Yoshi@Cape Town さん プロフィール

  •  
Yoshi@Cape Townさん: 南アフリカのオリーブ
ハンドル名Yoshi@Cape Town さん
ブログタイトル南アフリカのオリーブ
ブログURLhttp://minamiafurikaolive.blog.fc2.com/
サイト紹介文オリーブオイルに関する知識や南アフリカ産のおいしいオリーブオイルを紹介するブログです。
自由文オリーブオイルに関する知識や、南アフリカ産のオリーブオイルについて紹介しています。
オリーブオイルを購入する際に参考にしてくださいね。

南アフリカ・ケープタウンに在住のオリーブオイルソムリエ(日本オリーブオイルソムリエ協会認定)が書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 294日(平均0.8回/週) - 参加 2017/04/10 20:56

Yoshi@Cape Town さんのブログ記事

  • 脂肪酸の分子構造
  • 前回、油脂の構造について説明し、その特徴を決めるのは、それにつながっている脂肪酸の種類だということを説明しました。前回は脂肪酸を細長い棒状の絵で示しましたが、もう少し詳しく脂肪酸の分子構造をステアリン酸という脂肪酸を例にして説明します。この脂肪酸は炭素(C)が18個、一列につながった棒のような構造をしています。炭素(C)は4本の手を持っているので、両側の炭素と手をつなぐために2本の手を使い、残った2本 [続きを読む]
  • オリーブの実の成長
  • 今月もPortion36農場に定期訪問をしてきました。年末年始は珍しく雨が降ったり曇りの日もありましたが、いつもの乾燥した暑い夏がやって来ました。前回の訪問から一か月以上経っているので、どれくらい大きくなっているかなと楽しみにして行ってきました。とはいうものの、オリーブの実は開花から収穫できるまで半年くらいかかるので、見た目にはあまり大きくなった感じはしませんでした。品種ごとの実の大きさの違いもありますし [続きを読む]
  • 油脂の基本構造
  • 今回から油脂とはどんな物質なのかという話をしていきます。説明する中で物質名や分子構造なども入ってきて少し難しい話になりますが、仕組みを理解するのに必要なので、図を見ながらなんとなくイメージをつかんでくださいね。(すでにご存じの方も多いのかな?)まずは皆さんが普段食事で口にされている油脂(液体の油と固体の脂)の基本的な構造から話をしていきます。油脂は下の図のように「 グリセロール 」(グリセリン)とい [続きを読む]
  • 新年ごあいさつ
  • あけましておめでとうございます旧年中は南アフリカ産のオリーブオイルをご愛顧いただき誠にありがとうございました。これからも皆様にご満足いただけるよう、日々努めてまいります。現在販売中の商品について、新年よりクリアランスセールを始めました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。2018年 元旦  [続きを読む]
  • オリーブの結実
  • 今回もPortion36 Olive Orchardに訪問してきました。(クリスマス前の忙しい時期に訪問してゴメンナサイ)実は、Portion36 Olive Orchardには月に一回ペースでお邪魔して、オリーブの様子を見させていただいています。前日は40℃越えで、訪問した日は少し気温が下がっていましたが、それでもかなり暑い日でした。周りの風景も、いつもの乾燥した茶色の風景に戻りました。先月(11月)の初めに訪問した際にはちょうど開花の時期でし [続きを読む]
  • オリーブの開花
  • 先週、Portion36 Olive Orchardを訪問してきました。昨年は10月の初めにはすでにオリーブの花が終わっていたのと、9月に日本に戻っていたのもあって、今年は花を見れないと思っていましたが、今がちょうど花の盛りを迎えていました。今年は9月に入っていったん暖かくなりましたが、その後また曇りがちの寒い日が続いたのと、実は昨年が異常に早かっただけで、今年は例年通りの開花なのだそうです。花の咲いたオリーブの木を見ると [続きを読む]
  • Olive Japan 賞状 (Portion36 Olive Orchard)
  • 今回は、Portion36 Olive Orchardに訪問。この日は恵みの雨。本当ならもっと雨が降ってもいい季節なんですが、ここ数年雨が少なく、この日は水不足の話が多かったです。こちらの農場の剪定は農場主のArendさんが一人でやっているそうです。実の収穫の終わった木から順番に剪定を始めていて、そろそろすべて終わるとのことでした。「一人でやってるから時間がかかるんだよ」 とのこと。剪定が終わって、頭がきれいに平らになったオ [続きを読む]
  • Olive Japan 賞状 (Gabrielskloof)
