気侭に さん プロフィール

  •  
気侭にさん: 気侭に
ハンドル名気侭に さん
ブログタイトル気侭に
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ac2essk
サイト紹介文その時々で思い付くままに
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 256日(平均4.9回/週) - 参加 2017/04/03 22:58

気侭に さんのブログ記事

  • 「横浜の夜景’17/12」
  • 夜のみなとみらい付近を久しぶりに訪れる機会がありましたので、写真に収めてきました。大桟橋と象の鼻パークの間にある「鉄軌道と転車台」「鉄軌道と転車台」広場にて豪華客船『飛鳥Ⅱ』パシフィコ(右)とコスモワールドの観覧車(左)ライトアップされた横浜税関庁舎の塔『飛鳥Ⅱ』の出航赤レンガ倉庫横浜税関庁舎1Fにある資料室は、密輸の手口やコピー製品などが展示されていて、なかなか見応えがあ [続きを読む]
  • 横浜税関資料室
  • この資料室は、横浜の日本大通駅から大桟橋方面へ向かって1分ほど歩き、大通りを左へ曲がって1分少々の所にある横浜税関庁舎の1階にあります。初代庁舎は明治6年にできたそうですが、関東大震災で倒壊し、昭和9年に現在の形で建てられたということです。入場無料。横浜税関資料室の入り口入り口右側にあるマスコットは「カスタム君」というイメージキャラクター。麻薬探知犬をモチーフにしたそうです。色んな容器に隠さ [続きを読む]
  • 日本郵船博物館
  •  今日、横浜へ行ったついでに、横浜の馬車道道駅から約2分の所にある『日本郵船博物館』に立ち寄ってみました。『日本郵船博物館』の正面この博物館があることはかなり前から知っていたのですが、今回初めて中に入ってみました。入館料は400円でしたが、割引券を持っていけば300円で入館できるようです。ただ、残念ながら館内は撮影禁止なので、内部をお見せすることはできません。web上にいくつか内部を撮影した写真がありま [続きを読む]
  • プノンペンの景色と市場(カンボジア) 2
  • 前回の「プノンペンの景色と市場 1」の続きです。カンダルマーケットの周囲所狭しと場所を取り合っているので、通り抜けることすら難しいです。お母さんのやり方を見ながら、この男の子も大きくなったらこの仕事を継ぐのでしょうか。この女の子も、できれば皆と一緒に学校へ行きたいことでしょう。ひと休み・・・ジャスミンや蓮の花で飾りを作っています。道路の真ん中でサトウキビの葉を落としています。金属装飾品の加 [続きを読む]
  • プノンペンの景色と市場(カンボジア) 1
  • カンボジアの首都プノンペンは、今年の3月に訪れた時と比べ、乗用車の数が増えたくらいで人々の生活にはさほど変化を感じられませんでした。 ただ、フンセン首相が中国の後ろ盾を得ていることにより増々独裁色を強め、政権を脅かしていた野党第一党の救国党のリーダーたちを投獄するだけでなく、先日とうとう力ずくで解党させたことにより、プノンペンも来年の総選挙へ向けて大荒れとなることが予想されますし、住民の生活にも [続きを読む]
  • 郊外の家屋と景色(カンボジア)ー2
  • 前回に続き、カンボジアの農村の生活を紹介します。声をかけると家の中から皆出てきてくれました。カメラを向けると恥ずかしそうに・・・アヒルは放し飼いのようです。こちらのお宅はお昼ご飯の準備でしょうか。この牛は、カンボジアに多くいる白い痩せ牛とは種類が違い肉付きが良いようです。アヒルたちも美味しそうな臭いに誘われて集まってきます。ここも家として使われているようです。家の敷地に勝手に入って [続きを読む]
  • 郊外の家屋と景色(カンボジア)ー1
