Fさん さん プロフィール

  •  
Fさんさん: 5次元世界へのいざない 神社とスピリチュアルと悟り
ハンドル名Fさん さん
ブログタイトル5次元世界へのいざない 神社とスピリチュアルと悟り
ブログURLhttps://ameblo.jp/f3-blog/
サイト紹介文アシュタール宇宙船の司令官・スターシードであり5次元にアセンションしたFさんのブログ。
自由文2017年3月に覚醒、5次元にアセンションしたFさんのブログ。

このブログでは、意識レベルの進化に興味のある方向けに、スピリチュアル、悟り、そして私の趣味である神社巡りについて書いていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 232日(平均2.2回/週) - 参加 2017/04/05 20:46

Fさん さんのブログ記事

  • シリウスの女神様に訊く サッカーW杯と日本代表
  • 「シリウスの女神様たちもサッカーを見る」と言ったら驚くだろうか。先日の日本代表対ベルギー代表の試合も、うちの守護霊様チームの女神様全員で観戦してたとのことである。そして、すごく面白いのだそうである。 神様(※)というと、完璧な存在とか、無機質な存在だと想像するかもしれないが、全くそんなことはない。神様と親しくなってみると、極めて人間っぽいことが判ってくる。 ※ ここではシリウスの女神とか、日本神話 [続きを読む]
  • 運命と自由意志(2)
  • (前回の続き) 前回は運命についてお話した。今回は自由意志である。 自由意志が存在するのかどうかは、本当に難しいテーマである。これまでも覚者や高次元存在がさまざまなことを言っているが、あまり結論が明確になっていないように思われる。ここでは、そういった過去の議論よりもやや踏み込んだ形での現時点における私の知見を書いてみたい。 地球上の覚者は、本来は自由意志は存在しないと教えていることがほとんどだと思わ [続きを読む]
  • 運命と自由意志
  • ついに最も難しいテーマである「運命と自由意志」についてである。いつか書かなければならないと思っていた主要なテーマのうち、最後まで残っていたのがこれである。 これについては、正直なところ、女神たちに書いてはいけないと言われている部分もある。もちろん、それは書けないので、書ける範囲内で書いていく(事前に、このテーマについて書くとしたらこういう感じになるよね、ということで打ち合わせをしているし、書き終わ [続きを読む]
  • 守護霊様でも嘘をつく
  • 前回のブログ更新から随分と時間が経ってしまった。これには正当な理由がある。実は守護霊様(ミズハノメちゃん)からブログ終了の意向を伝えられていたのである。最初に聞いた時には信じ難かった。理由を聞いてもはっきりしない。複数、あるいは多岐にわたる理由があるようなのだが、「秘密にすべき情報を書きすぎている」とか「(女神たちと私の間の)プライベートな会話を晒されて恥ずかしい(笑)」とか「ブログはあなたが本 [続きを読む]
  • 神社巡り 河口浅間神社
  • 前回は私が個人的に静岡県で一番好きな浅間神社である東口本宮冨士浅間神社(ひがしぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)を紹介したが、今回は山梨県で一番好きな浅間神社である河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)を紹介する。 延喜式内の名神大社(論社)、近代社格は県社。そして、当社も東口本宮と同様に世界遺産に登録された富士山の構成資産である。 富士山の貞観大噴火(864年)で大規模な被害が発生し、それを鎮めるた [続きを読む]
  • 神社巡り 東口本宮冨士浅間神社
  • 前回の神社紹介では富士山信仰の浅間神社の総本社的存在である富士山本宮浅間大社を採り上げたが、今回は私が個人的に静岡県内で一番好きな浅間神社である東口本宮冨士浅間神社(ひがしぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)を紹介したい。 「東口」というのは何かというと、富士山の登山口の1つである。別名「須走口」。そのため、当社は須走浅間神社(すばしりせんげんじんじゃ)とも呼ばれる。 世界遺産「富士山」の構成資産の1 [続きを読む]
  • 私の守護霊様チーム(2)
  • まさか、私の守護霊様チームの記事の続編を書かなければならなくなるとは驚きである。なんと、チームメンバー一覧を訂正しないといけないのである。チームメンバー8人と思っていたのが、チーム内に同一神がいたのである。従って、実際には7人だった。これまで8人という想定で全く矛盾が出てこなかったので、気が付かなかったのである。過去記事「私の守護霊様チーム」に書いたメンバー表がこれ。−−−−−1)シイラ様=罔象女神 [続きを読む]
