utokyo318 さん プロフィール

  •  
utokyo318さん: 東大生母の子育て回想記
ハンドル名utokyo318 さん
ブログタイトル東大生母の子育て回想記
ブログURLhttp://utokyo318.blog.fc2.com/
サイト紹介文関西出身東大生娘の母親で、学習塾で勤務しています。これまでの子育てや日々感じたことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/04/07 14:47

utokyo318 さんのブログ記事

  • 脳をつくる読書
  • 読書が子ども達の脳の発達にどのような影響を与えるのかについて解説されている記事を読みました。脳の発達という観点から考えると、読書には次のような効果があると言われています。・言葉の意味を補う「想像力」が鍛えられる・「自分の言葉で考える力」が身につく・読んで味わった経験を脳に刻むことができる子どもの脳はまるでスポンジのように外界からの刺激を吸収することができるので、小さいうちから本に親しみ、いろいろ想 [続きを読む]
  • ほめてもうっとうしがる子
  • 子どもをほめるのは案外難しいですよね。成果が出ていればもちろんほめたいですし、そうでない場合もこれまでの努力を認めてあげた方がいいのは分かっているのですが・・・・子どもがやる気を失わないような声掛けが大切ですが、不自然なほめ方になると子どもの心には届かず、かえって反発されたりもして悩みますよね。コーチングの先生によると、子どもは親の言ったとおりの子になるそうです。「できない子」と言えばできない子に [続きを読む]
  • 子どもが自ら宿題に取り組むには
  • お子さんが宿題をせずに遊んでばかりいて困っているというご家庭もあるかと思いますが、宿題をきちんとやらないと学校や塾での授業が分からなくなり、また次の宿題もためてしまうという悪循環になるので、早めの対策が必要ですね。勤務先の教室でも宿題をやってこない子が複数いますが、当然のことながら塾に来ていてもほとんど成果が上がっていない状態で、月謝がもったいないなとつい考えてしまいます。学校から帰ってきて宿題を [続きを読む]
  • 入試の際のアクシデント
  • 以前帰省をしていて、友達とランチをしたときにお聞きしたお話です。その方の息子さんは娘と同級生で、習い事もいくつか娘と一緒にしていて、小さい頃4人で海外旅行にも行ったほど仲良くさせていただいています。息子さんは一浪後無事に合格されたのですが、センター試験の直前にインフルエンザになったということを聞きました。予防注射も1回はして、ヨーグルトを食べるなどいろいろ対策されていたようなのですが、結構高熱が出 [続きを読む]
  • 勉強しているのに成績が伸びないとき
  • 子どもがこつこつとまじめに勉強しているにもかかわらず成績が伸びないとき、どのように対策したらよいのか解説している記事を読みました。成績が伸びない原因としては・ノートをとる作業に力を入れるなど、勉強の目的を取り違えている・勉強の仕方を間違えている・基礎学力が不足している・集中力が散漫になっている・読書量が少ないといったことがあげられていました。これらの中にはわりと早く改善できるものもあるのですが、基 [続きを読む]
  • その日に復習は非効率?
  • 学習した内容をいつ復習するのが効果的かについて書かれた記事を読みました。エビングハウスの忘却曲線というものがあるのですが、これは心理学の教科書には必ず出てくるグラフで、人は数日後には学習した内容の8割を忘れてしまうということを示すものです。そのため、授業で習った内容はその日のうちに復習するべきだと考えがちですが、実験心理学の研究ではそれは間違いであることが明らかになっているそうです。同じ勉強をした [続きを読む]
  • 笑顔を多く(^o^)
  • 勤務する塾の教室長が「あのお母さんって全然笑わないよね。」とおっしゃることがあります。因果関係がはっきりしているとは言い切れませんが、うちの教室に関しては親御さんが笑顔を見せない方はお子さんの学習面で問題のある方が多いという状況で、ついそんな話になってしまうんですね・・・・きっととてもお忙しい生活をされているんだろうな。でも、毎日10分でいいからお子さんの学習の様子を見ていただけたらどんなにいいだろ [続きを読む]
  • 集中力を発揮する方法
  • 集中力、勝手についてくれたらとても楽でうれしいですよね。でも、集中しようと思うとかえって気が散ってしまったり緊張したり??なかなか自分ではコントロールできないですよね。今日は、集中力をつけるための方法をメンタルトレーナーの方が説明してくださっている記事の内容をご紹介します。人間の意識には顕在意識と潜在意識があり、集中するためにはこの両方に働きかける必要があるそうです。集中するように言い聞かせている [続きを読む]
  • 孤独も大切な環境
  • 孤独も大切な環境であるといった内容の記事を読みました。記事によると、才能を発揮するための重要な基盤の一つは、一人になることだそうです。たとえば、友達と一緒に勉強していたりすると、とても時間が早く過ぎて勉強がはかどった気になるかもしれませんが、実際は友達の様子に意識が向いてしまい、集中できていないことが多いようで・・・・また、将来について考えるときも、一人にならないと周りからの雑音がうるさくて、自分 [続きを読む]
  • 受験勉強の本当の価値.
