いなっちょ さん プロフィール

  •  
いなっちょさん: 茨城の片隅でフランス生活
ハンドル名いなっちょ さん
ブログタイトル茨城の片隅でフランス生活
ブログURLhttps://ibafralife.com/
サイト紹介文茨城にフランスの村をつくることを夢見る夫婦&うさぎの日記。
自由文http://ibafralife.blog.jp/から引っ越しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 250日(平均2.0回/週) - 参加 2017/04/06 17:21

いなっちょ さんのブログ記事

  • 床板の節(ふし)救出作戦
  • わが家の床板は無垢材だから、節(ふし)が結構あったりします。その節のひとつが微妙に引っ込んでまして、何の気なしにちょんと押してみたんですよ。そしたら、スコッと、それはもう隠しスイッチかのごとく奥深く落ちていってしまったわけです。こういう時、RPGゲームだったらゴゴゴゴッとどこかの扉が開いて、中に宝箱があるはずなんだけど、どうやらそれはなさそう。残念。とにかくかなりギリギリのラインでフシが引っかかって [続きを読む]
  • いばフラ北壁か゛ついに完成した
  • わが家の未完の領域。いばフラ北壁。未だ誰一人としてその完全な姿を見たものはいない。そんな難攻不落のいばフラ北壁がついに完成したらしい。ちょっと登山小説っぽい入りでこんにちは。住み始めて1年半にもなろうかという今日、なかなか完成しなかった北側の石壁がついに完成しました。いなっちょ目地詰めが面倒でねぇ。父が練ってくれた漆喰をコツコツ詰めましたよ。北側だから日が当たらなくて寒いのなんのって。指がかじかむ [続きを読む]
  • ポタジェガーデン、来年に向けて
  • コツコツと進めてきたポタジェガーデンづくり。ある程度かたちになって、今年の春夏はたくさんの野菜を収穫することができました。スーパーで買うこともほとんどなく、野菜に関してはほぼほぼ自給自足することができたかなと。とはいえ、まだまだ駆け出しなので改善点はたくさん。来春へ向けてちょこちょこ手を入れていきたいと思っています。改善点野菜を作り過ぎたかも食い意地がはってるもんで、とにかく食べられるものをたくさ [続きを読む]
  • 寒いから吹き抜けを塞いだら余計に寒い気がするんですけど
  • 雑誌の取材も無事終えて、以前書いたとおり、冬の間だけ吹き抜けを塞ぐことにしました。暖かい空気が上に行きすぎないようにするためです。薪の消費量を抑えるために対策を考えてみた2017.09.22杉板を使ったので違和感なし。いなっちょやった!上出来だ!最高の仕上がりだ!(板を切って載っけただけだけど)これで薪ストーブの暖かさがリビングを包み込んでくれるに違いない。実際リビングの温度は22度くらいになってるから、効果 [続きを読む]
  • 結婚記念日は素敵なカフェ『mikumari』で
  • 僕たちもなんだかんだで結婚して丸4年になりました。どこか美味しいものでも食べに行こうと計画。昨年の結婚記念日は定期的に通っていたお洒落なレストランでディナー……のつもりが、まさかの休み。忘れていたんです。僕らの運の悪さを。今年はちゃあんと調べてから行きましたよ。人間は成長するんですとも。いつもより少しばかり早起きして、空は灰色だったけども、紫外線が少なくてよかったととらえ、クルマをピカピカに洗車し [続きを読む]
  • インテリア情報誌『Come home!』の取材
  • リノベーションしたわが家を取材していただく機会に恵まれました。今回はCome home!のリノベーション特集だそう。以前も取材してくれたライターの小山さんと久しぶりの再会。カメラマンさんははじめまして。インテリア情報誌『私のカントリー』の取材2016.10.04撮影前にポタジェガーデンをみんなで散策したんだけど、先日の台風でものすごくぬかるんでおり……。「キャアァ〜!」小山さんはくるぶしの上までズッポリ!ポタジェガー [続きを読む]
  • 今シーズン初の薪ストーブ点火。楽しい季節の始まり
  • 10月の茨城は雨続き。天気予報のアプリには雨マークがズラリと並び、テレビからは洗濯物が乾かないと嘆くママさんたちの声。そんな中、わが家はいよいよ薪ストーブの出番がやってきました。雨が降ってたって洗濯物乾いちゃうもんね。久しぶりだからまずは炉内の湿気を飛ばすつもりでほんのわずかに焚いて、本格的な運用は次回から。以前の記事で、冬の間だけ発泡スチロールの板で吹き抜けを塞ぐつもりと書いたけど、やっぱり見た目 [続きを読む]
  • 自家製レモングラスティーがすんごくおいしい
  • ポタジェガーデンに1株だけ植えてあるレモングラス。8月に初めて収穫し、来年はもっと増やしてもいいかもなんて思っていたんだけど、これがまた想像以上に生育旺盛で、あれからさらに2回ほど収穫しました。で、このレモングラスで作ったハーブティーがとても美味しいのです。わが家ではレモングラス、レモンバーム、ローズマリーの組み合わせとか、レモングラス、レモンバーム、ブラックペパーミントの組み合わせで飲んでます。甘 [続きを読む]
