チビママ子 さん プロフィール

  •  
チビママ子さん: 国際結婚してモンゴルに移住したチビママ子のブログ
ハンドル名チビママ子 さん
ブログタイトル国際結婚してモンゴルに移住したチビママ子のブログ
ブログURLhttps://chibimamako.com/
サイト紹介文アハハもあればトホホもある国際結婚・海外生活・子育て育児&モンゴル現地情報を発信しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 186日(平均1.4回/週) - 参加 2017/04/17 23:12

チビママ子 さんのブログ記事

  • 冷え性改善に役立つ!モンゴルならではの体を温める食べ物&飲み物とは?
  • 寒い季節になると、お風呂で温まってもすぐに手足が冷たくなったり、なかなか寝付けない…という経験がありませんか?冬の悩みの上位に挙げられるのが「冷え性」女性の約8割が冷え性に悩んでいるとも言われています。冷えで悩むのは女性だけでなく「オトコの冷え性」も増えてきているようです。モンゴルの真冬は、冷凍庫よりも寒いマイナス30度にもなる極寒の地。寒い国だからこそ現地の人たちは、?体を冷やさない。体を温める物 [続きを読む]
  • 会社や友人へのばらまき土産は何を買う?モンゴルのおすすめ8選
  • たくさんの人にお土産を買いたいけどバカにならない土産代。会社や友人へのばらまき土産ならできるだけがさばらず、手軽に買えてリーズナブルだけど見た目も良く、おいしい物がいいですよね。モンゴルにそんな物あるの!?と思う方もいるかもしれません。今回はモンゴルのばらまき土産にオススメの8選をご紹介します。 モンゴルのばらまき土産おすすめは?簡単おいしい!3種のベーリージュース(インスタント)モンゴルで採れる3種 [続きを読む]
  • 日本とモンゴルの歴史を感じるスポット「日本人慰霊碑」
  • ウランバートル中心部から北部へ車で約30分。ダンバダルジャーという町の丘の上に、モンゴル拘留で命を落とした方々の日本人墓地跡(日本人慰霊碑)があります。第2次大戦後、ソ連によってシベリアに拘留された日本人60万人の中から1万2000人余りがモンゴルへ送られ、ウランバートルの都市建設や地方での労働力として使われました。冬はマイナス30度以上にもなる過酷な気候と、最低な生活環境の中での重労働、飢え、伝染病などの様々 [続きを読む]
  • モンゴル最大のお祭りナーダム祭の開催日や会場は?見どころは?
  • 毎年7月に行われているモンゴル最大のお祭りがあります。それは、ナーダム祭。モンゴルの伝統のスポーツであるモンゴル相撲・競馬・弓射の祭典です。このナーダム祭は、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。夏の恒例行事としてモンゴル国内の至る所でナーダム祭が開催されますが、中でも一番盛大なのが、首都ウランバートルのメインスタジアムで開催される大会です。普段はなかなか見ることのできないモンゴルの文化を [続きを読む]
  • モンゴルのスーパーで買えるおすすめライ麦パン。お土産にも!?
  • モンゴル生活で毎日の食事に欠かせないパン。スーパーに行くとパンコーナーにはたくさんのパンがずらりと並んでいて「どれがおいしのか??」と迷うほどです。日本のようなやわらかい食パンはモンゴルでは定番ではありません。どちらかというと、ずっしりとしたお腹にたまるハード系のパンが好まれるようです。そして、白いパンと同じくらいライ麦が入ったパンも売られています。毎日食べる物なので?より健康に良い食べ物を”と思 [続きを読む]
  • モンゴル通貨の両替はどこで?クレジットカードの使用やATMはあるの?
  • モンゴル国内で使われている通貨や両替の方法、クレジットカードの使用やATMについて紹介してみます。日本からツアーでモンゴルに来れらる場合、諸々の費用はツアー料金に含まれていますし、案内されるお土産ショップやデパートでは大抵クレジットカードが使えますので、現地通貨はあまり必要ないかもしれません。個人で来られる場合は、施設の入場料や市場などでの買い物は現金が必要です。また、現地のツアーに参加する時はドル [続きを読む]
  • モンゴルでお土産を買うならコレ!〜番外編〜
  • モンゴルにリピーターで来られている方は、定番のモンゴル土産にはちょっと飽きたな…、何か目新しい物や、面白そうなものはないの?と思っているかもしれません。モンゴルに初めて来たとき、スーパーに行にはロシアや外国の食品やお菓子がずらりと並んでいて、その多さに驚いた覚えがあります。日本ではあまりかけないと思われる、珍しいお土産になりそうなものをいくつか紹介してみます。お土産選びの参考にしてみてください。 [続きを読む]
  • ウランバートル市内を観光などでバス移動する時の注意点
  • ネットの口コミなどではバスは安くて便利な手段の一つとして紹介されていたりします。市内バスの運賃は500Tg(約30円)、ローリーバスは300Tg(約15円)という安さです。距離は関係ないので、近かろうが遠かろうが同じ運賃です。交通費は節約したい、タクシーはぼったくられそうで心配…などバスを利用する理由は人それぞれです。今回はウランバートル市内をバス移動する際に必ず知っておいた方が良いことをお伝えします。電子マネーカ [続きを読む]
  • ウランバートルでおすすめNO,1ベーカリーカフェ【TOUS les JOURS】
  • モンゴル生活で恋しくなるのは…「おいしいもの」。今回はベーカリーを紹介します。ウランバートル市内にベーカリーはたくさんあるんですが、パンの種類はどこも同じような感じで、パン生地がパサパサでどうもイマイチ…。そんな中、おすすめできるベーカリーがありました!韓国系ベーカリーカフェ「TOUS les JOURS」です。なんと読むのか調べたら「トレジュール」。フランス語で「毎日」という意味だそうです。韓国では街中でよく [続きを読む]