ひょうたんくん さん プロフィール

  •  
ひょうたんくんさん: ひょうたんくんの豊肥沿線11物語
ハンドル名ひょうたんくん さん
ブログタイトルひょうたんくんの豊肥沿線11物語
ブログURLhttps://ameblo.jp/hyoutankun/
サイト紹介文九州を横断するJR豊肥本線沿線のグルメやお出かけ情報を公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2017/04/17 07:13

ひょうたんくん さんのブログ記事

  • トマト塩麹で鶏モモ肉のステーキ
  • 今夜は、先日仕込んでおいた「トマト塩麹」が食べ頃を迎えたので、鶏モモ肉を30分程漬けて焼きました。お供は、トマトとカリフラワーと、菜園のホウレンソウです。 肉がやわらかくてジューシーな味わいは、かつてブームとなった時に作った塩麹と同様でしたが、「トマト塩麹」の場合は、塩味はマイルドで、ほのかな甘味が漂い、美味しかったです。この「トマト塩麹」は、水の代わりにトマトジュースを混ぜ込んだものですが、トマト [続きを読む]
  • 寒さで美味しさアップの「白菜」てんこ盛り!「白菜鍋」
  • このところ、寒さが厳しいです。でも、その寒さが白菜の美味しさを増してくれるのは嬉しくもあり、ですね。早速、我が家の菜園の白菜を一玉採ってきました。新鮮無農薬の採りたてっていいですね。サクッと割ると瑞々しさが、シュワシュワッとほとばしってきました。 今夜は、これで白菜鍋にしました。ゴマ味噌味です。まずはゴマを炒り、鉢で潰したら味噌を加えてゴリゴリ。そこにみりんと少量のダシを加えてさらにゴリゴリ。こ [続きを読む]
  • 「トマト塩麹」と「ネギ塩麹」に初チャレ!
  • かつて、塩麹がブームとなった際、何度か作ったものの、そんなには続きませんでした。一度に作る量が多かったせいか、作り始めは食べたものの、その後は、悲しいかないつまでも冷蔵庫に放置状態というのが常でした。市販もさtれるようになったこともあって、買ったことはないけど、いつでも手に入る、ということで作らなくなってしまいました。発酵食品は体にいいということは分かっていて、毎朝の味噌汁や朝晩の酢納豆は、余程の [続きを読む]
  • 「スーパーカツカレー」はデカ盛りで
  • お家で、カレーを作りながら豚カツを揚げて「カツカレー」なんて、な〜んか贅沢すぎ、勿体なく思えて作れませんね。ところで、このところ、スーパーではお節料理の食材が並び始めてきましたね。なので、我が家では、冷蔵庫や冷凍庫の整理を始めました。すると、いつぞやのビーフカレーが出てきました。冷凍しておいたのです。で、チャ-ンス と思ってお気に入りのスーパーへ走り、惣菜コーナーにある、お気に入りのロース豚カツを [続きを読む]
  • ぐるなび総研2018!今年の一皿は「鯖」
  •   2018年ぐるなび総研「今年の一皿」は、缶詰人気もあって”鯖”でしたね。  鯖の缶詰は、今年の多くの災害で防災意識が高まったことから注目を集めたことや、魚の下処理が不要で使いやすい上に豊富なEPA、DHAなどで健康効果も期待できる、ということで、今回の選定に関して大きなプラスになったようです。嬉しいですね。 で、これを記念して、我が家で食べた「鯖」メニューの中からお気に入りを選んでみました。「ひょうたん [続きを読む]
  • 柿とカラス
  • このところ、カアカアと、カラスが群れてうるさいです。あちらこちらの、柿の木や電線にとまったり、田んぼに降りたりと・・・・。大豊作なのに、これまでカラスたちに見向きもされなかった柿ですが、ここにきて完熟というか熟してきたせいか、柿の木にとまる光景を、やたらと目にするようになりました。 柿が赤くなると医者が青くなる、なんて言われるぐらい、柿は体に良いとされていますが、カラスたちにとっても良いのでしょ [続きを読む]
  • 白山川に架かる「驫木橋」の石積みアーチが2019年2月に蘇る
  • 2017年9月の台風18号は、当地界隈にも甚大な被害をもたらしました。白山川の我が愛しの石橋「驫木橋」もその一つです。橋の中心部が押し流され、きれいな石積みのアーチが壊されてしまったのです。 増水した濁流が、この部分を直撃したんですね。 川を挟む地区の大切な生活道路として、現役バリバリだったのに残念極まりない思いでした。 でも、今日、出かけてみて安心しました。復旧工事が行われていたのです。 見ると [続きを読む]
  • アグリパークみやお「いちご園」のいちご狩りは12月15日から