  • 今回は、Gabrielskloof農場に訪問。いつも通っているハイウェイで峠を抜けると鮮やかな緑と黄色のじゅうたんが広がっていました。このあたりも夏の乾燥した時期だと、野草や牧草が枯れて、赤茶けた色が広がっていますが、今回はとってもきれいな景色が広がっていました。農場の周りにも菜の花畑が広がっていました。農場に着いて車を降りたら菜の花のいい匂いがしました。このあたり一帯の空気がすべて、菜の花の香りで染められた [続きを読む]
  • Olive Japan 賞状 (Porterville Olives)
  • 先月日本に一時帰国していたこともあって、しばらく間が空いてしまいました。春に日本でOlive Japoanというオリーブオイルのコンテストがあり、当ショップで販売しているオリーブオイルの中からも、いくつか賞をいただきました。今月は、その賞状を生産者に渡すことと、オリーブの様子を見に農場を訪問してきました。まず初めはPorterville Olives農場に訪問。ケープタウン周辺は、1年のうち、冬場(6,7,8月)くらいしか雨が降らな [続きを読む]
  • Portion36 Olive Orchard 農場の搾油
  • 今回はPortion36 OLive Orchard農場の搾油の様子を紹介します。こちらもHildenbrand農場と同じコンパクトな機械を使用しています。収穫した実のコンテナ。色づきの違う実を分けてコンテナに入れられていますが、搾油機に入れるとき、割合を見ながら混ぜて入れていました。この日、機械を始動させる前に伺って搾油を始めるところから見させてもらいましたが、この日に限って機械の設定がなかなか決まらず忙しくされていました。(ご [続きを読む]
  • Portion36 Olive Orchard 農場の収穫
  • 今回はPortion36 Olive Orchardという農場の収穫風景を紹介します。この農場の商品はこちら。     こちらの農場は、ケープタウンから西に車で1時間ほどのところにあり、オリーブの木を見せてもらいに毎月のように行くところです。農場がStellenboschというワインで有名な地域にあるので、周りにはブドウ畑が広がっています。こちらには、収穫時期の終わりに訪問したので、収穫の終わった木に対してすでに剪定を始めていました [続きを読む]
  • Hildenbrand 農場の搾油
  • 今回はHildenbrand農場の搾油の様子を紹介します。こちらの搾油機。小さな農場なので、機械もコンパクトなものを使用しています。遠心分離機のところに「frantoio」と書いてありますね。オリーブの品種の中にフラントイオという名前の品種もありますが、イタリア語で搾油所という意味だそうです。収穫した実のコンテナ。一般的にオイルを搾るとき、品種ごとに搾ってオイルにしてから複数の品種をブレンドしますが、こちらの農場で [続きを読む]
  • Hildenbrand 農場の収穫
  • 今回はHildenbrandという農場の収穫風景を紹介します。この農場の商品はこちら。こちらの農場は、ケープタウンから西に車で1時間半ほどのところにあります。農場の入口の壁に描かれている絵。こちらは古くからある農場です。以前、「南アフリカでオリーブ栽培は盛んなの? 2/2」という記事で書いた、Piet Cillieという人が持ち帰ったオリーブの木を植えたのがこの農場だと聞いています。農場周辺の様子。今までご紹介した農場 [続きを読む]
  • Marbrin Olive Growers 農場の搾油
  • 今回はMarbrin Olive Glowers農場の搾油の様子を紹介します。搾油機の前にコンテナが集められています。 こちらの搾油機と遠心分離機。年季の入った機械です。 実の投入と枝葉の除去。彼が一人で搾油作業をやってました。 実の破砕(上段)と練りこみ(下段)の様子。オイルを搾った後の搾りかす(ポマース)。写真でもわかるように、搾りかすの中にもまだオイルが残っていますよね。このオイルを石油溶剤を使って取り出し、精 [続きを読む]
  • Marbrin Olive Growers 農場の収穫
  • 今回はMarbrin Olive Glowersという農場の収穫風景を紹介します。こちらの農場の商品はこちら。  こちらの農場はケープタウンから西に車で3時間ほど走ったところにあります。入口には看板が立っていて、オリーブオイルのテイスティングで農場に来られる人もいます。ここから駐車場まで砂利道が続くので大変なんです。農場周りには緑が少ないですよね。以前ご紹介したように、南アフリカのケープタウン周辺は地中海性気候で、とて [続きを読む]
  • Porterville Olives 農場の搾油
