火の柱3 さん プロフィール

  •  
火の柱3さん: 火の柱3
ハンドル名火の柱3 さん
ブログタイトル火の柱3
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hakusinsya2
サイト紹介文電話 090-1244-1596
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 215日(平均3.7回/週) - 参加 2017/04/19 16:18

火の柱3 さんのブログ記事

  • 天が導いておられます
  • 山時超えて一人行けど主の手に委ねる身はやすけし心筋梗塞で入院中 不安な中いつもこの歌を思いながら 聞きながら将来を 主の手に委ねて 生きていましたまさにその通りに すべて良いようにしてくださいました前にもまして 健康になりましたただ頭だけは 前と同じく 悪いです記憶力が弱いのは 以前からで すぐ忘れますいいことは 恩讐ですら すぐ忘れてしまいます忘れっぽい人です私からすると みんなよく覚えているな [続きを読む]
  • 万民が愛されるべきひとなのである
  • 人は 保身するあまり うそをついたり人を押しのけたり迫害したりする自分のせいではない まさに蛇が私に食べさせたのです である保身するあまり 責任を押し付けてくるこのような隣人を 好きになることは いやであろうそれは そうである 愛するのはさらに困難であるしかし それでも許し 愛していくと見えてくるものがある彼らにも 愛すべきひとがいるのである守るべき 人がいるのである 気まぐれに人を傷つけるが愛す [続きを読む]
  • 汝の敵を愛せよ
  • 恩讐はほかの誰かが 愛してくれるだろうかそんなことはない 自分の恩讐は自分が解決しなければならない恩讐が悔い改めて 自分に謝りに来るのを願うのか 何年たっても来ないだろう恩讐は わたしから 愛していくしかない恩讐問題を抱えて 天国へ行けるだろうかそれはない迫害するもののために祈れと主は言われるそれが 一つの道越えられない峠はない負いきれない重荷はない叩けよ さらば開かれんどれほど 神様は励ましてく [続きを読む]
  • 恩讐を超えて 敵を愛せ
  • 近親者との軋轢に苦しんだのは 一人私だけではないだろう親子関係 義理の関係 よく母が言っていた義理ほどつらいものはないといやでも 顔を合わせないと済まないおはようの声をかけないといけない兄弟の関係 姉弟の関係大体親は 年若いものを 応援するお姉ちゃんだから 弟にゆづりなさいとか親もできないことを 幼い娘に言ったりする理想はそうかもしれないが 5歳の女の子には無理である勢い 泣きわめく するとより一 [続きを読む]
  • どこか受け入れてくれるところはないか
  • 昨日また新しいシックがこられました信仰歴 35年の方ですこの方が言われるには多くの連合の教会長は お母さまと距離をおいているお母さまの言うことがもはや耐えられない金 栄輝先生が お母さまはぼけた といわれ教会長たちも もうどこか他に行きたい連合にいたくないと思っているお金はいい 何とかする しかし教会長でいたいどこかないか 受け入れてくれるところはないかそのように 探しているという [続きを読む]
  • 全くもうこんなことがいつまで続くのか
  • 哀れな分派の人々 位置を外れた愛の減少感で サタンの虜になった 不幸な人々我々は真の父母様に愛されてこんなに幸せなのに気の毒なことだお父さん教会から電話ですよもしもし 今回いくらできますか お母さまが困っておられます日本の責任ですこの間したばかりではないか そんな金どこにもないでは1万 でも二万でも できませんかしかたないなー 仕方なく1万しようあーこんなこといつまで続くのか分派の人々も さぞかし [続きを読む]
  • 関西はそうなっています
  • 東から 光が登ってきました西からはすでに ジャンヌのような人が北には 行動力の塊のような人が南には 信仰の塊のような人がそして 中央にもついに人が立ちましたそして その基礎に内的 光がさしています不思議な運勢です 9月23日をすぎてお父様が 臨んでおられます関西は そうなっています [続きを読む]
  • 救命講習終了証をもらいました
  • 救命講習終了証をもらいました消防署で訓練をうけました心臓マッサージ と AEDの使い方をならいましたなんで この時期にこれを習うのかと思いましたなんせ 急性心筋梗塞で手術をして2か月今度は助ける側にまわっていた人形を使った訓練心臓マッサージ 疲れるのなんの大変な労力である パンパンパン と両手に体重をかけて胸骨を 上から垂直に圧迫する30回して 顎を少し上げ鼻をふさぎ マウス から マウスに息を吹き [続きを読む]
  • 大金をだせる人がいなくなると 少しはましになるかも
