ノリベッキオ さん プロフィール

  •  
ノリベッキオさん: ノリベッキオの馬券王への道
ハンドル名ノリベッキオ さん
ブログタイトルノリベッキオの馬券王への道
ブログURLhttp://fanblogs.jp/norivecchio/
サイト紹介文とりあえず、毎週重賞レースの予想と回顧をおこなうブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 319日(平均4.4回/週) - 参加 2017/04/06 01:28

ノリベッキオ さんのブログ記事

  • 2018年2月18日<br />予想 小倉大賞典
  • 18日(日)小倉ではハンデ重賞小倉大賞典が行われます。ローカルのハンデ戦らしく波乱は期待できるのでしょうか。レース傾向・1番人気を含めた上位人気馬がアテにならず。大荒れまではない傾向だが、どこからでも入れるイメージ。・年齢不問。これも、どこからでもOK。・ハンデは背負う組を狙うべし。目安は55キロ以上。・前走成績も不問。距離的には前走2000組。・基本は内枠、先行勢。外は、やや割引。傾向的にはカオス感満点 [続きを読む]
  • 2018年2月18日<br />予想 フェブラリーS
  • 今週は土曜に時間がとれなそうなので、いまのうちにメインディッシュもあげておきます。18日(日)東京ではJRA重賞第一弾フェブラリーSが行われます。昨年のチャンピオンC1、2着馬ゴールドドリーム、テイエムジンソクが人気を集めそうですが、果たして両雄並び立つのでしょうか。レース傾向・.1番人気の信頼度はまずまず。ガチガチ傾向ではないが、二桁人気馬は厳しい。・年齢別で好成績は5歳、4歳、6歳の順。高齢馬は連下ま [続きを読む]
  • 2018年2月17日<br />予想 京都牝馬S
  • 17日(日)京都では京都牝馬Sが行われます。一昨年から施行時期、距離が変更されており、傾向の信頼度をどう見るかはポイントになりそうですね。レース傾向・1、2番人気の信頼度が高めのレース。基本は堅め傾向。・4歳断然、次点は5歳。基本若馬狙いで。・前走1着馬が強いレースだが、掲示板外からの巻き返しもアリ。・前走1600〜2000組が好成績。・枠番的にはフラット。脚質的には、やや後ろからが優勢。傾向的には意外とハッキ [続きを読む]
  • 2018年2月17日<br />予想 ダイヤモンドS
  • 17日(土)東京では長距離ハンデ重賞ダイヤモンドSが行われます。1番人気濃厚なフェイムゲームは当レース3勝目となるのでしょうか!?レース傾向・1番人気は高信頼度。基本的には人気サイドでの決着。・4歳馬強し。7歳以上は連下までか。・ハンデは背負う組から狙うべし。・近走成績が、それほどアテにならず。・枠番による有利不利は無し。脚質的には差し。基本的には堅め傾向であり、無理な穴狙いは厳しい。1番人気濃厚なフェイ [続きを読む]
  • レース回顧<br />クイーンS
  • 12日(月)東京で行われたクイーンCは、ハイペースから押し切ったテトラドラクマが重賞初勝利。今後が楽しみになる一戦だったと思います。この日の東京の馬場は前日と、ほぼ変わらず。バイアスはフラットなので、基本的には内・前有利。流れ次第で差しも決まるといったイメージだったと思います。勝ちタイムは1分33秒7。前半ハイペースで中盤も緩まず、前2頭だけはコーナーで一息入れての再加速。後ろからきた馬は高い後半要素を [続きを読む]
  • レース回顧<br />共同通信杯
  • 11日(日)東京で行われた共同通信杯は、好位のインから突き抜けたオウケンムーンが快勝。重賞初制覇を達成しました。この日の東京は、ほぼフラットな馬場で基本的にはイン有利という見立てで良かったと思います。勝ちタイムは1分47秒4。前半スローからの上がり3F持続力勝負。後ろからの馬は、そこにキレも要求されるイメージだったと見ています。ポジショニングは、結構明暗を分けたレースだったのかなと思います。勝ったオウケ [続きを読む]
  • レース回顧<br />京都記念
  • 11日(日)京都で行われた京都記念は、好位のインからしぶとく抜け出したクリンチャーが、勝利し重賞初制覇としました。この日の京都は、悪天候の影響から、かなり重たい馬場だったと思います。中距離戦なら3秒程度は、かかるイメージだったのではないでしょうか。勝ちタイムは2分16秒3。馬場状態を考えても、前半はかなりのスロー、レイデオロが坂の手前から、かかり気味に進出して、全体の仕掛けが早くなり、後半ロンスパ戦にな [続きを読む]
  • 2018年2月12日<br />予想 クイーンC
