uth2610316 さん プロフィール

  •  
uth2610316さん: 感銘を受けたシルバーバーチの霊訓
ハンドル名uth2610316 さん
ブログタイトル感銘を受けたシルバーバーチの霊訓
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/uth2610316
サイト紹介文シルバーバーチの霊訓を毎日配信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/04/11 22:59

uth2610316 さんのブログ記事

  • 死の恐怖
  • もしあなたが死の恐怖におびえそうになった時は、自分の存在の始源、すなわち大霊の分霊であることを思い起こし、この全大宇宙を創造したエネルギーと同じものが自分にも宿っていることの意味を熟考することです。そこから勇気を得て、壮大の気宇(きう)をいただくことです。下を向いてはいけません。上を見るのです。そして、援助は自分の内部と外部の双方から得られることを知ってください。(シルバーバーチ 今日のことば P178) [続きを読む]
  • 向上
  • 「向上」とは、不完全さを洗い落とし、完全へ向けて絶え間なく努力して成長していくことです。それには、今日一日を大切に生きるということだけでよいのです。毎朝の訪れを性格形成のための無限の可能性を告げるものとして迎えることです。それが自我を開発させ、人生に目的性を持たせることになります。(シルバーバーチ 今日のことば P151) [続きを読む]
  • 祈り 34
  • 霊的に見て、あなたにとって何がいちばん望ましいかは、あなた自身には分かりません。もしかしたら、あなたにとって最も嫌(いや)なことが、実は、あなたの祈りに対する最適の回答であることもありえるのです。(シルバーバーチ 今日のことば P10) [続きを読む]
  • 道しるべ 2
  • 誰の人生にも道しるべが用意されております。もしも霧(心の迷い)によってそれがぼやけて、よく見えなくなった時は、いったん足を止めることです。ただの霧ですから、そのうち晴れてまた辿(たど)るべき道が見えてきます。雲にさえぎられている時でも太陽は照り輝いているのです。(シルバーバーチ 今日のことば P106) [続きを読む]
  • 霊的存在 18
  • 大半の人間は、地上だけが人間の住む世界だと考えております。現在の生活が人間生活のすべてであると思い込み、そこで物的なものを、いずれは残して死んでいかねばならないものなのに、せっせと蓄積しようとします。戦争・流血・悲劇・病気の数々も、元はといえば、人間が今この時点において立派に霊的存在であること、つまり人間は肉体のみの存在ではないという生命の神秘を知らない人が多すぎるからです。人間は肉体を通して自我 [続きを読む]
  • 困難 29
  • あなたに一個の荷が背負わされる。それをどう扱うかは、あなた次第です。「よし、担(かつ)ぎ通してみせるぞ。これは自分の荷物なのだから」という気持ちになれば、軽く感じられるものです。それだけ魂が成長するからであり、その成長の過程において内部のある力が魂を癒(いや)してくれます。困難に際し、正直さと勇気とをもって臨(いど)んで霊的に損をする人は絶対にいません。何ひとつ怖がるものはないのです。(シルバーバーチ 今 [続きを読む]
  • 取り越し苦労 19
  • 人間は物質の中に埋もれた生活をしているために、バイブレーションが低くなっております。朝目を覚まし、まだ意識が完全に働かないうちから、あれやこれやと煩わしいことや心配ごとの波に呑み込まれていきます。大きい悩み、小さい悩み、真実の悩み、取り越し苦労に過ぎぬもの、等々いろいろあります。いずれにせよ全ては一時的なものにすぎないのですが、そういうものに心を奪われてしまうと、背後霊が働いてくれている事実を忘れ [続きを読む]
  • 霊の力 8
  • 人間は、今置かれている環境条件からいって、全知識と全叡智の所有者となることは不可能です。ですから、これまで導かれてきたように、これからもきっと導かれていくとの信念をもつことです。霊の力が挫折してしまうことはありません。大霊は絶対に挫折しません。すべては定められた摂理に従って顕現し続けます。これまでに啓示していただいたものに感謝し、そして、後のことは辛抱強く待つことです。(シルバーバーチ新たなる啓示 [続きを読む]
  • この春という季節は喜ばしい成就の時節だということです。新しい生命が誕生してくるからです。今こそ、まさしく甦りの季節なのです。無数の形態を通して新しい美が息づく時、それは聖なる創造主の見事な芸術をご覧になっているのです。皆さんは今まさに、自然界の生命の喜びの一つとして定期的に訪れる、新しい創造の夜明けをご覧になろうとしておられます。それには再活性化と、力と、太陽光線の増幅が伴います。絶対的摂理の上に [続きを読む]
  • 死 32
  • たちは、あなたのもとから去ってしまうのではありません。死という名のドアを通り抜けて新しい生活へ入っていくだけです。その人たちにとって、死は大きな解放です。決して苦しいものではありません。彼らにとって唯一のつらさは、地上に残した人々が自分のことで嘆(なげ)き悲しんでいることです。(シルバーバーチ 今日のことば P182) [続きを読む]
  • 黄金律
  • 人生には、個人としての生活、家族としての生活、国民としての生活、世界の一員としての生活があり、摂理に順応したり逆らったりしながら生きております。逆らえばそこには、暗黒と病気、困難と混乱と破産、悲劇と流血が生じます。順応した生活を送れば、叡智と知識と理解力と真実と正義と公正と平和がもたらされます。それが黄金律(ゴールデン・ルール)(行動の基本原理)の真意です。(シルバーバーチ 今日のことば P166) [続きを読む]
