Keiichi さん プロフィール

  •  
Keiichiさん: セルビアへ行こう!
ハンドル名Keiichi さん
ブログタイトルセルビアへ行こう!
ブログURLhttps://itsok123.com/serbia/%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0
サイト紹介文我輩50歳代半ばの派遣社員(清掃業)。まだまだ、頑張るよ!世界は広い!セルビアをちょっと見てこよう!
自由文我輩50歳代半ばの派遣社員(清掃業)。我輩、まだまだ挑戦していくよ!今の予想では、我輩の受け取る年金は月に7〜8万円!これでは、日本で暮らすのには、チト苦しい! だが、世界は広い! 我輩の得た情報では、バルカン半島では、我輩の年金でも暮らせそうだ。 万が一、20年経っても貧乏な場合の保険もかねて、セルビアをちょっと見てこよう!すでに、セルビア語の学習も開始しておる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 160日(平均5.2回/週) - 参加 2017/04/16 11:55

Keiichi さんのブログ記事

  • アニータ、空飛んでるし!
  • 我輩がニーシュで知り合った女性、アニータ。川辺リの道を裸足で歩いていたアニータ。おしゃべりが止まらなかったアニータ。東洋の禅やら、仏教やら、その他もろもろに関心があるって言ってたアニータ。最初に出会ったときの記事はこちら→アニータを待ってアニータを待ってお金無いけど、自分の好きなことを一生懸命追及してる人なんだろうな、って、勝手に思ってたけど、次に会ったときには(セルビアを去る二日前)詩集を出して [続きを読む]
  • ギリシャのホテル
  • セルビアの人々は、夏休みを取ります。だいたい10日間ぐらいです。お金のある人は、クロアチアに行くんですって。普通の人は、ギリシャに良く行くみたいです。10日間で、行き帰りの交通費(バス)と宿泊費(アパート等)で、100ユーロ(1万4千円)ぐらいらしい。これに、食費が加わります。行きと帰りのバスは、片道10時間ぐらい乗るらしい!!トイレの近い我輩は、絶対無理!(笑)そりゃ、トイレ休憩はあるでしょうが [続きを読む]
  • Нови сад(ノヴィ・サッド)でもらったお土産
  • Нови сад(ノヴィ・サッド)で楽しい夜を過ごした翌朝、我輩は、軽く二日酔いであった(笑)。どうも楽しくなると、飲み過ぎてしまう。でも、まぁ、楽しいお酒だし、飲んでも、暗くならないで、楽しく飲んでるみたいなので(←あんまり覚えていない。笑)ま、いいか!レストランやバーで、我輩が払ったことのお礼でもあろう、翌朝、友達がお土産をくれた。Нови сад(ノヴィ・サッド)でもらったお土産ありがたいこと [続きを読む]
  • アニータに会えた
  • セルビアを去る2日前、我輩は、ついにアニータに会えた。前回の記事はこちら→アニータを待ってアニータを待ってアニータはセルビアの首都ベオグラードへ行ってたそうだ。遠くにアニータらしき人が見えた時、我輩は、それがアニータかどうか確信は持てなかったが、アニータが大きく手を振ってくれたので分かった。我輩は、アニータが裸足で歩いたりしてたのを見て、きっとアニータはお金は無いけど、自分の生きたいように生きてる [続きを読む]
  • Нови сад(ノヴィ・サッド)の夜
  • Нови сад(ノヴィ・サッド)の思い出。我輩は、Нови сад(ノヴィ・サッド)に、1泊だけした。Нови сад(ノヴィ・サッド)のある、セルビア北部のВојводина(ボイボディナ)地方は、平坦で山が無い。Нови сад(ノヴィ・サッド)Нови сад(ノヴィ・サッド)一般的に、セルビア北部のВојводина(ボイボディナ)地方の人々は、おおらかで、話しぶりもゆっくりらしい。しかし、我 [続きを読む]
  • 「何も怖れることはない」
  • セルビアのニーシュの思い出。我輩の宿の近くに教会があった。て言うか、セルビアには教会がたくさんある。たいがいが、Serbian Orthodox Church(セルビア正教)だと思う。Serbian Orthodox Churchセルビアの教会は、誰でも、気軽に入れます。セルビアの友達から、一応、礼儀として、入る前に、身体の前で十字を切るよう言われました。我輩「我輩、クリスチャンじゃないんやけど」友達「でも、これは、礼儀。神社仏閣で頭下げるよ [続きを読む]
  • 飛行機の席
  • 我輩、これまでは、絶対、窓際であった。理由は、外を見れるから。太陽を見るのが好きだし、夜空の星も素敵。はるか下に見える、街や、街の明かり。身体もあんまり大きくないので、窓際で小さく縮こまっていても苦にならない。今回のセルビア行きでも、成田からカタールのドーハに飛んだ時、北斗七星が見えた。久し振りに見る北斗七星はデカかった。北斗七星と分かるのに時間がかかるほどだった。はるか下に見えた、街の明かりも幻 [続きを読む]
