musicalmakiko さん プロフィール

  •  
musicalmakikoさん: ピアノの道
ハンドル名musicalmakiko さん
ブログタイトルピアノの道
ブログURLhttp://musicalmakiko.com
サイト紹介文音楽の道を歩む上での、日々の発見、教訓を記述します。 お読みいただければ光栄です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2017/04/17 11:50

musicalmakiko さんのブログ記事

  • ヒューストンに来ています。
  • 多分私が移住したことを知らなかった同業者が数週間前にコンクール審査員の仕事を依頼して来てくれて、久しぶりのヒューストン帰省!お世話になった知人や長年の友人が懐かしく、卒業して一年が過ぎたライス大学関係者に近況報告もしたく、好機!と二つ返事で引き受けました。 現在の本拠地での大事な予定を変えずにヒューストンに滞在できるぎりぎり、11月8日真夜中到着から13日の午後出発まで。「来たらいつでも泊まって!」と言 [続きを読む]
  • #おにぎりアクション=??で世界に愛を
  • ??で世界に愛を=#おにぎりアクション! NPOTable for Twoが今年もおにぎりアクションキャンペーンを行っています。 SSNにおにぎりのイメージをアップロードしてください。それぞれのイメージに付き、5食分の給食が世界で食糧飢饉と戦っている国に寄付されます。私はキャンペーンの最終日11月20日まで毎日ピアノを弾きながら??を食べてFacebookとインスタグラムにアップします!こんな感じです。 私のFacebookページはこちら: [続きを読む]
  • 物凄い劇を観ました!Sell/Buy/Date by Sarah Jones
  • 人生観が変わるほど良いものを観たり聴いたりすると、本当にラッキーだなあ、と思います。 先週末、友達に誘われて、Sarah Jonesと言う人のワンウーマンショーを見てきました。一人の役者が多数の登場人物を演じる劇です。音楽は本人がショーの一番最後に登場人物の一人として伴奏無しで歌う歌一曲だけ。こういう描写を聞くと、私だって無味乾燥かな?と思います。 ところがどっこい。 Sell/Buy/Dateと言うのは「Sell by Date(賞 [続きを読む]
  • 書評:Famous Father Girl: A Memoir of Growing Up Bernstein, Jamie Bernstein著
  • 世界的な指揮者として小澤征爾や五嶋みどりを起用して応援したり、ウェストサイド物語の作曲を手掛けたり、教育者としてハーヴァードでの講義をシリーズで手掛けたり...レナード・バーンスタインは一世を風靡した奇才でした。カリスマ性に富み、人権問題を始めとするさまざまな世論にもその作品や個人としての発言で影響を及ぼし、またNYフィル主催でシリーズで行った「ヤング・ピープルズ・コンサート」では子供にわかりやすく [続きを読む]
  • ご協力お願いします!音楽で世界にヒーリングを!
  • 脳神経科学が音楽の効果をデータ化するにつれ、医療・教育・政府など様々な機関が音楽を起用し始めています。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)もケネディー舞台芸術センターと提携して脳神経科学者、音楽療法士、音楽家などの共同研究を促し、音楽を健康向上のためにどのように応用すれば良いのか、研究しています。https://www.nih.gov/sound-health/research-plan ピアニストとして音楽が人間に発効するパワーを活用して、世 [続きを読む]
  • オンラインイメージ向上作戦!
  • 世界市民、そして音楽家として、私にできる世界貢献とは何か? 幼少を香港、小学校時代を日本、そして13歳以来アメリカで4半世紀以上暮らして来ている日本人として。 世界レヴェルの音楽教育を博士号受け、国際的に音楽活動をするピアニストとして。 そして脳神経科学者たちとの共同研究で音楽の効用をデータ化し、 音楽が私たちの人間性を向上させてくれることに信念と希望を持つ音楽家として。 言語を超えた共感を促す音楽の持つ [続きを読む]
  • 全音階と半音階とは?Poco Piano 視聴数第一位!