  • 奉仕 31
  • 自分を愛するごとくに他人を愛せよ。苦しむ者に手を差しのべよ。人生に疲れた人、心に潤(うるお)いを求める人に真理を語って聞かせよ。病(やまい)の人を癒(いや)し、悲しみの人を慰(なぐさ)め、不幸な人を訪ねてあげよ。こうした教えは、遠い昔から説かれてきた真実です。こうしたことを実践しさえすれば、地上は一変し、二度と恐ろしい悲劇をもたらす戦争も生じなくなるでしょう。(シルバーバーチ 今日のことば P34) [続きを読む]
  • 知識 20
  • 知識はすべて大切です。何かを知れば、知らないでいる時よりも、その分だけ得をします。知らないでいることは暗闇(くらやみ)の中を歩くことです。知識は大切な財産です。なぜならば、知識から生きるための知恵が生まれるからです。判断力が生まれるからです。知識が少ないということは、持ち物が少ないということです。(シルバーバーチ 今日のことば P75) [続きを読む]
  • 過ち 4
  • あなたは、あなた自身の行為に責任を取るのです。その行為の結果を自分が引き受けるのです。これからもあなたは過(あやま)ちを犯します。そしてそれに対する償(つぐな)いをすることになります。そうした営(いとな)みの中で、叡智を学んでいくべきなのです。過ちを犯すために地上へ来たようなものです。もしも絶対に過ちを犯さない完全な人間だったら、今この地上にはいないはずです。(シルバーバーチ 今日のことば P150) [続きを読む]
  • 取り越し苦労 18
  • 絶対に許してはならないことは、不安の念を心に居座らせることです。取り越し苦労は魂を朽(く)ちさせ、弱らせ、蝕(むしば)みます。判断力を鈍(にぶ)らせます。理性を曇らせます。事態を明確に見きわめることをさまたげます。(シルバーバーチ 今日のことば P70) [続きを読む]
  • 人生の目的 8
  • 内部の霊性を発揮すること、それが人生の目的そのものなのです。楽(らく)なことばかりで何の苦労もなく、トゲのないバラの花に囲まれての生活では、成長は得られません。発達はしません。霊性は開発されません。いつの日かあなたは、その時は嫌(いや)で仕方がなかった体験を振り返り、それらが実際はあなたの霊的進化を促(うなが)す貴重な手段であったことを知って、感謝なさる日が来ることでしょう。(シルバーバーチ 今日のことば [続きを読む]
  • 役に立つこと
  • われわれは大いなる神の計画の中に組みこまれていること、一人ひとりが何らかの存在価値を持ち、小さすぎて用の無い者というのは一人もいないこと、忘れ去られたりすることは決してないということを、忘れないようにしましょう。そういうことは断じてありません。宇宙の大霊の大事業に、誰しも何らかの貢献ができるのです。霊的知識の普及において、苦しみと悲しみの荷を軽くしてあげることにおいて、病(やまい)を癒(いや)してあげ [続きを読む]
  • リラックス
  • リラックスと言うのは、足を暖炉(だんろ)の上に置いて椅子にふんぞり返ることとは違います。身体の活動を中止し、静かに休息して内なる自我を取り戻し、その霊力が本来の威厳と力とを発揮し潜在力が目を覚ます機会を与えることです。(シルバーバーチ 今日のことば P55) [続きを読む]
  • 協調
  • 霊格が向上すればするほど、生命活動が協調によって営(いとな)まれていることを悟(さと)るものです。自分一個で生きているものは何ひとつありません。お互いが力を出しあって生きています。一人ひとりが無限の連鎖関係の中の一つの単位なのです。一人だけ隔離された生活をするようになってはいけないのです。みんなと協力しあって生きていくようにできているのです。(シルバーバーチ 今日のことば P144) [続きを読む]
  • 苦しみ 7
  • 苦しみとは、いったい何でしょうか。苦しみとは、自分自身または他人が受けた打撃または邪悪なことが原因で、精神または魂が苦痛を覚えた時の状態を言います。ですが、もしその人が宇宙の摂理に通じ、その摂理には神の絶対的公正が宿っていることを理解していれば、少しも苦しみは覚えません。なぜなら、各人が置かれる環境はその時点において関係している人々の進化の程度が生み出す結果であると得心しているからです。進化した魂 [続きを読む]
  • 奉仕 30
  • 暗闇(くらやみ)にいる人に光を見出させ、苦しみに疲れた人に力を与え、悲しみの淵にいる人を慰(なぐさ)め、病(やまい)に苦しむ人を癒(いや)し、無力な動物への虐待行為を阻止することができれば、たとえそれが、たった一人の人間、たった一匹の動物であっても、あなたの地上生活には十分価値があったことになります。(シルバーバーチ 今日のことば P142) [続きを読む]
  • 生命は霊
  • 大霊は生命であり、生命は霊です。生命を授(さず)かったものはすべて、誕生の宿命的遺産の一部として神性を秘めています。そして、地球という惑星で生を営(いとな)む存在はすべて、永遠の巡礼の旅を歩んでいます。どういう道を歩むかは問いません。巡礼者が正直な目的意識を持ち、真摯(しんし)に自己実現を求め、授かった資質を発揮して、あなたという存在がいたことで地球が少しでも豊かになったと言われるような人生を生きること [続きを読む]
  • 持ちつ持たれつの関係
  • 人間の一人ひとりが持ちつ持たれつの関係にあること、すべての人間に同じ神性が流れていること、ゆえに神の目にはすべてが平等であること、霊的本性において完全に平等であるとの観念を広める必要があります。性格において、生長において、進化において、そして悟(さと)りにおいて、一歩先(さき)んじている者が後(おく)れている者に分け与えるという行為の中に、偉大さがあるのです。(シルバーバーチ 今日のことば P53) [続きを読む]