ももこ さん プロフィール

  •  
ももこさん: 若年不妊が教えてくれたこと☆
ハンドル名ももこ さん
ブログタイトル若年不妊が教えてくれたこと☆
ブログURLhttps://ameblo.jp/momoco124/
サイト紹介文26歳で体外受精に挑戦して、感じたこと、学んだことなどを綴っているブログです☆
自由文はじめまして☆若年不妊が教えてくれたことを忘れないようにブログに記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 239日(平均0.4回/週) - 参加 2017/04/17 18:23

ももこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 身体を温めること
  • 妊活を始めるずっと前から、私はとても酷い冷え症でした。夏は冷房ですぐに身体が冷えてしまうし、冬は一日中手足の先が冷たくてなかなか温まらない…。冷えのせいで夜眠れないこともしょっちゅうでした。妊活をするにあたって、冷え症であることは私にとって1番の問題でした。冷え症=不妊に必ずしも繋がるわけではありませんが、不妊治療をするにあたって冷え症は厄介なものだと分かりました。妊活の本にも冷え症を改善したこと [続きを読む]
  • 食べるもので身体は作られる
  • 妊活を始めてから、食生活の改善を意識するようになりました。「食べるもので身体は作られる」ある方から言われた言葉です。もちろん食べたものが全部すぐに身体に影響して身体を作るわけではありませんが、人は食生活を見直すことで半年〜1年ほどかけて徐々に身体の中が新たに作り変えられていくそうです。100%は無理でも、ある程度の体質改善は妊活に必要だと感じました。もちろん、どんな食生活をしていようと簡単に妊娠できる [続きを読む]
  • 焦る気持ち
  • 不妊治療を始めた当初、数ヶ月治療に通って周期を正せばすぐに妊娠できるのではないかと思っていた私ですが、毎月生理がくるたびに焦る気持ちがどんどん大きくなっていきました。先生の言う通りに薬を飲んだり注射を打ったりして、ちゃんと周期も正してきているのに、、なんでなかなか妊娠しないんだろう?ちゃんとタイミングがとれているのに、なんでだろう?人工授精までしているのに、なんでだろう?まだ20代なのに、なんでだ [続きを読む]
  • 距離を置いてしまった友達
  • 不妊治療を始めてから、たくさんの人と距離を置いてしまいました。まだ妊活を始めたばかりの頃は、自分もすぐに自然に授かれるものだと思っていたので、妊娠中や育児中の友達と何の迷いもなく連絡を取り合って遊んでいました。それが、治療が進むにつれてどんどん苦しくなっていきました。私の周りで妊娠や出産を経験した友達は皆、自然妊娠でした。できちゃった婚の友達が多いのも事実です。20代半ばという年齢は”不妊治療”と [続きを読む]
  • 基礎体温の変化
  • 更新が空いてしまいましたが、また少しずつブログを書いていこうと思います。もし読んでくださっている方がいらっしゃったら、とても嬉しいです。妊活を始めてから、まずその第一歩として基礎体温を測ることを始めました。クリニックによっては、最低でも3ヶ月分の基礎体温を測ってからじゃないとその人に適した治療を開始できないところもあるのだそうです。3ヶ月分のグラフを見ることで、やっとその人の体質や生理周期の特徴と [続きを読む]
  • 夫婦の温度差
  • 久しぶりの更新です(^^)見てくださっている方はあまりいないかと思いますが、自分の不妊治療の記録も兼ねて書きたいと思います。***不妊治療をして、夫婦の温度差という壁に何度もぶつかりました。不妊治療は女性一人では出来ません。男性の理解と協力を得て初めて成り立つものだと思っています。治療を始めてから、たくさんの体験談やお悩み相談を目にしましたが、旦那様の理解や協力を得られず一人悩んでいる女性がとても多 [続きを読む]
  • タイミング法
  • 私の不妊治療は、薬や注射で周期を正しながら、排卵が近くなったら先生に言われた日にタイミングをとる、タイミング法から始まりました。タイミング法は不妊治療の第一歩。不妊治療を始めるにあたって、まずタイミング法を経験される方はほとんどだと思います。自己流で排卵日予測をしていても妊娠できなかった方が、病院で卵胞チェックをしてもらい先生に言われた通りタイミング法を行うことで、妊娠に至ったという話もたくさん [続きを読む]
  • 多嚢胞性卵巣
  • 多嚢胞性卵巣初めて聞いたとき、それがどういったものなのかさっぱり分かりませんでした。通院を始めた当初、先生に「ちょっと多嚢胞ぎみだね」と言われ、そのあと必死でこの”多嚢胞性卵巣”について調べまくったのを思い出します。卵が育ちにくい排卵しにくい無排卵の周期になったりすることがある妊娠しにくい現代の情報社会は、調べれば調べるほど、良いことだけでなく悪いこともたくさん知ってしまうほどの情報が溢れていま [続きを読む]
  • 排卵が遅いと、チャンスが少ない
  • 通院を始めてから、本格的に基礎体温をつけ始めました。学生の頃から生理不順が多かった私は、度々婦人科にお世話になっていました。そのとき、何度もつけたことがあった基礎体温でしたが…やっぱり習慣づけることができずに途中でやめてしまうパターンの繰り返しでした。今は、朝目が覚めたら1番に体温計を口に入れる習慣が身につきました。基礎体温は妊活の第一歩ですね。私の2〜3ヶ月分の基礎体温表のグラフを見て、病院の先生 [続きを読む]
  • ”若い”からこその辛さ
  • 不正出血があったため通い出した病院でしたが、私は周期が安定していなくて排卵障害があったので、そのままその病院で診てもらうことになりました。自然な流れでそうなって、そのときはそれが”不妊治療”の始まりになるとは思っていませんでした。結婚して、もういつ赤ちゃんができても良いと、むしろ早く欲しい!と思っていたので、数ヶ月通って周期を正したら、すぐに妊娠できるんじゃないかと思っていたのです。”若いから” [続きを読む]
  • 不妊治療専門の病院へ
  • 24歳の冬、今回体外受精に至るまでお世話になった病院へ初めて行きました。だけどそのとき私は、不妊治療をするためにその病院へ行ったわけではありませんでした。一週間ほど不正出血が続いていて、近くに診てもらえる婦人科はないかな?と探していると、たまたま見つけた1番近い病院が不妊治療に力を入れている病院だったのです。結婚して、地元から少し離れたところへ引っ越してきたので、そのときの私は、まさか自分がこの病院 [続きを読む]
  • はじめに☆
  • 私が不妊治療を始めたのは、ちょうど24歳になろうとしていた頃でした。23歳の夏に入籍。元々、排卵障害があり不正出血なども多かった私ですが、通院を始めて薬などで治療すればすぐに授かれると思っていました。同い年の友達で不妊治療をしている人はいなかったし、結婚した友達は皆すぐに子供を産んでママになりました。私もすぐにそうなると思っていました。24歳。不妊治療をするにしては年齢は若いほうだと思います。周りから [続きを読む]
  • 過去の記事 …