  • 豊後大野市三重町の「アグリパークみやお」に、いちごの様子を問い合わせてみたところ、「今年も生育は順調」とのことで、まだ量的には少しづつですが道の駅「みえ」に出荷も始めたそうです。いよいよイチゴの季節到来ですね。 ▲2017年12月22日撮影 アグリパークみやおの人気の「いちご狩り」は、12月15日(土)から始まるとのことなので、近日中に訪問させていただこうと思います。なお、下記は、昨年紹介させていただいた記事 [続きを読む]
  • 【男厨】もやしゴマ味噌鍋と味噌ラーメン
  • ゴマを炒りました。たまには、ゴマすり男になります。香ばしい香りがたまりませんね。で、そのゴマをすり鉢でゴリゴリ。そこに味噌を加え、ゴリゴリ。次にアゴで取ったダシとすりおろしニンニクを加えてゴリゴリ。それを鍋に移して沸騰したら豚バラ肉を加え、アクを取ったらもやしの投入です。てんこ盛りです。 もやしが煮えてクターッとなったら食べ頃。〆はラーメンですね。縮れ生麺の投入です。 そして味噌ラーメンの出来上 [続きを読む]
  • 大蛇伝説が繋ぐ「沈堕の滝」と「白水の滝」
  • 豊後大野市大野町の沈堕の滝は、木々に覆われた遊歩道を奥の行き詰まりまで行くと、上から滝壺を眺めることが出来ます。高所が得意ではないからか、ぎりぎりの突端からたった一人で見下ろす滝は、少〜しゾッとしました。 ところで先日、竹田市荻町の陽目渓谷にある「白水の滝」に出かけました。岩肌を滑り落ちるような白き流れは、まさに「白水」で癒されました。 ただ、この滝には大蛇の伝説があるようで、こんな看板が立っ [続きを読む]
  • 日本の滝百選の原尻の滝で「あなたの瞳に10万球」のイルミネーション
  •  このところ、連日、道の駅「原尻の滝」のヤマボウシが連なる県道沿いで、見かける作業です。  作業をしているのは代表の水野幸太郎さんら、緒方町在住の若手グループ「緒方町おこし隊」の皆さんです。 緒方町を「もっと明るく、元気な町にしたい」と連なる冬支度を終えたヤマボウシ一本一本ににイルミネーションを取り付けているのです。 イルミネーションは、このほか、駐車場の中央部にそびえるシンボルツリー的威風堂 [続きを読む]
  • 大わらじの「ひょうたん様」見参!ひょうたん祭りは12月2日(日)開催
  • 2018年12月2日(日)、豊後大野市千歳町で「ひょうたん祭り」が開催される。ひょうたん祭りは、今から遡ること800年超、当時、相次ぐ戦乱から人々を救うため、千歳町の柴山神社に宇佐八幡の分霊をまつったことに由来する。その際、ひょうたんで出来た徳利に酒を詰め、流鏑馬や獅子舞とともに祝ったのだと…。圧巻は、毎年の新藁で作られる片方だけで10kgを軽く超す大草鞋だ。 駆ける馬から弓矢を炒る伝統の「流鏑馬」に登場す [続きを読む]
  • 釣りたての真鯛をいただきました。
  • ご近所の釣名人の方から、立派な数時間前までは海を泳いでいた真鯛をいただきました。新鮮なうちにと、2枚におろしました。もちろん、半身は刺身です。ほんのり漂う桜色が食を誘いました。新鮮がゆえの噛み応えと優しい甘さが心地よく、盃も、いつも以上に気持ち良さげでした。 もう一枚の、背骨が付いたままの半身は、塩焼きにしました。皮はパリッとして身はふっくら食感で、白ご飯のお供にバッチリでした。  真鯛は、丸ご [続きを読む]
  • 火の粉舞い、湯しぶき乱れ飛ぶ「上田原!湯立て神楽」
  • 迫力の荒ぶる荒神2018年12月2日(日)、豊後大野市三重町の御手洗神社で「上田原湯立て神楽」(三輪流)が開催されます。湯立て神楽は、山伏が修業のために行っていた荒行だけに、3年に一度の開催となっています。それが平成の最後となる今年末に開催されるのですから、必見ですね。湯立て神楽は、大釜の中の湯を熊笹で振りまいたり、湯の中につかったり、釜から出された真っ赤な熾(お)き火を蹴散らしたり、と大迫力です。名だた [続きを読む]
  • 上田原の御手洗神社
  •  2018年12月2日(日)に、豊後大野市三重町上田原の御手洗神社で「上田原」湯立て神楽が奉納されます。 そこで今日、御手洗神社に出かけてみました。 久しぶりの御手洗神社です。いつ来ても注目すべきは、木彫りの竜頭です。青き眼光に、凛と身が引き締まる思いでした。パワースポットですね。   静まり返った境内には、すでに湯立て神楽ならではの釜が2基、神楽台の前に完成していました。神楽台の向こうの雄々しい巨木は、 [続きを読む]
  • おしゃべりクッキングの「豚肉の悪魔風ソテー」
  • テレビの全録機能は、好きなチャンネルの気になる番組を、いつでも観れるのでいいですね。特に料理番組には大助かりで、暇暇にチェックするお気に入り番組は、「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」です。辻調理師専門学校の先生とのやり取りは、笑いあり&笑いありですが、その中に料理に役立つヒントや必須ポイントがトッピングされていて大変参考になります。で、今夜は、番組を参考にというか、あらかた真似て「豚肉の悪魔風ソ [続きを読む]
