中山まち子 さん プロフィール

  •  
中山まち子さん: 元塾講師・透明教育ママ見参!!
ハンドル名中山まち子 さん
ブログタイトル元塾講師・透明教育ママ見参!!
ブログURLhttp://edumother.com/
サイト紹介文地方都市に住んでる就学児童2人と未就園児1人、あわせて3人の子供がいる元塾講師の専業主婦です。
自由文地方都市から難関大学合格を目指します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2017/04/05 08:54

中山まち子 さんのブログ記事

  • 【計画性が重要】新年度に向けた準備や躓きポイントの復習は冬からするべき理由
  • 新年度に向けた動きは、春休みの手前からすればいいや、とお考えの方多いかもしれません。しか〜し、冬から現学年のつまづきポイントや積もり積もった苦手単元の復習は冬から手をつける必要があります。理由は3つあります。春だと復習をやる気が起こらない冬からだと復習に充てられる期間が3ヶ月もある家にこもるので学習時間を確保しやすいそれでは、詳しく説明していきます。理由1.春だと復習をやる気が起こらない 3月に入る [続きを読む]
  • 理科実験の知識を増やすには学習漫画をフル活用することが近道です
  • 学校ではなかなか理科の実験が行われない、という話はよく耳にしますよね。理科実験教室などを開いている塾もありますが、なかなか通うのも大変です。そんな時、学習漫画を通じて理科実験のイロハを学べる方法があるので、紹介していきたいと思います!学習漫画で理科実験の知識を増やそう我が家では、学習漫画を積極的に取り入れています。小学生時代、勉強せずにグータラしていた私ですが、歴史の学習漫画などのおかげでノー勉強 [続きを読む]
  • 【公立小】漢字テスト前に答えを渡す小学校の不思議に迫ってみました
  • 公立小の再テスト問題は何度か書いてきましたが、最近あることに気がつきました。子供①の漢字テスト(まとめ系の50問テスト)の前に、先生がテストそのままコピーして練習させる宿題を出すことです。小学3年の時までは、再テスト以下の通りでした。先生「漢字の」↓生徒「あ〜、い結果だったな」↓先生「もう一度同じテストします!」↓生徒「えぇ〜!?」というのが最初の流れでした。 2回目のテストをし、それでも基準点をクリ [続きを読む]
  • ハロウィンシーズンにオススメの【ホラー系】児童書3選
  • お盆期間中に100均に行くと、【ハロウィングッズ】が目立つ場所に陳列するようになった日本。すっかり定着していますね。我が家の子供たちも、クリスマス前にある楽しいイベントなので、こちら側の考えなどそっちのけで【お菓子をたくさん食べられる日】と解釈しています。さて、今回はそんなハロウィン気分を盛り上げてくれる【ホラー系】の本を紹介したいと思います。子供たちはチキンですが、ホラー系の本は大好きです・苦笑。 [続きを読む]
  • 【読書を楽しく】小学生にオススメのホラー系児童書3選
  • お盆期間中に100均に行くと、【ハロウィングッズ】が目立つ場所に陳列するようになります。すっかり定着していますね。我が家の子供たちも、クリスマス前にある楽しいイベントなので、こちら側の考えなどそっちのけで【お菓子をたくさん食べられる日】と解釈しています。さて、今回はそんなハロウィン気分を盛り上げてくれる【ホラー系】の本を紹介したいと思います。子供たちはチキンですが、ホラー系の本は大好きです・苦笑。 [続きを読む]
  • 【極めてシンプル】小学生に家庭で英語定着させるのは習慣化が全てです
  • 2018年度から【子供たちに家で英語を!】と威勢よくスタートしたのですが、生来の3日坊主(旦那曰く)が悪さをして、数ヶ月で頓挫しました・・・。 今は、途切れ途切れに英語を親しませておりますが、今回は私の失敗談を今後のためにと【反省点と改善策】を書いていこうと思います。負け犬の遠吠えですが、お付き合いよろしくお願いします・・・。 家庭英語が失敗しやすい理由と対策家庭英語が成功するのは、何と言っても、【親の [続きを読む]
  • 地方と都会の教育環境は違って当然です【独自で改善する方法】
