YOU さん プロフィール

  •  
YOUさん: ウォルフハンターFX(ウォルフ波動検証ブログ)
ハンドル名YOU さん
ブログタイトルウォルフハンターFX(ウォルフ波動検証ブログ)
ブログURLhttp://fx-you.net/
サイト紹介文半専業トレーダーYOUのFXウォルフ波動検証ブログです。 宜しくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供454回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2017/04/20 15:43

YOU さんのブログ記事

  • ウォルフ波動検証(2018/4/21)
  • 昨日金曜日日経株価、NYダウともにマイナスで引けました。今週の為替相場については豪ドル・NZドル・カナダドル・ポンド・ユーロと下落が目立ちましたね。一方、アメリカ金利の上昇から米ドル買いに勢いがありドル円は値幅は少ないながらもやや円安方向で今週を終えています。それではウォルフ波動で今週のドル円相場ほかを振り返ってみたいと思います。【ドル/円】1時間足です。ドル円は前回のウォルフ波動検証でもご紹介しまし [続きを読む]
  • 4月20日ドル円見通し
  • 4月20日ドル円予想レンジです。107.00円〜108.10円 (三井住友信託銀行NY)昨日は、日米首脳会談が波乱なく終了したことを好感してドル円は一時107.50円程度まで上昇。しかし日本株の利益確定売り、欧州株の下落米株のハイテク株主導の下落によりドル円は上下する展開となりドル円は107.25円程度まで売られる場面もあった。本日は数名FRB高官の講演があり今後の利上げへのスタンスが注目される。米ドル指数は米株の上昇を伴って4 [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/19)
  • 本日は日本時間の7時過ぎにトランプ大統領と安倍首相の共同記者会見がありました。自分も中継を見ておりましたが日本に対して非常に友好的で貿易関連についても懸念されていた強行的な内容はなく相場にもポジティブに働きました。昨日読者の佐藤さんからドル円ウォルフチャートをお送り頂いておりましたが、会見を受けてターゲットまで到達しましたのでご紹介しておきます。【ドル/円】30分足です。日米首脳共同会見は貿易や為替 [続きを読む]
  • 4月19日ドル円見通し
  • 4月19日ドル円予想レンジです。106.70円〜107.70円 (SMBC日興証券)昨日、東京市場の株高に伴って上昇したドル円は海外の株式市場が伸び悩む中で上値が押さえられて107円前半での小動きとなった。本日は間もなく日本時間午前7時からトランプ大統領と安倍総理の共同記者会見が行われるが貿易関連の内容についての言及が注目される。また、本日は経済統計の発表がない東京市場では小幅な値動きと予想されるがアメリカ時間では、FOM [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/18)
  • アメリカのCIA長官が、金正恩委員長と北朝鮮で会談を行っていたということで地政学リスクの後退から本日の日経株価は堅調に推移しました。ドル円も107円に乗せて推移していますが今日は日米首脳会談で為替についての言及もありそうなので慎重に対応したいところです。さて、今夜は23時にカナダの指標がありましたがカナダ/円が4時間足レベルで上昇を続けておりちょうど下方向ウォルフも確認できていたので調整下げが入る可能性が [続きを読む]
  • 4月18日ドル円見通し
  • 4月18日ドル円予想レンジです。106.80円〜107.80円 (FPG証券)昨日のドル円相場は日米首脳会談に対する警戒感から上値が重く方向感のない展開となった。本日はアメリカ時間に地区連銀経済報告(ベージュブック)が発表される。FRBは景気・物価に強気でタカ派に傾いてはいるが今回の報告でそれが裏付けられればドルを支えることになりそう。一方、日米首脳会談が2日目となり直接的に為替相場への言及がないと確認ができれば、107 [続きを読む]
  • 4月17日ドル円見通し
  • 4月17日ドル円予想レンジです。106.40円〜107.60円 (三菱UFJ信託銀行)昨日は週末のシリア空爆によるリスクオフの動きは限定的だったが一方でアメリカ時間に発表された3月の米国小売売上高が4ヶ月ぶりにプラスとなったことへの反応も鈍くドル円は上値の重い展開となっている。本日は注目の日米首脳会談がありトランプ大統領の発言には警戒感が高まっている。先週末に発表された米国の為替報告書では円の割安さに対する言及が増 [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/16)
