じゅん さん プロフィール

  •  
じゅんさん: もう既にやる気ない
ハンドル名じゅん さん
ブログタイトルもう既にやる気ない
ブログURLhttp://jun1206.hatenadiary.com/
サイト紹介文ありきたりなワーホリブログ。
自由文ワーホリの事とか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 254日(平均0.6回/週) - 参加 2017/04/04 22:44

じゅん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • シェアハウスで盗難事件 パート2
  • 前日に、パスポートやクレジットカード、運転免許証、一般的に無くしてはいけない物が入っていたバッグをまるごと盗まれてしまった僕は、仕事に行く為にこの日も朝の5時に起床。そして、再度ベッドの下を確認。もちろん僕のバッグは無くなっていて、仕事が終わったら警察に行くと決め、5時20分に家を出た。6時00分に職場に到着。ボスに「パスポート、クレジットカード諸々盗まれた。」と言ったら「帰って良いから、警察と大使館に [続きを読む]
  • シェアハウスで盗難事件 パート1
  • 頑張ってリアルタイムに追いつく為、今から約10ヶ月前の、楽しかった韓国人とのマンダリンファームでの生活について書きたいのですけれども、つい数日前、僕が住んでいるシェアハウスで盗難被害にあったので、今回はその事について書きます。今、僕はオーストラリアのメルボルンに住んでいる。で、朝の6時〜14時、たまに15時30分〜23時30分と1日8時間、週6日で働かさせてもらっています。そして、僕のシェアハウスはシティと呼ばれ [続きを読む]
  • べジーモンとチャリの反射板。
  • 今から10年も前で、僕がまだ19歳だった頃の春。最初の方の記事でも何度か登場していますが、A君、H君、K君、ゆうた君といつものメンバーで集まって、「今日は何するか?集まっても結局やる事ねーんだよな。」と、毎回の様にノープランで集合。ダラダラした話し合いの末「今年で10代最後だし、中学校に行ってお世話になった先生達に会いに行こう!」となり、母校の中学校へ行く事となった。今の時代では完全に不審者扱いですが、職 [続きを読む]
  • 韓国人とマンダリン。
  • 朝は寒い。昼間は暑い夜も暑い。腰が痛い。イチゴは甘くて美味しい。と言った理由から、僅か1ヶ月でイチゴファームを辞めてやってきたのは、レンマークと言った田舎町。イチゴファームの仕事は、日本語サイトを利用しましたが、今回は英語サイトを利用。その為、ボスはネイティブスピーカーで、一緒に働く人達もネイティブ並みに英語を流暢に話すのだろう。そんな事を思いながら、レンマークのバス停で僕のボスとなる人を待つ。待 [続きを読む]
  • イチゴを狩る事だけに1ヶ月を費やした夏
  • 言葉が通じずに意思疎通が上手く図れないと言う事はとても不便な事です。が、「じゅん!クラブ行くぞ!」「アジア人が集まる所に行くぞ!」と、誘ってくる韓国人ルームメイト2人の質問に対して「クラブとかパリピばっかの所は勘弁ですわ。普通に日本のような居酒屋でしんみりと呑みたいんだけど。」とは言わず、「アイ ハブ ア ストマクエィック!」と、言い慣れた適当な嘘を並べて相変わらず部屋に引きこもっている週末の夜。もし [続きを読む]
  • バニラシェイク
  • 僕が何故、南オーストラリア州の州都アデレードに来たかと言いますと、シドニーやメルボルン、ブリスベンなどとは違い日本人が少ないと言った理由から。せっかくフィリピンで3ヶ月間も英語勉強に費やしたお金と時間。日本人コミュニティに入り浸り、無駄にする訳にはいかないと思った為。で、ワーホリで働く為に必要な銀行口座とTAXファイルナンバーとやらを10日間程で揃え、いざ仕事探しへ!が、異国の地での仕事の探し方が分から [続きを読む]
  • 初めましてオーストラリア
  • 「じゃあ、また日本の何処かで会おうね!」って、英語だとなんて言うんだろう?と思いながら、深夜の夜道で皆とタクシーを待った。頭の中で色々と英文を考えていたけれど、僕だけを乗せたタクシーが出発した時は、「See you again!!」の僅か3単語しか言えなかった。タクシーに乗り込み、約15分でバギオのバスステーションへ到着してしまった。3ヶ月も英語勉強に費やしたバギオ。気候も穏やかで、治安も良く人々も親切でした。また1 [続きを読む]
  • 3ヶ月間の英語留学を終えて。
  • つい先日ですね、僅か4日間程ですが、日本へ一時帰国していました。ただ、滞在日数が短すぎて、僕からしてみれば一時帰国と言うよりも観光と言った感覚。オーストラリアと言う海外にいて、世界で最も住みやすいと言われている街、歴史ある街に暮らしているのにも関わらず、休日は洗濯物を干す時くらいしか外に出ない。こんな僕も、一時帰国中は珍しく忙しくさせてもらいました。が、僕のブログの読者で、リア友でもある1人の方から [続きを読む]
  • My farewell speech in English.