  • セルビアの野良犬事情
  • セルビア第三の都市Ниш(ニーシュ)には、野良犬がたくさん居る。セルビア第二の都市Нови сад(ノヴィ・サッド)にも、たくさん居た。彼ら(野良犬)は、人間を怖れない。人がすぐ近くに来ても、逃げない。やたらと吠えない。ニーシュの野良犬 暑いので横になってますこれは、人が犬をいじめないからだと思う。日本だと、人が野良犬を蹴ったり、石を投げたりして、野良犬を追い払う。野良犬が何もしなくても、いじめる [続きを読む]
  • 旅の相棒(バックパック)Gregory Border35
  • こちらが、今回の旅の相棒(バックパック)である。これとウエストポーチで、1か月と1週間、旅をした。バックパックは、アメリカのメーカーGregoryのBorder35。楽天で、定価2万円ぐらいのところ、特別セールで半額(1万円)になってたのを買った。我輩が、バックパックで最重要視したのは、チャックが壊れないことである。バックパック自体の生地は、どれもそう変わるまいと思った。一番壊れやすいのは、どうしたって、チャック [続きを読む]
  • ソフィアを飛び立つ
  • まず最初に、時系列的に、話題があっち行ったり、こっち行ったりすることをお許し下さいませ。m(__)mさて、ソフィアの宿を午後3時にチェックアウトして、ソフィア国際空港に向かいます。もう、メトロに乗るのも慣れたもんです。(笑)ちなみに、今回のAirbnbの宿(日本で言う民泊みたいなもんですな)のチェックアウトは、鍵を室内に置いて出るだけです。チェックアウト時、宿にいるのは自分だけです。もう一組のお客さん、フランシス [続きを読む]
  • ソフィアの宿「Top center sunny room」
  • さて、今回は我輩がソフィアで泊まった宿を紹介いたしませう。前にもどこかで書きました通り、我輩、セルビアのニーシュから、バスで、ブルガリアの首都ソフィアにあるSofia Central Bus Stationに、夜9時頃着く予定でした。ソフィアの街は全然分かりません。こういう場合、宿を探してウロウロするのは危険です。それゆえ、まだセルビアに居る段階で、到着する予定のバスセンターの近くで宿を探しました。使うのは、Airbnbです。な [続きを読む]
  • ソフィアの宿
  • さて、今回は我輩がソフィアで泊まった宿を紹介いたしませう。前にもどこかで書きました通り、我輩、セルビアのニーシュから、バスで、ブルガリアの首都ソフィアにあるSofia Central Bus Stationに、夜9時頃着く予定でした。ソフィアの街は全然分かりません。こういう場合、宿を探してウロウロするのは危険です。それゆえ、まだセルビアに居る段階で、到着する予定のバスセンターの近くで宿を探しました。使うのは、Airbnbです。な [続きを読む]
  • ブルガリア ソフィアの思い出 女神ソフィア
  • ブルガリアに飛行機で入った場合は、ソフィア国際空港から、メトロ(地下鉄みたいなもんやね)で「Serdika(セルディカ)」駅に来れます。ブルガリアにバスで入った場合も、Sofia Central Bus Stationから、メトロで「Serdika(セルディカ)」駅に来れます。ここ「Serdika(セルディカ)」は、まさにソフィアの中心地です。メトロでやってきて、「Serdika(セルディカ)」駅の入り口を出ると、まず目につくのが、こちら、女神ソフ [続きを読む]
  • ブルガリア ソフィアの思い出 モスク
  • ソフィアにモスクがありました。入り口に若いお兄さん(大学生かな?)が本を読んでたので、入ってもいいかどうか、聞いてみました。我輩「入ってもいい?」お兄さん「いいよ」我輩「ここは、イスラム教の教会なの?」お兄さん「ここはモスクだ。写真も撮っていいよ。」ソフィアのモスクこの、「写真も撮っていいよ。」なんですが、お兄さんは、「You can take a picture.」と言ってくれたのですが、普通、宗教施設って、写真禁止 [続きを読む]
  • ブルガリア ソフィアの思い出 街角1
  • 今、日本の自宅です。今朝、帰り着きました。旅もイイけど、自宅もまたイイですね(笑)。さて、ブルガリアのソフィアの事をこれから少し紹介していこうと思います。ソフィア繁華街を散歩してたら、おじさんが銅像のパフォーマンスをしてたので、一緒に写真を撮ってもらいました。ウソです。本物の銅像です(笑)。通りすがりの若者に、「シャッターを押してくれ」と身振り手振りでお願いしたのですが、(我輩、ブルガリア語は出来 [続きを読む]
  • カタールのドーハから、こんばんは!
