武好会 さん プロフィール

  •  
武好会さん: 武好会
ハンドル名武好会 さん
ブログタイトル武好会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/bukokai
サイト紹介文藤沢などで剣術、小太刀や居合を稽古する会です。武道に初めて触れる方も参加して下さい。
自由文スポーツジムの様な雰囲気で武道を稽古してみませんか?

服装自由、参加費も回数制で入会金や年会費なし。
稽古内容は小太刀、剣術、居合、柔術、各種ボディーワークです。
強くなることよりも「楽しく」を目標に稽古をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2017/04/07 09:00

武好会 さんのブログ記事

  • 組織の不正ばかりを報じている様に思うけど・・・居合と段位
  • 段位取得に不正があった、役員が金品を要求した。組織が悪い!。 たしかに、真実でしょう。  でも、受験者側の問題もあります。実際に居合道修行者間でも良く言われているのが段位=腕前ではない。低段者が上手で、高段者が下手。初段と8段の人のレベルの差が分からない。こんな話は良く出てきます。外の意見ならば、ただの批判ですが内部の声なので真実も多いのでしょう。  段位と腕前はリンクをしないと言う事実を知りなが [続きを読む]
  • 2018年8月18日(土) 稽古日誌 居合・剣術
  • 幾分涼しくはなってきましたが、まだまだ暑い今日この頃です。  この日は体験と言うか、(稽古会の)話を聞きにヨガの先生が来られました。体術の1−2本目を体験頂きましたが、ヨガをされていても、単純だけど難しい、と言う感想を頂きました。  さてさて、日誌です。   主に居合の稽古を中心に行いました。久々に複数の型を抜いたり、その意味の再考査など。 剣術1本目のみ。自主稽古型(一人稽古型)を含めて、丁重な動 [続きを読む]
  • 物差し
  • どんな世界にも基準とか標準と言うものは存在します。しかし、それは科学的根拠によって作られた基準であり、独断と偏見による「個人の主観」というものは物差しとは呼べない物です。 さて、日本を含め先進国と呼ばれる国々は発展途上国と呼ばれる国の情勢に、しばし自分たちの物差しを押し付ける傾向にあります。 ある東南アジア。熱帯雨林の国では、所得が少ない人が沢山います。残念ながら高級腕時計とか、高級車を所有してい [続きを読む]
  • 争いは無意識に。
  • ヴィクトリア湖。大きさもさながら、その美しさは世界一とも言われております。 さて、この湖はワニが生息をしており、人間が犠牲になる事もしばしあります。  ここでワニがなぜ人を襲うのか?1つは捕食対象動物(人間)が近くに居たから。と言うのがあります。 しかし、ワニは人間と異なり不必要な狩りは行いません。要は食べもしない動物をむやみに襲わないわけです(反撃とかワニの防衛行動での攻撃は除く)  ではワニに [続きを読む]
  • 2018年8月11日(土) 稽古日誌 居合・剣術
  • お盆ですね〜。地獄の釜の蓋も開き、死者が現世に戻ってくる今日この頃です。 不思議と暑さが和らぎました。このままて気温が続く事を祈っております。 稽古日誌です。 剣術素振り−円相五方の構え(五輪書などから)基本組太刀1−4本。  居合座居合 7本立居合 5本 無想剣うん。何と言うか相手の成長が早くて驚きました。やや加減をしているとは言え、こちらの方が圧倒的にリーチが長い状況で相打ちが続きました。 こり [続きを読む]
  • 此一流ニ刀と名付る事
  • 無想剣の動画を見ると「片手」で剣を保持している事に気が付くでしょうか? この稽古の理由の一つが 五輪書にかかれている「此一流ニ刀と名付る事」です。 片手。これでは十分なパワーが出ない、と考えるのは現代的でしょうか?そうですね。確かにパワーとかを考えれば、両手剣にこそ利があります。剛刀で甲冑ごとブッタ斬りにするならば、両手でも足りないくらいでしょう。  しかし日本刀の特性を考えれば、人を斬ると言う事 [続きを読む]
  • 栄養学のお話
  • スポーツとかダイエットで、炭水化物を抜くとか筋肉アップは炭水化物と脂質を抜いて、プロテイン一色に。こんな話は聞いたりしませんか? それで強くなれる人もいるでしょうし、魅せる筋肉を作るならば、水分を抜いたり、脂質を接収しない事も大事かもしれません。プロレスラーとか格闘技で体重とパワーと言う場合もプロテインの摂取量は増やした方が良いかもしれません。  今回は、一般的なスポーツとか、さほどパワーを求めな [続きを読む]
  • 真剣の扱い
  • 無想剣は、原則としては「模造刀」で稽古を行います。これには理由があり木刀や竹刀を用いないのは「本番の稽古」だからです。 えっ??普通は本番の稽古では? 感覚の違いでしょうか?いわゆる木刀や竹刀での稽古は映画の撮影で言うところの「リハーサルのためのリハーサル。」練習のための練習。このような考えがあるためです。  藤沢稽古会では、木刀や詰めた竹刀を持ちいますがこれは安全のため、であり本来は模造刀同士が [続きを読む]
  • 2018年8月4日(土) 稽古日誌 剣術 居合
  • 武術的なセンス。扇子ではありません。 17:45〜の無想剣の稽古を行った際に、60歳代の会員さんも参加されました。最初は、技術とかタイミングとか呼吸を読んでというような「強い意識」を持って稽古に参加されました。しかし、私のつたない説明ではありましたが稽古の開始から20分くらいで、「水月の入り口」を見つける事が出来ました。 まぁ私の伝え方が天才的だったから武術的センスがあると、その分早く水月にたどり着きます [続きを読む]
  • 偶然の勝ちと必然の勝ち 必勝とは?
