格差の無い福祉国家を目指す。 さん プロフィール

  •  
格差の無い福祉国家を目指す。さん: 格差の無い福祉国家を目指す。
ハンドル名格差の無い福祉国家を目指す。 さん
ブログタイトル格差の無い福祉国家を目指す。
ブログURLhttps://ameblo.jp/adler777888/
サイト紹介文福祉国家は、再分配によって格差を無くす。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2017/04/12 00:44

格差の無い福祉国家を目指す。 さんのブログ記事

  • 犯罪による死者と自殺者は、戦争より多い。
  • 警察官が殺された。毎日、人が死んだニュースが流れる。日本は、アメリカ並みの犯罪大国に向かって突き進んでいる。日本が狂ってきたのは、希望が持てないからである。若者が希望を持って生きていける社会にしないと、犯罪は減らない。経済発展ばかりを優先したり、自分の儲けしか考えないでいると、大切なものを失うことになる。 ↓ 1日1回応援 をお願いします。社会・政治問題ランキングにほんブログ村 ・ 格差の資本 [続きを読む]
  • 大事なのは、物質的な豊かさではなく、精神的な豊かさである。
  • 経済発展こそが重要な政策だと考えている人が多いが、大きな間違いである。食べることに困ることはない時代なのだから、もうすでに経済は充分発展している。あとは、格差を無くすだけで、国民は豊かに暮らせるのである。大事なのは、経済を安定させることと、格差を無くして不公平感を無くすことである。そうすれば、国民みんなが、心豊かに楽しく安心して暮らせる。 それでもまだ心配な人に言おう。アメリカは、経済大国なのに幸 [続きを読む]
  • 日本の生産性が低い
  • 日本は、GDPが世界3位なのに、一人当たりのGDPにすると、25位まで落ちる。これは、生産高は多いが、人口が多いので、一人当たりにすると低くなるのである。つまり、日本の生産性は低く、生産効率が悪いということである。ということは、長時間の残業などによって生産高は上げているが、無駄な労働が多いことを表している。接待だとか、談合だとか、カレンダーの無料配布だとか、無駄が多すぎる。 ↓ http://ecodb.net/rankin [続きを読む]
  • 「銃が人を殺すのではなく、人が人を殺すのである」への反論
  • ①銃があるから人を簡単に殺しているのであって、銃が無ければ殴り合いの喧嘩で済むこともある。②銃社会の銃による殺人数は多いが、銃の無い社会の殺人数は少ないので、銃社会でない方がよい。③銃を規制している国の方が治安がいいので銃規制すべきである。④上記の論法でいくと、「核兵器が人を殺すのではなく、北朝鮮がアメリカ人を殺すのだ。」だから、北朝鮮は核兵器を所持してもよいことになるが、それでもいいのか。核兵 [続きを読む]
  • 資本主義は、成功者のための経済体制である。
  • 資本主義は、ZOZOTOWNの社長のように成功者のみが楽しめる経済体制である。敗者は、負け組と言われて低い評価をされる社会である。それが、現代資本主義、日本である。採用枠は決まっているのだから、能力の高い者から順に勝者となり、採用されなかった者は、敗者となる。では、敗者の中の敗者は、結婚もできない収入でいいのか。人間らしく生きる資格はないのか。それは間違った社会である。勝者だけが潤うのではなく、勝者とか [続きを読む]
  • 地震・台風・火事・洪水
  • 災害保険の考え方は、もしもの時に、みんなで助け合うというものである。毎年、自然災害に合うのだから、地震・台風・火事・洪水のいずれの災害においても、助け合えることが福祉である。 ↓ 1日1回応援 をお願いします。社会・政治問題ランキングにほんブログ村 ・ 格差の資本主義システム・ 格差は無くせる・ 福祉国家とは・ 福祉国家の特徴・ 福祉主義とは [続きを読む]
  • ただちに地球を守る行動をとる必要がある。
