったお菓子を供えてみてもなかなか きみを感じる事がない あんまり夢を見る事もないし多分、見ても覚えてない事が多いから夢で きみに逢うことも出来ひんし僕はきっと鈍感な方やからそばにいてくれてるんかも知らんけど普段 きみを感じる事もあれへんし それやのに毎日 きみの事が浮かんでくる一昨日の晩御飯は忘れるのにいつまで経っても きみの事は忘れられへんじゃあ、忘れたいんかって [続きを読む]
  • 「ありがとう」じゃなくて
  • きみと結婚をして23年かあ3年間は きみがいないんやけどそれでも、23年間ありがとう。 ひとつ残念な事があるきみが最後に遺してくれた手紙辛くてあんまり読めないんで、今まで読めたのは3回かなあ きみは「最後まで愛情をそそいでくれてありがとう」って ありがとうって言葉なんていらんのに僕が勝手に愛してたんやから僕の事を 「愛してる」 ってひと言書いてくれたら良かったのに 恥ずかしがらんと、今度逢う時は言う [続きを読む]
  • 休みにしようと思います
  • 今日は久しぶりにゆっくりと寝てしまってブログは休みにしようかと思います。 だけどね、きみの事を想うのには休みなんて無いもんなあ次から次から浮かんでくるし、あの頃の事が今は きみに贈るものをどんなもんにしようかなかなか決まらんで悩んでます明日は きみと僕の大切な記念日やもんね一生、愛し続けるって約束した日やもん [続きを読む]
  • またやって来る
  • 結婚式にもらったキャンドル横に数字が書いてある 1、2、3、4、5、10、15、20、25 ......毎年、結婚記念日に少しづつ火を灯して数字が消えていくひとりでその火を眺めるなんて考えたことも無かったのに 20の時 きみの入っている小さな箱と一緒に眺めてたきみがいなくなって、たったの5日何が起こったのか理解できんとただ、哀しくて涙が止まらんかったキャンドルが無くなるまで、最後に火が消えるまでき [続きを読む]
  • きみの好きなタイプ
  • 最近、坂口健太郎が人気があってよく見ることがあるすると、いつも頭に浮かんでくるのは坂口憲二名前が似てるだけ。きみが好きだった俳優さんやね。男前やけど、どちらかと言えば濃い顔やんな僕は正真正銘の一重瞼の薄い顔何で、僕やったんやろう? でも きみの好みの顔はわからんかったなあ。中学生の頃は近藤真彦、高校時代は桑田真澄プリティウーマンの時のリチャードギア、若い頃のブラッドピット好みのタイプがわからん、薄 [続きを読む]
  • しあわせ者だった
  • 僕はエリートでもないし、特別な才能もない人に自慢できるような物は持ち合わせていないけどきみにけなされる様な事を言われた記憶は無い注意される事はあった、こうした方が良いと正される事も多々あった褒められる事は少なかったけど、まあ、それはしょうがない。だけど、僕が傷付くような事は一度も言われたことが無い 周りで妻にこんな事を言われたとか、こんな風に扱われたとか聞くとつくづく、僕はしあわせ者やったんやなあ [続きを読む]
  • 短い方がいい
  • とうとう 3年になってしもたね何で 「とうとう」 なんやろう きみがいなくなった頃は今日の事なんて考えることも出来ひんかった四十九日、一周忌、三回忌、それを終えてから1年長かった。 何で 「とうとう」 なんやろうやっぱり きみと一緒にいられた時から離れていくからきみとの想い出が日に日に離れていくようだからか 決して望んでないのに、嫌でも時間は過ぎていって決して望んでないのに、きみとの記憶が薄れていく [続きを読む]
  • 試しにドライブ
  • 少しは強くなってきたかなと思い、ひとりでドライブしてみた高速道路が定額乗り放題キャンペーンというので淡路島にでも行って美味しいもんでも食べようかと 走り出したはいいけど高速に乗ってみると渋滞の連続一人の車内 助手席には きみがいない次第に馬鹿らしくなってきてすぐに高速を降りて急遽、神戸元町の中華街に目的地変更 もの凄い人、観光客、家族連れ、恋人たち...さすが連休、5分程歩いてギブアップやうつむき [続きを読む]
  • これだけ経てば