  • 週明け月曜日シリア情勢もさほど影響せずドル円は大人しく推移していますが今夜はアメリカの指標もあるので動意のきっかけとなるか注目したいところです。ウォルフ波動的には、読者の佐藤さんからもご連絡を頂戴しているものがあるのですがいくつかの通貨ペアでチャートパターン形成中のものが見られます。ひとまず本日達成分の短期足から紹介します。【ポンド/円】15分足です。同じタイミングの【ユーロ/円】15分足です。こちらは [続きを読む]
  • 4月16日ドル円見通し
  • 4月16日ドル円予想レンジです。107.00円〜108.00円 (JPモルガン・C銀行)先週の為替相場は金曜日の欧州時間まではシリア問題と米中貿易問題が落ち着きを見せていたことから円安相場が継続していたが金曜日のNY時間でアメリカの株が下落したことを受けてドル円も107.30円付近まで下落。その後、シリア攻撃が行われたが週末でクールダウンを見せてドル円は若干円安方向で週明けの取引を開始。本日はシリア問題で大きな進展がなく株 [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/14)
  • 昨日金曜日のNY市場は取引開始直後は大手銀行株の好決算を手がかりにNYダウは買いが先行しましたがアメリカの通商政策や軍事政策を巡る緊張感が投資家心理の重しとして働きNYダウが反落。これを受けて円安も一服。1ドル107円後半まで上昇したドル円も107.30円付近まで下落して今週を終えました。そんな中、本日朝に米・英・仏によるシリア攻撃がついに開始されたとの報道がありました。週末の各国の動向によっては月曜日は不安定な [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/13)
  • 昨日金曜日のNY市場は取引開始直後は大手銀行株の好決算を手がかりにNYダウは買いが先行しましたがアメリカの通商政策や軍事政策を巡る緊張感が投資家心理の重しとして働きNYダウが反落。これを受けて円安も一服。1ドル107円後半まで上昇したドル円も107.30円付近まで下落して今週を終えました。そんな中、本日朝に米・英・仏によるシリア攻撃がついに開始されたとの報道がありました。週末の各国の動向によっては月曜日は大荒れの [続きを読む]
  • 4月13日ドル円見通し
  • 4月13日ドル円予想レンジです。106.85円〜107.85円 (フィスコNY)昨日は緊迫しているシリア情勢の地政学リスクが一旦緩和しリスク先行の円売りが再燃しドルが上昇。ユーロは低調な経済指標を嫌い下落。そしてトランプ大統領が離脱を表明していたTPPへの復帰検討を指示したことで保護主義の後退期待で株式市場には好感材料となっている。本日のドル円相場は米国の速やかな利上げを織り込むドル買いが継続すると思われる。米国の確 [続きを読む]
  • 4月12日ドル円見通し
  • 4月12日ドル円予想レンジです。106.30円〜107.30円 (シティ・グループ証券)昨日は米国主導のシリア攻撃懸念でドル円は上値を押さえられる展開となったがアメリカの株も金利もさほど動かずに米ドルも膠着した格好となった。新興国市場のリスクオフ相場は現状ロシアルーブルとトルコリラの下落に留まった形となっている。本日は2期目に入った黒田日銀の元で初めての支店長会議が行われるが材料難という点は変わりなく動きにくい展 [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/11)
  • 本日水曜日の夜はシリア情勢への懸念から円高方向に進んでいますね。NYダウの先物相場も下落傾向となっています。ドル円のウォルフ波動チャートを見てみます。【ドル/円】15分足です。ドル円は15分足で下方向のウォルフが完成しました。先週もご紹介しましたがドル円4時間足の下方向ウォルフも見てみます。【ドル/円】4時間足です。ピンクのラインのウォルフ波動チャートです。こちらは読者の佐藤さん、とよさんからも連絡があり [続きを読む]
  • 4月11日ドル円見通し
  • 4月11日ドル円予想レンジです。106.70円〜107.70円 (みずほ証券)昨日はアジア時間に米中貿易摩擦懸念後退期待からドル円は107円台に上昇。海外時間にかけても良好な米経済指標やNYダウの上昇とともに一時107.40円近辺までの上昇が見られた。本日はアメリカの消費者物価やFOMC議事要旨などの材料が予定されているが目先は地政学的リスクや米国の通商政策に絡む材料が多くこれらの見極めの中、ドル円は小幅な値動きが続きそう。足 [続きを読む]
  • 4月10日ドル円見通し
  • 4月10日ドル円予想レンジです。106.30円〜107.30円 (ソニーフィナンシャル)本日午前は中国の習近平国家主席がアジアフォーラムでの基調演説で「自動車関税を引き下げる開放政策を出来るだけ早期に実施へ」などと発言し米中貿易戦争懸念が一時的に払拭。日経株価、ドル円ともに高騰する展開に。本日夜はアメリカで3月の生産者物価指数が発表されるが足元はアメリカと中国の貿易摩擦に注目が集まっているためあまりドル円相場には [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/9)
