ys さん プロフィール

  •  
ysさん: yuki
ハンドル名ys さん
ブログタイトルyuki
ブログURLhttp://yuki.red/
サイト紹介文このブログは、トイプードルの事や旅行の事や英語に関する事等様々な事について書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2017/04/20 15:39

ys さんのブログ記事

  • 犬はどの様に産熱しているの?
  • 前回は、「犬は寒い時どの様に体温調節をしているか?」について特に「犬はどの様に保温しているか?」について書きました。また前回は、「犬はどの様に産熱しているか?」についても少し書きました。今回は、前回の続きで「犬はどの様に産熱しているか?」についてもう少し書こうと思います。 犬はどの様に産熱しているの?・自発的な運動動物の体温における産熱は、黙っていても自動的に行われる化学反応(基礎代謝)と食事をと [続きを読む]
  • 犬は寒い時どの様に体温調節をしているの?
  • 前回は、鼻呼吸と外側鼻腺や口呼吸と舌の関係について書きました。今回は、「犬は寒い時どの様に体温調節をしているか?」特に「犬はどの様に保温するか?」について書こうと思います。 犬は寒い時どの様に体温調節をしているの?「犬の体温が下がった」時体の中を巡っている血液が冷やされた状態で脳の体温調整中枢に送られます。そうするとそこにある温度センサーが「寒い!」と感じ全身の血管やホルモンを調節する内分泌器官 [続きを読む]
  • 鼻呼吸と外側鼻腺の関係は?口呼吸と舌の関係は?
  • 前回は、「犬が暑い時にどの様に体温調節をしているか?」という事について書きました。今回は、それに関係する事について書こうと思います。 鼻呼吸と外側鼻腺の関係は?外側鼻腺は鼻で呼吸をしている犬における主要な体温調整器官で犬の鼻の奥にあり体液を分泌していて鼻腔開口部からおよそ2cm内側第四前臼歯の上あたりに位置しています。 汗を分泌する汗腺は一般的に肉球にしかないと考えられています。実はこの外側鼻腺こそ犬 [続きを読む]
  • 犬は暑い時どの様に体温調節をしているの?
  • 前回まで犬を飼う上で季節毎に注意しなければならない事について書きました。今回は、「犬がどの様に体温調節をしているか?」について書こうと思います。特に今回は、「犬が暑い時どの様に体温調節をしているか?」について書こうと思います。 犬は暑い時どのように体温調節をしているの?犬は人間同様に恒温(こうおん)動物です。その為犬は体温を一定に保ちながら生きていかなければなりません。犬の体温を調節している所は [続きを読む]
  • 冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?その2
  • 前回は、冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書きました。今回も引き続きこの事について書こうと思います。 冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?・火傷や熱中症寒さをしのごうとして押し入れから取り出したコタツ等の暖房器具により逆に火傷や熱中症にかかる事があります。「寒さがそれほど厳しくない」関東地方より南の地域は、エアコンを暖房に切り替える事で冬を乗り越えられます。しかし「寒 [続きを読む]
  • 冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?その1
  • 前回は、秋の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書きました。今回は、冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。 冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?・低体温症犬は「体が被毛に覆われている」為に基本的に寒さに強い動物です。しかし犬の種類や年齢によって「冬の散歩が低体温症を招く」危険性があります。 低体温症は、「生命活動に必要な体温を維持出来ず体が異常 [続きを読む]
  • 秋の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?
  • 前回まで4回に渡って夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書きました。今回は、秋の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。 秋の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?・誤飲と誤食秋は、月見等の行事の季節です。以下は、犬にとって危険な秋の行事の食べ物です。団子/栗ご飯/豆/里芋/ぼたもち/おはぎ/キャンディーまた秋は、「野山に野生のキノコがたくさん生える」時期で [続きを読む]
  • 夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?その3
  • 前回と前々回は夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書いて来ました。今回も引き続きこの事について書こうと思います。 夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?・花火等の大きな音人間をはじめとする多くの動物は突発的な音に対して本能的な恐怖反応を示します。例えば、突然耳元で後ろからワッ!と大声を出されると驚いて飛び上がる等です。犬の中にこれと同じリアクションパターンがあります。犬に [続きを読む]
  • 夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?その2
  • 前回は、夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書きました。今回も引き続きこの事について書こうと思います。 夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?・散歩日中の強い日差しを避け散歩時間を日の出近くや日没近くにずらす事は良い事です。しかし「日の光があまりに少ない」場合周囲の見通しが悪くなります。その為事故に巻き込まれてしまう危険性が高まります。この事態を避ける為に車や自転車の運転 [続きを読む]
  • 夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?その1
  • 前回は、季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事特に春の間注意しなければならない事について書きました。今回は、季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事特に夏の間注意しなければならない事について書こうと思います。 夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?・熱中症「日差しが強くなる」/「日照時間が伸びる」夏において「犬が熱中症にかかる」リスクは劇的に増えます。 熱中症は「体温をうまく下 [続きを読む]
