slamcity さん プロフィール

  •  
slamcityさん: 宝塚歌劇団ニュース速報
ハンドル名slamcity さん
ブログタイトル宝塚歌劇団ニュース速報
ブログURLhttp://takarazuka.douska.com/
サイト紹介文宝塚歌劇団の情報をお届けするニュースサイト
自由文宝塚歌劇団に関するニュース、動画、2ちゃんねる、などいろいろ配信してます。どうぞよろしくお願いします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2017/04/15 08:59

slamcity さんのブログ記事

  • 雪組ホープ・縣千「凱旋門」新人公演で好演!
  • 宝塚歌劇雪組ミュージカル「凱旋門」の新人公演が26日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。入団4年目のホープ・縣千が新人公演初主演。第101期生では、宙組・鷹翔千空に次ぐ2人目のセンターを務めた。カーテンコールで縣は「今、感じたことを大切に、もっともっと成長してまいりたい」と、涙をこらえながらあいさつした。縣千http://agata-sen.mato.media/鷹翔千空http://takato-chiaki.mato.media/ 終演後、会見した縣は「無事に終わ [続きを読む]
  • 月組に来て見える世界が広がった!月城かなと
  • 宝塚歌劇月組が30日から大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、20世紀アメリカ文学を代表する作家の一人、スコット・フィッツジェラルドの栄光と挫折を描いたミュージカル「THE LAST PARTY」を上演する。主演は男役スターの月城かなと。「入団10年目を迎え、ようやく男役としてスタート台に立てた気持ち」と話す。月城かなとhttp://tsukishiro-kanato.mato.media/昨年、雪組から異動した。「雪組ではトップだった早霧(せ [続きを読む]
  • 望海風斗、轟悠の格好良さに衝撃受けた!
  • 宝塚歌劇団の雪組トップスター、望海風斗が専科スターの轟悠と共演する「凱旋門」と、主演のショー「Gato Bonito!!」が兵庫・宝塚大劇場で上演中です。http://nozomi-futo.mato.media/http://todoroki-yu.mato.media/望海風斗のインタビュー記事が下記サイトで公開されてます18年前「当時はこの芝居の深さをよく分かっていなくて。とにかく轟さんが格好良かったことをすごく覚えています」https://www.sankei.com/west/news/180616 [続きを読む]
  • 宝塚月組、珠城りょう主演「雨に唄えば」開幕!
  • 宝塚歌劇月組「ミュージカル『雨に唄えば』」が、6月16日に東京・TBS赤坂ACTシアターで開幕した。これに先駆け昨日15日、通し舞台稽古と囲み取材が行われた。月組トップスターの珠城りょうが主人公のドン・ロックウッド役を演じるほか、美弥るりかがドンの親友コズモ・ブラウン役、美園さくらが女優キャシー・セルダン役で出演。珠城りょうhttp://tamaki-ryo.mato.media/美弥るりかhttp://miya-rurika.mato.media/美園さくらhttp:/ [続きを読む]
  • 天華えま、3度目の新人公演主演
  • 星組「ANOTHER WORLD」の新人公演(5月15日)で、天華(あまはな)えまが主演を務める。星組の98期生は新人公演の最年長。自身は3度目の主演で、「ただ驚きだった1度目、不安しかなかった2度目。それがあったから、今回うれしい気持ちになれた。楽しめる舞台を作りたい」と頼もしい。滋賀県出身で、お笑いは昔から身近にあった。今でも劇場にたびたび足を運び、「売れている芸人さんは、間と人の使い方がうまい」と力説する。寄席も大 [続きを読む]
  • 檀れい、早着替えに自信
  • 女優の檀れいが6日、都内で行われた明治座5月公演『仮縫』初日舞台公開後の囲み取材に出席。同作がファッションの世界を舞台としていることにちなみ、劇中に自身が着る衣装の数を聞かれると「今着ているものも合わせて11点です。けっこう早く着替えていますね」と声を弾ませた。早着替えへの不安は一切ないようで「宝塚の時から得意中の得意ですので、全然大丈夫です」とにっこり。一方、劇中で9点の衣装を着ている高橋恵子は「20 [続きを読む]
  • ラインダンス初舞台へ 宝塚歌劇団で新人40人練習
  • 宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)を先月卒業した宝塚歌劇団第104期生40人が19日、歌劇団の稽古(けいこ)場で恒例のラインダンスの練習を公開した。27日に宝塚大劇場で開幕する星組公演「Killer Rouge(キラールージュ)」で初舞台を踏み、ダンスを披露する。兵庫県出身の男役、碧音斗和(あおねとわ)さんは「一つの目標に向かい、40人全員で稽古してきた。お客様にフレッシュなパワーを届けたい」と話した。 https://mainichi.jp/articles/2 [続きを読む]
  • 檀れい、宝塚後輩にエール「入ってよかったことばかり」