  • サタンの人事サタンの組織には 特徴がある声の小さいものを 責任者にするのである特に 信仰深いものを 責任者にすることはない経理責任者は たてつかないものを選ぶまた たてつけないものを選ぶあるアメリカの元経理責任者からの電話である勿論 国際電話である 有名な金氏の下にいた金氏が下の 責任者に訓戒するのであるそれをきいてしまったいいか 経理は重要である そこにうるさい正義をかざすものを入れてはならない [続きを読む]
  • 本当に敵を愛するとはどういうことか
  • 敵を愛し 自分を迫害するもののために祈りなさい マタイ5章44節このみ言葉が守られた 世界であろうか2000年前からあった ただ聖書のみにあるみ言葉であるそして ルカ23章34節そのときイエスは言われた父よ彼らをお許しください 自分が何をしているのか知らないのですこういわれて 天に召されたご自分の言われたとおりにされ ゆかれた皆さんはどうお思いですかこの行いは 我々の行いになるべきですか それとも [続きを読む]
  • 銃社会が直ちに危険とは言えない
  • 世界第三位の銃社会 スイス国民100人当たりの銃所有率は第一位アメリカ 第二位イエメン 第三位スイススイス在住の国際結婚された 日本人によると銃の犯罪率は非常に低いとのことほとんど その種の事件を知らないというないわけではない直近は2013年におこっている日本における銃の事件は もっと多いように思うしかし ヒットラーがスイス侵入を避けた国である理由は その国民の銃にやり返されるからである銃社会が直 [続きを読む]
  • 日中戦争を克服しよう
  • このままでいくと 朝鮮半島は赤化統一されるアメリカの方針は中国に北朝鮮を制圧させることである韓国は中国と手を結んでいる韓国中国で朝鮮半島を統一しようとしているアメリカは 北の核がアメリカの障害になることを避けるためには アジアがどうなるとしても傍観するだろう 結局アジアは日本が責任を持つようになる中国韓国と対峙してしまうすなわち 中国対日本であるこの時によく安倍政権であったものであるよい判断であっ [続きを読む]
  • いまあなた方は祝福家庭ではない 父を否定し母が分かれたからである
  • 思い込みの誤解というべきか韓氏オモニと真のお父様が一体というこの論を進める理由が 祝福家庭はここから始まったというところである真の父母を否定すれば我々の根幹がなくなり祝福家庭がなくなるとその通りである よく言った母が父を否定したので一度 その根幹はなくなったのである 祝福家庭はいったんいなくなったのである父母が分かれたからである ここに統一教会は崩壊したのであるゼロになったのである だからあなたた [続きを読む]
  • すべてを解放します
  • しばらくするとまた書きたくなります花咲爺さんは 私たちのことではないかと思います我々は花を咲かせる種を持っていますみ言葉の上に咲く 木 そこに花が咲きますどのような障害がそれを妨げるでしょう三大王権は 世界的になりますそして すべてを飲み込んでいきます真の御父母様は私たちのてを通して御業をなさいます天一国万歳 天一国万歳すべてを解放します [続きを読む]
  • 我が教会は自由である
  • 昨夜 ある方から電話があった日本サンクチュアリに行くと管理主管されると 聞いたといわれれる誤解である 会長がよく言うのである去るものは追わず 来るものは拒まず常日頃そう言っておられる私もそう思う私は 毎日曜日礼拝をしている誰が来るのか一切知らない 向こうから礼拝行きますと言われても 私から礼拝来てくださいとは基本言わない確認の電話をしたことがないだから管理するつもりがないだから 連合のように 分派 [続きを読む]
  • 勝手に事態が進んでいく
  • 不思議な出会いであった聖和式で出会った方である勿論 聖和された方の親族である私が聖和式の主礼をしたみ言葉をかたるのである不思議なことに 原理講義をしていた神様はいるのか から始まり どうしたら幸せになるのか と話していたというより 誰かが私を通して語るのであるそして 最後に教会に来ませんかとお伺いすると行きますといわれた私は こんなことがあるのかと感動しましたいきなりの初対面である シックのご家族 [続きを読む]
  • 連合2世が一人で帰ってきました
  • 連合2世が一人で帰ってきました驚きました 16歳でした自分で原理講論を読み感動して連合の教会に行くもブログで亨進様の動画を見て ここは違うと知って 単身サンクチュアリ教会に来られました普通 親に連れられて仕方なく来る2世が多い中まれなことですそして ずっと来ています [続きを読む]
  • 私に恐れはないです
  • 私が関西を大きな教会にしたいのは啓示があったからである夢に ものすごい数の人々が礼拝をしているのを見たのである私は そのまま我が教会のことと信じた天使があなたの教会はこのようになるといったのである私は ほおっておいても我が教会は 増えると思っているしかし 私がかかわってもっと早くなればと思う勿論 私の家族もそこに入る教会が 大きくなればできることが たくさんあるあるシックから 老人ホームを作ってく [続きを読む]