  • 私は根っからの北関東人です。ですが、父方、母方それぞれに首都圏育ちの従姉妹がいます。同じ【カントウ】のはずなのに、教育環境が何だか違う。 当時は昭和から平成になる頃でしたが、かなり違いましたね。父方の、年齢の近い従妹たちは中学受験しました。一方、母方の従姉妹は学区の中学に進学しましたが、小学校のクラスの半分以上が中学受験する・した、という話を聞かされました。 中学は義務教育。何もしなくても学区の中 [続きを読む]
  • 【通塾に向けた準備は必要】子供にプラスアルファ的な学力をつけさせる理由
  • 地方であっても、小学生からの通塾を考えている場合、家庭で準備をしないといけません。準備、というと大大袈裟ですが、ある程度の下地を作っておかないとスタートラインに立てない、と感じています。 子供①を現在の進学塾に通わせたのは、小学3年の9月から。月1,2回程度の授業がある、プレコース。 厳密に言うと、小学2年の冬&春に近所の低学年OKの小規模塾に体験で通ったことがあります。 長期休みの1ヶ月前になると、塾のチ [続きを読む]
  • 【手軽が一番】語彙力と知識を身につけるのにテレビ番組を利用しよう
  • 教育改革では記述式の大学入試問題が増えることが確実視されています。大学のAO入試や二次試験でも、論文の存在が年々高まっています。また、討論形式の試験を課す大学もチラホラ。 そういった中で、薄い語彙力では自己アピールすらできなくなります。自己アピールの有無ならまだしも、周囲が語彙力高いと余計スキル不足が目立つ恐れも。 今回は、小学生や中学生が語彙力と知識力アップするためにテレビ番組を活用する方法を書い [続きを読む]
  • 【語彙力は格差拡大】まんがでOK!求められる語彙力を楽しくつけさせる
  • 子供の教育に関しては完全に隠れ教育パパな我が家の旦那さん。教育改革でますます表現力が必要、というのをスマホのおすすめ記事で拾い読みしたようです。 「語彙力は大切」、とアツク語ってくれたのも、やはり仕事を通じて書く力のあるなしの個人差を感じるからのようです。今回は語彙力の大切さと楽して語彙力を増やす方法を書いていこうと思います。 子供の語彙力不足は見過ごせないアメリカの研究結果(英語)、日本での調査 [続きを読む]
  • 勉強しない子供にやらせてはいけない通信教材【無理は禁物】
  • 通信教材、ドリル、問題集などなど、家庭学習教材は山のようなにあります。その中でも、親的にはさせてみたいけれど勉強習慣ナッシングの子には絶対やらせてはいけないモノがあります。 ちなみに、教材自体に問題点があるわけではありませんよ〜。営業妨害するつもりナシですから。教材にもレベルがあるので、レベルが合わないのにやらせるのはお金の無駄であり、意欲を削ぐ行為でもあります。 今回は、勉強嫌いな子にオススメで [続きを読む]
  • 【将来の夢】子供が公立小学校と塾の違いに気がついた話
  • 最近、塾での授業前に自習しに行く子供①です。旦那さんは、そこまでしていきたいのか?!、勉強しに??、と不思議そうな顔をしています。ですが、私には理由が分かります。お弁当持参で嬉しいから自分で勉強やった風になっている←自己満足の世界・笑単に塾が好き 子供から見る小学校と塾の違い子供①、同級生に比べても幼いところがあります。未だに、サンタさんの存在を信じています。昨年の冬、親友から「親だよ」と言われて [続きを読む]
  • 【将来の夢】子供が公立小学校と塾の違いに気がついた話
  • 最近、塾での授業前に自習しに行く子供①です。旦那さんは、そこまでしていきたいのか?!、勉強しに??、と不思議そうな顔をしています。ですが、私には理由が分かります。お弁当持参で嬉しいから自分で勉強やった風になっている←自己満足の世界・笑単に塾が好き 子供から見る小学校と塾の違い子供①、同級生に比べても幼いところがあります。未だに、サンタさんの存在を信じています。昨年の冬、親友から「親だよ」と言われて [続きを読む]
  • 【9歳の壁、10歳の壁】子どもが家庭学習してくれるコツ【重症編】
  • まず最初にお断りをさせていただきます。学習障害が疑われる、勉強しない問題は専門家の先生に診て頂くことをおすすめします。 さて今回は、小学3,4年生向けに書いた【子供が家で勉強してくれるコツ・軽症編】の姉妹記事です。 低学年はまだ親の言うことを素直に聞いてくれます。が、やはり親もそうであったように子供も成長し自我が芽生えて反抗する場面が増えてくるものです。乳幼児期だ...【9歳の壁、10歳の壁】子どもが家庭 [続きを読む]