  • 無想剣は「必然の勝ち」を生むための1つの心法(精神)の稽古です。  さて、スポーツチャンバラのような条件で私が山本師範と戦ったとします。体力が付きたら負け。当てられたら負け。体力・技など何を用いても可能。 この条件下では、多分私が勝ちます。①スタミナが上②物理的に体が柔らかい③筋力が上④年齢が若い⑤肉体的に健康 この勝ちは「必然の勝ち」になるのでしょうか? これは偶然の勝ちです。 たまたま、相手よ [続きを読む]
  • ヒーローは身近な一般人なのかもしれない
  • 無想剣でヒーローをイメージしながら。こんな稽古法がある事は、以前に紹介をしました。 ヒーローと言えば、大体が 超能力というか人と異なる大きな力を持ち正義を掲げるスターを指します。 そこである漫画のヒーローを紹介しようと思います。誤解があるといけないので、事前に記載をしますが私は「若くて、綺麗で、スタイルの良い女性」が好みです。    それとは別の感覚で、オバハンヒーローが大好きです。誤解はしないで [続きを読む]
  • 「年収945万円で忍者募集」伊賀市、偽ニュースを否定
  • フェイクニュースで伊賀市役所の通常公務が混乱?みたいです。 伊賀で忍者が不足をしていた感じは無かった気がします。市長も「余っている。」と発言してましたね。  むしろ観光客不足ならありうるかもしれません。税金で忍者の雇用(年収945万円?)はなかなかないと思います。  忍者よりも、観光客を誘致する事が出来る人の採用なら可能性はあるかもしれません。  https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/24/ninja_a_2348 [続きを読む]
  • 五輪書に記されていた「刀と自己責任」
  • 以前にhttps://blogs.yahoo.co.jp/bukokai/15920920.htmlを掲載しました。試斬で刀が壊れる事を刀の所為にするのは、武道家としてどうなのか?と言うお話です。  五輪書に武器の選択についての記載がありました。兵法と試斬が同じなのか?これは難しい判断です。  ここで試斬を兵法と見るか?あるいはアトラクションとして見るか?ここにまた別の考えが生じるように思えます。  ある居合の団体では、過去に宗家が試斬を禁止 [続きを読む]
  • 武道の達人とは?
  • 武道の達人って?そうですね〜 素手で相手を簡単に投げ飛ばしたり日本刀を持てば、何人相手でも無双を繰り出すとか?色々な考えや定義付けがあっても良いかと思います。 では「武道の達人とは人を傷つけたり殺めたりする専門家」なのか?  るろうに剣心の第13代目 比古清十郎は「剣は凶器。剣術は殺人術。どんな綺麗事やお題目を口にしても それが真実。人も護るために、人を斬る。人を生かすために人を殺す。これが、剣術の真 [続きを読む]
  • 礼法と伝統武道のお話
  • 礼と言う物を日本人は非常に大切にします。 しかし、だからと言って“所作”について何でもかんでも知っている人は少ないでしょう。 冠婚葬祭。ご祝儀とお香典の違いを知っている人は沢山います。しかし、御霊前と御仏前の違いを知っている人は案外少ない物です。この2つを間違える話は(過去には)良く聞きました。*今は包装紙に説明書きがあります。 ちなみに、死んだばかりで幽霊が現世に居る時につかうのが御霊前。成仏を [続きを読む]
  • 居合は最強? その理由
  • 以前に居合専門と言われる世界で稽古をしていた事があります。ここで、1回は聞くのが「居合は剣術の中でも最強の部類に入る。」言い回しは他にも色々ありますが、大体は、剣術(剣道)よりも上位に位置するモノであると言うような内容を耳にします。 しかし理由は、少なくとも私が納得できた理由は聞く事がありませんでした。  そこで、居合が最強とは言わなくても、剣術よりも上位に位置する一つの理由は何か?説明しようと思 [続きを読む]
  • なんでもかんでもは良くないけど、こだわりが強いのも良くない