  • 本日東京地方は快晴で心地よい週明けとなりました。先週末のNYダウ急落で心配されていた日経株価は若干のプラスで前場を終えある程度落ち着きを取り戻している感じですね。為替の方は雇用統計明けで午前中は方向感の出にくい動きとなっていますが、こちらも落ち着きを取り戻した値動きとなっています。月曜日前半は様子見相場で値動きに乏しいことが多いので自分は短い足を眺めていたりします。本日は、ドル円で1分足なのですが比 [続きを読む]
  • 4月9日ドル円見通し
  • 4月9日ドル円予想レンジです。106.30円〜107.50円 (三菱UFJMS証券)先週末の米雇用統計は雇用の伸びは市場予想を下回ったが非常に強かった前月の反動という面もあり時給の伸びが前月を上回ったので複雑な解釈が錯綜。結果的にドル円は下げたが米中貿易摩擦への懸念が要因に。本日は市場の注目を浴びそうな経済指標が見当たらず先週末の米雇用統計での売買疲れもあり方向感に乏しい展開が予想される。最近のドル円相場は日米金融政 [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/7)
  • 昨日金曜日に発表された米国雇用統計は非農業部門雇用者数が予想の18.5万人を大幅に下回り10.3万人との発表がありました。内容としては総じて緩やかな労働市場の回復が示されたものの失業率が前月から改善せず横ばいに留まったことから景気過熱への警戒感が和らぎドルを押し下げる方向となりました。結果、ドル円は円高ドル安となり107円を割り込んで終了となりました。また、トランプ政権が中国への追加関税を検討していると発表 [続きを読む]
  • 4月6日ドル円見通し
  • 4月6日ドル円予想レンジです。107.00円〜108.50円 (三井住友銀行NY)昨日のNY市場ではアメリカの当局者から米中貿易摩擦懸念を和らげる発言があり投資家のリスクセンチメントの改善が継続しドル円は3月の高値を超えて上昇し終日堅調に推移する展開に。本日、日本時間の夜にはアメリカの3月の雇用統計発表とFRB議長の講演がある。パウエル議長は従来スタンスの確認に留まる可能性が高い一方で雇用統計が市場予想を大幅に上回る場 [続きを読む]
  • 4月5日ドル円見通し
  • 4月5日ドル円予想レンジです。106.30円〜107.20円 (三菱東京UFJ銀行)昨日のドル円は夕方にアメリカに対する中国の貿易関税措置絡みで瞬間的に106円を割る場面があったがその後はアメリカの株価の持ち直しや概ね良好だったアメリカの経済指標を受けて結局106円後半まで戻す展開に。2月以降ドル自体の下落に歯止めがかかってきている。ドル円も3月26日に一旦104.56円まで下落したがその後持ち直してきたので底堅い動きが続きそう [続きを読む]
  • 4月4日ドル円見通し
  • 4月4日ドル円予想レンジです。106.00円〜107.00円 (大和証券)昨日は欧州の株価が底堅く推移する中でドル円は値を上げアメリカ株が前日比で反発すると一段高となった。3月の米自動車販売台数が市場の予想外に、2月より上昇したこともありドル円は106.65円近辺まで上昇した。本日については、ドル円は3月の米ADP雇用報告が発表される日本時間の21時15分過ぎにかけては強含みやすいと考えられる。雇用関連の統計は好調を持続して [続きを読む]
  • ウォルフ波動検証(2018/4/3)
  • 今週から新年度がスタートしました。昨日月曜日は欧州市場が休みで値動きがなかったもののNY時間からは大きく動きました。アメリカ株価の大幅下落が影響してドル円も106円を一気に割り込む展開となりました。現状下げ止まりとなっていますが日経株価も軟調な中、本日はどこまで回復できるか注目です。さて、本日読者のポチさんからウォルフ波動チャートをお送り頂きました。昨日の【ポンド/米ドル】15分足です。ターゲット到達後反 [続きを読む]
  • 4月3日ドル円見通し
  • 4月3日ドル円予想レンジです。105.50円〜106.50円 (JPモルガン・C銀行)昨日は欧州市場が休みで閑散な中アメリカの株価下落を受けリスクオフで円高に進行。ドル円は再び106円台を割り込む展開となった。ドル円をテクニカル的に見ると今年1月から下落を続けて日足20日移動平均線を上回ることはなかったがようやく先週水曜日に上抜けした。しかし昨日再び20日移動平均線を割り込む形となっている。昨日は閑散相場の中で落ちただけ [続きを読む]
  • 4月2日ドル円見通し
  • 4月2日ドル円予想レンジです。105.80円〜107.00円 (ソニーフィナンシャル)先週末はイースター休暇でオセアニア、欧州、アメリカとほとんどの市場が休場で狭いレンジでの動きとなった。本日はオセアニアと欧州については引き続きイースター休暇で欧州まではゆっくりとした展開が続くと思われるがNY市場は休暇明けとなり南北首脳会談の日程が決まったことなど地政学的リスクの後退が評価されてリスクオンムードが広がればドル円に [続きを読む]