utokyo318 さん プロフィール

  •  
utokyo318さん: 東大生母の子育て回想記
ハンドル名utokyo318 さん
ブログタイトル東大生母の子育て回想記
ブログURLhttp://utokyo318.blog.fc2.com/
サイト紹介文関西出身東大生娘の母親で、学習塾で勤務しています。これまでの子育てや日々感じたことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/04/07 14:47

utokyo318 さんのブログ記事

  • 人生を生き抜く
  • 人生は生きるのではなく、生き抜くものであるといった内容の記事を読みました。「生きる」と「生き抜く」。今まで深く考えたことがありませんでしたが、この二つは意味が違うそうです。生きるのは、誰でもできること。ただなんとなく毎日を過ごしている状態でも、一応生きることができます。これに対して、生き抜くには努力が必要で、自分と現実に、真っ向から向き合うことだそうです。楽しいことも辛いことも全力で取り組むので、 [続きを読む]
  • とりあえずやってみる
  • 「とりあえずやってみる」という軽い気持ちで行動すると良いといった内容の記事を読みました。記事には、なかなか行動できない理由として、行動を大げさに考えているからということがあげられていました。肩に力が入りすぎていて、心まで動けなくなっているんだそうです。そんなときは、「失敗してもいい」「結果が出なくてもOK」と考えるようにして、リラックスしながら始めてみる。いったん始めれば、あとは勢いづいて物事がう [続きを読む]
  • 焦りを味方に変える
  • 焦りを味方に変えてしまう人が合格をつかみ取るといった内容の記事を読みました。私たちは、覚え始めたことはまず、脳の「海馬」という場所に保存されるのですが、この「海馬」は短期記憶をするところで、長期記憶が必要だと判断された情報はその後「側頭葉」に移動するそうです。復習すれば記憶が強化されるのは、情報を繰り返し入れることで脳が長期記憶が必要だと判断してくれるからなんですね。しかし、強い感情を伴った記憶に [続きを読む]
  • 「誰のために」を意識する
  • 人の役に立てるためには「誰のために」を意識すると良いといった内容の記事を読みました。この記事を書いた方は、文章を書くときには「誰のために書くのか」を常に意識されているそうです。対象を明確にすることで、軸がぶれることなく、内容も具体的に書けるようになったということらしいのですが、読んでくださる方をイメージしながら書くというのは、とても良いことだと思いました。ただし、ブログなどは日記のような役割も果た [続きを読む]
  • アウトプットの重要性
  • アウトプットをすればするほど、もっと勉強がしたくなるといった内容の記事を読みました。なかなか勉強する気になれない。そういうとき、私はしょっちゅうありました(^-^;記事によると、勉強する気になれないのは、積極的にアウトプットをしていないからだそうです。もともと、知識欲は生理的欲求なので、積極的に体を動かしていれば自然とお腹がすくのと同じように、勉強も積極的にアウトプットしていれば、自然と勉強がしたくな [続きを読む]
  • 早め早めに行動する.
  • 今住んでいるところは電車がJRしか通っていないのですが、JRというと遅延がよくあるというイメージなので、出かけるときはなるべく早く家を出るようにしています。でも、娘は、Yahoo!の乗換案内で調べて逆算し、ぎりぎりにしか家を出ないんですよね・・・・小さいときから「早め早めに行動すること!」と言い聞かせ、私自身実践してきたにも関わらず、まったくそのようになっていない!一応、目的地には早めに着くように [続きを読む]
  • 友達は少ないほうがいい??.
  • 予備校講師でタレント活動もされている林修先生が「友達は少ないほうがいい」とおっしゃっていることについての記事を読みました。友達は多いほうがいい。私たちにはなんとなく、そんな考えがあるのではないでしょうか。SNSの普及もあり、人とつながるのが簡単な時代になりましたが、林先生によると、考えるという作業は絶対に一人でしかできないので、多くの人とつながりすぎることはあまり良くないのだそうです。友達が多いと [続きを読む]
  • 未来にわくわくする
  • 過ぎ去ったことにくよくよせず、これからの未来にわくわくしようといった内容の記事を読みました。過去を振り返って後悔すること、私はしょっちゅうありますね。あのときに戻ってやり直したい。そう考えていると、だんだん落ち込みが激しくなってくることも・・・・でも、いくらくよくよしたところで、時間は前にしか進まず、過去は1秒たりとも戻ってこないわけですから、無駄なことはやめて、これからの未来にわくわくするほうが [続きを読む]
  • 面倒な仕事は早く片付ける
  • 面倒な仕事ほど、できるだけ早く取り掛かるほうがいいといった内容の記事を読みました。面倒な仕事、ついつい後回しにしたくなってしまいますよね。でも、「面倒だな」と思うだけでも、気力・体力・精神力が削られ、疲れてしまって仕事が余計にうまくいかなくなってしまうそうです。だから「面倒」と思う前に取り組むくらいでちょうどいいんだとか・・・・事情があって、すぐ取り掛かることができないなら、せめて少しでも早く取り [続きを読む]
  • 自分を信じたい!
