火の柱3 さん プロフィール

  •  
火の柱3さん: 火の柱3
ハンドル名火の柱3 さん
ブログタイトル火の柱3
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hakusinsya2
サイト紹介文電話 090-1244-1596
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2017/04/19 16:18

火の柱3 さんのブログ記事

  • 聖書のとおり 歴史は進んでいる
  • ペンテコステが起こっている日本の場合 かつてもペンテコステが摂理を導いていたと 思うが今また 再び 導かれているように思う今までも そうであったが 必ず天のお導きが あって ここまで来た私は いまだに 天がされていると思っている開いた口が ふさがらない 噂話が一人歩きを するのも 一度や 二度では なかったそれらを すべて 黙って 見ていた私に 直接聞きに来る人は 少なかったしかし 黙っていたそれ [続きを読む]
  • 生かされて いるではないか
  • 敵を愛せよ と言われた方はただ お一人しかいないイエス様であるこの 御言葉がいかに 困難なものであるかは皆さま ご存知のことであるお父様は もっと簡潔に もっと実際的に恩讐を 愛せと言われた開いた口が ふさがらないとも 言われた上着を 取るものには 下着をも与えよといわれた普通の生活では 自己中心の思いをぶつけられて それが恩讐になることがある誰でも 嫌いになるだろうそれでも その方の幸いを祈って [続きを読む]
  • いわんや 神様は
  • ある 体育教師がいたバク天が 得意であった生徒たちに それを見せていた時に失敗して 首の骨を折ったいご 彼は 首からした 無感覚になった腕に 注射をしても 痛みを感じない彼は 小水を 尿道に 管をいれてすごしていた小水の 管が時に 詰まる全身に汗が 吹き出すあるとき 母親が看護師を呼べど こない息子の様子を見て母親が 見かねて その管を 口にくわえ吸い込んで つまりを 取ろうとしてうまくいっった  [続きを読む]
  • ハレルヤ 野に咲く 一輪の花
  • 世界的 海流の行く末は黙示録により 推定できると思うそこまで 天は用意してくださっているしかし それもこれも救いのためであるいかに 大きな国になったとしてもいかに お金があっても救いが うちになければ 意味がない内心 の 海流5つの 王冠もこれであると 思う内なる 義の王冠 内なる 生命の王冠内なる 栄光の王冠 内なる 勝利の王冠内なる 喜びの王冠そうして 初めて 外的統一が来るすべて 汝の主な [続きを読む]
  • 嬉しいお父様  ありがとうございます
  • 神様は 愛の方であるので大好きである神様は どれほど 泣いてこられたのだろうお父様の お祈りはいつも神様を慰めておられた私は お慰めする気持ちはあるが神様の愛が 洪水のように押し迫るので  抗えず うれしくてそういう思いが 飛んで行ってしまう結局は ダビデのように 心の中で大踊り しているやっぱり 神様は 愛の方でいつも 愛しておられて 喜びに満たされてしまう嬉しい 御父様 ありがとうございます [続きを読む]
  • ダビデ王妃 哀れなり
  • ダビデは 神の契約の箱の前で踊りを 踊った愛する 神様を 称えて恥も 外聞もなく 踊った私は これがよくわかる本当に嬉しかったのであるしかしそれをみて 王妃が 彼を軽蔑し嘲笑ったそれを知った ダビデはそれ以降 二度と 王妃のところに 入らなかったそうである 王妃はダビデとともに 踊らなければならなかったのであるしかし 王妃は 神様が わからなかったダビデは 悲しかっただろうどれほど 傷ついただろう [続きを読む]
  • 不思議なことが 起こりました
  • 関西では 2015年を繰り返していると以前 言いました今日また 2015年に初めて あった方に3年ぶりに 突然の 連絡があり お会いしました当時は 霊的に 悪霊に とりつかれた ような状態でマクドナルドにも 普通のお店にも 怖がって入れない 状態でした 異状さは 手が付けられませんでした 要するに 聖書にある 狂った人の状態です今日 お会いして びっくりしました別人のように 普通の人に 成って私の [続きを読む]