  • 今、カタールのドーハで、飛行機の接続待ちです。5時間の接続待ち!長いというよりも、これくらいあった方が嬉しい!ソフィアからドーハに来るだけで、疲れた!飛行機に乗ってた時間は5時間ほどだけど、保安検査やら何やら、ほぼ1日仕事です。今、午前2時。眠たいよりも、疲れたぁ〜!(笑)ラウンジに入っても、さすがに、もうお酒はやめて、リンゴジュースばっかり飲んでます。Doha, Qatarこのラウンジ、天井が高いんだよな [続きを読む]
  • ブルガリアのソフィア国際空港なう
  • 今、ソフィア国際空港のSA LOUNGEにいます。プライオリティパスで入りました。会費払ったからには、なんとしてでも元を取ろうとする我輩です(笑)。まずは、ビールから。ハイネケンです。ソフィア国際空港SA LOUNGE次に赤ワイン。フレンチて書いてたけど、チリのような気がする。ポテチが無性に食べたかった。ソフィア国際空港SA LOUNGE搾りたてのオレンジジュースとお菓子。↓ソフィア国際空港SA LOUNGEで、今はエスプレッソを飲 [続きを読む]
  • ブルガリアのソフィア、なう
  • 今、ブルガリアのソフィアに居ます。午前2時です。さすがに、繁華街も店じまいしてます。少し酔いながら街をブラブラしてたら、イカツイお兄さんが声をかけてきました。ブルガリア語は全然分からないのですが、たぶん、「いい娘がいますぜ」みたいなことだと思う。ブルガリアもセルビアもいくら治安がイイとは言っても、ブルガリアは全然知らない国。ちょっと、いい気になりすぎたかな。おとなしく宿に帰ります。セルビアからブル [続きを読む]
  • 川べりが燃えている
  • ある日、いつものように、川べりを歩いて、アニータを探しに出ました。すると、なんと、対岸が燃えています。川べりが燃えている2火はまだまだ燃え広がろうとしていました。川べりが燃えている3我輩の歩いている側の川べりでは、何人かの人が、少し心配そうに火の様子を見守ってました。我輩も少し心配ではありましたが、一人では何もできそうにないし、よくある事なのかどうかも分からないので、そのまま先へ行きました。今日も [続きを読む]
  • アニータを待って
  • 我輩、川べりや山道を歩く際、出来るだけ「こんにちは」と、すれ違う人に挨拶するようにしている。ある人は、挨拶を返してくれるし、ある人は、怪訝そうな顔をして何も返事をくれない。その中でも、飛び切りの笑顔で挨拶してくれた女性がいた。彼女、裸足で歩いていたので、印象に残っている。2〜3日後、Нишка Бања(ニシュカ バーニャ)からの帰り道、また、彼女に会った。今度は、薄いサンダルを履いていた。我輩「こ [続きを読む]
  • セルビアのお札は洗濯しても大丈夫!
  • みなさん、こんにちは。夕べは、レストランに行って来ました。small cafeの隣また、ラキア飲んでしもうた。ラキアは効くでぇ〜(笑)。夕べは記憶はなくしませんでしたが、ポケットに全財産のお金を入れたまま洗濯してしまいました。我輩、海外キャッシングでこまめにセルビアディナールを調達しております。それゆえ、あまり大金を持ち歩きません。物価も安いので、5,000ディナール(=5,500円)あれば、十分です。昨夕 [続きを読む]
  • スープ作った!
  • 毎日、冷たいビールと赤ワインにヨーグルトを飲んで、さらに、昨日、とうとう、でっかいアイスクリームをまた買ってしまった!おかげで、少々お腹が痛い。そこで、今朝はスープを作ることにした。たぶんこれはスープの元だろう、というのを買ってきて、(一番安いやつ買いました。27ディナール=29円だったかな?)スープの素あと、これに、玉ねぎとソーセージととき卵と調味料を加える。スープう〜む、美味い!(笑)。スープ [続きを読む]