  • 以前に比べて少し強くなったと思う声を上げて泣くことも少なくなったし日によっては きみの写真を見返す事も出来る先日は娘がいきなり きみとの旅行のビデオを見だしたけど涙を流す事なく見ていられた。相当、我慢はしたけどね。それで、いいと思うようになった。 たまには哀しくて涙を流すこともあるけどいつも きみを想っているのは変わらないけど喜怒哀楽の喜と楽が感じられなくなっちゃったけど感情の波の周期が長くなって [続きを読む]
  • 上がったり下がったり
  • 今朝は少し二日酔い そんなに飲んでないつもりなんやけどまだ昨夜のお酒が残ってる感じでだるいし眠たいこんな時はどうしても気持ちが下がってしまう いつものように日めくりの格言をめくろうとすると昨日の格言は  一日生きることは 一歩進むことでありたい わかっちゃいるけど気持ちがついてこない三歩進んで 三歩下がる昨日は大丈夫やって思えたのに今日はまだまだアカンなあと思う明日は進む日か下がる日か 一枚めくって [続きを読む]
  • 片方に寄って
  • きみがいなくなってからベットで寝てるそれまでは和室に布団を並べて二人で寝てたけど腰の痛みがひどくなってきて きみだけベットを買ったきみがいなくなってからは僕が使ってるきみの枕は置いたままで、今でも枕を二つ並べて眠ってる そうすると必然的に片方に寄って眠ることになるわなあきみはいないのにベットは半分しか使ってない 目をつぶって隣に手をやってみるけどやっぱりそこには きみはいないんで誰もいないベットを [続きを読む]
  • ご褒美か
  • 明け方に夢を見た あまり夢を見ないし見たとしても思い出せない事が多いのに今日はハッキリと覚えてる ベットで眠ってる僕の横で きみが椅子に座ってパソコンを見てる座ってるのが辛いようで僕はクッションを勧めたけどきみはそれを断ってベランダに出てタバコをふかすきみはタバコは吸ってなかったのにねそれから僕は会社へ出勤するみたいでその前にベランダにいる きみを呼んでいってきますのキスをした 可愛く口をとがらせ [続きを読む]
  • 無茶な理屈
  • ブログを書き続けてる人たちってスゴイと思う基本的に僕は三日坊主で、日記なんてつけた事もないきみがいたら、今までと同じように毎日何かしらの話を きみとしてたやろうしきみとの思い出を書こうと思えばいくらでも出てくるしそれを書いてるだけやし...そんなんじゃなく、日々の生活の中で起こった出来事とか、思った事趣味や好きな事について書いていけるなんて、ホンマ、スゴイと思う。 僕は今でも きみに頼ってるわけや [続きを読む]
  • いまだに・ふと・無意識に
  • きみが最後に入院したのは たったの6日間月曜の朝にきみの弟に送ってもらって金曜の深夜、日付が変わった頃に家族に見守られながら... 入院は実質5日間やねさすがに最後の夜の事は思い出されへん思い出したらまだ辛くて苦しくなるから、それ以上は思い出せへんようにしてる でも、確か水曜日やったかな月食があったんわ仕事を終えて病院へ向かう車の中から見てたのを憶えてる。その時の気持ちも。何を考えてたと思う?きみ [続きを読む]
  • 思い出の花
  • 僕の好きな花の一つのコスモスを見に行ってきた きみと結婚する前お金も無いのでデートと言えばどうやってお金を使わずに楽しめるか、それが問題やった頃僕が絵を描くのが好きだったのでふたりでスケッチに行く事もあった好きだっただけで、たいして上手くもないんやけどふたり並んで同じ景色を見てそれだけで十分楽しかったなあホンマにそれだけで幸せやったなあ そん時に近くの河原で描いたのが コスモスの花ただそれだけで  [続きを読む]
  • きみらしい
  • きみは昔から最後の晩餐はフカヒレを食べたいって言うてたのに... 最後の入院の前日お義母さんの家の近くの中華料理店で義弟家族と一緒に食事会正直、みんなこれが最後になるかもという気持ちで集まってくれていたと思ういつものようにそれぞれ好きなものを注文しそしてフカヒレ、価格は時価 きみは店の人に価格を尋ねた 店員 「12000円です」きみ 「高っ!やめとくわ」 別に払えない訳でもないし きみが言ってたこと [続きを読む]
  • 不味くても
  • もしも、美味しい食べ物が目の前に置かれてても見た事が無ければ食べ物だとは思わへんその味を知らなければ食べたいとも思わへん知りたいとも思わへんしそれでも別に生きていけるんやから もしも、その食べ物がとても美味しいけれどその後、ひどくお腹が痛くなっていつまでも苦しくてしょうがないとしたらそれを食べようとはせえへんやろうどんだけ美味しくたってそんなに辛い目にあうんやったら初めから食べなくてもええと思うそ [続きを読む]
