utokyo318 さん プロフィール

  •  
utokyo318さん: 東大生母の子育て回想記
ハンドル名utokyo318 さん
ブログタイトル東大生母の子育て回想記
ブログURLhttp://utokyo318.blog.fc2.com/
サイト紹介文関西出身東大生娘の母親で、学習塾で勤務しています。これまでの子育てや日々感じたことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2017/04/07 14:47

utokyo318 さんのブログ記事

  • 有名人の薬物依存
  • 有名人の方が薬物関連で逮捕される事件、定期的に起こっていますよね。周りからチヤホヤされて交友関係も幅広いのではないかと思うのですが、薬物に溺れる原因は孤独感にあるみたいで・・・・テレビで拝見している限りでは皆さん楽しそうにされていますが、意外とお互い気を許せる関係にはなりにくいのかもしれませんね。私が子どもの頃は、CMで「覚せい剤やめますか。それとも人間やめますか。」というセリフが流れていて、覚せい [続きを読む]
  • 親子関係は難しい??
  • 人生で最も難しい人間関係は親子関係であるという内容の記事を読みました。親子関係、一番身近なだけに、遠慮や気配りがなくなりがちかもしれませんね。「照れや慢心などが邪魔をして、当たり前のことができない。」と書いてありましたが、たしかにそうかも??うちは、何年か前までは娘には誕生日やクリスマスのときにプレゼントをあげたり食事に行ったりしていたのですが、主人や私の誕生日などはとくに何もしていません。小さい [続きを読む]
  • 経済的に自立させるには
  • 子ども時代をどう過ごすかは将来の賃金に影響を与えるという内容の記事を読みました。大人になって「稼ぐ人」になっているのは、学校の成績が良かったり、家に蔵書がたくさんあったり、非認知能力が高い子が多いらしいのですが、その子の持って生まれた性格も影響を与えると書いてありました。学校の成績については、悪いからといって頭が良くないとは限らないので何とも言えませんが、何事も謙虚に学ぶ姿勢は大切なので、よく読書 [続きを読む]
  • モーツァルトの曲で癒す
  • モーツァルト音楽療法を研究されている、埼玉医科大学短期大学名誉教授の和合治久先生のインタビュー記事を読みました。以前から、モーツァルトの音楽は免疫力を高めるという説がありましたが、彼の曲中には周波数の高い音が多いので、それが耳から入ってくることによって脳神経を刺激し、結果として免疫の働きを高めてくれるみたいですね。また、現代は自律神経のバランスを崩している方が多いのですが、モーツァルトの音楽を聴く [続きを読む]
  • 外遊びと紫外線
  • 気候の良い5月、外でレジャーを楽しんでいらっしゃる方も多いと思います。でも、容赦なく降り注ぐ紫外線による悪影響については心配ですよね・・・・私も日傘を使うようにはしているのですが、どこまで効果があるのか分からず不安になるときがあるので、ちょっと調べてみました。日光を浴びると、自律神経がバランスよく働くようになり、健康を保ちやすくなるみたいですね。自律神経が正常に働くためには、神経伝達物質であるセロ [続きを読む]
  • 幸せを連鎖させる
  • うれしいことがあったとき、幸せの連鎖を意識して行動すると良いという内容の記事を読みました。物事が思い通りに進むと、しばらくの間感動に浸ることが多いと思うのですが、そんなときはただ感動の余韻を楽しむだけでなく「ついでにもう1つチャンスをつかめないか。」と考えると良いそうです。記事によると、うれしいことがあった直後は次の幸運が間近にある状態なので、自分で意識することによってその幸運を引き寄せることがで [続きを読む]
  • 親交を深めるためのお金
  • 親交を深めるためにはお金を惜しめずに使うべきだという内容の記事を読みました。人と交流しようと思うと、大なり小なりお金がかかりますよね。もったいないという気持ちもなきにしもあらずですが、一人で過ごすより楽しく過ごせたり、貴重な体験ができたりする場合も多いので、そのときに使ったお金は無駄だとは思わないほうが良いそうです。この記事を読んで思い出したのが、精神科医であった故・斎藤茂太先生のことでしたね。随 [続きを読む]
  • 子どもの心をつかむには
  • 子どもの心をつかむにはどうしたらいいのか、解説してくださっている記事を読みました。当然のことながら、親は普段から愛情を持って子育てをしているはずなのですが、その愛情が独りよがりで子どもの気持ちを無視したものであると、子どものほうもそれを敏感に察知して心を閉ざしてしまうみたいですね・・・・例として、子どもが登校したがらないケースがあげられていましたが、休み癖がつくといけないからなんとか学校に行かせよ [続きを読む]
