shuedupa さん プロフィール

  •  
shuedupaさん: 低学年からの冒険記録2023
ハンドル名shuedupa さん
ブログタイトル低学年からの冒険記録2023
ブログURLhttp://shuedupa.blog.fc2.com/
サイト紹介文2023年中学受験に向けた親子の冒険は続く(小1)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/04/05 00:59

shuedupa さんのブログ記事

  • 習い事と塾との両立 その2(日能研)
  • 日能研を会社帰りに覗いてきました。パンフレットや授業スケジュールをもらいつつ雰囲気が分かるといいかなと。思惑通り、授業の様子がちら見できたのですが、とても活気があり、子どもたちが楽しそうに授業を受けていたのが印象的です。少し調べ始めたばかりの段階ですが、3年以降の授業は次のようです。首都圏のとある中堅校舎:3年生  週1日 150分(2科目)4年生  週2日 150分(4科目)5年生  週3日 150分(4科目)  [続きを読む]
  • 習い事と塾との両立(SAPIX)
  • 2年生になってから、ようやく学校の方は落ち着いてきたのですが、平日3日は塾含む習い事、週末は土日共にサッカー試合が入るという超過密スケジュールです。本人はサッカーが楽しくて仕方がないらしく、できる限り打ち込めるような環境は作ってあげたいと思っています。そこで、少し先のこととはいえ、4年生以降もこの生活(習い事)が続けられるのか、気になるところです。いずれ勉強にシフトせざるを得ないタイミングが来るでし [続きを読む]
  • 2年生で宿題が増え、家庭学習方針を変更
  • 2年生になって、学校の宿題(主に漢字)が増えました。そもそも漢字は1年生の80字から2倍の160字ですし、その練習をやるだけでも日々それなりに時間を取られます。宿題だと強制力があって、必ずやることになるし、理解度も高まるので、親としては大歓迎です。同様に、学習塾の宿題も結構増えてきました。宿題増加の影響で、学童でこなせる家庭学習プリントの分量が減りそうです。学校と塾の宿題を第一にやることで、親が割り込める [続きを読む]
  • 小2習い事が週5に
  • 習い事がとうとう週5になりました。サッカーが週3日に増えたためです。これで、スポーツ4:学習塾1。習い事以外には学童や家庭でのプリント学習、通信のチャレンジとチャレンジイングリッシュも並行中。という訳で、運動も学習も親子で全力な日々を過ごしています。特に週末の忙しさと行ったら。。サッカーはスクールや親子連に励んできましたが、そろそろチームで試合したいということで、セレクションを経て加入チームを決めま [続きを読む]
  • タブレット学習への変更その後
  • ゲームを買った後の様子です。拍子抜けする位に約束をちゃんと守っています。むしろ、ゲームをやるために自分から問題集を始めたり、学校の準備を早くしたりという思わぬ効果が・・・。ゲーム目的か・・・という複雑な心境もありますが、宿題実施にご褒美をあげるのは効果があるとされるので、それを信じます。チャレンジタッチが届きました。塾に続き2年生の内容が始まりました。さっそくひっ算やら表やらやってますね。紙の時か [続きを読む]
  • ゲームが欲しいと言い出した
  • ゲームが欲しいと言い出しました。遂にこの時が来ました。中学受験を見据えれば、ゲームはないに越したことはないはずです。実は今でも時々、親のスマホでマリオや妖怪ウォッチをやっています。ポケモン探しに一緒に繰り出すこともよくありますし、私のゲームを手伝ってもらうことも。ゲーム好きになる環境にあるし、周りの子が持ち始めたタイミングでもあり、当然といえば当然の流れかもしれません。我が家ではゲーム機は買わない [続きを読む]
  • 2月の学習記録
  • 強風で花粉飛び散る3月。入学式から1年が経ち、もう2年生かと思うと感慨深いものがあります。ということで、小1学習記録もあと2回。1学期あたりに思い描いていた事(具体的には問題集)をきちんとやれているかというと、現実はそう簡単ではなく、何度も軌道修正を掛けながらここまで来ました。2月の学習内容:■国語・ハイレベ100小学1年こくご(奨学社) 3月終了ペース・2年漢字(くもん出版) 3月終了ペース・漢字/言葉・文章/ [続きを読む]
  • タブレット学習へ変更、英語学習スタート
  • 検討の結果、チャレンジタッチ(タブレット学習)へ変更を申し込みました。3月に届く4月号から切り替えです。合わせて、「Challenge English」も全額返金保証とレインボーマイクプレゼントキャンペーンをしていたので、お試し兼ねて申し込んじゃいました。英語は学校でも学童でも、簡単な英会話を少しかじっているせいか、覚えてきた会話を真似したり、単語知ってると自慢したりと、英語に抵抗感がない状況です。ただ、家庭でちゃ [続きを読む]