  • 僕には難しい
  • 朝、一組のカップルが自転車で連なって通り過ぎていく赤の他人だから知らんけど、多分 夫婦だと思う別にイチャイチャしてる訳でも無いけど見てると何か寂しくなる うちは食事に行く時なんかは家族4人カルガモ親子のように一列に並んで自転車で行く事が多かったそれが今は きみがいないんで3人になった あっちは2人こっちは3人 今でも数ではうちの方が勝ってんのに それでも僕は哀しくなる家族といたって、友達といたって、 [続きを読む]
  • 晴れ男じゃなかった
  • 今朝は昨夜から続く雨 結構の大雨 きみがいなくなってから なかなか見る事が出来ないけど旅行の写真で傘をさしてるのは覚えがない新婚旅行から始まり いろいろな所へ行ったけどそういえば傘をさした写真は無い気がするきっと、僕は晴れ男なんやと思ったけど一度、大雨になった事を思い出した僕が人生で一番 泣いた日きみの頬に最後に触れた日きみの唇に最後の口づけをした日僕が人生で一番 泣いた日...僕が人生で一番 思 [続きを読む]
  • 前を向く事
  • 過去を振り返ってばかりいないで前を向いて進んで行くには 一応はそんな風に考えたりしてみるけどもし残りが平均寿命まであるとしたら30年近くあるあまりに長くてホンマにイヤになる取りあえずの目標は娘たちが社会に出るまで無事に大学を卒業出来るまでは親として責任を持って問題はその後希望や目標があればいいとは思うけど、それは何やろう?以前はいろいろと考えていた気がするけどでも、こんな事がしたい、あんな事がしたい [続きを読む]
  • 晴れた朝
  • 今日もいい天気です朝晩は過ごしやすくなってきたけど まだ昼間は暑いですあれから、もうすぐで3年が経ちますがいつになったら きみは帰って来るんやろ待つのって結構しんどいもんやで 頭ではわかってるし、もう諦めてって思うけどまだ、時々、何でかなあと考えてるそばにいてくれてるんやろか? でも見えへんしなんで ここに、きみがおれへんねんやろって送り出したっけかなあ...きみがいないから ずっと待ってる感じで [続きを読む]
  • 思い出したこと
  • 昨日は近くの小学校で運動会をやってた朝早くから場所取りに向かう親御さんたち娘たちも通った小学校僕も場所取りで並んだよなあ それを見て何を思い出したか きみのお弁当が食べたい おにぎり、鶏の唐揚げ、ウィンナー、玉子焼き、ミニトマト別に手の込んだもんじゃなくて良いそんだけでいい そんだけで十分やのに にほんブログ村 [続きを読む]
  • 思い出してみる
  • きみの事を思い出す時病気の辛さを我慢して泣き言も言わない きっと辛くてそれどころじゃなかっただろうに残された僕たち家族が困らないように家の事をいろいろと言い残してくれてそんな きみを助ける事が出来なかった事が悔しくて最後まで心配をかけた自分が情けなくて きみの事を思い出す時きみが元気な時の思い出はいいことばっかり 普段の買い物や旅行だけじゃなく、結婚する前の恋人だった頃結婚式の事、新婚旅行の事もう、 [続きを読む]
  • やっぱり反対やし
  • 毎日 きみの事を思う意識してじゃなく自然と浮かんでくる 何かをしようとすると きみならこんな時はどうしたんやろうかとか何かをしてる時は きみはどんな風にしてたかなとかきみがいないと迷っても聞くこともできない今、きみがいてくれた事の有難さを感じながら もしも残されたのが僕じゃなくて きみだったらそんな風に僕の事を想ってくれてたんやろかちょっと自信ないかなあ ただ、きみは明るくて強くて優しい人だったから [続きを読む]
  • きみからのプレゼントは
  • 昨日は僕の誕生日きみからのプレゼントは何やろう? 一昨日の零時から待ってみた夢に出てきたような気がするけどきみの気配があったような気がするけど思い出せない 足りひんなあもう一度、次の零時まで待ってみよう... 何も起こらないきみの誕生日にケーキだけやったから怒ってるんかな僕がただ鈍感なだけか クソーっ、3年たってもまだ寂しいやん、こんな誕生日 あーあ、また一つ 年をとりました僕だけが... にほ [続きを読む]