  • 日程タイトにつき、スーパーの惣菜Plus晩ご飯
  • 最近、スーパーの惣菜コーナーの充実ぶりに、目移りして仕方ありません。で、日程がタイトだった昨夜は、スーパーの海老天とゴボウ天をPlusして、鍋焼きうどんにしました。お供は、菜園のホウレンソウとご近所さんからいただいた生シイタケ、それに丸福の生卵です。もちろん、スーパーで買った蒲鉾も。海老天もゴボウ天も、お手軽なのに、丼の美味しさをプッシュプッシュでした。 ところが、今日も急きょ、日程キツキツとなりま [続きを読む]
  • 手羽元チキンカレーで焼きカレー
  • 先日、来客のおもてなしランチに、と久々に手羽元でチキンカレーを作りました。いつものクミンシードやターメリックに加えて、初めてパクチーの種、コリアンダーを加えてみました。玉ねぎは、いつも以上に気合を入れ、飴色になるまで炒めました。例によって、人参はすり下ろしてカレー粉と一緒に手羽元と炒め合わせ、、ココナツミルク、トマト缶も加えて煮込みました。手羽元は、ホロッとして骨離れも心地良く、コリアンダー効果も [続きを読む]
  • 今は亡き緒形拳さんと「緒方三社川越し祭り」
  • 明日の11月24日(土)、25日(日)、「緒方三社川越し祭り」が開催されます。場所は、緒方川が20mの高さで突然落下する日本の滝百選の「原尻の滝」。滝のすぐ上流の中程に大鳥居がありますが、裸神輿が大鳥居をくぐって川を渡るのです。川を渡るのは、「一の宮八幡社」、「二の宮八幡社」、そして「三の宮八幡社」とみっつの緒方三社の中の、三の宮八幡社の裸神輿です。闇夜の中、松明に灯されながら川を渡ります。 川を渡り切る [続きを読む]
  • 岩の濡れ落ち葉は「岩紅葉」
  • 紅葉の季節の、有終の美を飾るといえば、岩に落ちたモミジの葉でしょうか。ただ、こうした落ち葉の様子に、つい「濡れ落ち葉」と呼びたくなりますが、世には「濡れ落ち葉族」と言う言葉があるので、NGでしょうか。じゃ、岩紅葉ではどうだろう、などとあれやこれやと勝手なことを思いながらの散策でした。 ここは、祖母山の登山口「川上渓谷」です。手つかずの原生林の宝庫で「森林浴の森日本百選」に選ばれています。今日は、お [続きを読む]
  • 緒方三社川越し祭りの舞台!「二の宮八幡社」
  • そろそろ紅葉も、終盤が近づいてきました。ということで、平成の紅葉の見納めを、と緒方町の二の宮八幡社に出かけました。嬉しいことに、まだまだ鮮やかなり、でした。 11月24日(土)25日(日)には、緒方三社川越し祭りが開催されますが、紅葉に彩られた二の宮八幡社は、その舞台となります。 緒方三社とは、「一の宮八幡社」と「二の宮八幡社」、「三の宮八幡社」の三社のことで、いずれも源平時代に活躍した郷土の武将、緒 [続きを読む]
  • 水田栽培のエグ芋で「揚げだし里芋」
  •  昭和55年でした。当時の緒方町で、水田転作の救世主として、水田里芋が誕生したのは・・・。 転作による米の減収分を補おうと、水田で栽培することを前提に里芋栽培に取り組みました。選定した品種は、えぐみが強く、子芋、孫芋を食用とし、大きな親芋は食べられないという「エグ芋」でした。 全盛期、主力の出荷先だった大阪市場では、水田で作るから粘りが強くて美味しい、と大好評でした。ですから緒方町では、里芋といえば [続きを読む]
  • カフェ遊に新メニュー!肉肉しい「焼豚ポールバーガー」
  • 豊後大野市緒方町の道の駅原尻の滝の「愛菜果」にある「カフェ遊」で、新メニューが誕生しました。オーナーシェフの柳井さん手作りの炭火焼豚にトマト、ひょろ長ウインナーソーセージ丸ごと一本の「焼豚ポール」バーガーです。 焼豚は、県産豚の肩ロースを、柳井さんこだわりのタレに漬け込んで、炭火でじわじわ焼き上げ、再びタレでグツグツ煮込むという、手間暇かかった焼豚です。 そして細長いウインナーソーセージは、スー [続きを読む]
  • 味わいWの「柚子ジャム」でグッドモーニングのヨーグルト
  • 昨日、お花の先生から、手作りの柚子ジャムをいただきました。今朝は、そのジャムを、いつものヨーグルトにトッピングして味わいました。おかげで、爽やかなグッドモーニングとなりました。実に嬉しいグッドモーニングのヨーグルトでした。 いただいた柚子ジャムは、果皮と果肉丸ごとのジャムと、果肉だけのジャムの二品です。どちらもサッパリ柚子風味で、心地よい酸味と優しい甘さでした。丸ごとジャムは、甘さの中に果皮の苦 [続きを読む]