なちゅらる ばらんす さん プロフィール

  •  
なちゅらる ばらんすさん: 生きることに迷ったら
ハンドル名なちゅらる ばらんす さん
ブログタイトル生きることに迷ったら
ブログURLhttp://fanblogs.jp/ikikatajyuku/
サイト紹介文なちゅらるばらんすは、生き方塾です。 新しい価値観で、どのように生きていけばいいのか。
自由文刻々と変化する世の中で、今までの常識が通用しなくなってきています。
 新しい世の中で、どのように生きていけばいいのか、経験をまじえながら紹介していきたいと思います。
 難行苦行ではなく、楽を追求すれば、楽しい人生になります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 228日(平均1.0回/週) - 参加 2017/04/16 07:01

なちゅらる ばらんす さんのブログ記事

  • うまくいかないとき
  •  うまくいかないときがあります。 思うように動けず、悶々とする。 そんなときは、なにもしないようにしています。 ただ、ボーとテレビを見たり、ドライブしたり、寝たりしています。 やりたくなるまで、そのことをしないようにします。  もう自分には無理だ!って、自分の頭の中から捨ててしまったとき、意外とスムーズにできるようになります。 うまくやろうと思っていた自分に気付き、その気持ちを捨てたとき、やりたく [続きを読む]
  • 逃げたっていい!
  •  嫌になったら逃げてもいいのです。 逃げて気付くこともあります。 遠回りしたっていいのです。 遠回りのように見えて、本当は近道かもしれません。 その場で、休憩したっていいのです。 急いで行っても、迷って反対方向に行くかもしれません。 ちょっと立ち止まって、方向転換すればいいのです。  [続きを読む]
  • うまくいかないとき
  •  うまくいかなくて、迷うときがあります。 これしかないと思っているかもしれませんが、他にも道があるかもしれません。 自分の中に迷いがあるのかもしれません。 私もそんなこと何回もありました。 がんばるのをやめ、ちょっと立ち止まってみます。 すると、軌道修正できることがあります。 自分の心を振り子のように、振ってみる。 すると、最終的には、ちょうどいいところに落ち着きます。 あえて自分の心を揺らしてみ [続きを読む]
  • 何か問題が起きたとき
  •  何か問題が起きたとき、その問題ばかり見てしまいませんか? 原因はそこにはありません。 自分の中にあります。 自分の中に、不安や恐怖、心配事はありませんか? それを吐き出してみてください。 できるなら、パートナーや家族に話せるといいです。 できなければ、ノートに書き出してみましょう! その不安を感じ、家族が心配しているのです。 その思いが、形を変えて問題となっているだけです。ランサーズ [続きを読む]
  • ふつうが難しい!
  •  ふつうを求められることが多くないでしょうか? 親から、ふつうに生きることを求められる。 ふつうって、何なんでしょう? 世間でいうふつうが、自分にとってふつうではないことも多いです。 赤信号、みんなで渡ればこわくないと言いますが、本当にそうでしょうか? ふつうって、誰が決めたのでしょうか? テレビや雑誌などで、ふつうを作り上げているようにも思います。 そして、今は、ふつうをやっている人の方が大変な [続きを読む]
  • 無難に生きる!
  •  無難に生きたい、何もない方がいいと思うかもしれません。 見たくないものには目をつむって生きている人は多いと思います。 何も問題がないわけではないと思います。 当たり障りのないように、見ないようにしているだけだと思います。 自分が我慢すればうまくいく、あえて問題にしない・・・ 小さいうちに向き合っていれば、解決も簡単にできます。 でも、先延ばしにすれば、目に見えてなかった問題が、突然、大きな問題と [続きを読む]
  • 人を変えたいと思ったら
  •  人を変えたいと思うかもしれません。 子ども、友人、家族・・・いろんな人を変えようとします。 しかし、人を変えることはできないのです。 でも、自分を変えることはできます。 その人とは全く関係ないことでいいのです。 自分の中で気になっていることをやってみるのです。 気になるところを掃除する。 ほしいと思っていたものを買う。 頭の中にあるものを、何でもいいので、ずっと気になることをやってみる。 すると [続きを読む]
  • 迷うから人生が豊かになる
  •  迷うことは、ダメだと思っていませんか? 悩んだり、迷ったり、壁にぶつかるから、人は成長できるのです。 失敗をおそれて、何もしなかったら、成長もしないし、堕落していきます。 現状維持ということは、あり得ないのです。 成長をしない人は、気付いていないだけで、道をくだっています。 これからの世の中、めまぐるしく変わっていきます。 自分が下り坂を下っていると気付いたときには、のぼれないぐらい急な下り坂を [続きを読む]
  • 楽しいことが・・・
  •  これから、働き方が変わってきます。 楽しいことが、仕事になります。 楽しんむことが、お金を生んでいきます。 自分は何をしたいのか? 何をしているときが、楽しいのか? 世の中は、二分化していきます。 今までの価値観での二分化にはならないでしょう。 楽を生きるか、苦を生きるか? その二分化になっていくでしょう。 自己犠牲のもと、苦の世界をいきますか? 自分のやりたいことをやって、楽の世界を生きますか [続きを読む]
  • 強さって何だろう?
