yu さん プロフィール

  •  
yuさん: じYUな田舎生活
ハンドル名yu さん
ブログタイトルじYUな田舎生活
ブログURLhttp://inakalib.com
サイト紹介文山林開拓・セルフビルド・出稼ぎで自由に生きていく山暮らしブログ
自由文たった一人で、極力重機を使わずに山林を開拓していきます。技術系の記述が多め。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/04/14 23:55

yu さんのブログ記事

  • 椎茸原木栽培 害菌の傾向と対策 18年秋
  • 観測した害菌と特徴18年春(2,3月)に植菌し、5月に日当たり微妙な場所で鎧伏せした椎茸ホダ木ですが色々な害菌を見ました。ネット上の資料などを参考にしながら同定し、その特徴をまず調べました。 クロコブタケ多湿の伏せ込み地で発生。今季の原木栽培で最も頻発。この菌をいかにして抑えるかが成功のカギを握ると思われる。 ダイダイタケ(キウロコタケ?)多湿の伏せ込み地、水抜けの悪い大径木に発生。今季で2番目に見る菌と [続きを読む]
  • 切り株を焚き火台にして晩御飯作ってみた
  • 最近、「スウェディッシュトーチ(きこりのろうそく)」という焚き火方法(?)を知りました。丸太にチェンソーで切れ込みを入れて中心を燃やすだけですが、燃焼が安定するしその上に鍋を置いて調理することも可能です。単純で使いやすい、意外に思いつかなかった素晴らしい方法です。 YUしかしこの丸太を焚き火台にする方法、応用してバリエーションを多く出来ないか?と考えるようになりました。そしてふと、「邪魔な切り株を使って [続きを読む]
  • 椎茸原木栽培ほだ起こし 18年10月
  • 今回の記事は「ほだ起こし」という作業についての記述がメイン。害菌の様子と対策は別記事とします。 方法を模索しながらほだ起こし2018年10月9日、春に本伏せしたほだ木を林内で「ほだ起こし」して、キノコが発生しても取りやすいようにしていくことにしました。前々日と前日に藪山を整備してたのですが、地味すぎるので写真撮ってなかった…いつも通りの低木伐採だったし。 キノコが発生するときに「鎧伏せ」などのような密集し [続きを読む]
  • 2018年7〜9月 生活・事業費
  • 2018年の7,8,9月は旅館で住み込みバイトをしていました。7,8月はめちゃくちゃ暑く、観光したくとも外に出歩く気力も無かったレベル。9月は雨が多かったですが、ちゃんと涼しくなってくれましたね。9月末頃に山小屋に帰宅し、交際関係で大都会へ行った、というのがこの期間の主な出来事。 食費13,567円(月平均:4,522円)出勤日も休日もずーっと毎日2食を旅館の賄いで食べさせてくれましたから、ブログ始めてから一番食費が少なく [続きを読む]
  • 里山・山林を利用したい方におススメの雑誌「林業新知識」
  • 雑誌「林業新知識」とは?林業新知識は、一般社団法人全国林業改良普及協会(以下、全林協)が毎月発刊している雑誌です。珍しい林業業界誌の一つですね。他にも「現代林業」という雑誌も全林協が発刊しています。農文協で言うところの「現代農業」ですね。あちらは木材生産系の企業や林政を重視しているのに対し、こちらの林業新知識は小規模な山林所有者や現場作業者を購読対象としているのが大きな違いです。 内容まず最初に言 [続きを読む]
  • 道づくりのための低木伐採 18年10月
  • 計画今季中にバックホウをレンタルして作業道を作り、運搬車で山林内の収穫物を簡単に集めていけるようにしたいのです。一度ちゃんとした道を作ってしまえばしばらくは大きな手間も無く維持できるし、色々な作業もやりやすくなります。林業と作業道は切っても切り離せぬ、深い関係。私もいっちょやってみたい。以前QGISで境界線と等高線を重ね合わせた地図を作成したのですが、これを使って計画を立てることにしました。背中に出来 [続きを読む]
  • 山小屋暮らし3rdシーズン開始
  • 2018年9月28日、リゾバ先から遂に帰宅。めっきり涼しくなって過ごしやすくなった今日この頃。快晴のツーリング日和。…まだ山に籠もらなくていいかとか考えてしまう。 約1か月半ぶりの山小屋ですが、相も変わらず大きな変化はありませんでした。最初の出稼ぎ時は「小屋が倒壊してないだろうか…」とか色々心配していましたが、もう心配する必要も無さそうな気がしてきましたよ。耐風性も耐水性もある、案外丈夫な小屋なんね。 しか [続きを読む]
  • 18年夏旅館リゾバ 雑記と小屋への一時帰宅
  • 生活雑記食事旅行に出かけるとき以外は毎食毎食賄い料理を食べてました。海岸の旅館だったのでお客さんに出す食事も魚が多め。賄いはその残り物で作ったものなのか、魚料理が多かったですね。しかし牛肉を出すことも多いらしく、よく食べてました。今まで生きてきた中で一番肉や魚を食べていた期間なんじゃなかろうか…と思うレベル。たまに同じグループで別の場所で働く社員さんがヘルプで来ることもあったのですが、彼らにとって [続きを読む]