  • 神社巡り 富士山本宮浅間大社
  • 富士山の神であるコノハナサクヤヒメ(以下、「さくや姫」)に呼び出されて富士山周辺の浅間神社に参拝してきたので、紹介したい。 富士山本宮浅間大社は全国の浅間神社の総本社的な存在。富士山頂を含めて、富士山の8合目より上は当社境内地である。富士宮駅から徒歩8分の場所にあり、市のシンボル的存在になっている。 当社参拝は2回目だが、そのほかにも富士宮には来たことがある。神社に興味を持つ前、冬の富士山を見に来たこ [続きを読む]
  • さくや姫からの呼び出しのその後
  • 今回の記事は読者の方には何の役にも立たないスピ読み物。好奇心旺盛な方だけ読んでください。前回の記事に書いたように、さくや姫から呼び出しを受けていた私は、神様からの要請を無下にするわけにもいかず、結局、富士宮へと出かけて行ったのであった。富士宮は4年ぶり。初日は富士山本宮浅間大社、山宮浅間神社、村山浅間神社に参拝。浅間大社は駅から近い徒歩圏。山宮はバス15分+徒歩20分。村山は行くのが大変で、山宮から徒 [続きを読む]
  • 神社巡り さくや姫からの呼び出しと浅間神社
  • 実は今、コノハナサクヤヒメ(以下「さくや姫」と記述)からの呼び出しを受けている。呼び付けられているのか、お呼ばれなのか、ニュアンスはわからない(笑)。 9月の吉方位旅行で高知に行ったばかりだけど、10月分の吉方位旅行も既にある程度計画を練っていて、元々の予定は伊豆半島の下田にある伊古奈比咩命神社(いこなひめのみことじんじゃ、名神大社・県社・別表、未参拝)というところだったんだけど、「この行先で問題な [続きを読む]
  • 神社巡り 土佐神社・海津見神社
  • 前回の「吉方位旅行」の記事に書いたように、三連休に台風の中、高知に行ってきた。もちろん、無事に戻ってきた。 台風直撃の2日目の午後はホテルに閉じ込められたが、旅行中に予定していた神社は全て巡ることができた。飛行機の欠航もなく、現地の電車やバスの運休の影響を受けることもなく、強雨や土砂降りに会うこともなく。初日は高知空港到着時に1〜2mm程度の雨。その後も最大3mm程度の、参拝に差し支えない小雨と言える範囲 [続きを読む]
  • 吉方位旅行
  • この週末の3連休は台風の上陸が予想されているが、その台風目掛けて高知に旅行に行く予定なのである。なんでわざわざ台風の時に旅行に行かなければならないのか。これはいったい何をやっているのか。もちろん、前から予定していたから中止できないということでもあるが、吉方位への旅行なのである。吉方位旅行というものは、多少の邪魔(行くのやめようかな、という出来事)が入ろうが実行に移すことが重要らしい。この吉方位旅行 [続きを読む]
  • 非二元vsスピリチュアルという宗教戦争
  • このブログでは非二元や悟りについても書いているし、スピリチュアルについても書いている。実はこのようなブログはとても珍しいということに気が付いている方はいるだろうか。ついでに言えば、このブログでは私の趣味が神社巡りであるため神社・神道の話も出てくるが、深い教義の話などはあまりないにしても、文中には仏教やブッダのことも出てくるし、イエス・キリストも出てくるし、私はヒンドゥー教の流れをくむインドの聖者 [続きを読む]
  • 神社巡り 厳島神社(2)
  • (前回の続き) 宮島には厳島神社の摂末社がいくつかある。それらをいくつか巡ってから、ロープウェーで弥山(みせん)山頂と奥宮を目指す。 大元神社(おおもとじんじゃ)。厳島神社の摂社である。本社よりも古くから存在すると伝えられているそうである。まずまず好印象。 清盛神社。厳島神社の末社である。名称の通り、御祭神は平清盛。 平清盛の援助によって厳島神社は現在とほぼ同規模の、そして現在のような海上社殿 [続きを読む]
  • 神社巡り 厳島神社
  • 「私の守護霊様チーム」の記事に書いたように、お盆休みに広島県の厳島神社に参拝してきた。守護霊様チームのうちの三柱である宗像三女神(むなかたさんじょしん)を祀る。三女神を祀るのだが、「いつくしま」は「イチキシマ」に通ずるから、特に市杵島姫(イチキシマヒメ)を意識する神社である。神社巡りとしての前回の記事では山口大神宮を紹介しているので、山口・広島の旅行に行ってきたということであり、その旅行の一番の [続きを読む]
  • 私の守護霊様チーム