  •  人の強さは、どこからくるのでしょう? 強い人は、どんな人でしょうか? 強そうに見せてる人ほど、弱かったりします。 弱いから、攻撃されないように、強く見せていることが多いです。 本当に強い人は、弱さを見せることのできる人です。 弱さを見せることのできる人は、自分自身の弱さを受け入れている人です。  自分の弱さを認めれば、不安、恐怖、心配事を吐き出せれば、強くなります。 人に言うのがハードルが高けれ [続きを読む]
  • 負けるが勝ち
  •  勝ちたいと思うのは、誰もが思うことです。 勝ち続けると、勝ちたいから勝たなければならないに変わっていきます。 勝たなければならないと思うと、力が入ってしまいます。 人間、力んでしまうと本来の力を発揮することができません。 そんなとき、人から受ける思いにやられてしまいます。 妬む思いというのは、厄介です。 足をひっぱろうとします。  弱さを見せれるのは、強い人だけです。 弱さを隠そうと、強がってい [続きを読む]
  • いじめにあっていた子から学んだこと
  •  不登校訪問支援員をしていたとき、クラスで集団いじめにあっている子どもと週1時間だけ話す機会がありました。 不登校にならないようにということで、息抜きになればと始まりました。 小学校5年生の女子2人が、クラスの子、とくに男子から集団でいじめられていました。 担任の先生は、新規採用された教員1年目の先生でした。 最初は、クラスでどんないじめにあっているかということを話していました。 しだいに、家族の [続きを読む]
  • 破壊
  •  何かを造り出そうと思えば、まず壊さないといけない。 何か自分にとって不都合なことが起こるとしたら、いったん壊してしまえばいいのです。 強制的に壊されるよりも、自分で壊してしまった方がいいのです。 これから、世の中のいろんな破壊が起こるかもしれません。 自然災害も起こるでしょう、大企業の倒産も起こるかもしれません。 大きなものほど、もろく崩れさるでしょう。 企業では、トヨタやパナソニックが倒産する [続きを読む]
  • 劣等生だったから
  •  私は、教師になって劣等感しかありませんでした。 講師という立場に、引け目を感じているのがいちばん大きかったかもしれません。 そこまで引け目に感じることはないんじゃない?と言われたこともあります。 出身高校、大学ともに、普通の学校でしたし、周りの先生たちは、ほとんどの先生が県内一の進学校出身、大学も国公立の教育大や有名私立出身で、すごい劣等感をもっていました。 でも、今から思うと劣等生でよかったと [続きを読む]
  • 新しい自分のために
  •  心の中にある後悔、大きな後悔もあれば、小さな後悔。 大事にしまってあると思います。 出した方がつらいと思って、いっぱい詰め込んで心に蓋をしていると思います。 でも、新しい今からの自分のために、1つ1つ出していくと、心が軽くなります。 誰かに聞いてもらってもいいし、最初は、独り言でも、ノートに書いてみる、どんな方法でもいいので外に出してみる。 すると、ふしぎと心が軽くなり、モヤモヤが消えていきます [続きを読む]
  • この世に無駄なものはない!