  • あの石積みの家の離れに泊まれるんだって
  • 2016年の夏に訪問したとっても素敵なお家。ご夫婦が何年もかけて石を積んで作った素晴らしい石積みの家。その時のことは『(旧)茨城の片隅でフランス生活』で記事にしてます。憧れの『石積みの家と緑の庭』へトップの写真はその時に撮影したものなんだけど、この時はまだ工事中でした。それがついに完成し、なんと!この10月からここに宿泊できるようになったそうです!詳細は以下のサイトへ石積みの家 離れ民泊うわ〜めっちゃ泊 [続きを読む]
  • 薪の消費量を抑えるために対策を考えてみた
  • 自作の薪棚は僕の計算では軽トラ平積み3台分を収納できるんだけど、わが家では1シーズンにこの薪棚5つ分くらい消費します。つまり軽トラ15台分くらい。薪の消費量ってどのくらいが妥当なのかよくわからないけど、これってどうなんでしょうね。普通なんでしょうか。たぶん他のお宅より消費が激しい気がするんですが。今シーズン用はギリギリな感じです。節約しながら使わないと足りなくなる可能性大。そこで、薪の消費量を抑えるた [続きを読む]
  • 薪活で熱中症になりかけた。炎天下でひとり薪を運ぶのは危険だ
  • 久しぶりに薪活をしたんだけど、いやーものすごく疲れました。歳ですかね。わが家から歩いて1分もかからないくらいの所だったので、一輪車で向かったんだけど、樫があまりに重くてパンクしました。空気圧が甘かったんだねきっと。仕方なしに、軽トラの荷台の荷物をえんやこらと降ろしてから再度向かいました。なぜか今日に限って荷台に巨大な樽(中身は自家製味噌)が載っかってて、めちゃくちゃ重かったんですけど……。こんなこ [続きを読む]
  • 久しぶりの薪活。来年分の薪が足りなくてちょっと焦ってる。
  • 台風が過ぎ、気持ちのいい青空が広がる。わが家の周りの田んぼでは、稲刈りもだいぶ終盤にさしかかっているようで、黄金色の海も残すところあとわずか。立ち上ってくる土と植物たちの香りを全身で感じています。こんな日はアレです。薪活です。近所の家で木を切ったというので、ありがたく頂戴することにしました。ぶっとい樫の木がゴーロゴロ。一般的には処分に困るものだけど、僕らにとっては宝の山です。今シーズンの分は大丈夫 [続きを読む]
  • 帰るとカエルがお出迎え
  • 玄関の横にある小さな窓。ここに小さなカエルが住みつきました。バラの枝が目隠しになって居心地がいいんだろうなー。ちょこんとおとなしく座っているその姿が可愛くて、帰宅時にこの窓をチェックするのが日課になってます。 こちらはポタジェガーデン。バラの花びらの中にも。なんだかピンクのドレスを着てるみたい。子どもの頃に比べて徐々に虫とか苦手になってるような気がするんだけど、ポタジェをやってると当然そういったも [続きを読む]
  • 窓辺の景色も秋の気配
  • 茨城も朝晩はちょっと肌寒いくらいになってきました。シャワーで済ますことが多かったけど、最近は湯船にお湯を張ることもだんだんと増えてきて、そんなところからも秋の気配が感じられる今日この頃です。窓から見える景色にも少しずつ秋が混ざってきました。(この写真は真夏のものだけど)ポタジェガーデンのコキアは少しずつ赤くなってきて、落花生、ゴマ、さつまいも、栗や柿など、秋に収穫できそうなものも順調に育ってます。 [続きを読む]
  • パコマ10月号にわが家のポタジェガーデンを掲載していただきました
  • アレがついに出ました!わが家のポタジェガーデンについて取材していただいた『パコマ10月号』。特集は『美しい庭の空間学。』ポタジェガーデンを取材していただきました2017.06.07今回僕たちは4ページに渡って掲載していただきました。カメラマンをしてるくせに案外夫婦一緒に写っている写真って少なかったりするので、いい記念になりました。綺麗に撮っていただきありがとうございます。取材中にたまたま居合わせたシマちゃんも [続きを読む]
  • 古いものを大事にするのも楽じゃない
  • 僕たち夫婦は古いものが持つ、ある種の味わいみたいなものを楽しむのが好きなんだけど、車に関してはなかなかそれも難しかったりするようで。何の話かというと車検のことなんですけどね。このブログでは書いたことないと思うけど、僕は結構な車好きでして、シビックという車を大事に乗ってきました。中古で購入してから、かれこれ10年ほどになるかな。初年度登録はたしか2000年とかだから、もう17年くらい前の車です。走行距離は堂 [続きを読む]
  • 写真は記録を残し、記憶を共有するためのツールなのだ
  • 写真、撮ってますか?今やスマホでもきれいに撮影できるようになって、誰でもカメラを持っているような状況になりました。どこかに出かけると、カメラやスマホでパシャパシャと記念写真を撮っている姿をたくさん見かけます。でもどうでしょう。案外普段の生活の中でシャッターを押すことって少ないんじゃないでしょうか。それってちょっと寂しいなって思うんです。もちろん、どこかに出かけて撮る記念写真もステキです。でも1年の [続きを読む]