toshi さん プロフィール

  •  
toshiさん: toshiのアトリエ
ハンドル名toshi さん
ブログタイトルtoshiのアトリエ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/toshi_hori_future
サイト紹介文ストーリー性のある絵画を指向しているので、寡作です。但し、肖像画/似顔絵や風景画は別です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2017/04/15 17:13

toshi さんのブログ記事

  • デッサン会の絵(53人目)−9
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  アリスにつきもののウサギを2羽追加した。タイトルは「アリス姉妹」にしようか???。次に追加するものは、画面左のアリスが見ているものなのだが・・・・・???      (F10号、アキーラ、クレスタ紙、2018)        IMG_2675 [続きを読む]
  • デッサン会の絵(53人目)−8
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  カラスを少し大きくした。更に、ポピーを追加した。次は、ポピー畑の中にウサギを追加する予定だ。ウサギはアリスのお友達だから・・・。      (F10号、アキーラ、クレスタ紙、2018)        IMG_2665 [続きを読む]
  • デッサン会の絵(53人目)−7
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  次に何を追加するか??。何故かカラス・・・猫の天敵だからだろうか??。とりあえず猫の視線の方向にカラスを追加した。 そろそろタイトルを決めナイト。      (F10号、アキーラ、クレスタ紙、2018)        IMG_2636 [続きを読む]
  • デッサン会の絵(55人目)−1
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  4月12日に某人物画研究会のデッサン会に参加した。モデルはバレー衣装を着た女子だった。他の会員は彩色まで終了したのに、私は彩色までいかなかった。いつもの通りだ・・・。写真1は自宅で修正後のデッサン、写真2はデッサン会終了時点のデッサンである。  (今後、彩色する時には、某人物画研究会のブログに載っている会員仲間の絵を参考にする予定だ。この人物画研 [続きを読む]
  • デッサン会の絵(53人目)−6
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  後方の猫とアリスを修正した。アリスを人形座りにした。次に何を追加するか決まっていないが、とりあえず、樹上のチシャ猫と対話するアリスを追加してみたが、どうかな・・・・??  雰囲気としては童画調だろうが。  (シリアル番号は、従来方式では「デッサン会の絵−173(53人目)」であるが、53人目の絵の6番目の絵なので、「デッサン会の絵(53人目)−6 [続きを読む]
  • デッサン会の絵−172(53人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  画面に追加したアリス風女子を彩色したが、女子の大きさが少し小さすぎたようだ。大きさの修正は後ですることにし、次に何を画面に追加したいのかを検討することにした。      (F10号、アキーラ、クレスタ紙、2018)        IMG_2581 [続きを読む]
  • 今年初めてのアオダイショウなど
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。)2018.3.28 今年初めてのアオダイショウ、ヤモリ、トカゲ  朝の散歩途中で、自然公園の水路護岸(石垣)の隙間から、冬眠から覚めて甲羅干しのために這い出した、アオダ [続きを読む]
  • デッサン会の絵−171(53人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  先に掲載した「デッサン会の絵−167(53人目)」の画面に、何を追加したいかを考えたとき、ルイスキャロルの「地下の国のアリス」の挿絵を思い出した。読書する姉とアリスの2ショットの絵だ。  妹のアリスは、読書をする姉に対して、「いったい何の役に立つの。絵もおしゃべりもない本なんて」と思ってひどく退屈していた・・・そこからアリスの地下の国への冒険が始 [続きを読む]
  • デッサン会の絵−170(40人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  2016.2,14に掲載し、書庫・未完成画に収録した、F10号の「デッサン会の絵−131(40人目)」(2番目の写真)を完成させることにした。この絵で、今まで意識したことがなかった、同系色の絵(赤っぽい絵でいこう、青っぽい絵でいこう、黄色っぽい絵でいこう、グレーっぽい絵でいこう。佐々木豊著「泥棒美術学校」)を目標に勉強することにした。F10号なの [続きを読む]
  • ヒレンジャクが撮れた(3)
  • https://art.blogmura.com/picture/ranking.html にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )](この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。)2018.3.7 ヒレンジャクが撮れた(3)  昼過ぎ、デジカメ(25倍ズームのSX620HS)を持参して、公園に散歩に [続きを読む]
  • ヒレンジャクが撮れた(2)
  • https://art.blogmura.com/picture/ranking.html にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )](この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。)2018.3.4 ヒレンジャクが撮れた(2)  昼過ぎ、デジカメ(25倍ズームのSX620HS)を持参して、公園のハケ( [続きを読む]