  • 古代文明からこっち、音楽の無かった文明と言うのはありません。 ネアンデルタール人も、言語は持っていなかったけれど声の抑揚や音量、長短などで意思疎通をしていた、と言われており、考古学者の中には「これはメロディーだ。であるからして、音楽は言語よりも先に在った」とする人も居ます。 人間性の中には自然な音楽性と言うのがある、と言っても過言ではないと思います。 そういう基礎的豆知識をピアノでのデモンストレーシ [続きを読む]
  • 国連には室内音楽協会がある。
  • 音楽が人間に発効するパワーについて調べています。取り合えず、次の3つの目的のためです。 ホームレスや、牢屋に居る人達、差別を受ける人達などに再起の自信と技術をつけるため。 災害に困窮する地域や国の復興支援のため。 チームビルディングや、リーダーシップワークショップのカリキュラムを創るため。 色々な情報に出会います。一々感動して、その度に分かち合いたい!少しずつご紹介して行きます。 国連には2016年に創立さ [続きを読む]
  • 学校訪問演奏のお礼状が届きました。
  • 夏に帰国した際にお邪魔して2時間の演奏を鑑賞していただいた群馬県薄根中学校から感想文集が送られてきました。 先生が文集にしてくださった色々な手書きのお手紙を読んでいると、その筆跡からそれぞれの生徒さんの声が聞こえてくるようです。 表紙にも裏表紙にも可愛らしい絵が描いてあります。 そして、随分と個性的な表現が沢山...! 「音に角が無くて、まるでなめらかなプリンを口に入れた時の感覚...」面白い! さらに [続きを読む]
  • ホームレスシェルターで給食係をしてきました。
  • 自分が今まで培ってきた音楽の技術と知識、そして一般的な世界観をどのようにしてこれからの人生で有効利用するか。色々模索していますが、その一連で今日はLAのスキッドロウと言う有名な貧困地区にあるホームレスシェルターでボランティアをしてきました。このシェルターで将来演奏会をするかも知れないからです。その話しを持ってきてくれたのは、この人です。 このTed Talkで話しをしているVijay Guptaが率いるStreet Symphony [続きを読む]
  • US-Japan Leadershipでの一週間を終えて。
  • 7月28日(土)から8月4日(土)まで一週間、US-ジャパン・リーダーシップ・プログラム2年目のデリゲートとしてシアトルでの集会に参加して来ました。http://usjlp.org/ US-ジャパン・リーダーシップ・プログラムは米日財団のフラッグシップ・プログラムです。国交間の親善は個人同志の友情を育むことで一番意味のある関係性を発展させることが出来ると言う信念の基、2001年から開始されて今年が19年目。10〜15倍の審査を通った各分 [続きを読む]
  • US-ジャパン・リーダーシッププログラム2018、開会!
  • 今年も始まりました。私は去年の京都―広島ー東京での会に続き、2年目。http://usjlp.org/ 偶数の年はシアトルが会場です。 米日財団の会長のGeorge Packard氏の開会の挨拶で、国交間を個人と個人の友情でより強くする、と言う会の趣旨に関するお話しがありました。シアトル市長からのヴィデオメッセージの後、お夕食のご馳走をシアトルと西海岸を見下ろす素晴らしい会場で頂きながら、一人ひとり自己紹介します。政府関係者、軍関 [続きを読む]
  • 本が形になってきました。祝:独立記念日
  • 月曜日・火曜日と缶詰になって6000文字ほど書きました。寝入りばな、起き掛け、トイレ、シャワー、料理中、練習中...ありとあらゆる時間に新しいアイディアが沸いてきて、その度にコンピューターに呼び戻され、結局なんだかんだで一日中書いています。構造が出来上がって、最初と中途と最後がもう書けているので、あとはどんどん骨組みに肉付けをしていくだけ。今までは暗中模索で書き進めていましたが、ここからは一気に書き上 [続きを読む]
  • 本が形になってきました。祝:独立記念日
  • 月曜日・火曜日と缶詰になって6000文字ほど書きました。寝入りばな、起き掛け、トイレ、シャワー、料理中、練習中...ありとあらゆる時間に新しいアイディアが沸いてきて、その度にコンピューターに呼び戻され、結局なんだかんだで一日中書いています。構造が出来上がって、最初と中途と最後がもう書けているので、あとはどんどん骨組みに肉付けをしていくだけ。今までは暗中模索で書き進めていましたが、ここからは一気に書き上 [続きを読む]
  • 音楽産業を経済学で解く!
