池山 さん プロフィール

  •  
池山さん: 意拳の研究(意拳練功一得会)
ハンドル名池山 さん
ブログタイトル意拳の研究(意拳練功一得会)
ブログURLhttp://ichitokukai.seesaa.net/
サイト紹介文健身、自衛、理論のそろった意拳という素晴らしい武術について縷々考察していこうと思っています。
自由文武術・武道は素晴らしい文化です。それらの多くには内的な力を養成する方法論があると思いますが、意拳は、直接それを練功する素晴らし体系を持っていると考えています。心ある方々にご理解いただけば幸甚です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2017/04/05 17:36

池山 さんのブログ記事

  • 外形の発達過程を飛ばさないための気持ち
  • もしかすると、意拳の基本的な形や動きは、コンパクトに小さくまとめられた完成形に近いものように思われる方がいるかもしれない。もちろん、基本の形とはいえ必要十分な要諦がしっかり入っているから最初は少しとっつきにくく、小さく動いているように感じるかもしれない。それが完成形と想像してしまうのも無理はない。また、力の養成がともなっていないと使いにくいから、そう思うのもしかたのないところだ。ただ、稽古していけ [続きを読む]
  • 形に関する要諦
  • 力を強くしていくためには外形を整えることが近道である。そのために形に関する要諦があり、重要な要諦は全身に適用される場合が多い。コツを学んだら、他の部位にも適用できるかを考えてみる。特に、力を入れないで形をとったときの感覚に注意をはらってみる。 [続きを読む]
  • 蓄と発
  • 「発力は拳法の訓練の中でとても重要な地位を占める。意拳の発力動作できわめて小さく、時間はきわめて短く、速やかで力強い力を出すことが必要になる。発力は火薬の爆発に似通っていて、先輩方はこれを爆炸力と呼ぶ。発力する前は力を蓄える過程があり、エンジンに着火するときに、システム的に1つの圧縮があるかの如くである。」薄先生の文章の一部訳であるが、蓄から発という一連が読み取れるところだ。さて、基本動作の中でど [続きを読む]
  • 着地したときのような
  • 全身に良い感じでしっかりと力が入っている状態は、高いところから飛び降りて着地した時のような感じと表現されることがある。各所が力まず、かといって脱力しているだけではない状態というところか。 [続きを読む]
  • 積極的な精神
  • まずは勇気を出してやってみる。見て、習って、考えて、感じたままでいいから試してみる。できるできないを外形に求めない。これを少しずつ進めたらできるのではないかという自分の感覚を信じてみる。積極的な精神が大切であり、むしろそれだけでも有益ではないかと思う。そうすれば成長は自分で感じれる。 [続きを読む]
  • 姿勢を整えるためのいくつか
  • 経験上のことであるのですべてに当てはまるわけではないけれど、正しい姿勢を把握する場合に留意しないといけないところがある。まずはしっかり放松できているか。心理的、身体的な面からくる歪みが少ないか。視覚的な部分に囚われていないか。要求されていることに従って行っているか。あるいは逆に要求に自分の身体を合わせすぎていないか。要求されている形に付加価値を付けて稽古しようとしていないか。養成するべきものを正し [続きを読む]
  • 反対の力から全体へ
  • 反対の力を感じつつ動くことから全体が動くことを作っていく。その際どこを動かしてどこを動かさないかということを合わせて感じてみるのも更に面白い。 [続きを読む]
  • 似ているし異なっているし同じである
  • 意拳と気功とは異なると言われる。外形が似ているものであるから、比較されることが多いのも理解できる。が、少なくとも力を出すための理論や方法論がまるで違うのであるから、少なくとも養成方法として同一であるといえるものではない。細かいと思われても、ここまではしかたがないところだ。その一方、先天を養うものである点や自然呼吸とするところ、あるいはそもそもの練功方法の中核や要諦を考えれば、違いはないとしてもよい [続きを読む]
  • それだけで足りないこと
  • 長くマラソンを続けている知人がいる。50歳を超えて毎月300〜500km程の走行距離を欠かさず、先般念願のサブスリーを達成、更にトレーニングに力が入る方である。彼と話をしていて面白いことを聞いた。45歳を過ぎたころからか、ランニングをするだけではレースに必要な身体を維持することが難しいようになってきたと。時分で組み立てたある程度の補強運動を行うことで、距離やスピードに対応する心身を維持しているとのことだった。 [続きを読む]
  • 自衛の意味
  • 意拳の目的を、先達は、養生・自衛・理趣とした。それとともに拳学は命を養う(助ける)ものであるという記述があったり。「習拳一得」の冒頭には社会に貢献するために身体を養うことの大切さが書かれていたりする。深読みかもしれないが、となると自衛の意味を単に人といさかう能力を培うばかりのものではないということになるのではないか。実際、頭の世界だけでなく、身体感覚的にもそういったものが出てくるところでもあるが・ [続きを読む]
  • 素早い歩法で学ぶ
  • 推手で早く動いてみる。入るように、出るように。横にずらしてみたり、半歩刻んだり。上体はしっかり下半身に乗っているように。摩擦歩で三角に動き、脛を削るように動く。ゆっくり動くことで学ぶことは数限りない。素早く動くことで学ぶことも多い。 [続きを読む]
  • イメージと一動無不動
  • いろいろなイメージを方便として力を模索していくが、感覚を感じるためにもしっかりそのイメージによる形をとることが大切になる。それになりきることで一動無不動につながることを考えてみる。 [続きを読む]