  • ペンデュラムというのは使いこなせれば本当に強力なツールである。覚醒時期を予期することもできたし、自分がスターシードでありアセンデッド・マスターとしてアシュタールがついてくれたことも知ることができた。最近だと、日本神話に出てくる神様と言われる存在について、世間では全く知られていない事実を色々と知ることができたりしている。そして、ついに私の守護霊様とそのサポートチームの全貌が解明した。今日は私の守護 [続きを読む]
  • シータ波と願望実現
  • 少し前の記事「ありがとうと天国言葉(3)」でこんなことを書いた。−−−−−最近、私が仮説として持っていたのは「瞑想状態で心の中で唱えるのが最も効果が高い」のではないかということ。これまた仮説だけれども、(意図的な)引き寄せって瞑想状態でやるのが良いのではないかと思っている。さっき書いたように、エゴ(個人意識)には実現能力がないから。実現する能力を持っているのは神(全体意識)だから、エゴができる限りゼ [続きを読む]
  • 古事記と日本神話の秘密
  • 神社巡りを趣味とする人にとって、あるいは、そこまでではないけど神社に興味がある人にとって、知っておくと面白いのが古事記や日本神話の世界である。日本神話について記したものには古事記のほかに、日本書紀やホツマツタエといったものがある。しかし、どれか1冊を選ぶとしたら古事記をお奨めしたい(私は日本書紀の前半やホツマツタエの本も読んだことはあるが)。こういった本は最初に難しいものを選んでしまうと、最後まで [続きを読む]
  • 寺社巡り 山口大神宮・瑠璃光寺
  • 今回紹介するのは、山口市内の山口大神宮という神社。そして、いつもは神社の紹介ばかりなのだが、至近距離にある瑠璃光寺という有名な寺院にも行ったので併せて紹介したい。 まずは、山口大神宮。近代社格は県社。山口県庁からわずか徒歩2分くらいのところに位置するのだが、見ての通り、信じられないくらい緑豊かな場所である。 鳥居前に立つ時、無意識のうちに境内規模や場の気の良さなどを予測する。かなり大きな神社に見え [続きを読む]
  • スターシードの方へのメッセージ
  • メッセージボードに「このブログの現在の読者の中に数名スターシードの方がいらっしゃいます」と書いたのだが、たまにこのブログを読みに来る方(閲覧頻度が低い方)も含めると読者の中に20数名のスターシードがいるらしい。今回はそんなスターシードの方へのメッセージ。ただし、スターシードだけがライトワーカー(光の仕事をする者)ではないし、地球全体がアセンション(個人のレベルで言うと「悟り」)へと向かっているのだ [続きを読む]
  • ありがとうと天国言葉(3)
  • 同じテーマの過去記事は以下を参照。 ■ありがとうと天国言葉■ありがとうと天国言葉(2) 私は覚醒までの2年間は非二元の本ばかり読んでいたし、その前は悟り系スピリチュアルの本ばかり読んでいた。私が斎藤一人さんの本を読んでいたのは、さらにその前くらいということだから、15年前〜5年前くらいのことだろうか。そういうことなので、最新情報をあまりキャッチアップしていなかった。最近はネットが便利になり、本を買わなくて [続きを読む]
  • 幸せの本質(2)
  • 前回の続き。 前回は、幸せを説明するモデルとして、幸せと感じる感情を以下の3つに分類したいという話をした。 1)一時的な幸せ2)条件付きの幸せ3)無条件の幸せ まあ、1つの説明用モデルにすぎない。これから、さらに細分化したりするので。 まず1)の一時的な幸せから。 これは2)の条件付きの幸せの中の一形態である。1)と2)はワンセット、3)だけが異質のものという見方もできるのだが、分けた方が説明しやすい。 [続きを読む]
  • 幸せの本質
  • 5年くらい前だっただろうか。人生をかけて情熱を傾けるライフワークが欲しいと思い、いろいろ考えた末に「幸せの研究」をやろうかと思ったことがある。幸せについて書かれている書籍や研究結果などを調べて、その本質を見抜きたい。これは絶対に人類に役立つ研究になるはずだと。しかし、たいして始めもしないうちに、あっという間にやめてしまった。1つには、マインドが無理やり考え出したテーマだったということがあるだろう。 [続きを読む]
  • 受容とは何か
  • 人が苦しみから逃れる方法は2つある(もっとあるかもしれないが)。1つは思考・マインドを完全に停止すること。もし、無思考状態をつくることができて、それを維持することができれば、その間は苦しみから逃れることができる。24時間瞑想状態でいるということ。逆に言えば、思考・マインドがあるから苦しむのであり、思考・マインドが苦しみの原因とも言える。無思考状態では苦しみがないというのは実験できるので、一度やってみ [続きを読む]