  • すべてを 天にゆだねて 飛び込んでほしい
  • 信仰の世界と 非信仰の世界には越えがたい 壁がある神様からくる 無限の愛の世界を満喫する 栄光の世界とそこに 入りきれず とどまっている世界なぜ そうなっているのだろう不信仰 といえば それまでである世の 教育 サタンの教育 の結果ではある偽りの 心情を何故 断ち切れない哀れで 悲しい私は かつてそこにいたのであるだから わかる早くこちら側に 来てほしい栄光の 光 満ちる こちら側信じて 乗り越え [続きを読む]
  • 5つの王冠
  • 5つの 王冠1 義の王冠  イエス様を救い主と 受け入れ その再臨を熱望する2 生命の王冠  原理のパワーで サタンの妨害を乗り越える3 栄光の王冠  原理の教師となり 人々を教え導く4 勝利者の王冠  平和軍平和警察 で 肉体を主管して 勝利する5 喜び(誇り)の王冠 人として勝利して その栄光を再臨主におささげする簡単に要約しました [続きを読む]
  • 無冠の 王者
  • 無冠の 王者未来を 信じて 走る君よ今は 誰も 振り返らずとも栄光の 未来を 信じて 走る 君よ今 夜明け前 暗い中教会で 祈る君よまもなく 夜が明けるまもなく 夜が明ける君は 今は 無冠の王者栄光の 無冠の王者夜が明け 朝日が昇るとき君は 栄光に輝く頑張れ 無冠の王者 [続きを読む]
  • クリスチャンのために祈りましょう
  • 今 ペンテコステが 日本にも起きているこれは 天がなされるもので不思議としか 言いようがない病気が治ることは お父様も天聖教で おっしゃられている天とともに あれば 病気も 自然に治ると 言われているだから これから 大変な 病気をしている人も治るだろう我々は 無理に奇跡を願わない御心で あれば 病気を治してくださいと 祈るのみであるしかし今の時は 治るのが 御心のようであるまた 夢も見るだろう何 [続きを読む]
  • トンボの メガネ
  • トンボのメガネは 水色メガネ青いお空を 飛んだから 飛んだからテレビから こんな歌が聞こえてきたトンボの アニメとともに私の 心に 感動が 広がっていく神様は こんな小さな トンボをも愛の限りを 尽くして 作られてこんな トンボにも 青いお空を用意してくださっていた幸せな トンボ 愛された トンボ高く飛べ トンボハレルヤ ハレルヤ ハレルヤトンボのメガネは ピカピカメガネおてんとさまを 見てたから [続きを読む]
  • 再びのローマ
  • 歴史は再びのローマを目指してきたそして 今日のローマは アメリカであるかつて ローマは独裁を嫌っていた皇帝を 持たなかったしかし 次第に皇帝独裁体制になっていくプロセスは 社会主義と同じである国家が人民を 豊かにするといいながら人民を奴隷化する独裁を嫌いながら 独裁に堕落してしまった再びのローマ アメリカは 自由の国であるそれが いつの間にか 独裁の国に 堕落するかもしれない 何もかも国家が して [続きを読む]
  • 海流のように 大きな摂理の流れが あります
  • 信仰の根幹は 神様の息遣いを感じながら 生活することのように思う復帰原理は まさしくそうである生きた神様が 歴史を導かれるこれが 言葉だけではないのである実際に自分の身の回りで 起こってみると驚くのである自分は 神様を感じながら 生きているさらに その神様が 摂理的に 動いておられるのを見るとき なんとも言えず 驚く神様が 道を示してくださるからである神様は私に 愛を与えてくださると 同時に道をも [続きを読む]
  • 関西はもう一度 再出発している 不思議な同時性
  • ある方から 聖書セミナーをしたらといわれて今日 第一回目をしたなずけて 聖書礼拝 聖書を読みながらする礼拝である2015年 関西の礼拝の一回目は ある方の 電話から始まった礼拝ありますか不思議なことに 今日の礼拝は その同じ方から電話がきて 始まった 礼拝ありますかさらに 不思議なことに 最初の礼拝の時2015年 10月6日 であったがそのご主人が 質問 された ペンテコステて何ですか驚くべことに [続きを読む]
