りきやん さん プロフィール

  •  
りきやんさん: エモい心理学
ハンドル名りきやん さん
ブログタイトルエモい心理学
ブログURLhttp://rikiyan0513.hatenablog.com/
サイト紹介文エモーショナルな心理学の論文を紹介しています。こころってやつは面白い!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 129日(平均0.9回/週) - 参加 2017/04/05 20:28

りきやん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「地面を熱したフライパンの上だと思って走る」
  • 少し前になるけれど、21_21 DESIGN SIGHTの「アスリート展」(21_21 DESIGN SIGHT | 「アスリート展」 | 開催概要)に行った。受付で学割の入場料を支払った後、21_21 DESIGN SIGHTでは最初に階段を下ることになる。なぜ最初に階段を「下る」のだろう。いつも腑に落ちない。そんなことを考えながら、下った先の暗幕を抜ける。最初に目を奪われたのは、以下のような映像だった。フライパンに溶かしたバターと、トラックを走る黒 [続きを読む]
  • アダルトビデオ鑑賞時における適切な姿勢
  •           まず、AVを再生します。次に、それなりに使い込んだソファに腰掛け、上体はやや前に傾けていきます。両手は、大きめのキャベツを掴むように距離をとって空間に置いておきます。そうすると、肘はちょうど膝につく具合になるはずです。そのままの姿勢でAVをみます。すると、寝転がってAVをみるときと比較して、ずっと興奮するのでした、みたいな感じの論文を紹介しますね。Price, T. F., Dieckman, L. W., & [続きを読む]
  • ダイエット経験のある女性が食べ物をみるとき
  • 夏だね。露出増えるし、ダイエットの話しようよ。そうしよう。そんなわけで、今日はダイエットに関する論文。要約文しか読めない論文なので、いろいろと情報が不足した紹介になるかもしれない。全部読むためには、お金を払わなきゃいけないんだ。それは嫌なんだ。お金ないんだ。Feig, E. H., Winter, S. R., Kounios, J., Erickson, B., Berkowitz, S., & Lowe, M. R. (2017). The role of hunger state and dieting history in [続きを読む]
  • いじめられている人を傍観する
  • 最近やらなければならないことが多く、眠る前にYoutubeでマッサージの動画を見ることだけが唯一の楽しみだった。柔らかい皮膚をなぞる施術師の手つきは、痛みと快楽のツボを正確に知っている。気持ち良いのは画面の向こうの女性であるはずなのに、「うへぇ」と僕が声を漏らす。あるいは、テレビの向こう側。あまり流行っていない、スベることが芸であるかのような芸人が今にもスベりそうな場面を視聴する。恥ずかしいのは静まり [続きを読む]
  • ナース服を着ることが優しいこころを作る?
  • 三年前の入院生活はとても幸せだった。病室へご飯を運んでくれる看護師さん、廊下ですれ違いざまに挨拶をしてくれる看護師さん、手術前に緊張をほぐしてくれた看護師さん、いずれも優しくて綺麗な人だった。それだけではない。夜な夜な寝付けない僕を寝かしつけてくれた看護師さんがいた。集中治療室では特に用もないのに何度も様子を見に来てくれて暇つぶしに世間話をしてくれる看護師さんもいた。三日ぶりに集中治療室を出た後 [続きを読む]
  • かわいいものを役立てよ
  • 研究と研究の間に一体何をするのかというと、休憩でもない、間食でもない、そう、落書きだ。メモ帳の端に描かれた落書き。混沌とした研究の覚書の傍らで描かれる愛すべき落書き。知的さと、幼気さのコントラスト。                     僕にもう少しの画力があり、そして字がきれいで、優れた発想力を持ち、もっと夢にあふれていればLINEスタンプに申請するのにな。可愛い系のスタンプの需要ってすごいよね [続きを読む]
  • まんまるの目、ちいさな身体、交差点にて。
  • 彼女の瞳。真っ直ぐと青を待つ。左折の際には、その丸い左目で等間隔のウインクをくれる。小ぶりな身体、低めの姿勢、ゆっくりと彼女らは走る。ぐうかわ。クルマって擬人化しちゃうよね。かわいいクルマだとなおさら。そんなわけで、今日はかわいいフロントデザインをしたクルマをみた時の人間の反応について。代表的なかわいい国産車はアルトラパンとか・・・?Miesler, L., Leder, H., & Herrmann, A. (2011). Isn't it cute [続きを読む]
  • 大学生における浮気意識について。男ってやつは。