  • 自分を信じるほど、潜在的な力が発揮されるといった内容の記事を読みました。物事がうまくいかない人には、自分に自信がないという特徴があるそうです。自分を信じないと、必ず弱気になってしまい、無意識のうちに手を抜くので、結果が伴わないということらしくて・・・・反対に、強気になると、行動にも気合が入り、より結果に反映されるみたいなので、やはり気持ちを強く持つに越したことはないかもですよね。いったん物事がうま [続きを読む]
  • 好きなことを見つける
  • 成功の第一歩は、好きなことを見つけることであるといった内容の記事を読みました。たとえば、世の中の経営者を見てみると、たぶん「大嫌いな仕事を頑張ったから成功した」という人はあまりいないのではないのでしょうか。たぶん、その人たちは好きでその仕事をしていて、たとえ困難があっても集中力と根気で乗り越えることができるからなんですよね。もし、出世やお金のためだけに仕事をしていたとしたら、きっと組織のトップまで [続きを読む]
  • 知性は力になる
  • 知性は力になるといった内容の記事を読みました。地球上には、人間より優れた運動能力を持っている動物はたくさんいますが、それでも地球は人間が支配している状態ですよね。どうしてそんな状態になっているかというと、人間には「知性」があるからだそうです。また、これは人間同士でも当てはまり、勉強をして知性を身につければ、他の人より早く成長ができ、有利になれるとも書いてありましたが、本当に、学ぶことを続けていれば [続きを読む]
  • さまざまな価値観を認める
  • 人付き合いが上手な人はさまざまな価値観を認め、受け入れているといった内容の記事を読みました。世の中には、さまざまな価値観が存在しますよね。スポーツをするのが好きな人もいれば、読書が好きな人もいる。外で働きたいと思う人がいれば、家でゆっくり過ごしたいと思う人もいる。何が正解か判断するのは難しいですが、さまざまな人と付き合うのはさまざまな価値観と付き合うことにもなり、たとえ自分と違う価値観を持っている [続きを読む]
  • 低体温に注意
  • 低体温の原因と改善法について、解説してくださっている記事を読みました。低体温の人が現在急増しているみたいですね。低体温とは、体温が36.5度未満のことで、36度未満は要注意らしいです。体温が低いというと、女性に多いイメージがありますが、男性や子どもでも起こる場合があるようで・・・・自分の体温を知るには、正しい体温の測り方で測る必要がありますが、ポイントとしては〇10時ごろに測る〇わきの下で測るといったこと [続きを読む]
  • 睡眠時間を確保する
  • 睡眠時間は、最低でも6時間以上とるほうがいいといった内容の記事を読みました。なかなかまとまった睡眠がとれないという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。短すぎると脳に良くないみたいですが、長すぎるのも脳に悪影響を与えるという報告があるようですね。理想は、7時間以上9時間以下と書いてありましたが、私も毎日それくらい寝ることができたらいろいろ頑張れそう!最近は夜中にトイレに行くこともあるので、睡眠 [続きを読む]
  • 遊びも勉強のうち
  • 遊びも立派な勉強になるといった内容の記事を読みました。子どもにとっての仕事の一つは学校の勉強であると思いますが、それは子どもが大人になり社会人となったときに、一般的な常識や知識が役に立つからなんだそうです。しかし、もう一つ、親が見落としてしまいがちな大切な勉強があり、それが「遊び」とのこと。大人にとって遊びはあまり重要には感じないかもしれませんが、子どもにとっては遊びも立派な仕事なんですよね。遊び [続きを読む]
  • 手先を器用にする
  • 手先が器用な子どもは脳が発達しているといった内容の記事を読みました。現代では、手先が器用に使えない子どもが増えているみたいですね。昔に比べてさまざまな技術が発達し、手先が器用でなくてもできることが増えてきたことが原因のようですが、たしかに、今はボタン一つでできることがたくさんあって、手をあれこれと動かすことが減ってしまっていますよね・・・・もともと、人間は他の動物よりも手先が器用なのですが、それは [続きを読む]