  • あっという間に3ヶ月の英語留学が終わり、最終日に待っていたのはFarewell speech。みんなの前で、3ヶ月間の学校生活について英語で語ると言った、初期ゆとり世代に育った僕泣かせのイベント。なので、ここからは全て英語です。My farewell speech.When I passed through the gate of the school 12 weeks ago.My English life started.At first, The rule EOP that We must not speak Japanese.It was very very painful for me.I [続きを読む]
  • When I make a lot of mistakes, my teacher beats his desk with his brutal right hand class.
  • 「Good morning!」と、いつもの挨拶で8畳程の教室に入れば「Good afternoon」と野太い声で返ってくる午後1時からのこのクラス。マンツーマンの発音補正クラスです。本職はプロレスラーで、英語の先生は副業です。と言った様な、イカつい見た目とガタイの良い先生の前に着席すると同時に授業がスタート。忘れはしない初日のクラス、æの発音でした。英語には日本語に無い音があり、(ア)の音だけでも3種類。1つ目が普通の(A) cut [続きを読む]
  • My husband is MATSUJUN class.
  • 「Good morning!」と、いつもの様に教室へ入る。「Good morning!」と綺麗なアクセントで返してきた先生は、綺麗な黒髪ストレートに派手な服装、濃いめの化粧、そしてややぽっちゃり体型。悪く言うと少しケバい。良く言えば、痩せてナチュラルメイクにすれば僕のタイプ。年齢を聞いても決して教えてくれないその先生の授業が始まった。このクラスも基本的には基礎文法です。教科書に書いてある簡単なストーリーを音読。その後、先生 [続きを読む]
  • I can't understand anything class.
  • 1冊の教科書と1冊のノート、そして1本のシャーペンと1つの消しゴム。3ヶ月後、ここを卒業する頃にはネイティブスピーカー並みになってやる!と言った、やる気満々の雰囲気を醸し出しながら教室に入る。This is a penクラスの教室とは違い、ほぼ地下に位置する薄暗い教室に入ればオネエ系の先生がSNSをチェックしながら僕を待っていた。とりあえず「Good morning!」と言って授業スタート。This is a pen classは基礎文法。そしてこ [続きを読む]
  • みかんとティムタム。
  • また少しだけリアルタイムのお話をします。去年の11月〜今年の1月、英語取得の為にフィリピンのバギオと言った場所で3ヶ月間留学。そして今年2月の頭、日本へ立ち寄る事もせず、3ヶ月間付き添った4冊の英語の教科書と1冊のノートを邪魔だなと思いつつも、思い出の詰まった品物。捨てる訳にはいかず、バックパックに押し込みフィリピンから直接オーストラリアへ。そんな感じで始まったオーストラリアでの生活も既に半年が経過しよう [続きを読む]
  • This is a pen class.