  • 元宝塚娘役トップの女優、檀れいが17日、東京都内で行われた主演舞台「明治座5月公演 仮縫」(5月6~28日、東京・日本橋浜町の明治座)の舞台衣装コンテストに共演の高橋惠子と出席した。この日は宝塚音楽学校の入学式で、夢いっぱいの後輩たちに「宝塚は狭き門。入ったからにはしっかり勉強して、お客さまに楽しんでもらえる表現ができるタカラジェンヌになってください」とエール。「私は(宝塚に)入って、よかったと思うことばかり [続きを読む]
  • 元宝塚の咲妃みゆ、風間俊介と朗読劇
  • 風間俊介が、朗読劇「ラヴ・レターズ」(東京・草月ホールで6月11日から14日まで)の6月14日公演に出演することが17日、分かった。元宝塚雪組トップ娘役の咲妃みゆと2人で、米国が舞台のラブストーリーを朗読する。http://sakihi-miyu.mato.media/https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804170000836.htmlCopyright © 2018 宝塚歌劇団ニュース速報 All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 宝塚で晴れの入学式!宝塚音楽学校に40人
  • 兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)は17日、同校で106期生の入学式を開いた。新入生は24.1倍の難関をくぐり抜けた17都府県の40人。晴れの式を終えると、タカラジェンヌとして舞台に立つため2年間、歌や演技などの稽古を重ねる。入学式に新入生はグレーの制服姿で出席。一人ひとりが名前を呼ばれて一礼。新入生総代の木村鞠菜さん=大阪府吹田市=は「立派な舞台人になるよう限りない芸の道に精進することを誓う」とあい [続きを読む]
  • 元宝塚娘役・美羽あさひ、第2子次女出産
  • 元宝塚娘役の美羽あさひ(36)が9日午後9時31分、第2子次女を出産した。2798グラム。11日に自身のブログで発表した。15年に結婚し、16年8月に第1子長女が誕生している。ブログで「前から歳の近いきょうだいが出来たら…。と思っていたので、授かった時は本当に嬉しかったです」と喜びを報告。「一人目の時とは違い、ゆったりとしたマタニティーライフはほとんど過ごせず、お腹が張ったり、痛くなったり日々ドキ [続きを読む]
  • 天海祐希、宝塚退団後初の男役「贋作 桜の森の満開の下」
  • 女優の天海祐希(50)が5日、都内で行われた野田秀樹氏が主宰するNODA・MAPの第22回公演『贋作 桜の森の満開の下』制作発表記者会見に出席。同作で、1995年に宝塚歌劇団を退団して以降、23年ぶりに男役に挑戦することを明かした。天海は「宝塚退団後、初めて男役をやらせていただきます。ちょっと、にぶっているかもしれないですけど、よろしくお願いします」とあいさつ。https://www.oricon.co.jp/news/2108974/full/Copyright & [続きを読む]
  • ティーンズミュージカル出身の大原真鈴さん、宝塚に合格
  • 佐賀市の子どもミュージカル「ティーンズミュージカルSAGA(TMS)」で学んだ大原真鈴さん(17)=長崎市出身=が、宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)に合格した。TMSの仲間たちに祝福されながら、今月17日から夢の舞台を目指す。子どもの頃から宝塚にあこがれていた大原さんは、中3の夏に宝塚花組の更紗那知さんを育てたTMSと出合い、週末に長崎から通った。3回目の受験での合格。2度の不合格で迷った時期もあったが、昨年の東京公演などを経て [続きを読む]
  • 宙組20周年!生え抜きトップ誕生に期待
  • 宝塚歌劇の宙組が今年、誕生から20周年を迎えた。1世紀を超える宝塚の歴史のうち、第1回公演から20年間の草創期に生まれた花、月、雪、星の各組に対し、宙組は21世紀を目前にした1998年に結成。独自の魅力でファンの目を引きつけてきた。現トップは身長175センチ、男の色気がにじみ出る真風涼帆。清楚な雰囲気の娘役、星風まどかとの新トップコンビがお披露目公演の真っ最中。宙組20周年についての記事は下記https://mainichi.jp/a [続きを読む]
  • 宙組新トップ・真風涼帆、本拠地お披露目で成長を誓う
  • 宝塚歌劇団宙組新トップ、真風涼帆と、相手役の星風まどかの本拠地お披露目公演「天は赤い河のほとり」(脚本・演出、小柳奈穂子氏)「シトラスの風−Sunrise−」(作・演出、岡田敬二氏)が兵庫・宝塚大劇場で上演中だ。今年誕生20周年を迎えた宙組の新たなスタート。真風は「初舞台を踏んだ宙組で、組が誕生して20年の節目に本拠地でお披露目公演を。不思議なご縁を感じます」と話す。http://makaze-suzuho.mato.medi [続きを読む]
  • 宝塚宙組が新人公演、4年目鷹翔千空が軽やか初主演
  • 宝塚歌劇の宙組「天は赤い河のほとり」新人公演が3日、兵庫・宝塚大劇場で行われ、4年目の鷹翔千空(たかと・ちあき)が初主演を務めた。175センチの長身と歌唱力を武器に軽やかに歌いながら物語を伝えた。カイル役の鷹翔は初のキスシーンにも挑戦した。「天は−」本公演でカイルを演じるトップの真風涼帆(まかぜ・すずほ)からは「かっこいい魅力のあるキスシーンを直々に教えてもらった。なんか、ダメだ…。ちゃんとやらな [続きを読む]