  • デッサン会の絵−169(54人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  彩色前に、デッサンを修正した(特に腰から下)。修正には、ネットで検索した、よく似たポーズのミニハープ奏者の画像を参考にした。今後の彩色では、某人物画研究会のデッサン会のブログに載っている会員仲間の絵を参考にする予定だ。  この人物画研究会では、毎回(デッサン会終了後に)、ブログに会員の絵を載せるのでとても勉強になる。おかげで、彩色は帰宅後に行える [続きを読む]
  • ヒレンジャクが撮れた(1)
  • https://art.blogmura.com/picture/ranking.html にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )](この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。)2018.3.3 ヒレンジャクが撮れた(1)  午前中、市出身の版画家・蟹江杏さんのイベントを見に、カワセミハウスに行っ [続きを読む]
  • デッサン会の絵−168(54人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  3/1(木)に某人物画研究会のデッサン会に参加した。モデルは、ミニハープ奏者であった。ハープとモデルさんの位置関係が難しく、2時間のデッサンでも彩色まで到達しなかった。そのうち、彩色する予定。       (F10号、鉛筆、クレスタ紙、2018)        IMG_2308 [続きを読む]
  • コゲラの写真が撮れた
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。)2018.2.24 春が近い  朝方の散歩のとき、わきみず池でカワセミを見た。あいにくカメラを持っていなかったのでカルガモとカワセミの至近距離での2ショットを逃した。  [続きを読む]
  • デッサン会の絵−167(53人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  開いた本を膝上に追加し、左右の手指を小さくし、左目の目尻を下げる、バストラインを上げる、等等の修正をした。これで、一応、肖像画(人物画)としては完成した。  今後は、画面の女子を核に、池平徹兵氏の「その日に描きたいものを画面に加えていくという方法」によって画面を再構成することを検討したい。  自分も、これまで池平氏の方法と似たような方法を採ってき [続きを読む]
  • デッサン会の絵−165(53人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  2/8(木)に久々に某人物画研究機のデッサン会に参加した。1年ぶりかもしれない。最近は、2次元の仮想モデル(ネット画像等)から2次元へのデッサンしかしていないから、3次元のリアルモデルから2次元へのデッサンは難しかったが、新鮮だった。たまにはいいなと思う。そのうち、彩色しようと思う。       (F10号、鉛筆、クレスタ紙、2018)      [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)(メランコリアⅣ(大)−19)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  もう少し様子を見ようと思っていたが、一応当初のイメージを実現できたので、とりあえず完成とする。実は、これ以上制作を進める自信がないのだ。これ以上進めて絵を壊すのが怖いのだ。  この絵にはオブジェ(事物)の追加・削除はもう必要ないと思うが、これ以上進めるのは当初のイメージを強めるための色彩やマチエール(厚塗り)等に対する作業になるだろうが、それはか [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−19
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  主に、前方女子の唇、後方女子の髪と水晶球、透明球及びその中の男女の人形、猫の顔、等等を少し修正した。更に、千切れ雲を数個、追加した(1番目の写真)。これで、ほぼ完成したが、まだ物足りないので、まだ未完成だ。なお、2番目〜4番目の写真は、修正前の絵を新しいもの順に表示した。  この絵は、2月の下旬に開催される市美術展に出品するので、それまでに完成さ [続きを読む]
  • 第27回全日本アートサロン絵画大賞展に入選
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  下記の2017.10.22のブログにおいて、メランコリア気入選し、メランコリア兇詫鄙した。予想通りだった。  2017.10.22のブログ:  メランコリア供並隋砲肇瓮薀鵐灰螢↓掘並隋砲鯀監?椒◆璽肇汽蹈鶻┣菎臂淌犬暴佗福僻惰?砲靴拭審査結果は12月下旬予定。タイトルはメランコリア供並隋砲髻屮瓮薀鵐灰螢↓機廖▲瓮薀鵐灰螢↓掘並隋砲髻屮瓮薀鵐灰螢↓ [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−18
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  前方女子の髪を盛り上げすぎたようなので(2番目の写真)、普通の髪のボリュームに直した(1番目の写真)。更に、この変更に合うように、前方女子の顔を少し修正した。          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2017)           IMG_1990           IMG_1683 [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−17
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  この絵はもともと透明水彩画である。これまでに前方女子以外の部分は透明水彩の上をアキーラで重ね塗りした。今日、前方女子の毛髪以外の部分をアキーラで重ね塗りした(1番目の写真)。2番目の写真は前方女子をアキーラで重ね塗りする前の絵である。          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2017)           IMG_1683    [続きを読む]