  • 2つある窓の1つから、程よい感じに日差しが差し込んでいる。6畳半ほどの小さな部屋に、ガタイのいい女性フィリピ人教師と僕1人。先生は、右手に持ったペンを僕に見せて言う。「Jun!What is this?」僕は自信満々で答えた。「This is a pen!」「good!」と先生。「How about this one?」再び先生は僕に聞いてきた。右手に握った消しゴムを僕に見せながら。「This is a eraser!」消しゴムと言った英単語くらい僕でも知ってるぜ!と思 [続きを読む]
  • 絶対に日本語を喋ってはいけないフィリピン生活初日。
  • 世界一周の反動で、海外を観光する事に全く興味の無くなってしまった僕は英語習得の為にフィリピンへ。期間は3ヶ月。詳しい詳細を書くと身元がバレるので、ざくっと説明しますと、フィリピンのバギオと言った地域にある小さな学校。学校のポリシーは、少数精鋭で徹底的に英語の基礎を叩き込む。そして、EOPと言ったEnglish Only Policy.その為、滞在中は授業の無い休日だろうと、生徒同士、一切日本語を喋ってはいけない。もちろん [続きを読む]
  • 毎回、思う事。
  • あまりリアルタイムの話はしたくないのですが、これだけは書き残しておかなければならないと言った強い思いから、リアルタイムのお話をします。今現在、僕はオーストラリアの真ん中の下の方にいる。で、そこで2ビザ習得の為にファームで1日中柑橘系をむしってお金を稼いでる訳です。そして、今僕が住んでいるシェアハウス。韓国人6名、日本人1名、合計で7名。日本人1名とはもちろん僕の事で、醤油の焦げた匂いすらもキムチでかき消 [続きを読む]
  • You must not speak Japanese here③
  • ユウタ君だけでこんなに長くなるとは思いませんでしたが、平成12年中学校1年〜平成29年までのユウタ君の経歴です。平成12年、中学1年。【生麦、生米、生卵が言えずに泣いちゃった事件】これは、前の記事に書いた通りです。平成12年〜平成14年、中学1年〜中学2年。【鬼ごっこ、ユウタ君エンドレス鬼事件】これは僕を含めた5人で、休み時間などを利用し鬼ごっこをしていた時の事、僕達よりもずーっと足の遅いユウタ君をエンドレスで [続きを読む]
  • You must not speak Japanese here②
  • ピーナッツ型の坊主頭に太くて濃い眉毛、オオスズメバチの様な鼻、分厚い唇に中年体型。すっかり老け込んでしまったユウタ君でしたが、6年振りの再会はとても嬉しかった事を昨日の事のように鮮明に覚えていますと言うと嘘になります。誰だっけコイツ?が僕の第一印象で、エビスと言うあだ名を付けられていた事が判明。そんな感じで始まった中学校生活。それと同時に、クラスではイケてるグループとイケてないグループに別れ始め、 [続きを読む]
  • You must not speak Japanese here①
  • 僕には人生の半分以上は同じ記憶を共有しているんじゃないだろうかと言った保育園からの幼馴染が3人いまして、その内の1人は小中高と高校までもが同じで、周りからもガチでゲイかな?と、間違われるほどずっと一緒にいました。高校を卒業した後は、お互い別々の道へと行きましたが、僕が地元から程近い場所で1人暮らしをしていると言った理由から週1ペースで僕の部屋には安くてすぐに酔える様なお酒の空容器が溜まり、月1のペース [続きを読む]
  • 初めまして。
  • 成田空港つい数時間前、納豆2パックを食べた筈なのに、もう既に納豆ご飯を無償に食べたいと言った衝動に駆られているのは、僕の視界に写り込んでいる人々の頭部が、こんがり色付いた納豆の大豆1粒1粒に見えるからなのかもしれない。3列シートの窓際席。納豆ご飯の上に乗せる生卵の気分になりきって席に着く。29年間生きてきて、納豆ご飯の上に乗ると言った経験は無いのだけれども、エアアジアのシートは納豆ご飯とは程遠い乗り心地 [続きを読む]
  • 過去の記事 …