  • カリスマ数学講師と呼ばれ、参考書も多数執筆されている坂田アキラ先生のインタビュー記事を読みました。坂田先生によると、受験勉強は社会に出てからどれだけ頑張れるかのリトマス試験紙だそうです。ジャンルもルールも決まっているから、人生初の戦いに受験勉強はちょうどいいそうで・・・・また、この意見に対するコメントの中に「受験勉強をまじめにやった人間は、社会に出ても困難や理不尽を乗り越える力を持っているケースが [続きを読む]
  • 良い姿勢で成績アップ!
  • 勉強するときの姿勢と成績について書かれている記事を読みました。小学生を対象にした座り方と集中力に関する調査で、姿勢を伸ばして座ったときの方が、その他の姿勢をしたときに比べ、問題の正解率が高くなるという結果が出たそうです。悪い姿勢を続けていると、肺が圧迫されるので呼吸がしにくくなり、脳に酸素がいきにくくなるらしいです。また、神経や内臓が圧迫されることで脳への血流が減少し、脳の活動も低下してしまうとの [続きを読む]
  • 被害者意識の強い子への対応
  • 被害者意識が強くて、先生や友達から言われたことを根に持ってしまう子、娘の友達にもいました。お父さんは開業医でちょっと気難しいところがあるらしく、お母さんはおおらかな方でご一緒するととても楽しく過ごせるのですが、お子さんのことではとても悩んでいらっしゃいましたね。中学でお子さんが不登校になってから疎遠になってしまいましたが、お子さんは実は発達障害があり高校も留年したと人づてに聞きました。お子さんと娘 [続きを読む]
  • 子どもは外で頑張っている
  • 学校では先生や友達からの評判が良いのに、家ではダラダラして親が注意してもどこ吹く風。そんなお子さんについて悩んでいるというお話を聞くことがあります。私も娘もどちらかというとそんなタイプかなと思います。私の場合、子どもの頃は友達付き合いに戸惑うことが多く両親にもあまりかまってもらえなかったので、周りの注目を集めたくて学級委員に立候補し、クラスのまとめ役として自分なりに頑張っていたときもありました。学 [続きを読む]
  • ゲーム依存にならないために
  • ゲームは昔も今も大人気ですね。私が小学生のときに任天堂のファミコンが発売されて私も一応持っていましたが、ファミコンは一緒にやる友達と同じ画面を観ているので、みんなで会話もしながら楽しんでいました。でも今はそれぞれがゲームを手元に持って遊んでいて、友達と公園で集まっていてもほとんどやりとりがなくて少し残念な気がします。せっかく公園にいるなら走り回って遊べばいいのにと思いますよね・・・・目が疲れるのが [続きを読む]
  • 落ち着きのない子への対応
  • 子どもが学校などで落ち着きがないとき、どのように対応したらよいかについての記事を読みました。家庭でできることとして・ほめることを多くして,自信を持たせると同時に親子関係をよくする・生活の流れを無理ないものにして、叱られなくても子どもが自然にできるようにする・守るべきことや手順を書いて、目につくところに置いたり貼ったりする・指示は一度にたくさん出さないで、1つずつ出す・決して感情的に叱らない・望まし [続きを読む]
  • 過去問演習は重要
  • 過去に出題された志望校の入試問題を本番の試験さながらに解く「過去問演習」。志望校を受験した先輩たちが同じ問題を解いたと思うと、なんだか緊張しますよね。なかなか塾では過去問演習の時間が取れないので、基本的には家で取り組むことになりますが、夏休みからぼちぼち始めるという方が多いのではないでしょうか。志望校の過去問は入試には二度と出ないからあまりたくさんはやらないというお子さんもいらっしゃいますが、志望 [続きを読む]
  • ママ友付き合いの思い出
  • インターネット掲示板で、学校行事が苦手で帰宅するとどっと疲れて具合が悪くなるという書き込みを見つけることがあります。1人で参加するのは気楽だけど、楽しく会話されている方たちを見ると孤独を感じてしまうという意見もあり、これも親の務めだと単純に割り切れないこともありますよね。子どもの頃から人間関係を築くのが苦手だった私。娘を出産してからは、とにかく娘に友達を作ってやりたいという思いで必死でした。まだ娘 [続きを読む]
  • 音楽を聴きながら勉強していい?
