火の柱3 さん プロフィール

  •  
火の柱3さん: 火の柱3
ハンドル名火の柱3 さん
ブログタイトル火の柱3
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hakusinsya2
サイト紹介文電話 090-1244-1596
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2017/04/19 16:18

火の柱3 さんのブログ記事

  • 韓国を真のキリスト教国家にしなければならない
  • 韓国を見ていて 不思議に想うことがあるあんなに情が深いのに 北朝鮮については 無関心のように見えるどれほど 苦労しているのか知っていそうなのに 何もしない日本が 東西に分裂して西が 共産化されて 苦労していれば東の 日本人は 黙っていない韓国は 国とか大きい単位に対しては非情に冷たい日本のほうが 暖かい70年間も 北朝鮮をそのままにしてきた今 左翼により 統一しようとしていても無関心であるあたか [続きを読む]
  • この 大馬鹿野郎
  • 今 息絶えようとする人へどれほど多くの 人が今 息絶えようとしておられる だろう誰も 明日生きている保証はないのであるならば 今 悔い改めて神様 に 帰ろうではないか否 帰れ すぐ 帰れ父は 父は 御身を かき抱いておられるお前 すぐ帰れ父ちゃんが 待っている馬鹿野郎 今まで 何してたこの 大馬鹿野郎 [続きを読む]
  • 大波よ来い 越えてやる 2019年
  • 本当の2019年に向けて 嵐の予感です坂巻く波を乗り越えて めでたく 大海を 渡って 行きましょう内的な 蕩減の時代に 比べれば なんのその100mの 波もなんのその神様が 鍛えてくださった この 男には さざ波にすぎませんどんと 越えて見せましょう [続きを読む]
  • サンクチュアリ新年の 本当の2019年が来ます
  • 統一教会史というものがありますお父様によれば 内的教会史と外的教会史がありますすると サンクチュアリ教会も内的教会史と外的教会史が ありそうです去年までは 内的教会史で今年から 外的教会史のような気がします個人的な 蕩減路程の 2012年から 2018年2019年は 社会的な 路程大きく 広がり 浅く 広く 社会に出ていく時ではないかと 思いますこの時代は ミクロの教会歴史においてすべて 準備が終 [続きを読む]
  • 学級崩壊 の教会
  • 重大なことを語りますあるクラスがありました大勢の生徒が 先生のもとに おりました先生は 毎日生徒たちを 真心こめて教えましたそこに 王様が 生徒に 王冠を くださいました立派な王様に 成る様に くださいましたそこで ある人が 言いました先生は 天使長である天使長は 生徒に 仕えるものである私たちは すでに 王であり王妃であるから先生 天使長に 主管されたら 堕落であるそれは そうだと 多くの [続きを読む]
  • 帰っていくところ
  • 今日は 久々の礼拝をしました私は 泣き虫ですぐ 声が詰まります神様の お話をするときは声が 出なくなりますしかし 礼拝ですので話さないといけませんマリア ジブチの話を しました少しの 説明が必要です共産主義下で 信仰のゆえに つかまり冬の 牢獄で死にましたマリアは お父様にあったこともありませんそのお父様に 祈りながら死んでいきましたそれを聞いた お父様は 夜じゅう部屋を歩かれ 思いをマリアジプチ [続きを読む]
  • 栄光の王冠
  • シックは みんな苦労しておられると思うそれは そうである神様がおられ 堕落の世界があるからである堕落が 無ければ 苦労もないものを主は おおせられた 汝の敵を愛せとその 苦労の果てに おおせになった苦労の日々は つらくて辛くて 苦しいものをそんな日々を 愛し包んでくださった神様 ゆえに 涙した夜を越えまた 朝を迎えるしかし 父は 子に 必ず勝利を 与えんがため 決意されておられる暗闇の 扉 [続きを読む]
  • 神様は 必ず勝利させてくださいます
  • 神様はすべてを勝利させてくださいます火あぶりの刑は どんなに辛い刑でしょう島原で 火あぶりで神父様が行かれました歓迎のなか いったのでは勿論ありませんむしろ 見せしめのため 反キリストの立場を 表明するため人びと に 彼を罵倒することさえさせたでしょうおいしいごはんを 食べさせて磔にしたでしょうか全て 否です若い神父様でした 故郷に親兄弟を残して遠い 異国に来られましたそこで 幸せになって欲しいと [続きを読む]
  • 天一国の実現