  • 推手の稽古ごとに目的を
  • 推手は優れた練功法であり、いろいろな意味合いで稽古することが可能である。ただ、どこまでもいっても練功法であり実戦そのものにはなりえない。ゆえにこれを実作と想定した段階で多くの問題が起きることがしばしばだ。基本的な形に合っているのかを前提にして、今は何のための稽古を行っているのかを明確にしてやっていくことで、得られるものが数限りない。養生的な効果、強く推すことによる身体鍛錬、反応練習、動きのバリエー [続きを読む]
  • 先天を養う運動
  • 運動の中には先天を養う運動とそうでないものがあるのではないか。総じて伝統的なものは、編纂したあらゆる操法の先達が長くの年月をかけて最終的に残ったものだけを示してくれているわけで、先天を養う運動である可能性が高いのではと思われる。一方、それだけを繰り返していると物足りないところも出てくるかもしれない。例えば年齢的にもっと負荷をかけることでその時に伸びるものを育てることが大事となる場合があったりする。 [続きを読む]
  • 動かす部分と動かさない部分
  • 試力を行う際には、動かす部分・動かさない部分を意識する必要がある。ただ闇雲に今まで自分の培ってきた身体感覚そのままに動いてもしっかりした基本は身につきにくい。特に、自由に動くところほど、あるいはなかなか動きが分かりにくいところほど意識を向けてみたいものだ。それを実現していくのが連通ともいえるし一動無不動ともいえるのではないかとも思う。 [続きを読む]
  • 躊躇なく出る形
  • 稽古で、ここと思ったところで躊躇なく前に出れるようにするには、まずはしっかり三角や斜面や手を動かさず体を動かすという原則を守ることが役に立つのではないかと思う。それによりある段階の守中用中が実現できる。 [続きを読む]
  • 強調した稽古をしつつ
  • あらゆる動きには反対に動く力があるとされる。例として、手を引けば体が前にいくし、手を前に出せば体が後ろに動く。しかし、これはひとつの部分の話をしているに過ぎないからそれだけをとって是非を論ずることはできない。また、動きというより意の問題でもある。いずれにせよ、全ての動きが六面に力を持ち支えられる。分割した稽古では重要なポイントのひとつを協調しているということを常に理解しておきたい。 [続きを読む]
  • 北京訪問⑤
  • ここ20年の中国の変わりようは本当に驚くほどだ。日本で報道されていないことも多いのは致し方ないが、彼の地でどんなことが起きているかについてはやはり行ってみないとわからないところもある。まあ、行っても一端の一端にしか普通は触れることができないのであるが、特に、武術の伝承といった文化については、一概に表に出ているところばかりではないというのは言を待たないところだろう。自分個人としては、今回は田所先生が築 [続きを読む]
  • 北京訪問④
  • 5月20日、前日の余韻もありつ、我々の今回のメインといってもよい薄先生のご自宅への訪問となった。ここ数年で金額が変わったタクシーであるが、それ以上に一昨日来、そもそも流しのタクシーがつかまらないということが不思議だった。帰ってから直近で北京での稽古経験のある当会のG君に聞いたところ、タクシーを呼ぶにも携帯のアプリがほとんどとのこと。どうりで止まってくれないわけだ。金額とかだけでなくシステム自体も大き [続きを読む]
  • 北京訪問③
  • 結局、会は10時半から開始された。最初に出席者の紹介があり、姚承光先生、崔瑞彬先生等が挨拶をされる。今回の会には、魏玉柱先生、夏成群先生、崔副山先生等といった薄先生の師兄、師弟の先生方、また、卜恩冨先生先生のお弟子さんの方々、王玉芳先生のお弟子さん等々も出席されておられたようだった。たくさんの方々がおられたのですべての出席者の方々がわかるには程遠かったところではあるが、薄先生の人脈の広さが表れてい [続きを読む]
  • 北京訪問②
  • ことの始まりは、4月の後半。田所先生の師兄である程軍さんから電話があった。内容は、5月19日に薄先生の誕生日と収徒式があるから参加してほしいとのことであった。急場の話でもあるからスケジュールを確認してからということとなったが、2人で相談し時間が調整できるのであればということで参加を決定。せわしないけれど、会の翌日に薄先生のご自宅にお伺いしてから直に空港に向かおうということになった。金曜夜着、日曜昼 [続きを読む]
  • 薄先生の式に参加
  • 先ほど北京から帰宅したところだ。昨日の19日、薄先生の新たなお弟子さんの拝師式と先生の75歳の誕生日を祝う会があった。田所先生がこの会に呼ばれたため、池山を含め2名で参加することとなった。 この会には、姚承光先生、崔瑞彬先生をはじめ、総勢100名以上が参加されており非常ににぎやかな会となった。中には故卜恩冨先生のお弟子さんの方々等もおられ旧交を温めておられた。また、本日20日は、出発前の数時間であったが、い [続きを読む]
  • 目指すこと
  • 目指すことは単純である。渾元力を養うことであり、整体とすることであり、発力するということである。具体の表現を言ってみるなら、身体が空気のぱんぱんに入った球のような働きをするということになろうか。できるだけ簡潔にまとめていうとそういうことになる。 [続きを読む]
  • 考えすぎない
  • 技と精神状態のどちらが前に出すぎたり足りなかったりするのはよろしくない。いきり立つだけで技の学びや身体を鍛えていないような場合、逆に技術に慢心してこころが乗っていないなどという場合のようにバランスがとれていない状態をできるだけなくしていきたいところだ。そのためには、あれもだめこれもだめとばかり考えすぎることも実は問題がある。毎度、考えないといけないということを強調しているところであるが、ひとりでい [続きを読む]