  • 18年夏旅館リゾバ 散歩と旅行
  • 散歩する日々寮の窓を開けると、そこには室外機の大軍が!騒音もあるから窓も開けにくいです。なので天気の良い日は外へ散歩に行かねば!…ということでバイク持ち込みでもよく寮周辺を散歩してました。観光地ですから遊歩道はよく整備されてたし。また、7,8月の日中はずっと暑かったのでバイクに乗ることすら辛く、若干涼しくなった夕暮れに散歩することばかりやってました。 今回は中国地方の名山を望める海岸の温泉地で働いて [続きを読む]
  • 18年夏旅館リゾバ 洗い場の感想と長期リゾバについて
  • 初日から一人ということで前回は色々大変な模様を書きました。赴任日2018年6月21日、軽く小屋じまいして早めに出発。バイクで山の中を走っていきましたが、夏っぽい空気が気持ちいいっす。やっぱり公共交通機関使うより自由度の高い...18年夏リゾバ 赴任と勤務初日 - じYUな田舎生活 コツをつかんでくる2日目の6月23日、朝の洗い場担当が15時頃まで残って作業してたのでコツを聞いてみることにしました。正直ちょっと変な人でし [続きを読む]
  • 18年夏旅館リゾバ 客室清掃(メイク)の感想
  • 2018年の6月下旬から9月末まで、某旅館で住み込みながら客室清掃と洗い場の裏方業務の仕事を行っていました!自分がどんな仕事をしていて、どんな感想を持ったかを書いていきたいと思います。 客室清掃の仕事内容について基本的には半月毎(15日毎)に定められるシフト表に基づいて、出勤することになりました。客数の多い土日祝祭日やお盆は4,5人でやることがほとんど。平日は2,3人で作業することになります。ビジネスホテルとは [続きを読む]
  • この生活に至るまで〜林業と小屋暮らし〜
  • ※アイキャッチに他意はありますん 林業「現場作業員になりたいのでどこか紹介してくれませんか」と言ったら「ちょうどうちの職員一人足りなくなるから、来れば?」という返事を頂いて、3日で就活は終わり。普通のサラリーマン的なことをやっていくのは、入職直後は大変でした。まあそこんところを詳しく書いていくとありきたりなことをダラダラと書いてしまうので、割愛です。結論から言うと、3年経たずに辞めはしましたが、入職 [続きを読む]
  • この生活に至るまで〜研究生活と四国遍路〜
  • 研究生活さて大学四年生から研究室に配属され卒業論文に向けた研究を行うようになるのですが、担当の指導教員の方針により、研究テーマそのものがなかなか決まらず大変でした。卒業論文の研究テーマ決定には「指導教員がいくつか提示してその中から学生が選ぶ」などの方法もあるのですが、私の指導教員は「学生がしたいと思った研究をやらせる」というのが(表向きの)方針でした。卒業研究では課題解決型研究を行ったり、上司の研 [続きを読む]
  • この生活に至るまで〜講義と登山とツーリング〜
  • 大学の講義学科の名前から環境に関して広く学べるところだと思っていましたが、元々は林学科だったところなので林業や木材利用の講義が意外に多かったです。おそらく世間での「森林」に期待される機能が木材生産など生産的機能から水源涵養や生態系保護といった公益的機能に変化し、そのニーズに応えるために名前を変えたのでしょうか。(正確には知らん)そのためか元・林学科にしては直接的な林業系(木材生産系)の講義が少なか [続きを読む]
  • この生活に至るまで〜小中高生の頃〜
  • DASH村広い意味での「田舎暮らし」に興味を抱いたきっかけは、やっぱり鉄腕ダッシュ内にあったかつてのコーナー、「DASH村」だったと思います。田舎暮らしを扱ったコンテンツは他にも色々あったと思うのですが、これが他と異なるのは、0から始めたということと昔ながらの知恵を最大限に活かしているということ、大金を払って現代技術でゴリ押しはしないことでしょうか。このコーナーに出てくる技術や生活様式はどれも素晴らしいも [続きを読む]
  • 出稼ぎ労働再評価の提案
  • 労働制度や経営の専門家でも何でもありませんが、とりあえず最近の労働問題や出稼ぎ生活を送っている中で思ったことをちょっと書いてみようかと思います。第2回東京オリンピック前という時期、働き方改革を行っている今だからこそ、あえて書きます。私と同じような主張している別の記事とかあったらコメントで教えてください! 過去の出稼ぎ「出稼ぎ」と聞くと、多くの人は何を思うのでしょうか?故郷に安定的な仕事が無いから家族 [続きを読む]
  • 山菜・筍栽培・竹林管理 研究成果(マニュアル)のまとめ
  • yuの独断と偏見による、各都道府県林業研究所の普及情報・マニュアルのまとめ記事。新しいのが見つかり次第、更新する可能性が高いです。 今回ご紹介するのは山菜と竹栽培(竹林管理)に関するマニュアルです。ここでの『山菜』の定義としては、「日本在来のもので採集も可能な植物性食物全般のもの」としておきます。品種改良されたり栽培されたりしているものも「山菜」と言うのかは人それぞれですが、とりあえず今回は『種(し [続きを読む]