  • 12日(月)東京では、3歳牝馬のマイル重賞クイーンCが行われます。近年は桜花賞はもちろんのこと、その先のGⅠ戦線を賑わす馬を輩出するレースになっているので、要注目です。レース傾向・1、2番人気の信頼度が高いレース。上位人気馬が崩れることが少ない順当レース。・前走1着〜4着の馬が中心。巻き返しにくい傾向。・枠番的には、やや外優勢。脚質的には先行・差し。傾向的には、堅い順当レース。特に勝ち馬は1、2番人気から [続きを読む]
  • 2018年2月11日<br />予想 共同通信杯
  • 11日(日)東京ではクラッシックの登竜門共同通信杯が行われます。近年ここからの活躍馬が多数出ており、今年も見逃せない一戦になりそうです。レース傾向・1番人気を含めた上位人気馬の信頼度はイマイチだが、穴目の馬も来ていないレース。上位人気馬が満遍なく来ている傾向。・勝ち切るには前走1着〜3着が必要。・基本は内枠・先行。前目から一脚。基本的には堅いレースと考えていいと思います。特に目立った傾向は無いので、上 [続きを読む]
  • 2018年2月11日<br />予想 京都記念
  • 11日(日)京都では伝統の中距離重賞、京都記念が行われます。頭数は少なめですが、ダービー馬レイデオロをはじめ、なかなか興味深いメンバーが揃いましたね。レース傾向・1番人気の信頼度はイマイチだが、人気薄では厳しい傾向。基本は順当決着。・4、5歳馬中心。6歳は連下まで、7歳以上では厳しい傾向。・前走惨敗からでも巻き返せるレース。前走着順は、それほどアテにならず。・やや、外枠優勢。脚質的には傾向無し。基本的に [続きを読む]
  • レース回顧<br />東京新聞杯
  • 4日(日)東京で行われた東京新聞杯は、牝馬クラッシック戦線で善戦したリスグラシューが中団追走からラストは突き抜け、これまでのうっぷんを晴らすような快勝劇を演じてくれました。この日の馬場は、まずまず時計の出る状態ではあったと思います。勝ちタイムは1分34秒1。馬場を考えると時計的には、それほど早くはないと思います。ペース的には前半はスローで中盤も緩み、後半は持続力、切れ味共に求められた流れだったと見てい [続きを読む]
  • レース回顧<br />きさらぎ賞
  • 4日(日)京都では、きさらぎ賞は新馬勝ちから直行のサトノフェイバーが積極策からの二枚腰で重賞初制覇。ジンクスを破る、見事な勝利だったと思います。ジンクスを破った、この馬の今後には個人的に注目していきたいと思います。毎週のことですが、京都の芝は重くなっており時計は出づらい馬場。これは開催終わりまで続くでしょう。基本的に切れ味は要求されない馬場であり、スローなら当然前へいったほうが有利だと思います。勝 [続きを読む]
  • 2018年2月4日<br />予想 東京新聞杯
  • 4日(日)東京ではマイル重賞東京新聞杯が行われます。ここで手応えをつかみ、今後のGⅠ戦線での飛躍につなげていく馬は現れるのでしょうか。馬券的にも楽しめそうな一戦ですね。レース傾向・1番人気苦戦。その他の上位人気馬もアテにはならず。波乱度高めのレース。・4歳馬優勢。次いで6歳、5歳の順。高齢馬は苦戦。・内枠が圧倒的な強さ。脚質的には前にいける組。ここは1番人気が極度の不振で完全に荒れ傾向のレースです。この [続きを読む]
  • 2018年2月4日<br />予想 きさらぎ賞
  • 今週一発目の予想は、このレースからいきたいと思います。4日(日)京都では、きさらぎ賞が行われます。近年、ここをステップに飛躍する馬が目立っていますが、今年はどうなるでしょうか。レース傾向・1番人気の信頼度は、まずまず。ときより人気薄が飛び込んでくるイメージだが、近年は堅め傾向。・新馬勝ち上がり組は苦戦。基本的には外したいグループ。・前走着順の良い馬を狙うべし。巻き返しは難しい!?・枠番、脚質に目立っ [続きを読む]
  • 2018年1月分<br />的中率・回収率
  • 月が替わる前に1月分の的中率・回収率をアップしておきます。まずは的中率のほうから。予想レース数:11的中レース数:4※的中レース数はプラス回収になったレースの数です。的中率:363.6 となりました。私にとっては、これはかなり良い数字です。実感はあまりないんですが、好調だったんでしょうね(苦笑)続いて回収率。購入金額:14,200円※買い目を100円均等買いでの合計です。払戻金額:18,990円回収率:134% これに関して [続きを読む]
  • レース回顧<br />シルクロードS
  • 28日(日)京都で行われたシルクロードSは、先行策からラスト一脚で抜け出したファインニードルが完勝。重賞2勝目をあげました。この日の京都はちらちら雪が舞い、発表こそ良でしたが完全な良ではなく、時計もかかる良でしたね。バイアス的には、引き続きイン差し有利。勝ちタイムは1分8秒3。ペースは、ほぼ平均でしたが、緩みなく流れたイメージ。問われた能力に違いはあれど、前後での有利不利はそれほどなかったレースと見てい [続きを読む]