  • 剣術のお話です。 私の知る狭い範囲の直心影流剣術の法定は「呼吸と剣の一致」が1つ求められています。 反面、無想剣や過去に触れた剣術では剣に対して呼吸や声との一致は求められておりません。 さて、ここで疑問です。剣と呼吸は合わせた方が良いのか? 合わせない方が良いのか? さぁどちらでしょうか?答えを書く前に、宮本(新免)武蔵の五輪書の一部を紹介します。武蔵は、長い刀を扱う流派を批判し、また短い刀を使う [続きを読む]
  • 2018年7月21日(土) 居合・剣術稽古日誌
  • 21日は“やまと骨董市”でした。私は6時に行き、所用のため小一時間程度で帰宅をしたため山本師範にはお会いできませんでした。 その代り、別の会員さんと3ショットがこちら。(*山本師範のfacebookから拝借) 稽古で使う帯(男物の角帯)などは、100〜1000円程度で購入できたりします。希に正目で曲がりの無い木刀が1000円で売られている事もあり、ちょこちょこ覗きに行くと、お介護くな者が手に入るかもしれません。 さて稽古 [続きを読む]
  • 無想剣 初歩の水月のための稽古方法 その1
  • こちらの稽古方法は、私の考案で山本師範公認の稽古です。週末に、忘れていなければ 動画を取る予定です。 通常の稽古では模造刀ないし木刀を用います。この時の利点は、真剣の感覚が分かりやすい、これにつきます。 欠点は? 初学の内は武器を持つので勝ち気が出やすい、武器で攻撃されるので恐怖心が生じやすい。 そこで、ハイタッチ法(仮称)。特に初学でかつ勝気/恐怖心が抜けない方にマッチングする稽古です。 1、お互 [続きを読む]
  • 力を抜く 
  • 剣術でも居合でも“力を抜く” “力を込めない” と言う術理があります。 「さぁ 力を抜いて稽古をしましょう。」この様に稽古を始めると、大体の方が堅くなります。 これは 禅の一円相と同じです。“綺麗な円を書こう” “格好の良い円を書こう”この様な気持ちがあると、体のどこかに力が入り綺麗な円になりません。 “ただ円を書きましょう”この気持ちなんです。  さて、体の力を抜く事も「ただ稽古を楽しみましょう。」 [続きを読む]
  • 2018年7月14日(土)稽古日誌
  • 早朝は座禅会に参加をしてきました。心が洗われるか?う〜ん、煩悩の塊の様な人間なので余計な事ばかり考えてしまいます。「宝くじが当たらないかな?」「竹藪を探索したら、2億円落ちていないかな?」などなど。 さてと今年は猛暑ですね。冷たいビールを飲みながら稽古をしたいと思うのは私だけでしょうか? バカなことを書きながら、暑さを忘れたいなぁ〜とは思っております。 さて稽古です。 1、足のストレッチ健康な人も [続きを読む]
  • 葉隠(はがくれ)と言う名著から
  • 以前に、私は勝気の塊、山本師範は生臭と言う話を紹介しました。そのマイナス面も飲み込んでしまう事も大切なことだとも説明しました。 葉隠という書物があります。ここに同じ事が書かれておりました。 ひじり(聖)。高潔な人物に対して読んだりします。葉隠では“ひじり”を非知りと表現をしています。  非知りとは?これは自分自身の欠点を知っている、と言う意味です。欠点や弱さを知るから「聖」であると。 その欠点を直 [続きを読む]
  • 伊賀流手裏剣大会で思う事
  • 伊賀流手裏剣大会、各地で予選が行われ上位40名が本戦に出場をするわけです。 優勝者もいれば最下位者もいます。さて、その術者の実力ですが上位70名くらいは、実力としては大きな差は無い様に思えます。 では、何の差で優劣や勝敗が付くのか? その前に、技量の話。大抵、上位70名位に入る人達は道場に通っていたり、自前の道場を持っていたりします。普段使っている「自分の稽古場」では、250点中180―220点をたたき出す人も [続きを読む]
  • 人を殺した人間を批判するだけでは無想には繋がらない
  • 神奈川県のイベントに参加をすると、以前に発生した障害者施設の事件が礎となった神奈川県憲章なる用紙が配られます。 この事件、犯人は大変な事をしでかしました。多くの人は、死刑だ! 悪人だ! このような意見や感情があると思います。しかし、似た様な施設で働いている方の意見で「犯人のしたことは許される事ではないけど、その心情は理解できる。」と、別の立ち位置からの考え方も聞きました。    この事件(類似事件を [続きを読む]