  • 紙vsタブレット学習(通信教育)
  • 英語学習を見据えて、タブレット端末を入手するためのチャレンジタッチの検討続きです。ベネッセからタイミング良くチャレンジタッチへの乗換案内が来ていましたが、期限が26日ということで、検討が間に合いませんでした。タブレット端末の通信教育を検討すると、必ずと行っていいほど、スマイルゼミとの比較が出て来ますね。アフィリエイトっぽい宣伝ブログも多いですし。あとはZ会の中学受験コースはタブレットが基本。メリット [続きを読む]
  • 「Challenge English」が気になり始める
  • 通信教育どうするかの続きです。リトルくらぶは負担の面で見送りました。チャレンジをどうするかです。最低でも、2年生4月号(大半の教材が4月に届く)までは取る方針で変わりはないですが、英語学習を考えると、止めないで継続が良いのでは?という考えに傾いて来ました。親としてチャレンジを止めづらいのは、次のような事情です。・学習内容は実質2、3日で取っても取らなくても良いレベルだが、本人が楽しんでいる・ベネッセか [続きを読む]
  • 民間学童を1年利用した感想
  • 共働き家庭では、学童保育が無くてはならない存在です。我が家が使っている民間学童となると、自治体主導の学童と比較して高額ですが、結果的にかなり満足度の高いサービスだと感じました。1年弱利用してみた総評です。学習サポート機能 →◎かなり良い・宿題を全て終わらせてくる(音読も)・持参/提供プリント学習ができる(質問可)・隣の子から刺激を受け、競争が起きる・読書の時間がある・英会話、習字、運動系、その他や [続きを読む]
  • 1月の学習記録
  • 漢検の10級受験を申し込んでいましたが、優先度の高いイベントが差し込まれたので、結局受けませんでした。イベントというのは日帰りのウィンターキャンプです。漢検自体は別機会があるし、合格ラインは超えているので、それ程こだわる必要はないと判断して、イベントに参加させてあげました。直訴しただけあって、後で送られてきた写真も動画もとても楽しそうだったし、良い判断だったかなと思います。その代わりに、6月の漢検9級 [続きを読む]
  • 5年後の2月1日を思う
  • 2018年2月1日。昨晩の夜更かしの影響で朝はやや寝坊。昨日は月食が見れてよかった。子供も同じく寝坊、これは朝学習が怪しい雰囲気である。親子大あくびをしながら、いつもどおり朝の支度にそれぞれが取り掛かる。朝の送り出しは自分で「行ってきます」が言えるようになった。成長したものである。登校班の6年生はここのところ姿が見えない。みんなインフルエンザを警戒して休んだりしてるのだろう。そして今日は学校の大半の6年生 [続きを読む]
  • 先取りペースのコントロール
  • 早いもので、1年生1月も終わりですね。子供が通う塾では、新2年生範囲がスタートしました。子供としては、学校より早く進むことに楽しさ(優越感?)を感じているようです。学校よりおおよそ2〜3ヶ月早く進むのは、2月で新学年という進学塾と似てるでしょうか。この程度の先取りであれば、学校からそれ程かけ離れない予習という位置付けになると思います。基本的に、先取りの学習内容というのは、いずれ周りの子達に追いつかれる基 [続きを読む]
  • 理科実験教室 - 栄光ゼミナール
  • 以前から気になっていた栄光ゼミナールの理科実験教室に行ってきました。実験内容は、「月のかたちはなぜ変わる?」でした。内容としては、月の満ち欠けが何故起きるのか、模型を使って確認するというものです。配られたのは、カラーの教材プリントと実験キットです。豆電球を太陽に見立てて、月の模型に光を当てながら、確度を変えて月の満ち欠けを調べます。皆既月食の実験では地球の模型を追加します。親も座ってサポートしなが [続きを読む]
  • 1〜3月学習計画と新2年の学習塾について
  • 1〜3月の学習計画です。それから、新小2に向けて方向性を決めました。学習塾:継続、進学塾は新3年生から今通っている学習塾は、学校に沿った基礎問題+発展問題という形式で、学力定着とアップという点で続ける意義があると判断しました。子供が自ら行きたがっているのと、塾の宿題は絶対やるという学習ペースができているのも大きな継続理由です。また、塾の算数問題と市販問題集とで、難易度比較をしたところ、Z会グレードアッ [続きを読む]
  • 算数と国語を同時に伸ばすパズル
