賢者の創作石 さん プロフィール

  •  
賢者の創作石さん: 賢者の創作石
ハンドル名賢者の創作石 さん
ブログタイトル賢者の創作石
ブログURLhttp://artstone.hatenablog.com/
サイト紹介文ガラスにペイントして創る創作石(ガラスストーン/ガラス石)のアクセサリーを創っています。
自由文神秘と美をテーマにガラスにペイントして創る創作石(ガラスストーン/ガラス石)のアクセサリーを創っています。『賢者の創作石』(Philosopher’s Art Stone)は、ケルト神話が起源のアーサー王伝説の『賢者の石』が由来です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 223日(平均2.7回/週) - 参加 2017/04/15 01:11

賢者の創作石 さんのブログ記事

  • あのね
  • あのね。夢を見てたの。  不思議な夢。夢の中で誰かが言ってたの。「お目醒め。 起きた? 夢を見ていたの?  寝言 言ってたけど。 そうよ。 朝よ。 10時間ぐらい寝てたんじゃないの? 呆れる程よく寝てたよ。 さ、起きて 起きて。  支度して。」って、今あなたが言ったことと 全くおんなじこと。「ふうん。 そんなこともあるのね。  デジ [続きを読む]
  • 魅かれるベリーダンス動画
  • ベリーダンスは女性のダンサーが踊ることの方が一般的だと思うけど、男性のダンサーが踊るのもまた違った味があっていいよ、っていう感じが伝わればいいなと思う。たぶん万人が共有できるタイプの美ではないんだろうけど感覚が似ている人もいるかもしれないのでシェアしてみよかな。         Check’em out!Rachel Brice & Illan Rivière | Thousand Year ForestHorus Mozarabe performing fusion [続きを読む]
  • 久 之 謡ヒ
  • 雨こんこん      夜笛の響 幽かなり       聞こゆ冬枯れの       響き追ひて生くるも死するも   おなじき源   鬼船屋形平の海人船      沖つ真櫂漕ぎ出でぬ 梅の花に栄ゆるも   松の枝にかぎろひも  無常流転       炎円環 称へ給へ   朝栄え称へ給へ   夕映えかくのごとく 宣ひける かくれんぼ    "KnockーKn [続きを読む]
  • まだ2ヶ月あると思っていた。まだできることを探していた。私は生に執着しすぎるのかもしれない。2ヶ月は持たない。11月。。。持ち直したけど今日もうだめだったかもしれないという報せを聞いてもう生に対してできることを探す時期ではないと悟った。初めて涙が出た。最期の再会のことだけを考えよう。おねえちゃんはその時必ずそばにいる。 [続きを読む]
  • 心境模様・時間
  • 「ブログ更新が一時滞るかもしれない」それは自分を楽にする方法だった。本当は知っている。『あとから』ではなく、『今の瞬間』を書くべきなのを。そして本当に書くべきなら、必ず書きたくなるということも。でも自信がなかった。私は普段から時間の使い方の効率が極端に低いことを自覚している。膨大な時間をぼーっと過ごしてしまうしまたそういう時間が足りないと疲れを感じているような気もする [続きを読む]
  • ブログのこと。これから。
  • 妹の生命の火が燃え尽きようとしている…らしい。…というのを昨日知った。火は消えようとしているらしいけれど、私はまだわからないとも思っていて今はできるだけたくさんの薪を用意して妹のもとへ行きたい。ショックではあるけれど、今やれること(またはやれないこと)を探すのに忙しいうちは まだ悲しみに暮れる時じゃない。価値観の押し付けにはならないように、でも自分の考えることをアピールだけは [続きを読む]
  • 「ねえ、アーサー。ぼくは思うんだ。」
  • 「ねえ、アーサー。 聞いてよ。  ぼくはこう思うんだ。 このあいだ、きみが言ってたことだけどさ。 ぼくにできることはいつだって、だれだってできるんだよ。   そのモードでさえあればね。 でもだれだってできるからって きっとぼくの存在価値っていうものは変わらないんだ。 そのモードでさえあればね。 それにだれだってできても ぼくにはぼくの形っていうのがあって ぼくにはぼくの [続きを読む]
  • 追憶のフォスフォレッセンス
  • 古里に機織り在り       外灯り暗し縦糸に星 横糸に闇      星の煌めきたるがゆえ 闇の安らかなり夜魔に襲はるる海の汐        思ひ沈む船の舵取り惑ふ天彩る道の星之きも         命(メイ)織りなす神秘の戯言も地なる瓶(カメ)に汲みたる光の束    土なる生 根なる命 茎なる力宵闇の時の職人        落とすは時の蔭蜘蛛の糸辿る魚の       [続きを読む]
  • Julio Iglesias『Fragile』&言葉と音の錬金術 他
  • 今回の動画シェアはこれで3回連続になった。自分では動画シェアはもういいんじゃないのと思っているんだけどついつい。上の2つの動画のみ日本語音声または日本語字幕です。(下の2つは英語のみですみません。興味のある方)日本語字幕 動画?スティング『Fragile』  フリオ・イグレシアス日本語音声 動画?スライヴ (日本語)    視聴回数 2,917,488 回ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • フジ子・ヘミングの『ノクターン第2番/ショパン』
