喜多川 さん プロフィール

  •  
喜多川さん: 日本酒と酒器のサイエンス
ハンドル名喜多川 さん
ブログタイトル日本酒と酒器のサイエンス
ブログURLhttp://sake.science/
サイト紹介文このサイトでは日本酒や酒器の紹介や健康法、日本酒に関わる伝説などをご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 178日(平均1.2回/週) - 参加 2017/04/04 08:51

喜多川 さんのブログ記事

  • 美丈夫【びじょうふ】〜吟醸や大吟醸酒ブームを先取りした蔵〜有限会社濵川商店美丈夫
  • 日本三大美林の一つ、魚梁瀬(やなせ)杉が見守る小さな蔵元、有限会社濵川商店。「旨い酒」を造りたい一心で、吟醸造りに取り組みました。仕込み水として使用するのは、魚梁瀬杉の森を抜けて流れ出る、扱いの難しい超軟水。徹底した管理の少量仕込みで、清廉な味わいの旨い酒を造り、吟醸ブームのさきがけとなりました。 有限会社濵川商店元は、材木などを出荷する廻船問屋だった有限会社濵川商店。酒蔵としての創業は、明治37年 [続きを読む]
  • 國権【こっけん】〜福島県有数の金賞受賞回数を誇る〜国権酒造株式会社
  • 国権酒造株式会社が位置する南会津は、広大なぶなの原生林と、数メートルもの積雪を誇る豪雪地帯。軟らかみのある良質な水の産地です。平均精米歩合55%の酒米を使用し、丁寧に正直にと酒を仕込む蔵元は、二桁をこす回数の金賞を受賞しています。その品質は、「国権の酒にハズレなし」と評されるほどです。 国権酒造株式会社明治10年(1877)に創業を開始した国権酒造株式会社。その前身は、「細井醸造本舗」という酒蔵で、醸造し [続きを読む]
  • 東光【とうこう】〜米沢藩上杉家に愛された酒蔵〜株式会社小嶋総本店
  • 創業四百余年、米沢藩上杉家に愛された酒蔵、小嶋総本店。良質な水と米を使用し、鍛え抜かれた麹が育んだ究極の食中酒「東光」を造り続けています。 株式会社小嶋総本店小嶋総本店は、慶長2(1597)年小嶋彌左衛門が創業した小嶋酒屋から始まりました。米沢市では最も古い創業400年を超える歴史を持つ老舗の酒蔵です。江戸時代は米沢藩上杉家御用酒屋だった由緒ある酒蔵で、禁酒令が出された中でも、酒造りを許されていた数少ない [続きを読む]
  • 液化仕込みの利点〜日本酒のうま味をコントロールできるのか?〜
  • 液化仕込みは、日本各地の酒造メーカーでも導入されている仕込み方法です。この仕込み方法には、少人数で仕込み作業ができることや、設備投資が少なくてすむことや、醸造に必要な敷地面積が縮小できるといった利点があります。さらに、熱交換による熱回収の仕組みも同時に導入できるため、省エネルギーの面でもメリットのある技術です。それでは、液化仕込みについて少し詳しく見てみましょう。 日本酒造りの特徴 〜並行複発酵〜液 [続きを読む]
  • 南部美人〜伝統の技と情熱で新時代を築く〜株式会社南部美人
  • 株式会社南部美人は、日本三大杜氏のひとつである南部杜氏の洗練された技術と伝統を受け継ぐ蔵元でありながら、新しい技術や取り組みで日本酒を世界に送り出している酒造メーカーでもあります。代表酒銘の「南部美人」は海外では「サザンビューティー」の名で知られています。 株式会社南部美人株式会社南部美人の創業は明治35年(1902年)です。もともとは醤油の醸造元を営んでいた初代蔵元の久慈末太が、醤油醸造の技術を応用し [続きを読む]
  • 浦霞〜鹽竈神社の御神酒酒屋が浦霞酵母で丁寧に造る本物の酒〜株式会社佐浦
  • 株式会社佐浦は、宮城県塩竃市で「浦霞」(うらかすみ)という酒銘の清酒を造っている蔵元です。「本物の酒を丁寧に造り丁寧に売る」をモットーに、バランスのとれた品格あるお酒を生み出しています。 株式会社佐浦株式会社佐浦の酒造における歴史は古く、その創業は享保9年(1724年)にまでさかのぼります。もともと麹製造業を営んでいた佐浦家初代・富右衛門が酒造株を譲り受けて酒造りを始めたのがその始まりです。その後、仙台 [続きを読む]
  • 卵酒〜効果なしといわれても民間療法は侮れない〜風邪対策
  • 風邪を治すにはひき始めが肝心、とよく言われます。寒気がしたり、イガイガするなどの喉にちょっとした違和感があったり、少し体がだるかったり……などの症状があれば、それは風邪の初期症状です。本格的な症状に突入する前に、どうにか治してしまいたいものですよね。風邪薬を飲んでパパッと治してしまおうと思うかもしれません。「貴方の風邪に狙いを決めて〜♪」という有名な風邪薬のCMがあります。「鼻からくる人」、「喉か [続きを読む]