  • 昨日・今日と、学会に出席していました。Music Industry Research Association(音楽産業リサーチ協会)主催の学会です。主に経済学者がデータ解析で音楽産業の傾向や将来、問題と問題の解決法などを協議する学会でした。面白かった! 今回の学会のラインアップはここで見れます。https://themira.org/2018-program MIRAのHPはここ:https://themira.org/ RIAA(Recording Industry Association of America)の弁護士とかデ [続きを読む]
  • サルサを踊るピアニスト。
  • 木・金・土・日と4日続けて、踊ってきた。 踊り始めて2か月目にして完全にハマってしまって居る同僚のピアニストに強く誘われて、とりあえず一緒に木曜日にクラスに行った。そしたら「週末スペシャル!一括で払えば金・土・日とクラスにもダンスパーティーにも参加し放題!」と言うのがあってついつい払ってしまったのだ。貧乏性なので、一度払ったとなると「元を取らねば」と言う執念もあり、かなりの忙しさ・眠さの中を、頑張っ [続きを読む]
  • 新しい気候、時差、新曲練習、新プロジェクト、親交...
  • 帰ってきて3日目。 肌寒い。朝夕は長袖のカーディガンが欲しい。涼しくて過ごしやすいが、日本と随分違うぞ!朝起きたら喉が痛かった。要注意。 時差のあっても夜はぐっすり眠れているのだが、朝型の私には珍しく朝いつまでもとろとろと寝ていたい。目の周りにはパンダの様な隈。疲れも隈も早く取れてくれ〜。午後は異様な眠さ。生産性は一時放棄して、ずっと見ようと思っていた映画「ガス燈」(1944)を見る。 イングリッド・バー [続きを読む]
  • いじめは損!
  • いじめと言う行為は、個人、あるいは特定のグループ(性別、性嗜好、人種、宗教、心身的特徴、社会的地位や層など)を心身的暴力によって矮小化し、自尊心・自信・社会的尊重を奪う行為だ。いじめは、心無い行きずりのコメントの事もあるし、執拗な日常的に行われる長期的な行為の場合もある。学級内や職場でのいわゆるいじめはもちろん、セクハラもパワハラもいじめ。家庭内や社会的な位置づけ・「キャラ」づけなど、一般的にはい [続きを読む]
  • 日本を後にして。
  • 本拠地の空港に降り立った瞬間「また生き長らえた...」と思った自分を発見してびっくり。 飛行機事故を懸念して、ではないのだと思う。やはり私は一つのツアーを一つの単位として人生を生きてきているのだ。ツアーとか一つの滞在に文字通り一所懸命になる。前や次の場所・時間はとても抽象的・概念的なものになり、とりあえず今居る場所、一緒に居る人、目前の目標だけに集中する。だから、ツアーが終わるころには人生の終焉に [続きを読む]
  • わたなべ音楽堂「ベルネザール」大成功!
  • 5月21日(月)は夜19時から、足立区のわたなべ音楽堂「ベルネザール」で「恋するピアノ」。 月曜日の夜...と言うことでお客様の集まりが心配でしたが、幸いご近所の方々、わたなべ音楽堂の渡辺ファミリー、そして私のお友達・音楽同志が集まってくださり、アットホームな素晴らしい会となりました。 一人ひとりの表情を見ながら、対話的に音楽を弾き進めていける会って理想ですよね。興行として成功することを考えなければ、歴 [続きを読む]
  • 通し稽古の復習。
  • このブログのタイトルに「通し稽古のふくしゅう」と打ったら漢字変換が「復讐」と返してきた(笑) レヴェンジと言う意味では「復讐」でも良いのかな? 日本への出発がもう一週間後に、そして日本での最初の演奏会が10日後に迫てきました(ワクワク) 最初の演奏会は千葉県の佐倉駅南口から徒歩0分の「カフェ・ド・パリ」さんで17時開演。焼きたてクロワッサンと香ばしいコーヒーが出るライヴハウス。私も初めての会場です。htt [続きを読む]
  • 今年の演奏会は参加型!リクエストもOK!?
  • 私の日本出発も10日後に迫ってまいりました。毎日楽しみに準備しています。 今年の演奏会テーマは「恋するピアノ」。主にシューベルトの作品を中心にしています。 「歌曲の王様」と言うあだ名を持つシューベルトの「アヴェ・マリア」「糸紬」など、特に有名な歌曲を中心に、前半ではのピアノ独奏用にリストが編曲した歌曲をご披露します。例えクイズ形式で、二つの「愛」をテーマにした曲を演奏して、一つは人類愛、一つは男女間の [続きを読む]