  • 奥深い信仰 2
  • 奥深い信仰 という題名の王様の説教があることを 知らないシックが 大勢いるようである知り合いの シックも知らなかった正直 私は 唖然としたどういうことなんだろう王様の説教 が 以外に聞かれてない 読まれてないそう思ってしまうもう一度 言いたい この奥深い信仰と いう 説教は あまりに大事である [続きを読む]
  • 奥深い信仰
  • 王様は当初 奥深い信仰 という 題名で説教されたことがあるものすごく 大事な説教であると思われるので 教会の礼拝で 上映したことがあるわが教会には王様の 11回にわたる当初の説教dvdがある希望の方は 連絡くださいその中の 6番目にこれがある沈黙を破ってから 6番目である信仰の 奥義 本質が語られている神様の 愛そのものが語られている素晴らしい dvdである私が 色々説明するより見ていただきたい王様 [続きを読む]
  • 大事な命にかかわる 聖書通読
  • 私は 聖書通読をシック達に 強く進める聖書から 伝わってくる 天のお父様のみ旨が わかるからである長い4000年に わたる物語である人生は 一代30年としたら 100代以上にわたるさまざまな 人々の人生も俯瞰できる何よりも 苦労に苦労された 神様の御姿が 現れてくる王様は これを本当に重視される中に ダビデのように 全面的に神様を愛して 喜び震える 人もいる皆様も 通読をお願いします最低 3回は  [続きを読む]
  • 未知の口伝原理が あるかもしれない
  • 口伝原理口伝律法のように人によって 勝手に付け加えられた原理ならざる 原理のようなもの非情に 危険な 行いでサタン的である三大王権では 隠し事がないしかし口伝原理 は公開したくない性質を持つそこで 未知の口伝原理がある可能性があるひょっとして 6マリアに対して6アダムと いうものがありはしないかキリストの混淫をまねた 子女による混淫がありはしないか思いもつかない 口伝原理が ありはしないか危険であ [続きを読む]
  • 口伝原理
  • 口伝律法 タルムードは 実は 2世紀に成文化されている原則 非公開であるがもれつたえられてはいるその内容は すさまじい特に イエス様をキリストとは 認めないためクリスチャンに対しては 人扱いをしないまた モーセの律法より 教育者であるラビを 上に置いてしまうところがあるイエス様が 言われたことを 言い伝えをもってないがしろにしているこの サタン的手法は キリスト教にも あるカトリックの十戒は プロ [続きを読む]
  • 摂理を破壊してきた 聖教の上に立つ口伝
  • 口伝律法というものがあるらしいイエス様も パリサイ人に言っているモーセの律法 以外に 律法を作りそれを 律法以上に 扱っているまさに 神ではなく 人の作ったものであるこうして ユダヤ教は イエス様から離れてしまった一方 キリスト教にも口伝福音 という ものがありそうだ聖母マリアは 無原罪の お生まれなどというのは それであろうキリストの勝敗の預言 勝敗の2つあるのに一つのみ 十字架のみとする 口伝 [続きを読む]
  • 再臨主が キリスト教徒に受け入れられる日
  • お父様が 再臨主として 受け入れられるのはいつの日になるのだろうおもえば 遠くにおもう本当にいつの日になるのか主が 行かれた日を 思うしかし もし ペテロが 正しく キリストを証て ともに十字架にかかっていたならば世界は変わっていただろうパリサイ人は お弟子様たちを 指してイエス様を 判断もしていたペテロと お二人で 十字架にかかっていたなら主の 最後の お姿の絵に ペテロもともにあっただろうそれ [続きを読む]
  • 関西の新しい 出発
  • 今日 一つの地域で 集会をした一つの小さな地域で 集会ができるのは関西でも 珍しい天が 何かを 指示しておられると思う西日本 災害 の後である地震 大雨 台風と 3連発であった台風などは 歴史上 ありえない軌道で 西日本を通過した すべては 日本エバ国家の 蕩減ではないかと思っている 200余名の方が なくなられたそんな中 新たに 集会を持ちわずかながら 伝道の 報告もされた今 神戸地域と この地 [続きを読む]