ys さん プロフィール

  •  
ysさん: yuki
ハンドル名ys さん
ブログタイトルyuki
ブログURLhttp://yuki.red/
サイト紹介文このブログは、トイプードルの事や旅行の事や英語に関する事等様々な事について書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2017/04/20 15:39

ys さんのブログ記事

  • 春の間に犬を飼う上で注意しなければならない事とは?
  • 前回は、世界中で有名な犬について書きました。今回は、季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事特に春の間について書こうと思います。 季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事とは?・ダニ ダニは基本的に通年性です。 その為1年中予防薬を投与する事が理想です。 しかしダニは、3月頃から増え始めます。 その為特にこの時期のダニ対策は忘れてはなりません。 ・フィラリア 春になるとフィラリアを媒介する蚊が活発 [続きを読む]
  • 世界中で有名な犬とは?
  • 前回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」について書きました。今回は、世界中で有名な犬について書こうと思います。 世界中で有名な犬とは??保持記録で有名な犬 ・オジー(ボーダーコリーとケルピーのミックス犬)最も早く綱渡りをする犬として有名 ・カイル(コリーとスタッフォードシャーブルテリアのミックス犬)最も長い物体を誤飲した犬として有名 ・ゼウス(グレートデン)世界一体(体高)が大きい犬とし [続きを読む]
  • あなたと相性の良い犬種は?人の信じ易さや優しさのテストの診断とは?
  • 前回は、人の社交性と支配性を測るテストの診断表について書きました。今回は、人の信じ易さや優しさを測るテストの診断表について書こうと思います。このテストから点数によって相性の良い犬のタイプが分かります。 人の信じ易さ測るテストの診断表とは?人の信じ易さを測るテストの診断表は以下の通りです。男性女性高い25点以上26点以上中間19〜24点19〜25点低い18点以下18点以下 ?男性の場合?人をすごく [続きを読む]
  • 人の社交性と支配性を測るテストの診断表とは?
  • 前回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」という事に関してテストの内容やその計算方法や点数表について書きました。今回は、人の社交性と支配性を測るテストの診断表について書こうと思います。 人の社交性と支配性を測るテストの診断表とは?人の社交性を測るテストの診断表は以下の通りです。男性女性高い28点以上28点以上中間20〜27点21点〜27点低い19点以下20点以下?男性の場合?「社会性が [続きを読む]
  • 犬との相性はどの様に判断したら良いの?
  • 前回は、犬に関係する法律や犬をめぐるトラブルの解決法について書きました。今回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」という事に関してテストの内容やその計算方法や点数表について書こうと思います。 犬と自分の相性はどの様に判断したら良いの?犬と自分の相性は、飼い主の社交性や支配性や信じ易さや優しさに関するテストを総合的に判断する事で分かります。 それぞれのテストはA~Dの設問で成り立っています [続きを読む]
  • 小売業界でペット購入時の説明の長さと内容は?
  • 前回は、犬を取り扱っている小売業について書きました。今回も犬を取り扱っている小売業界について書こうと思います。 小売業界でペット購入時の説明の長さと内容は?環境省によって公開されているアンケートで平成18年度におけるペット購入時の事前説明(口頭と文書による説明)の実施率は約44%でした。また全国ペット協会加盟店舗は約89%でした。そして事前説明を受けた長さは、購入者アンケートで以下の通りでした。 ・10分 [続きを読む]
  • 小売業界の問題点とは?説明責務はどうなっているの?
  • 前回は、小売業界の販売形態等について書きました。今回は、小売業界の問題点等について書こうと思います。 小売業界の問題点とは?平成20年6月に公正取引委員会事務総局によって公表されたペット(犬・猫)の取引における表示に関する実態調査報告書によるとおよそ60%の人が1週間以内の検討期間で犬猫を購入している様です。更にそのうち29.3%の人は、たった1日未満で購入に至っています。これにより衝動買いの現状が示されていま [続きを読む]
  • 犬の小売り業の販売形態は?