  • きのこ・椎茸原木栽培 研究成果(マニュアル)のまとめ
  • yuの独断と偏見による、各都道府県林業研究所の普及情報・マニュアルのまとめ記事。新しいのが見つかり次第、更新する可能性が高いです。 今回ご紹介するのは主に各種きのこの原木栽培のマニュアル。菌床栽培のマニュアルも巷にはありますが、今回は興味深いもの以外は載せないことにしておきます。原木栽培がメインです。これらのマニュアルは全て無料ですから、皆も熟読してきのこ栽培にチャレンジしてみよう!ちなみに個人的に [続きを読む]
  • 『感想』小さい林業で稼ぐコツ
  • 著 者 農文協編集局出版社 農山漁村文化協会出版日 2017年9月128頁 内容「山は儲からない」は思い込み。自分で切れば意外とお金になる。そのためのチェンソーの選び方から、安全な伐倒法、間伐の基本、造材・搬出の技、山の境界を探すコツ、補助金の使い方まで楽しく解説。(田舎の本屋さんより引用) 感想出稼ぎ中の休日に図書館で読みました。最初に結論を言うと、私のような個人事業主の林業家(自伐林業家)志望の人にとっ [続きを読む]
  • 独立型太陽光発電用のバッテリー(鉛蓄電池)の選び方
  • 求められる能力どこのサイトにも書かれていると思いますが、太陽光発電用のバッテリーとして求められる能力は「深放電に耐える」「寿命が長い」です。(この二つは同じだとも言えるが…)よく目にする通常のカーバッテリー(始動用バッテリー)は、主に大電流を流すことによるエンジンの始動に使用され、エンジンがかかっているときには充電されるのでほぼ常に満充電状態を保っていることが前提となっているものです。なので深放電 [続きを読む]
  • 太陽光発電のバッテリー(鉛蓄電池)を長寿命化させる使い方
  • 「自作太陽光発電&蓄電システムのランニングコストの大部分は、バッテリーである」 ということは自作オフグリッド生活者の間では常識となっていると思われます。そこで今回の記事では、現代において最もコストパフォーマンスの良い電池とされる鉛蓄電池の特性と使い方を改めて調べることにしました。 鉛蓄電池について原理は中学化学か高校化学かで学ぶはずなので、多くの人は知っているでしょう。この記事での説明は面倒くさいの [続きを読む]
  • 根太と大引きの簡易スパン表&6畳の床組み提案
  • 基準スパン住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)の融資住宅建築基準集によると、合板など床材の接合の下地となる1階根太では45角材を使用&スパン910mmが標準となっています。2階根太では梁間隔が0.9mなら45×60、1.8mなら45×105となります。根太を支え床束と接合される大引きでは、90角材&スパン910mmが基準です。今回記事を作成する目的としては、ホームセンターなどには色々なサイズの材が置かれていますが、基準の材よりも [続きを読む]
  • 性格診断やってみた(16personalities)
  • 「性格診断」で検索して一発目に出てくる16personalitiesでやってみる。…ネタの数稼ぎ! INTJというものでした。 INTJの性格全文はこちら この上なく孤独、そして最も希少で戦略に長けている性格タイプのひとつうん、分かってる…というか今の状況で「あなたは孤独にならない性質」とか診断されるほうがダメージ大きいっすわ。希少であることと戦略に長けているという診断はうれしいですね。私は頭のおかしい少数派でいるのが [続きを読む]
  • 18年夏リゾバ 赴任と勤務初日
  • 赴任日2018年6月21日、軽く小屋じまいして早めに出発。バイクで山の中を走っていきましたが、夏っぽい空気が気持ちいいっす。やっぱり公共交通機関使うより自由度の高いバイクで赴任するほうが楽しく生活できそうですね。約束の時間は午後2時としたのですがその時間の1時間半も早くついてしまったので、近くのスーパーで暇つぶし。今回は僻地ではなくて海沿いの町で生活することになるので、必要なものがあってもすぐに調達出来そ [続きを読む]
  • 18年夏リゾバ リゾートバイト.comで応募&一時帰宅&持ち物
  • さっさと新しい仕事を探してみる山小屋バイトから夜行バスで実家に帰ってきた2018年6月18日、早速新たな仕事を探すことに。今回は少し働く期間が短くなりそうなので、赴任を楽にするため実家や山小屋(自宅)から近いところで探すことにしました。山小屋バイトの休憩中にリゾートバイト派遣業者について色々調べていたのですが、個人的には前回使った最大手の「リゾバ.com」の他にも「リゾートバイト.com」も良さそうな気がしまし [続きを読む]