  • 普段はどちらかというと民族音楽やワールドミュージック系の曲を聴いていることが多いけど、昨日からの続きでピアノならフジ子・ヘミング をいちばん初めに連想するかな?と、昨日のシェアからの続きでこうなりました。上原ひろみ の場合はとにかく彼女と{音楽/ピアノ}との一体感が半端なくて、じーっと外から{観る/聴く}っていう感じだったんだけど、フジ子・ヘミングはそこに自分も入り込んでしまう感があります。 惹き込 [続きを読む]
  • 閲覧注意/昔の自分の影を踏む1
  • ここに置くのは少し場違いな気もするけれどそして胸を張ってではないけれどでも確かに通った道。備忘録としてここに記憶しておくことにした。この頃はとてもスムーズとは言えない英語でしか言葉を綴らなかった。なんでだろう?日本語で書くようになったのはここ数年のみ。ブログを初めてから。それにかなり暗い。精神を病んでいたのかもしれない。自分の好きな分野(歌)を探検はしていたけれどテイスト的には自分が好きなこ [続きを読む]
  • 密告号の怪者たち
  • 最初のひとり。悲劇の宇宙人 ジャック のいろいろなアルバイト体験談!学校 大統領 テレビ局悪ふざけが増えつづける裏に 当然重い罰が下されるリスク アリ。ついにおわりを招く予兆か。きみ 知らされていない?「幸せになれる」社 の地下研究施設に保管されている 大流行したUFOが謎の模様に使ったラーメンで 空を舞う。備蓄倉庫 ひとりきりでふやしていくけれど からだ繁殖できない。凶暴で気 [続きを読む]
  • story が産まれる夜明けに
  •   そうして赤ん坊が産まれる黄昏に 馬の蹄(ヒヅメ)の音と伴に   中世の騎士が到着する   「誰がために?」         「なにゆえに?」                                 「我は黄昏のために」       永遠の眠りから目覚め      追憶の底から湧き上がるこの馬は             我の馬この剣 [続きを読む]
  • 万屋商ふ
  • よろづ須く    表はれたるもの 黄金の境有りて  是執り行なふべし金練る識の    極めたるを以て 時の間に     隠しスえらるるは王なる冠賜ふよろづ術から句  現はれたるもの黄金の界有りて  是録り行なふべし菌練る四季の   醸したるを以て 術の間に     顕はし据ゑらるるは 王のくにたま給ふ砂の落つるの   熟したるは支なる天を    舞はし微た [続きを読む]
  • 「生まれる」(記憶を取り戻す探偵 3)
  • Sense of Wonder  センス・オブ・ワンダー 居心地のいい洞窟から   息苦しくて 狭くて長くて暗い苦難の道を  少しずつ進みどこに向かっているのかもわからない。。。一筋の光が差した!   と思ったら大きな手に掴まれ  いつのまにか   ここは新しい光の眩しい世界なんだかこっちを   やさしそうに見ている目、顔に囲まれやさしそうと思った瞬間   逆さに吊るされてお尻を叩かれ [続きを読む]
  • 記憶を取り戻す探偵2
  • <生まれてから言葉を話す前の幼年期>赤ん坊の私は2つの価値観の衝突を目の当たりにしたに違いない。文化の違いくらいの印象の価値観の違いだったかもしれない。私は、自分の価値観を主張した際に他の価値観と衝突するシーンの行く末のようなものを目撃したに違いない。言い争いという形で。またはそれ以上の。私は2つの価値観の戦争に巻き込まれたに違いない。実際に、歩けるようになったくらいのとき 父と母に両側か [続きを読む]
  • 記憶を取り戻す探偵1
  • <生まれてから言葉を話す前の幼年期>この間の記憶は意識的にはほぼ出てこない。断片的にあるのかないのか朧げだ。出てくるとしても写真のように出てくるのであとから写真で見たのか記憶なのか判別がつかない。人によってはあるんだろうなあ。子供が話せるようになってすぐに聞いた場合は中にはお腹の中にいた時の話をする子供もいるらしいし。たとえ話していることの真偽は判別できないとしても。とにかく生まれてか [続きを読む]
  • ツタヘフミ
  • マツロハヌモノドモノ アルハヤ コノタビ ナガラク オニハイクヮイノコトヒサシク ガンダウガエシ カカルツイデタチマチニ キセリヨノソゾロガミ サハガシカレ サレド ヨノオトヲ ココロニトメズ ベツナルミチノモトニ オトナヒワタルハ ソナタノ チカラトイノチ アナドルナカレ ソナタノ ジョソウナシ ヘタンチョウハ スデニオワリヲ ムカヘ ハタンチョウヘ ウツルヨノオトナヒ ケンバンヲモクセズ [続きを読む]
  • 一期一会 ★ 言語と非言語のコミュニケーションの街
  • 私はどちらかというと、何かを何かのカテゴリーに入れて話すと自分の思うことを正確に表せなくて難しいと感じているけど今回はカテゴリーに入れて話さなければ話が進まないという自体になるので敢えてカテゴリーだらけになる。ーーーーーーーオーストラリアのシドニーから車で3時間ほどドライブすると6年間住んでいた、ある田舎町がある。多国籍住人の割合が多く、田舎のわりにはかなりコスモポリタンなところですぐに歩き [続きを読む]
  • 種 既に蒔かれけり (2)
  • よろづをしたたむ玉水のゆくへ    悉く写す万華の鏡   睫見えぬも足下から鳥が立つ     狐は如何に   めさましぐさ食む卵孵しの理     弧は如何に地鎮鬼火よ   芽流樺をして仕組み   聞こしをす麻本呂婆の種 既に蒔かれけり言の葉 足るまじくなむ    よのすゑ騒がし 形 而して上に学ばんを    下に学する道なり幾星霜影フミて        幾星霜モノ語るツチ鋤 [続きを読む]