  • 中学生や高校生になると、音楽を聴きながら勉強するお子さんが結構いらっしゃるかもしれませんね。私が学生の頃もラジオの音楽を聴きながら勉強している人がいましたが、私は音があると集中できないタイプで??音楽を聴きながら勉強することのメリットは・気分が高揚し勉強が楽しくなる・リラックスして勉強できる・集中力や記憶力が高まる場合がある・雑音をシャットアウトできるがあげられます。ただし、音楽の種類や状況によっ [続きを読む]
  • 塾をうまく活用する
  • 学年が上がるにつれて、塾通いするお子さんが増えていると思います。塾の種類も補習塾や進学塾、それらを組み合わせた混合型の塾があり、指導の仕方も個別指導や集団指導があって、塾が多い「塾銀座」と呼ばれる地域では、夜遅くでもたくさんの子どもの姿を見かけます。高い授業料を払っているのだから、もちろん塾の力でお子さんの成績を上げてほしいですよね。私たちもそれを願って一生懸命指導をさせていただいているのですが、 [続きを読む]
  • 寂しがりを克服するには
  • お子さんが自宅で留守番するのをいやがったり、家族や友達といつも一緒にいないと不安になったりする場合、どのように対処したらいいかという記事を読みました。・寂しがっているお子さんのことを受け止め、愛情を注いであげる。・いろいろな経験をさせてお子さんに自信をつけさせる。・さまざまな人と接する機会を作る。これらのことを実践しながら、自然と改善するのを気長に待ってあげるのが良いそうです。ペットのお世話も良い [続きを読む]
  • 国語には苦労しました??
  • 以前書いたように、娘は国語の成績に少しムラがありました。小学校低学年頃までは図書館で毎月30冊くらい本を借りて読んでいましたが、学年が上がるにつれて思うように読書の時間が取れなくなってきて・・・・中学受験塾でも、国語の成績によって模試の順位が変わってしまう状態でしたね。インターネットで調べてみてもほとんど手間のかかるような学習方法しか載っていなかったのですが、ある日「出題されている文章のみを読む」と [続きを読む]
  • 鉛筆の持ち方
  • 塾で指導をしていると、鉛筆の持ち方が悪い子をときどき見かけます。3つの指で鉛筆を支えることができていないんですよね・・・・間違った鉛筆の持ち方をしていると、姿勢が悪くなって手や肩、首や目が疲れやすくなり、学習にも影響が出てくるため、できるだけ早く矯正していただくことをおすすめしています。私が気がついた時には注意するのですが、基本的には書き方の指導ではなく学習指導をしているので限界があって・・・・娘 [続きを読む]
  • 1か月で東大合格??.
  • 11/6より、若手タレントたちが東大合格を目指す受験ドキュメンタリー番組「ドラゴン堀江」(AbemaSPECIAL)がスタートしたみたいですね。この番組は、ホリエモンこと堀江貴文さんが独自の“堀江メソッド”により半年の受験勉強で若手タレントたちを東大合格に導くというものらしいのですが、堀江さんは以前「自分なら1か月で東大に合格してみせる」ともおっしゃっていたそうで!!すでに一度東大に合格している堀江さん [続きを読む]
  • 娘がやった習い事
  • 昨日習い事について書いたので、今日は娘がやってきた習い事のことを書きたいと思います。娘は今まで、ヤマハの音楽・スイミング・体操・ボーイスカウト・書道・速読の習い事を経験し、塾は公文と中学受験塾と東進に通っていました。どれもとくにいやがったということはなく、数年間続けていましたね。速読はあまり効果を感じませんでしたが、他は一定の効果があったのでやらせて良かったです。私が習っていたのでピアノやそろばん [続きを読む]
  • 習い事を辞めたがったら・・・・
  • 今の時代、なんらかの習い事をされているお子さんが多いと思いますが、始めてからすぐに辞めたがるという場合どう対応したら良いかという記事を読みました。ここでは、辞めグセがつくわけではないので子どもがいやいや続けるよりもきっぱりと辞めさせるべきと書かれていましたね。子どもの1年というのは大人の5年に相当するほど貴重で、やりたくないことを無理やり長期間やらされるのは子どもの成長に悪影響を及ぼすからだそうで [続きを読む]