  •  中国を中心とする外資系企業の波が今カンボジアになだれ込んでいるような状態ですが、それは首都だけでなく郊外にも影響を及ぼしています。 その経済成長の波にうまく乗れた国民とそうでないものとの差が増々開いていき、それらは郊外の家々の造りを目にするだけで歴然です。雨期に水没した田も段々顔を覗かせてきて、まもなく田耕が行われだすことでしょう。地上に現れた農地にはすぐ新しい草が生え、牛たちのご馳走となります [続きを読む]
  • ネットで拾った面白い小話−19
  • カンボジアの写真特集が続いていますので、ここで小休止。久しぶりに私がネットで拾った面白い話しをご紹介します。カンボジアの写真特集が続いていますので、ここで小休止。久しぶりに私がネットで拾った面白い話しをご紹介します。今回は小話というよりは実際にあったという話の中から、電車の車掌さんによる案内放送です。車内の案内放送、車内検札、ドアの開け閉め、発車の合図などを受け持つ車掌さん。また、事故など緊 [続きを読む]
  • カンボジアの交通事情 '17/11−2
  • 前回に続き、カンボジアの交通事情を表す写真を紹介します。バイクやトゥクトゥクは様々な運搬にも使われます。車体を縛っているロープを切るとバラバラに分解してしまいそうなこのベンツもまだ現役のようです。葬儀用車両の行列郊外の幹線道路には巾2mもあるの排水用側溝が道路の両側に沿って掘られているのですが、そこは既にゴミ捨て場と化していることで水が流れず水草 [続きを読む]
  • カンボジアの交通事情 '17/11−1
  •  カンボジアは公共交通機関があまり整備されておらず、首都プノンペンには市営バスがあることはありますが、3路線のみでいつ来るかも分からない状態ではとても利用できません。ということで、街中での移動は主にトゥクトゥクやバイクタクシー、シクロ(自転車タクシー)や乗用車のタクシー(メーター無しが多い)を利用することになりますが、利用者の多いバイクのほとんどは無免許ですし、道路は信号機がないのが当たり前ですが交 [続きを読む]
  • カンボジアで見かけた動物たち '17
  • カンボジアやインドなどで多く見かける牛です。とても骨張っているのが特徴です。この牛には蟯虫が住み着いていて太らないという説や、栄養が足りなくて太らないという説もありますが、一緒に飼われている茶色い牛は太っていましたし、ベトナムやインドでも同じだと言うことで、太らない種類の牛だという説が一番信憑性があるようです。アンコール遺跡の象これは観光客向けの乗り物です。カンボジアでは色んな種類の鶏が見かけら [続きを読む]
  • カンボジアの花々’17/11
  • 今回訪れたカンボジアで見かけた花々です。最近では日本でも観ることができる花が多くありますが、知らない花も見かけられます。デンドロビウムサンタンカチャンパイ(プルメリア)ランタナ?ニチニチソウデンドロビウムブーゲンビリアヒメノカリスリップギャル?ハイビスカスケイトウ?キバナコスモスジニア(ヒャクニチソウ)ヤナギバルイラソウ?ハナキリン???ハナキリン蓮田 [続きを読む]
  • カンボジアの子どもたち 2
  • 撮影地点:シュムリアップ・コンポンチャム・ウドン・プノンペン・コンポンスプープノンペンの市場にて。プノンペンの市場にて。プノンペンの市場にて。プノンペンの市場にて。プノンペンの市場にて。プノンペンの市場にて。プノンペンの市場にて。コンポンスプーの孤児院にて。トンレサップ河湖畔にて。トンレサップ河湖畔にて。トンレサップ河湖畔にて。トンレサップ河湖畔にて。トン [続きを読む]
  • カンボジアの子どもたち 1