  • 前回は、犬のせり市の管理体制等について書きました。今回は、犬の小売り業の種類等について書こうと思います。 犬の小売り業の販売形態は?犬の小売り業の販売形態は、以下の通りです。 ・ペットショップペットデータ年鑑2009によると2008年10月時点で5,525件の小売り業者がペットショップとして登録されています。平成13年度に環境省によって行われたアンケート調査によると21.3%の割合で会社形式(株式・有限・合名・合資) [続きを読む]
  • 犬の競り市の管理体制と法規制はどうなっているの?
  • 前回は、犬の卸売りや競り市の現状について書きました。今回は、引き続き犬の競り市について書こうと思います。 犬の競り市の管理体制はどうなっているの?犬のせり市の管理体制は、以下の様になっています。「オークション業者がブリーダーの全数実態調査をして悪質なパピーミルや繁殖屋を排除する」という事は、現時点で行われていません。 つまり動物取扱業の登録をして入会金さえ払ったら良心的なブリーダーと悪徳パピーミ [続きを読む]
  • 犬の卸売りと競り市の現状とは?
  • 前回は、犬の繁殖の形態等について書きました。今回は、犬の卸売りの現状等について書こうと思います。 犬の卸売りの現状とは?卸売(おろしうり)はいわゆるブローカー(仲買人)を指します。平成20年6月に公正取引委員会事務総局によって公表されたペット(犬・猫)の取引における表示に関する実態調査報告書の中でその業務内容について「ブローカーは複数のブリーダーにおける在庫状況を常時把握して小売業者に情報提供を行 [続きを読む]
  • 犬の繁殖の形態とは?飼育頭数比率と従業人数は?
  • 前回は、ペット産業の業種等について書きました。今回は、犬の繁殖の形態等について書こうと思います。 犬の繁殖の形態とは?・専業繁殖者専業繁殖者は販売を目的に牧場で多品種・多頭数の大規模繁殖を行っている業者です。この形態は、全体の40〜50%を占めると推計されています。 ・ブリーダーブリーダーは販売を目的に一犬種及び少犬種の繁殖を行っている業者です。この形態は、全体の10〜20%を占めると推計されています。 ・ [続きを読む]
  • ペット産業の業種とは?市場規模は?
  • ここ最近は、犬の殺処分に関する事について書いて来ました。今回の記事からしばらくは日本のペット産業について書こうと思います。 ペット産業の業種とは?現在犬等のペットの生体市場等を合計すると9000億円に届きそうな程巨大なマーケットが存在しています。そんなペット産業の業種は、以下の通りです。・生産  この業種の仕事に従事している人は、子犬や子猫を繁殖しています。2008年度で1,728件の業者が登録されています。 [続きを読む]
  • ヨーロッパ諸国でノーキルポリシーを実践している団体とは?
  • 今まで4回続けてアメリカでノーキルポリシーを実践している団体について書きました。今回は、ヨーロッパ諸国でノーキルポリシーを実践している団体について書こうと思います。 ヨーロッパ諸国でノーキルポリシーを実践している団体とは?・RSPCARSPCA は、英語で The Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals の略で日本語で英国動物虐待防止協会です。この団体は、1824年にロンドンで設立されました。その時 [続きを読む]
  • Maddie’s Fundとは?活動内容は?
  • 今まで数回に渡ってアメリカでノーキルポリシーを実践している団体について書きました。今回も引き続きアメリカでノーキルポリシーを実践している団体について書こうと思います。 Maddie's Fundとは?Maddie's Fund は、日本語でマディー基金です。 この基金は、アメリカの億万長者であるデイヴィッドとシェリルのダッフィールド夫妻によって設立されました。 アメリカのソフトウェア企業であるピープルソフト(PeopleSoft, Inc. [続きを読む]
  • ASPCAはどんな団体なの?活動内容は?
  • 前回は、アメリカでノーキルポリシーを実践している団体を2つ紹介しました。今回も引き続きアメリカでノーキルポリシーを実践している団体について書こうと思います。 ASPCAはどんな団体なの?ASPCA は、英語でAmerican Society for the Prevention of Cruelty to Animals略で日本語でアメリカ動物虐待防止協会です。 この団体は、1866年4月10日にヘンリー・バーグによってニューヨーク市に設立されました。設立から9日後の4月1 [続きを読む]
  • NSALAやHSUSはどんな団体なの?