  • 組み体操
  • 運動会で組み体操に取り組む学校が以前より減っているという記事を読みました。私が子どもの頃は、組み体操といってもピラミッドもそんなに高くはしなかったですし、危険という認識はなかったのですが、最近では高さがものすごく高いものもあるみたいで、完成するとたしかに感動はするのですが、同時に大丈夫だろうかと心配にもなってきて・・・・実際にけがもあちこちで起きているようですが、今までは組み体操をするかどうかは各 [続きを読む]
  • ゲーム依存にならないために
  • ゲームは昔も今も大人気ですね。私が小学生のときに任天堂のファミコンが発売されて私も一応持っていましたが、ファミコンは一緒にやる友達と同じ画面を観ているので、みんなで会話もしながら楽しんでいました。でも今はそれぞれがゲームを手元に持って遊んでいて、友達と公園で集まっていてもほとんどやりとりがなくて少し残念な気がします。せっかく公園にいるなら走り回って遊べばいいのにと思いますよね・・・・目が疲れるのが [続きを読む]
  • 上海ディズニーランド
  • 夏に、家族で上海ティズニーランドに行ってきました。私は、テーマパークが大好きというわけではないのですが、娘は東大に入学してから東京ティズニーリゾートには何度も行っていますし、香港ディズニーランドやユニバーサルスタジオ・シンガポールにも連れて行ったことがあるので、せっかくなのでこちらも体験してみようかと思って・・・・JALのマイルが使えたので、航空券はタダで、ホテルはディズニーランドから近いノボテル [続きを読む]
  • 目的意識を持つ
  • 目的意識を持てば、情報に流されることはないといった内容の記事を読みました。今は大量の情報が手に入るので、どれを信じたらいいのか迷うことがありますよね。そんなときは「何のために」という課題をいつも考えるようにすれば、情報におぼれることはなくなるそうです。たしかに、目的があれば、目に飛び込んでくる情報を的確に選別し、判断できそうな気がしますね。記事には本屋さんの例がありましたが、本屋に行くときも、どん [続きを読む]
  • 得意分野を作る
  • 得意分野があることは大切であるといった内容の記事を読みました。たとえば、お子さんのテストの点数が科目によって偏りがある場合、つい「いい成績」より「悪い成績」のほうに目が行きがちになりますよね。十分な点数が取れているほうはもういいから、悪い点数のほうをしっかり勉強させたいと思うかもしれませんが、あまり平均的に育てようとすると、なかなか才能を開花させることはできないそうです。出来具合に偏りがあるという [続きを読む]
  • ヴィジョンを持つ
  • 仕事柄、幼児さんのお母様にアドバイスを求められることも多いのですが、私はたいてい「10年後を見据えた子育てをなさってください。」とお伝えしています。子どもの受験期はちょうど反抗期や親の介護・自身の更年期症状などと重なることが多く、その頃になってから口うるさく勉強しなさいと言っても効果がないばかりか、家庭環境や家族の体調の悪化を招く場合が少なくありません。勉強が楽しいと感じる子どもはそう多くはないです [続きを読む]
  • 良い姿勢で成績アップ!
  • 勉強するときの姿勢と成績について書かれている記事を読みました。小学生を対象にした座り方と集中力に関する調査で、姿勢を伸ばして座ったときの方が、その他の姿勢をしたときに比べ、問題の正解率が高くなるという結果が出たそうです。悪い姿勢を続けていると、肺が圧迫されるので呼吸がしにくくなり、脳に酸素がいきにくくなるらしいです。また、神経や内臓が圧迫されることで脳への血流が減少し、脳の活動も低下してしまうとの [続きを読む]
  • 力みすぎずに付き合う
  • 人付き合いを長続きさせるコツは、力みすぎないことであるといった内容の記事を読みました。人間関係、本当に難しいですよね・・・・記事によると、人付き合いは「細く永く」が理想だそうです。そのためには、力みすぎないこと。あまりに張り切りすぎると、自分も相手もまいってしまいますからね??友達と会うとき、1回の時間を短くすれば、会う回数が増え付き合いも長続きすると書いてありましたが、それはいえているような気も [続きを読む]