  • 撮影地点:シュムリアップ・コンポンチャム・ウドン・プノンペン・コンポンスプーシュムリアップで朝の散歩をしている時に出会った子どもたち。シュムリアップで朝の散歩をしている時に出会った子ども。シュムリアップで朝の散歩をしている時に出会った子ども。トンレサップ湖のボート乗り場にて。トンレサップ湖のボート乗り場にて。トンレサップ湖のボート乗り場にて。コンポンチャムの小学校にて。 [続きを読む]
  • シェムリアップ(カンボジア)
  •  シェムリアップは、数々のアンコール遺跡とトンレサップ湖で有名ですが、ポル・ポトのクメール・ルージュが最後の拠点として抵抗を続けた地であり多くの地雷が埋められていました。が、現在ではそれらも撤去され、観光都市として多くの観光客が訪れるようになっています。 ここは雨期になると多くの土地が水没してしまい。水が引いた田畑から順番に農作物の生産を始めているようですが、もし国が本腰を入れて河川氾濫対策事業を行 [続きを読む]
  • トンレサップ湖の水上生活 2
  • 前回に引き続き、トンレサップ湖に浮かぶ水上ハウスで生活する人々を紹介します。主婦どうしのお喋りの場も、井戸端はなくボートの上。手すりにかけられている魚網。水上に住む多くの人々が漁業で生計を立てているようすです。玄関脇には植物が栽培されています。聞くところによれば、水に浮かべた畑で作物を栽培している人もいるとのこと。ここは家の作りには近代的な建材がほとんど使われていないようですし [続きを読む]
  • トンレサップ湖の水上生活 1
  • トンレサップ湖はカンボジアの中心よりやや西側にある大きな湖です。雨期になると琵琶湖の24倍もの大きさになりますが、乾期にはその1/6程度の大きさにまで縮小してしまいます。今回訪れた時期は、乾期の始まりとはいえまだ水没地がかなり広範囲にまたがっており、頭を見せている木々は多くあるものの、田畑はまだ水の下といった状態でした。次回に続く [続きを読む]
  • '17 秋の都立小金井公園 1
  • 小金井公園はまた紅葉が始まったばかり。甲羅干しをする亀気温が暖かいので、カモも居眠りをしているようです。この広場では、あちらこちらで簡易テントを張ってくつろぐ親子が多く見かけられます。?色に色づくイチョウ並木江戸東京たてもの園の中スズメのカップル今年生まれたばかりの小亀でしょうかホテイアオイの根に付着した何かを食べているのでしょうか。 [続きを読む]
  • チャイナフェスティバル2017
  • 10/21SAT〜22SUN昨日今日と、代々木公園イベント広場では中国各地の料理が味わえるイベントが行われています。エントランスからすぐの場所にある記念撮影ブース雨にもかかわらず多くの人々が来場しています。会場には中国語が飛び交っています。多分来場者の6割くらいは中国や台湾の方々ではないでしょうか。やはり人気のある料理の前には人々が集まります。漂う香辛料の香りから、まるで中国の街をあるいているよう [続きを読む]
  • 手作り餃子を作ってみました
  • 久しぶりに餃子が食べたくなり、作ってみました。餃子の皮も手作りだと粉っぽさもなく更に美味しくなるのですが、今回は手を抜いて30枚の大盤を買ってきました。餃子の具の材料は、チーズやサツマイモやカボチャなど、何でも好みのものを入れて美味しく作ることが出来ますが、今回はオーソドックスな餃子にしてみました。材料(2人前)豚ひき肉   200gニラ     適量キャベツ   150gおろしニンニク 適量生姜     [続きを読む]
  • 新宿花園神社
  •  花園神社は、東京都新宿区歌舞伎町にある飲み屋街『新宿ゴールデン街』の裏手にある神社です。 花祭りや酉の市など、毎月行われる様々な行事の他、毎週日曜日に開かれる骨董市の時くらいしか賑わうことのない、繁華街にあるオアシスのような地域です。 最近では観光目的の外国人が多く訪れるようになってはいますが、それでも喧噪から逃れる場所としては最適です。靖国通りからの入り口ビルに挟まれた参道御定書   [続きを読む]