  • 前回は、アメリカでノーキルポリシーを実践している団体の一つを紹介しました。今回も引き続きアメリカでノーキルポリシーを実践している団体について書こうと思います。 NSALAはどんな団体なの?NSALA は、英語で North Shore Animal League America の略で日本語でノースショアアニマルリーグアメリカです。 この団体は、ニューヨーク州ポートワシントンに本部を持つ世界最大のノーキル団体です。 1944年に設立された当初この [続きを読む]
  • ノーキルポリシーを実践しているアメリカの団体は?
  • 前回は、動物愛護に関わっていると必ず出会う倫理的な問題とその考え方について書きました。今回は、ノーキルポリシーを実践している団体について書こうと思います。 ノーキルポリシーを実践しているアメリカの団体は?海外で特にアメリカやヨーロッパ諸国に保護した犬や猫を可能な限り殺さないというノーキルポリシーを実践している団体が数多くあります。今回は、ノーキルポリシーを実践しているアメリカの団体の一つであるSFSPC [続きを読む]
  • 個人で出来るノーキルポリシーの推進方法とは?
  • 前回は、ノーキルポリシーの浸透による日本行政の変化について書きました。今回は、個人で出来るノーキルポリシーの推進方法について書こうと思います。 個人で出来るノーキルポリシーの推進方法とは?皆さんは、どうすればノーキルポリシーを推進出来ると思いますか?今回は、そんな事について書こうと思います。 ・自分のペットを大切にする殺処分数を減らす事は勿論大事です。仮に「殺処分の数字がゼロになった」として「家庭内 [続きを読む]
  • ノーキルポリシーの浸透による日本行政の変化とは?
  • 前回は、ノーキルポリシーのデメリットについて書きました。今回は、ノーキルポリシーの浸透による日本行政の変化について書こうと思います。 ノーキルポリシーの浸透による日本行政の変化とは?「ノーキルポリシーに対する日本行政の動きの中で最もスケールが大きい」物は、2012年6月から2013年9月において行われた国による動物愛護法の改正です。 またノーキルポリシーの浸透によって日本の各都道府県の保健所や動物愛護センター [続きを読む]
  • ノーキルポリシーのデメリットとは?
  • 前回は、ノーキルポリシーのメリットについて書きました。今回は、ノーキルポリシーのデメリットについて書こうと思います。 ノーキルポリシーのデメリットとは?ノーキルポリシーのデメリットは、何だと思いますか?ノーキルポリシーの主なデメリットは、以下です。 ・ノーキルポリシー詐欺が起きる 「ノーキルポリシーを標榜(ひょうぼう)して支援を受けておきながら実際は動物を殺していた。」という実例があります。 「ACC [続きを読む]
  • ノーキルポリシーのメリットとは?
  • 前回は、アシロマ協定について書きました。今回は、ノーキルポリシーのメリットについて書こうと思います。 ノーキルポリシーのメリットとは?日本において犬や猫の引き取りや里親探しを行っている機関に保健所等があります。保健所等においてノーキルポリシーを実践する為に時間等の全てが必要となります。その為ノーキルポリシーの実践は、一朝一夕に出来ません。しかしそうした難関をクリアしてノーキルポリシーを実現した時 [続きを読む]
  • アシロマ協定とは?内容は?
  • 前回は、「ノーキルポリシーとは何か?」等について書きました。今回は、アシロマ協定について書こうと思います。 アシロマ協定とは?内容は?ノーキルポリシーで保護された動物の命運を左右する「その動物が健全である」と「その動物が健全でない」の線引きに幾つかの方法があります。それは、現在議論の最中です。その中で「その動物が健全である」と「その動物が健全でない」の線引きとして最も一般的な物がアシロマ協定です [続きを読む]
  • ノーキルポリシーとは?どういう風に考え出されて広まったの?
  • 前回は、「犬の殺処分はどうしたら減らせられるか?」等について書きました。今回は、ノーキルポリシーについて書こうと思います。 ノーキルポリシーとは?どういう風に考え出されて広まったの?前回挙げた犬の殺処分減少の為の3本柱を実現したら将来的に殺処分の数を限りなくゼロに近づける事が不可能じゃなくなります。限りなくという言葉を入れた理由は、致命的な病気を抱えていたり「修正する事が難しい」行動障害を抱えている [続きを読む]