  • 今年最強の台風によって、関空に架かる橋が壊れるなど各地で大きな被害をもたらした。台風などの自然災害の前に、発達した文明社会が如何にもろいかが浮き彫りになった。この損害は、全て消費者に負担が回ってくる。関空の損害額は、空港使用料に跳ね返り、航空運賃に反映されるからである。停電復旧費用は、電気料の値上げになるからである。大事なことは、台風が最強になる理由を考える必要がある。何故、観測史上最高の記録が [続きを読む]
  • ただちに地球を守る行動をとる必要がある。
  • 今年最強の台風によって、関空に架かる橋が壊れるなど各地で大きな被害をもたらした。台風などの自然災害の前に、発達した文明社会が如何にもろいかが浮き彫りになった。この損害は、全て消費者に負担が回ってくる。関空の損害額は、空港使用料に跳ね返り、航空運賃に反映されるからである。停電復旧費用は、電気料の値上げになるからである。大事なことは、台風が最強になる理由を考える必要がある。何故、観測史上最高の記録が [続きを読む]
  • ストレス社会からの脱却は、競争主義からの脱却である。
  • 中間層の多くの労働者階級は、物質的には一定の豊かさで満たされているが、内情は、ストレスの重圧によって精神的な貧困状態にある。社外と社内の競争によって成績評価され、左遷やリストラのプレッシャーと戦わざるを得ない状況に追い込まれている。精神的貧困は、資本主義の自由競争による競争主義からきている。このようなストレス社会から脱却するには、競争原理の資本主義から脱却し、協働原理の福祉主義にするしか方法はな [続きを読む]
  • 競争原理の資本主義ではなく、協働原理の福祉主義でいこう。
  • 人間は、本能的にサボる生き物である。管理しないと手抜きになるので、経営者は競争原理を持ち込む。だから、労働意欲のためには、小さな格差は必要である。でも、大きな格差までは必要ではない。 労働意欲を引き出すために、競争原理が当たり前の社会になっているが、本来、人間は、助け合い、支え合う心を持っている。だから、人を蹴落とす競争原理ではなく、助け合い、協力し合う協働原理の社会を築く必要がある。 労働意欲の [続きを読む]
  • 統計から外れた少数派の中にも、輝くダイヤが眠っている。
  • 山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳の男の子を発見したのは、ボランティアをしている大分県の尾畠春夫さん(78)である。発見したとき、警察が“渡してください“と来たけど、“イヤです“と言った。 家族に対し「私が抱きしめて直にお渡しします」と約束していたからである。 この記事に関して思ったことは、 78歳の男性が発見できて、地元警察が発見できなかったこと。そして、地元警察が、「子どもを渡してください [続きを読む]
  • 経済発展したら幸福になれると思うのは、大きな誤解である。
  • 経済発展している日本のGDPは世界第3位なのに、幸福度は低くて54位である。アメリカは、GDPがダントツの世界1位で他国よりも圧倒的に経済発展しているのに、幸福度は18位である。このことから分かることは、いくら経済発展したとしても、国民の幸福度にはつながらないということである。ということは、経済発展したら幸福になれると思うのは大きな誤解だということである。経済発展によって物質的な豊かさは手に入るが、精 [続きを読む]
  • 金持ちは、結婚しないほうが幸せである。
  • ブラッド・ピットは、高額の養育費を払い、離婚費用が113億円にもなるなら、結婚しなかったほうがよかったと後悔しているだろう。ZOZOTOWNの前澤社長が、結婚しないというポリシーを持っているのは、こういう前例がたくさんあるからである。若くて美人の彼女を作ったほうが気楽でいいことになる。時間とお金を全て自分のためだけに使うことができるのだから。となると、金持ちから、普通の人間らしさはなくなっていく。格差は、人 [続きを読む]
  • 搾取と格差の有りと無し
  • 搾取は、資本主義の本質であり、格差は、資本主義の状態である。搾取によって資本が集中することで、貧富における格差が生まれた。つまり、搾取によって格差が生まれたのである。そこで、搾取をなくそうと社会主義が生まれた。ところが、社会主義は労働意欲がなくなるので、市場経済を導入した。すると、中国には搾取と格差が復活した。だから、搾取をなくすのか、それとも、格差をなくすのか、という問題が生まれた。 搾取あり、 [続きを読む]