  • 春の間に犬を飼う上で注意しなければならない事とは?
  • 前回は、世界中で有名な犬について書きました。今回は、季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事特に春の間について書こうと思います。 季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事とは?・ダニ ダニは基本的に通年性です。 その為1年中予防薬を投与する事が理想です。 しかしダニは、3月頃から増え始めます。 その為特にこの時期のダニ対策は忘れてはなりません。 ・フィラリア 春になるとフィラリアを媒介する蚊が [続きを読む]
  • 世界中で有名な犬とは?
  • 前回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」について書きました。今回は、世界中で有名な犬について書こうと思います。 世界中で有名な犬とは??保持記録で有名な犬 ・オジー(ボーダーコリーとケルピーのミックス犬)最も早く綱渡りをする犬として有名 ・カイル(コリーとスタッフォードシャーブルテリアのミックス犬)最も長い物体を誤飲した犬として有名 ・ゼウス(グレートデン)世界一体(体高)が大きい犬とし [続きを読む]
  • あなたと相性の良い犬種は?人の信じ易さや優しさのテストの診断とは?
  • 前回は、人の社交性と支配性を測るテストの診断表について書きました。今回は、人の信じ易さや優しさを測るテストの診断表について書こうと思います。このテストから点数によって相性の良い犬のタイプが分かります。 人の信じ易さ測るテストの診断表とは?人の信じ易さを測るテストの診断表は以下の通りです。男性女性高い25点以上26点以上中間19〜24点19〜25点低い18点以下18点以下 ?男性の場合?人をすごく [続きを読む]
  • 人の社交性と支配性を測るテストの診断表とは?
  • 前回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」という事に関してテストの内容やその計算方法や点数表について書きました。今回は、人の社交性と支配性を測るテストの診断表について書こうと思います。 人の社交性と支配性を測るテストの診断表とは?人の社交性を測るテストの診断表は以下の通りです。男性女性高い28点以上28点以上中間20〜27点21点〜27点低い19点以下20点以下?男性の場合?「社会性が [続きを読む]
  • 犬との相性はどの様に判断したら良いの?
  • 前回は、犬に関係する法律や犬をめぐるトラブルの解決法について書きました。今回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」という事に関してテストの内容やその計算方法や点数表について書こうと思います。 犬と自分の相性はどの様に判断したら良いの?犬と自分の相性は、飼い主の社交性や支配性や信じ易さや優しさに関するテストを総合的に判断する事で分かります。 それぞれのテストはA~Dの設問で成り立っています [続きを読む]
  • 小売業界でペット購入時の説明の長さと内容は?
  • 前回は、犬を取り扱っている小売業について書きました。今回も犬を取り扱っている小売業界について書こうと思います。 小売業界でペット購入時の説明の長さと内容は?環境省によって公開されているアンケートで平成18年度におけるペット購入時の事前説明(口頭と文書による説明)の実施率は約44%でした。また全国ペット協会加盟店舗は約89%でした。そして事前説明を受けた長さは、購入者アンケートで以下の通りでした。 ・10分 [続きを読む]
  • 小売業界の問題点とは?説明責務はどうなっているの?
  • 前回は、小売業界の販売形態等について書きました。今回は、小売業界の問題点等について書こうと思います。 小売業界の問題点とは?平成20年6月に公正取引委員会事務総局によって公表されたペット(犬・猫)の取引における表示に関する実態調査報告書によるとおよそ60%の人が1週間以内の検討期間で犬猫を購入している様です。更にそのうち29.3%の人は、たった1日未満で購入に至っています。これにより衝動買いの現状が示されていま [続きを読む]
  • 犬の小売り業の販売形態は?
  • 前回は、犬のせり市の管理体制等について書きました。今回は、犬の小売り業の種類等について書こうと思います。 犬の小売り業の販売形態は?犬の小売り業の販売形態は、以下の通りです。 ・ペットショップペットデータ年鑑2009によると2008年10月時点で5,525件の小売り業者がペットショップとして登録されています。平成13年度に環境省によって行われたアンケート調査によると21.3%の割合で会社形式(株式・有限・合名・合資) [続きを読む]
  • 犬の競り市の管理体制と法規制はどうなっているの?
  • 前回は、犬の卸売りや競り市の現状について書きました。今回は、引き続き犬の競り市について書こうと思います。 犬の競り市の管理体制はどうなっているの?犬のせり市の管理体制は、以下の様になっています。「オークション業者がブリーダーの全数実態調査をして悪質なパピーミルや繁殖屋を排除する」という事は、現時点で行われていません。 つまり動物取扱業の登録をして入会金さえ払ったら良心的なブリーダーと悪徳パピーミ [続きを読む]
  • 犬の卸売りと競り市の現状とは?
  • 前回は、犬の繁殖の形態等について書きました。今回は、犬の卸売りの現状等について書こうと思います。 犬の卸売りの現状とは?卸売(おろしうり)はいわゆるブローカー(仲買人)を指します。平成20年6月に公正取引委員会事務総局によって公表されたペット(犬・猫)の取引における表示に関する実態調査報告書の中でその業務内容について「ブローカーは複数のブリーダーにおける在庫状況を常時把握して小売業者に情報提供を行 [続きを読む]
  • 犬の繁殖の形態とは?飼育頭数比率と従業人数は?
  • 前回は、ペット産業の業種等について書きました。今回は、犬の繁殖の形態等について書こうと思います。 犬の繁殖の形態とは?・専業繁殖者専業繁殖者は販売を目的に牧場で多品種・多頭数の大規模繁殖を行っている業者です。この形態は、全体の40〜50%を占めると推計されています。 ・ブリーダーブリーダーは販売を目的に一犬種及び少犬種の繁殖を行っている業者です。この形態は、全体の10〜20%を占めると推計されています。 ・ [続きを読む]
  • ペット産業の業種とは?市場規模は?
  • ここ最近は、犬の殺処分に関する事について書いて来ました。今回の記事からしばらくは日本のペット産業について書こうと思います。 ペット産業の業種とは?現在犬等のペットの生体市場等を合計すると9000億円に届きそうな程巨大なマーケットが存在しています。そんなペット産業の業種は、以下の通りです。・生産  この業種の仕事に従事している人は、子犬や子猫を繁殖しています。2008年度で1,728件の業者が登録されています。 [続きを読む]