  • レース回顧<br />根岸ステークス
  • 28日(日)東京で行われた根岸ステークスは実力馬ノンコノユメが、復活の快走を見せてくれました。この日の東京ダートは、かなり時計の出る馬場ではあったと思います。勝ちタイムは1分21秒5のレコード決着。レースの流れは、前半激流、コーナーで一息入れての再加速戦。序盤飛ばした先行組には厳しく、緩んだところで押し上げていけた後方組に有利な流れではあったと思います。勝ったノンコノユメは、序盤流れた展開が噛み合ったと [続きを読む]
  • 2018年1月28日<br />予想 根岸ステークス
  • 28日(日)東京では、フェブラリーSのステップレース根岸Sが行われます。ここは、メンバー的には大混戦で、どこから入るか悩ましいところですね。レース傾向・1番人気の信頼度はマズマズ。2番〜3番人気が不振で4番人気が好成績。・勝ち馬は人気どころからだが、相手には人気薄が飛び込んで来るレース。・5歳勢中心。次いで4歳、6歳の順。・関西馬断然。地方馬は馬券圏内無し。・若干内枠有利。脚質的には差し・追い込み。馬券の [続きを読む]
  • レース回顧<br />AJCC
  • 21日(日)中山ではAJCCが行われました。ここは4歳馬ダンビュライトが先行策から、きっちり抜け出しての快勝。重賞初勝利を遂げました。開催も進み、突然時計の出る馬場になるはずもなく、この日の中山芝も、やや時計のかかるタフなコンデション。勝ちタイムは2分13秒3。前半はスローで、後半持続力の勝負。流れ的には前有利。後方組は押し上げる際に更に脚を使わなければならずの展開だったと見ています。勝ったダンビュライ [続きを読む]
  • レース回顧<br />東海ステークス
  • 21日(日)中京で行われた東海Sは、断然の1番人気テイエムジンソクが逃げ切り勝ち。見事人気に応えました。勝ちタイムは1分51秒8。序盤は平均気味に流れ、向こう正面から各馬が仕掛け気味に動くロンスパ戦。コーナーで一度緩んだものの直線で再加速、ラストは流石に緩みました。非常にタフなレースで持久力が問われ、かつペースの出し入れも激しい流れになりましたね。勝ったテイエムジンソクは自分の形でレースをして、強い競馬 [続きを読む]
  • 2018年1月21日<br />予想 AJCC
  • 21日(日)中山では、伝統の中距離戦AJCCが行われます。構図的にはグランプリホースゴールドアクターに4歳勢が挑戦という形になりますが、果たしてどんなレースを見せてくれるのでしょうか。レース傾向・1番人気は一息、信頼できるのは2番人気。ガチガチ傾向ではなく中波乱傾向。・勝率は5歳馬、連対率なら7歳馬が優勢。・枠番的には3〜6枠の中枠優勢、外枠はやや割引。・脚質的には先行・差し。追い込みでは届かない!?何気 [続きを読む]
  • 2018年1月21日<br />予想 東海ステークス
  • 21日(日)中京ではフェブラリーSの前哨戦東海Sが行われます。今年は昨年のチャンピオンC2着のテイエムジンソク断然ムードですが、どんなレースを見せてくれるでしょうか。レース傾向・1番人気の信頼度は高め。ただし、ガチガチというわけではなくヒモ荒れ傾向。・馬齢別では5歳が好成績、6歳が不振。・近走好走馬が中心。連対のボーダーは前走一桁着順。・外枠が優勢。脚質的には先行・差し。追い込みだと届かない?傾向的には [続きを読む]
  • レース回顧<br />京成杯
  • 14日(日)中山で行われた京成杯は、こちらも最終的に1番人気に推されたジェレラーレウーノが3連勝で重賞初制覇。レースを振り返ります。この日も中山は時計のかかる、タフなコンディションでしたね。ただ、京都のように目立ったバイアスはなく、流れひとつで有利不利は変わる馬場だったと思います。勝ちタイムは2分01秒2。2秒程度の前傾ラップになっており、前半はハイペース。ラストは切れを求められたところはなく、持久力勝負 [続きを読む]
  • レース回顧<br />日経新春杯
  • 14日(日)京都で行われた日経新春杯は、最終的に1番人気に推されたパフォーマプロミスが、好位のイン追走から逃げ粘るロードヴァンドールを最後の最後で交わし、重賞初挑戦初制覇を遂げました。この帆の京都の馬場は良馬場でしたが、引き続き時計がかかるイメージで、バイアス的にイン差し、外不利の傾向はわりとハッキリ出ていたと思います。勝ちタイムは2分26秒3。ラップ的には前半スローからの後傾ラップではあるんですが、レ [続きを読む]