  • 剛力彩芽は、前澤社長が手に入れたい所有物の一つに過ぎない。
  • クルーザーで寝転んでいる前澤友作社長は、剛力彩芽に「お仕事大変ね」と思われるが、日本のサラリーマンは、休日に家で寝転んでいたら邪魔者扱いされる。稼ぎが違うと扱いも違うのか。どちらも仕事は大変なのに。 剛力彩芽は、結婚しない男と付き合っているが、前澤社長にとって剛力彩芽は、クルーザーやプライベートジェット機、高級車、豪邸など、手に入れたい所有物の一つに過ぎない。 ↓ 1日1回応援 をお願いしま [続きを読む]
  • 本当の幸福とは、安心、安全、安定である。
  • ブータンは、GDPは低いのに、幸福度が高い。だから、幸福度というものは、経済的な豊かさでは測れないものである。GDPが世界1位のアメリカでも、貧困や犯罪が蔓延した国は幸福度は低い。だから、幸福度は、物質的な豊かさではないし、経済的な豊かさでもない。幸福とは、衣食住に不安が無く、老後が安心できる生活であり、家族みんなが健康に暮らせていることが一番の幸せなのである。日本はストレス過多で、ストレスによる不健 [続きを読む]
  • 格差こそが最大の敵である。
  • 強いアメリカ、強いロシア、強い中国を作ろうとしているトランプとプーチンと習近平。かつての繁栄と栄華を復活させようとしているが、軍事力を後ろ盾にして影響力を広げようとしている点で不安を感じる。 昔に比べれば経済的には豊かになり、物質的に恵まれてきているのに、何故、かつての栄光を取り戻そうとするのかである。アメリカの1人当たりの名目GDPは、 62,152ドル×110=680万円もあるのだから、充分食べて暮らせて [続きを読む]
  • 民主主義の欠落が引き起こした問題
  • 山根判定といい、日大アメフト問題といい、体育会系は、民主主義の思想に欠けているから、この手の問題が噴出するのである。 山根会長は、選挙という民主主義のルールを無くして終身会長になることで、独裁的な権力を乱用した。 日大アメフト元監督は、利権と出世のために学生を意のままに操り、相手校選手を怪我させる指示をした。これは、人権意識の欠落であり、金儲けのためならルールを無視している。どちらも、民主主義の意 [続きを読む]
  • ボクシング競技が中止になるかも?
  • 「山根判定」だけでなく、世界的に麻薬犯罪がらみや八百長で、IOCバッハ会長が、東京オリンピック競技からボクシング種目を外すことを示唆した。山根会長は、JOCからの圧力ではなく、理事会内部の辞任崩壊で辞める決意をしたようだ。まさか、IOCボクシング除外のニュースで辞任を決意したわけではないだろうが。 ↓ 1日1回応援 をお願いします。社会・政治問題ランキングにほんブログ村 ・ 格差の資本主義システム・ 格 [続きを読む]
  • 民主主義の敵である独裁的な絶対主義の思想は駆逐すべきである。
  • ボクシング連盟の山根会長が、終身会長であることが問題なのである。保守的な相撲協会でさえ理事長は選挙で選ばれているし、普通は数年に1度の選挙によって選出されるのが民主主義の原則である。ところが、選挙無しで終身会長として長く居座るから、周囲の者がおべっかを使うようになってしまうのである。従って、ボクシング連盟を改革するには、終身会長制度を止めて、選挙制度にすべきである。 選挙制度は、民主主義の大原則で [続きを読む]
  • 山根会長を起訴すべきである。
  • ボクシング連盟山根会長は開き直っている。だから、日本スポーツ振興センター(JSC)からオリンピック強化選手に支給された助成金の不正流用の罪で告発し起訴に追い込むべきである。ロレックスを売って返済したと謝罪しているが、返済したから許されるというものではない。したことの罪は残っている。返済された選手も、160万円を使えずに困っているのだから、早期に解決すべき問題である。 ↓ 1日1回応援 をお願い [続きを読む]