  • 人に優しく、自分に厳しく
  • この言葉、小学校の卒業アルバムに当時の音楽の先生が書いてくださったのですが、いまだに強烈に印象に残っていますね。最近、人づきあいが上手な人はこのことを実践していることが多いという記事を読んだのですが、たしかにそうかもしれないと考えさせられました。自分はどんなに小さい約束であっても守ろうと心がけていたり、与えられた仕事も正確に丁寧にこなすが、他人に対しては寛容でいられるという人は、やはり周りからの信 [続きを読む]
  • 音読の効果
  • 普段、音読することはあまりないかと思うのですが、脳の活動を活発化させるには音読が効果的みたいですね。黙読は視覚しか刺激しないのに対し、音読は目からの刺激だけではなく口の筋肉を動かして耳で自分の声を聴くので、多くの刺激を脳に送ることができるようです。そして、刺激が大きいことで脳が深く記憶を刻み込むことができ、覚えたことが定着しやすくなるんですね。どこででもできるわけではないし、読むスピードが遅くなる [続きを読む]
  • 反抗期のない子
  • 女優の浜木綿子さんの息子さんで、俳優の香川照之さんの反抗期は20日ほどだったと、インターネットの記事で読みました。反抗期にしてはものすごく短い気がしますし、しかもご自分で「反抗期、終わったよ」と宣言したとか!芸能界で活躍されているお母さんに、余計な心配をかけたくないと思ったんでしょうかね・・・・現在は息子さんとともに歌舞伎役者としても活動されていて、ボクシングや昆虫にも詳しいなど、さまざまな姿を見せ [続きを読む]
  • 教材は結構買いました!
  • 受験に関してはまず徹底的な情報収集をするべきと考えている私。中学受験のときも、大学受験のときも、受験情報の本や合格体験記はたくさん入手して、何度も何度も読みました。もちろん英検受検のときも同じです。学校や塾の先生も、クレームを恐れてかありきたりなことしかおっしゃらないので、独自にリサーチしていくしかないと思って・・・・インターネットの教育掲示板「インターエデュ」や2ちゃんねる、東大受験ブログやYaho [続きを読む]
  • 子どもの成長を喜べるように
  • 子どもの成長を喜ぶと、子どもの伸びはもっと良くなるという内容の記事を読みました。子どもができるようになったことの多くは、当然親である私たちもすでにできているわけで、さして感動するほどのことではないと考えがちですが、子どもにとっては、今までできなかったことができるようになることは大きな喜びなので、親も一緒に喜んであげるのが良いそうです。たしかに、大好きなお父さんやお母さんが喜んでくれたら、子どものほ [続きを読む]
  • 子育ては親育て
  • 子育てをしていると、いろいろなことがありますよね。私は家庭だけでなく、仕事でも子どもたちと関わっているので、楽しいことも多いのですが、ときには悩んで辛くなることもあります。よそのお子さんの場合、教室の責任者でもない私が厳しく注意すると保護者の方からクレームが来る可能性もあるし、かといってこちらが子どもに軽く見られてもいけないし・・・・家にいても仕事のことがふと思い出され、どうしたらいいかあれこれ思 [続きを読む]
  • テレビの悪影響
  • ある調査によると、子どもたちは平均すると1日に2時間以上はテレビを観ているという結果が出たそうです。なかには毎日3時間以上観ている子もいるようで、悪い影響がないか心配になってきますよね。長時間テレビを視聴していると、勉強時間や家族間のコミュニケーション、外で体を動かして遊ぶ時間などが減ったり、睡眠時間が短くなったりする場合があるので、やはりどうしても見たい番組だけを観るというのが望ましいのではない [続きを読む]
  • 完璧を求めすぎない子育て
  • 子どもが立派に成長してほしい。親であればだれでもそう願うでしょうね。どうしても子どもに期待しすぎてしまい、他の子とも比べたりもして、焦ってしまうこともあるかと思います。まだまだ人生経験の浅い子どもですからできないことのほうが圧倒的に多いのに、つい多くを求めてしまい、私も後悔や反省をしたことが何度もありました。私自身も、当時は親としてかなり未熟でしたね・・・・勤務先の塾でも、親御さんが自分の子を叱っ [続きを読む]
  • 子供の意欲を引き出すには