  • 随分時間が空いてしまいましたが、終わりました。この問題集のコンセプトは、「考える力、試行錯誤する力を育てるパズル」「算数と国語の力は同時に伸ばせる」「算数だけでなく全ての教科に必要なのが、国語力」となっています。具体的には、表が推理・論理パズルで裏が数字パズルとなっています。裏の数字パズルは、賢くなるパズルと内容が一部被ります。入門編が賢くなるパズルの数独で、初級編は賢くなるパズルの足し算初級と近 [続きを読む]
  • 冬休みの学習と英語教育
  • 「冬休みの学習計画」という下書き記事を書いてあったのですが、そのまま放置してしまいました。というのも、小学生初めての冬休みは、家族・友人との遊びメインの過ごし方を目指していたので、学習について書くことがなかったのです。。結果として、学習の方はと言うと、こんな感じです。学校と塾の宿題は休み入り後の学童で一気に終わらせたので、年末年始は漢字だけだったと言えます。算数はZ会が終わったので、次の問題集(最 [続きを読む]
  • 新2年生からのリトルくらぶ
  • 「チャレンジ」の代わりとして検討していた四谷大塚「リトルくらぶ」ですが、新2年からのスタートは結局見送りにしました。理由としては3つ上げられます。・他の問題集をやる時間がなくなる チャレンジはだいたい2〜3日あれば、赤ペンまで終わらせているため、他の問題集の進捗に影響があまりありません。これがリトルくらぶになると、学習時間の大半を取られるため、先取りや重点取組などの家庭学習が滞ります。子供の進度に合わ [続きを読む]
  • 英語をやらなくて良いのか
  • 低学年の親として悩ましい問題として、「英語の習い事をやらなくて良いのか?」というのがあります。我が家は習い事としてはやらないと決めたのですが(理由は後で)、情勢は注視しているという感じです。教育制度的な背景を整理します。■現在: ・5・6年生で「話す・聞く」中心の外国語活動(週1コマ)■2020年度以降: ・小学校5・6年生から英語が教科化(週2コマ) ・3・4年生で「外国語活動」が導入される(週1コマ)英 [続きを読む]
  • 四谷大塚 入塾説明会ヘ参加
  • すっかりブログを書くのを忘れていました。先日、新2年生2月の方向性を決めるために、四谷大塚の入塾説明会に行ってきました。説明会はほぼ満員で、皆さん熱心に先生の話に耳を傾けていました。低学年の家庭学習って誰にも相談できずに、インターネットや本屋さんだけが頼りだったりして孤独です。塾には同じ意識を持った親たちがたくさん集まっていることに感動を覚えます。親も刺激を受ける場所ですね。手短に説明会を要約。メモ [続きを読む]
  • 11月の学習記録
  • 11月の学習記録。6月から始めた朝学習(漢字か塾宿題)ですが、ほぼ欠かさずに継続中です。寝起き最悪ですが、がんばってますね。ちなみに目覚まし時計は2個あって、スヌーズ機能と格闘しています。漢字は、2月の漢検対策と2年漢字を並行学習しています。算数は塾の宿題が1年生総仕上げに入ってから、発展問題が中心になっていて、この消化に割と時間を使っています。そのためZ会消化が遅れ気味。2年算数は、足し算のひっ算はミス [続きを読む]
  • 「リトルくらぶ」のお試しその後
  • リトルくらぶを何度か学童に持たせて、感触をおおよそ確かめることができました。遂に「チャレンジは簡単だから止める」「リトルくらぶでも良い」と言い始めました(言わせてませんよ・・・)。学童でもやってる子がいて存在を知っていたからか、思った様な拒否反応はなかったのでした。それに魅力的な”新しい景品システム”という説明も功を奏したようです。算数:予習シリーズ/ホームワーク共にシンプルで見やすく(チャレンジ [続きを読む]
  • リトルスクール vs SAPIX (2)
  • 一応、通塾の検討を進めていますが、「親が見れるならば、リトルくらぶか、はなまるリトルを自宅でやってれば良い」という考えがまだまだ頭にはあります。子供の理解度に応じて、家庭学習をプランニングできるのは、低学年のうちだけだろうし、進学塾に行き始めると今のペースが乱されるのでは?と警戒。前回の記事の比較は、授業日数、科目、それから受講費の比較でした。今回は、入ってからの負担について確認してみます。まず入 [続きを読む]
  • リトルスクール vs SAPIX
  • 基本的には3年生からの進学塾を考えていますが、2年生からについても一応検討しています。ついでに3年生まで視野に入れた方が後々の転塾の負担が軽くて良いかもしれないので、SAPIXと比較しておきます。4年以降は一旦置いておいて・・・。3年生まで入れると、大きな違いに気付きました。まず、3年生で四谷大塚が週2日に増えるのに対して、SAPIXが週1日で済みます。高学年だと17-21時3コマ/日x2とか、厳しそうなSAPIXも低学年は緩い [続きを読む]