  •  この世の中に存在するすべてのものには役割があります。 雑草だと思って排除しているものにも、本当は大事な役割があるのです。 最近は、雑草の役割もわかってきて、ちゃんと役目を果たすために、雑草をとりのぞかずに活用するところも増えてきました。  人間も、みんな必要なのです。 それぞれ役割が違うのです。 誰かと同じように振る舞う必要はないのです。 みんな役割が違うのです。 自分が楽しいと思うことをやれば [続きを読む]
  • ちょっと立ち止まって
  •  人生には、休憩も必要です。 強制的に休憩させられるのは苦痛ですが、自分の意志で少し休憩してみるのもいいでしょう。 いろんな発見があったり、今まで気付かなかったものに気付くことができます。 これからの人生を生きるヒントが見つかることもあります。 忙しくて、何も見えなくなっていたのが、ふと足を止めて自分を見つめたら、自分の思っている方と逆の方向に向かっているのが見えることがあります。 前向きというの [続きを読む]
  • 自分から求めなければ
  •  自分から何かを求めなければ、何も得ることはできません。 だれかが何かしてくれるまで待っていても、誰も何もしてくれません。 もし誰かが手を差しのべてくれたとしても、自分から求めたものでないから、うまくいかなかったときに、その人のせいにしてしまうでしょう。 人まかせで、自分を変えることはできないのです。 大人になればなるほど、難しくなります。 見栄もあって、素直に求めることができなくなります。 助け [続きを読む]
  • 弱音を吐く
  •  弱音を吐くことは、いけないことだと思っていませんか? 弱音を吐くと、いいことばかりです。 人に弱音を吐ければいちばんいいですが、最初は、ノートに書くとか、ひとり言でもいいです。 すると、体が楽になります。 今まではりつめていた思いが和らぎます。 人は、自分で自分を縛っています。 こうでなければならないと、自分で負荷をかけているのです。 いったん、「もう無理、できない!」と手放してしまうのです。  [続きを読む]
  • 進みたい道がなければ
  •  人生の岐路にたち、どちらかをえらばなければならない。と思っているかもしれないけれど、もしも、どっちにも行きたくあければ、ちょっと立ち止まってみればいいのです。 長い人生の中で、少し立ち止まってみてもいいと思います。 やりたいことができるまで、何もしない時間があってもいいと思います。 仕方なくやりたくないことをし続け、人生を終えるよりは、少し立ち止まってやりたいことを探してもいいと思います。 私は [続きを読む]
  • 素直がいちばん
  •  素直とは、誰に対して素直なのか。 親や教師が「素直ないい子」というのは、親や教師にとって都合のいい子ということです。 それは、本当は素直といいません。 人の都合で生きるのではなく、自分にとって都合良く生きないと、どんどん歪みがうまれます。 世間で言われているいい子、いい人というのは、人にとって都合のいい人ということです。 人の都合で生きていたら、いい人になろうとすればするほど、自分の中に我慢がう [続きを読む]
  • 心に蓋をする
  •  見たくない自分を、心に押し込めて蓋をしていませんか? 押し込めれば押し込めるほど、自己否定心は大きくなります。 蓋を開けるのは、こわいかもしれません。 しかし、解放してしまえば楽になります。 自分のいいところも、悪いところも受け入れてしまえば楽になります。 自分のいやなところがあれば、それをまず受け入れて、変えたいと思えば変えればいいし、無理に変える必要もないと思います。 人間は不完全だからいい [続きを読む]
  • 頭の中を整理する
  •  頭の中を整理する時間はいつなのか? 睡眠中なのではないかと思います。 頭の中がグチャグチャで、悪い思いを出さないように、詰め込んで蓋をしているときは、眠れないと思います。 眠っていたとしても浅い眠りではないかと思います。  私も、かつてギューギューに詰め込んで、無理矢理蓋をしていました。 どんどん眠れなくなり、ようやく浅い眠りについた頃には、起きなければいけないという生活をしていました。 心身と [続きを読む]
  • 自分で枠を決めていませんか?
  •  知らず知らずのうちに、自分はこうだと決めていませんか? 誰かに言われたように思っているかもしれないけれども、自分で勝手に思いこんでいることがほとんどだと思います。 小さな枠の中で、身動きとれずにいる。 枠をどんどん小さくしていっている。 子どもの頃は、親の決めた枠かもしれません。 その枠の中にずっといる人も多いでしょう。 私は、大学生になって、その枠をこわしました。 こわすのは勇気がいることかも [続きを読む]
  • 何もしないという選択
  •  しなければならない、と思っているときは、あえて何もしないという選択をします。 すると、やりたいという気持ちに変わります。 「しなければならない」と「やりたい」同じことをしても、結果はまったく違ってきます。 頭の中に「しなければならない」がいっぱいある人が、いったん 全部頭の中から捨ててしまうのです。 そして、やりたいと思ったことを順にやっていくだけで、気が付いたら全部終わっているのです。 大事に [続きを読む]