  • 子どもの意欲を引き出す方法についての記事を読みました。子どもが意欲的な姿を見せるようにするには、まず目標を設定する必要があり、物事が一区切りついた節目のときに目標を立てるようにすると良いそうです。物事が一区切りついたときというのは、子どもの気持ちはいつもより上昇志向にあるので、明確な目標を定めやすいみたいですね。そして、子どもが目標を考えているとき、親はまず今まで頑張ったことをほめてあげることが大 [続きを読む]
  • 付き合い上手は感謝上手
  • 人づきあいが上手な人は、感謝の言葉を1日に何度も口にしているといった内容の記事を読みました。大きな好意や親切を受けたとき「ありがとうございます」とお礼を言う方は多いですが、人づきあいが上手な人は、小さな好意や親切に対してもきちんとお礼を言う傾向があるそうです。「心で感謝しているから十分」と思うかもしれませんが、感謝の言葉を声に出して言うことで相手にもしっかり伝わるので、感謝の言葉は言いすぎるくらい [続きを読む]
  • キレるのはなぜか
  • 子どもが衝動を抑えきれずむやみに攻撃的になる、いわゆる「キレる」ケースがありますが、この現象の原因についての記事を読みました。脳の神経で働く神経伝達物質に、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンというものがあるのですが、キレる行動をしているときは、セロトニンとノルアドレナリンが少なく、ドーパミンが増えた状態になっている可能性があるそうです。そして、神経系のうち、衝動的に行動したり不安に駆られると [続きを読む]
  • 家では気楽に(^^)v
  • GWが終わりましたね。娘は講義やサークルで出かけていましたが、私はほとんど家にいて、仕事関係の勉強をしていました。何年ぶりかでマッサージ屋さんにも行きましたが、かなり身体がやわらかくなって!そんなにしょっちゅうは行けないと思うので、なんとかこの状態を維持できるようにしたいです。あとは、神社にたくさん行き、今後の人生を平和に過ごせるようにお願いしてきました。その願いがかなうよう、私も精一杯生きていき [続きを読む]
  • 子どもに恨まれたくない
  • 自分の不幸の原因が親であっても、親を恨むべきではないといった内容の記事を読みました。親とは最も基本的で最も付き合いの長い人間関係なので、親のあらはいくらでも見つけられるわけですが、自分の不幸について親に責任転嫁する前に、これまで育ててくれたことに感謝し、自分で事態を打開するために行動することが大切だと書いてありましたね。親のせいにしているうちは闇から抜け出すことができない。もちろんその通りだとは思 [続きを読む]
  • かっこよく生きたいけれど・・・・
  • 男性でも女性でも、かっこいい生き方をしている方がいらっしゃって、すごく素敵だなと思うことがあります。子どもの頃でも、私はみんなから注目されたいと思って学級委員に立候補していましたが、いつも周りから推薦されてなる子もいて、うらやましがったりひがんだりしてしまっていましたね。そういう子って、カリスマ性があってトラブルにも動じないような感じがするので、私もとりあえずその子の様子をまねようとしてはみるので [続きを読む]
  • 尊敬する人を見つける
  • 自分より尊敬する人を見つけて、まねをする習慣をつければ、意識・知識・見識が向上するという内容の記事を読みました。素晴らしいと思える方にももちろん欠点はありますが、その方の素晴らしい点だけを見るようにすればいいらしいです。そうすることで、自分自身に向上心が生まれ、気持ちも前向きになることができるんでしょうね。昨年、離婚騒動で話題になった松居一代さん。息子さんが生後すぐのときに重度のアトピー性皮膚炎だ [続きを読む]
  • 命の重みを感じられる子に
  • 命の重みが分かる子どもにするにはどうしたら良いのか、解説してくださっている記事を読みました。子どもが殺人犯になったり自殺したりする事件、相変わらずなくならないですよね。どうしてそんなことが起こるのか、ワイドショーなどを観て背景を探ろうとするのですが、なかなか真相が分からず困惑しています。今の若者たちは、凶悪な犯罪を起こす少年少女の気持ちに肯定的な意見が多いそうで、とても驚いたのですが、家庭でリラッ [続きを読む]
  • 男の子の叱り方
  • 男の子の叱り方についての記事を読みました。女性は感覚的に物事を受け入れますが、男性は物事に理屈を求めたがる傾向があるようですね。これは子どもも同じで、男の子の場合、注意されても「どうしていけないの?」と考えてしまうので、してはいけない理由をきちんと説明しながら注意すると良いそうです。何かをしたときに感情的に叱られるということを繰り返し経験していると、男の子は親に対して距離を置くようになってしまうと [続きを読む]