  • 今回はPorterville Olives 農場の搾油の様子を紹介します。農場で収穫された実が搾油所まで運ばれて大きなコンテナに集められています。 こちらの農場は比較的大きな機械(設備)を使って搾油しています。 一連の機械はパイプでつながれ、機械に実が投入されると、あとはオイルになって出てくるまで、コンピュータで制御されてほぼ自動で行われます。(オリーブのペーストの温度が高くないか、各工程の温度をセンサーで測ってチ [続きを読む]
  • Porterville Olives 農場の収穫
  • 今回はPorterville OLivesという農場の収穫風景を紹介します。こちらの商品ブランドは「andante」という名前です。  こちらの農場は、ケープタウンの中心から北東に車で2時間ちょっと走ったところにあります。山脈のふもとに農場があり、周りは牧草地でとても乾燥したところです。幹線道路から農場まで、このような凸凹のある砂利道が続きます。ここを走ると車がギシギシ音を立てるので、車が壊れないかいつもヒヤヒヤしながら走 [続きを読む]
  • Gabriëlskloof 農場の搾油
  • 今回もGabriëlskloofという農場で、搾油の様子を紹介します。最初に機械の説明。写真の中にも説明書きをしていますが、以前ご説明した搾油工程が人の手を介さないで機械が自動的に行い、オイルが絞り出されます。搾油機。実を洗浄し、つぶしてペースト状にし、練りこみをしてオイルが取り出しやすいところまでを行います。 遠心分離機。ペースト状のオリーブの実からオイルを取り出します。コンテナに入った実を機械に投入機械で [続きを読む]
  • Gabriëlskloof 農場の収穫
  • 前回、3回に分けてエクストラバージンオリーブオイルの搾油工程を説明しました。ちょうど記事を書いている間にオリーブの収穫が始まったので、実際の収穫や搾油の現場を見にオリーブ農家を訪ねてきました。最初は、Gabriëlskloof という農場の紹介をします。こちらの農場の商品はこちら。今回は農場の様子と収穫風景を紹介し、次回搾油の様子を紹介します。農場はケープタウン中心から南東に車で1時間半ほど走った、乾燥した丘陵 [続きを読む]
  • どうやってバージンオリーブオイルができるの? 3/3
  • 今回もバージンオリーブオイルができるまでの工程で、濾過からボトル詰めまでの工程を説明します。<濾過>抽出でオイルを取り出しましたが、完全にオイルだけを分離することはできないので、オイルに残っている微小な粒子や水分を取り除きます。たいていは、フィルターを使って濾過して微小粒子を取り除いたあと、水分を取り除くために一旦タンクに保管します。数日静置しておくと分離できなかった水分が底に溜まるので、上澄みの [続きを読む]
  • どうやってバージンオリーブオイルができるの? 1/3
  • 今回から3回に分けてオリーブの実からどのようにバージンオリーブオイル(機械的または物理的な方法のみで得られたオイル)ができるかを見ていきます。(精製オリーブオイルやオリーブポマスオイルの製造工程は前回の記事を見てね)イタリアなどではオリーブを栽培する農家自身がオイルを搾る設備を持たないで、専門の業者に委託しているところもありますが、南アフリカでは、どこの農場もオイルを搾る設備を自前で持ち、収穫から [続きを読む]
  • オリーブオイルの官能検査
  • 以前、「SAOLIVEシール」という記事で、南アフリカのエクストラバージンオリーブオイルの検査について紹介しました。南アフリカで生産されたオリーブオイルで、理化学検査と官能検査をパスした商品に下のようなシールを貼ることができます。理化学検査では、酸度(%)と過酸化物価(meq/kg)が、国際オリーブ協会が定めるエクストラバージン基準を満たしているかを検査します。官能検査では、オリーブオイルとして好ましくない臭い [続きを読む]
  • 一般の食用油と精製 2/2
  • 前回に続き、オリーブオイルを含めた植物由来の油(液体の油)の精製について見ていきます。食用油の大半は、大量生産と品質を一定にするために、また調理に使いやすい性質にするために、精製を行っています。オリーブオイルの格付け・分類で説明した精製オリーブオイルも同じ工程で精製されます。精製工程を説明していきます。<脱ガム>油の中にガム質が含まれており、少量の温水を加えてガム質を温水に溶け込ませることによって [続きを読む]
  • 一般の食用油と精製 1/2
  • 今回と次回は、オリーブオイルを含めた一般的な植物由来の油(液体の油)がどのようにできるかを見ていきます。まずは原材料について。菜種(ほとんどがキャノーラ種)、大豆、とうもろこし、紅花、ひまわり、ゴマ、米ぬか、綿実(種子)、オリーブ(果実)などがあります。商品名に”サラダ油”と書かれているものもありますが、これは原材料を示しているのではなくて、サラダドレッシングやマヨネーズのような低温で使用される調 [続きを読む]