  • 部屋の掃除をしていたら、またまたファイルの中から一編の論文をみつけた。なぜこのような論文を大事に保管していたのかはやっぱり分からない。ただ、この論文もここに載せるべきかなって思ったので、載せる。大学生の性事情・第二弾。だって春だし。僕のマンションの近くの公園では大学生らが花見をやっていて、あれれ〜新入生とかも混ざりに混ざって新しい出会いがありそうな会合だねって思いながら、僕はそのすぐ脇を自転車で [続きを読む]
  • 童顔のあなたは得をしているかもしれない。
  • 「年齢を確認できるものをお願いします」僕だってお酒を買う。叫びたい夜だってある。あるけれど近所に迷惑をかけるのはよろしくないので仕方なしにお酒を注ぎ込みこむ。そんな夜にレジで言われるのが冒頭のお願いである。手慣れすぎていて、言われる前にいつも準備を整えている。運転免許証を「もう大人三年目なんですう」という顔で差し出す。少しの間ができる。その後、事務的に返された免許証を財布にしまい、お酒もかばんに [続きを読む]
  • 男子がデートで女子に期待していること。言わずもがな。
  • 部屋の掃除をしていたら、整理整頓されたファイルの中から一編の論文をみつけた。なぜこのような論文を大事に保管していたのかは分からない。ただ、この論文はここに載せるべきかなって思ったので、載せる。だって春だし。僕のマンションの近くの公園では大学生らが花見をやっていて、あれれ〜新入生とかも混ざりに混ざって新しい出会いがありそうな会合だねって思いながら、僕はそのすぐ脇を自転車で通り抜ける日々。その会合の [続きを読む]
  • マンガでよく見かけるこういった線の不思議
  •           不思議。マンガの表現って不思議。誰かに教わることもなく、描写された野球ボールが右から左へと放たれていることがわかる。右に添えられているのは、単なるの不揃いな横棒線の集合。なのに、この野球ボールが右から左へと放たれていることがわかる。もう、野球ボールが右から左へと放たれてるようにしかみえない。現実には、こんな不揃いな横棒線の集合は全くみえないのに。そんなわけで、今日はマンガに [続きを読む]
  • 物理的な不安定は恋人への不信へと繋がる
  • 僕は一年半ほど前に彼女にふられたっきり恋人がいません。今思えば、彼女はぐらついた机とやわらかい椅子を使って生活していたから、僕はふられたのかもしれません。なにを言っているんだお前は、って思うでしょう。でも、今日の論文を読んでいただければ、納得していただけるはずです。どうか、ゆっくりと画面をスクロールしていってください。そんなわけで今日は物理的環境と恋人への評価に関する論文です。Forest, A. L., K [続きを読む]
  • 「スマホを確認せずにはいられない」の実証研究
  • 大学のキャンパスにおいて、下を向いて歩く人たちがとても多いです。自転車でキャンパスを走っていると、皆こちらに注意なんて向いていないから、あまり鳴らしたくないベルを鳴らすしかなくなる。特にポケモンGOが流行った時期なんて、しばらくは細い道は避けよう、そう考えたほどでした。そんなわけで、今日はスマートフォンと注意に関する論文です。Ito, M. and Kawahara, J.-i. (2016), Effect of the Presence of a Mobi [続きを読む]
  • 人がそれを "アートとして" 観るとき
  •          この絵画作品をご存知でしょうか。19世紀前半にはカタルーニャの独立運動家として活動し、同世紀後半には芸術家として晩年を過ごしたスペイン人のアリセンスキーによる作品です。彼の作品は19世紀後半の芸術家の中でも異彩をはなっており、繊細なタッチで描かれる独特のキャラクターには親しみやすさと同時に不穏な雰囲気を醸し出しています。嘘です。僕の落書きです。30秒で書きました。騙してご [続きを読む]
  • モチベーション向上のためにテディベアに触れよう
  • 彼の瞳。世界中の愛を煮詰めて凝縮した黒。そこから広がる茶色いふかふかの大地。雄大さと可
    愛さのハイブリッド。小さい頃は大きなイメージがあったけれど、大人になってから見てみると
    意外と小さい。というわけで今日はテディベアに関する論文です。Tjew-A-Sin, M., Tops, M., Heslenfeld, D.
    J., & Koole, S. L. (2016). Effects of simulated interpersonal touch and trait intrinsic motivation on the error-related negat [続きを読む]
  • 白衣を着れば有能になれる?
  • コンタクトレンズデビュー、おそらくデビューを冠する行為で最も年齢を問わない行為。そう思ったので眼科に行ってきました。(まだ20代ですが)病院に入り、コンタクト処方をお願いしますと伝え、おとなしく着座。すぐに名前が呼ばれ、ざっくり問診。レンズのつけ方について軽くレクチャーを受けた後、目玉にごりごり擦りつけること30分、ようやくデビューしました。診てもらったお医者さんなのですが、ひょうひょうとしていて [続きを読む]
  • 過去の記事 …