  • 我々は 天一国を実現しようとしている実際に アメリカを復帰しようとしている天一国の候補の第一は アメリカであるここで鉄の杖のことが出てくるアメリカは 銃どころか 核兵器まで持っている これを否定してどうなるか中国 イスラム当の支配に 成るだろう再臨主のお考えは 現実的である実際に 国を地上に作ろうとされるならば 軍事力は絶対に必要である1000年 王国の間は 必ず持っていなければならないゴグ マ [続きを読む]
  • 銃の摂理の 奥深さ
  • 私は 王様のことを書かないといけない私は 王様に比較的 情が行くほうだと思うしかし 王様にお会いしたことがないであるのに 王様のお気持ちがよくわかる気がする大変な重圧が あると思う暗殺リストの3番目にあるというだけで私などは 眠れなくなると思うだから より激しく 語らなければバランスがとれない王様が 激しく語れば 語るほどその 重圧が 大きいと 思うといい ということである今年は 危険 苦難 の年 [続きを読む]
  • お父様は 地獄にこそ 救いに行かれます
  • 地獄の底で出会う 御父様イエス様が 十字架の上から霊界に行きました最初に行ったところが 問題です何処だと 思いますかそれは ノアの時 洪水に飲み込まれた人びと の ところでしたイエス様のすることは 神様のされることです救い主が 最初に訪れた霊界が彼らの ところです神様は 洪水の時 悔いられましたどれほど 悲しかったでしょうそれで 独り子を そこに送られたのですいの一番でした彼らが 功労者であったか [続きを読む]
  • 関西の2019年は希望の年です
  • ようやく 新しいシックが来そうです2家庭ほど 来ます長い 停滞期でしたこの間 路傍伝道にも出てまた 脱北者問題にもふれ北関係の方と 知り合いになりました活動は 一切停滞は ありませんでしたがだんだん 回復しました新規伝道も今年から 本格化しますそんな中 2世が新しい道を開いているのが 頼もしいです我々とは 感覚の違う2世です楽しみです関西は2019年は希望の年です [続きを読む]
  • 真の王
  • 走りに走ってきたので今更 信仰の本質を語ろうとは おもっていなかったよく 私たちは クリスチャンを低く見ていた祈祷にしても 薄っぺらな祈祷であるなーと思い 尊敬していなかった確かに我々の祈りは 激烈であったしかし しかしであるお父様も 我々はイエス様の兄の立場であると 言ってくださった更に 昨今は 王冠まで くださったそれで 我々は キリストに似たものになったのであろうかイエス様の 兄になったで [続きを読む]
  • 揺れるシックの皆さまへ 心の洗礼を受けてください
  • いろいろ 揺れるシック達の声も聴くしかし 私の場合 力と愛は御父様からくる神様からくる全て 神様のなかにあるいつも そこからくる 愛に酔っていて何がどうなろうと 幸せな思いはかわらない時に応じ 人に応じ 揺れるのはわかるしかし この神様からの愛が全てで あるので私は 幸せである外は嵐であるのに 暖かい神様のお家にいるのであるたとい 迫害の中にあろうと 変わらない迫害も すべてを受けたわけではない [続きを読む]
  • 連合にまだいる 霊の子
  • 霊の子から 年賀状が届きましたまだ情はのこっているのだなーと思ってしまいます彼らは いまだ 連合にいます私達 霊の親子は 離れたくて離れたわけではありませんあのお方が 御父様を裏切らなければこうはなりませんでした一体どうして ご自分によってお父様は メシアになれたとどの口が 言いますかおおわが新婦よ 来たりしか裏山 荒れ野を なれを 求めと 聖歌にあります苦労の果てに 訪れてくださった御父様 [続きを読む]
  • あり得ない国
  • トランプ大統領という人はやると言ったら やる人だというのが だんだんわかってきた企業減税もやったメキシコの壁も やるだろうすると 世界の警察もやめるだろう当然の論理である自分の国は 自分で守るのは当たり前である他国と同盟するなら 対等の同盟であるのがいいと思うアメリカの軍事力の提供を受けるのならそれ相応の 見返りを求めるのは当然である本来 自国軍で 自分の国を守るべきである皆さんご存知のようにここ [続きを読む]
  • 河内節
  • 私は大阪の人間であるから河内節 河内音頭が好きである河内というのは 大阪でも特に 言葉が きついところです貴方は どちらへ行かれますかというのをおんどれ どこ行きさらすんじゃいと こんな感じで 大阪でも普通 喧嘩するときに使うような言葉を日常 使うという 土地柄であるそこの出身の歌手 中村美津子という方がいて 気風もよく巻き舌で 河内節を 歌い上げるのが気持ちいいところで 私はしばしば 会長にまじ [続きを読む]
  • 1月3日街頭 3人でした
  • 3人でした少ないといえば少ないですか聴けば お二人とも明日から仕事とかあり難いというか 偉いというか立派だと思いました何せ今日はまだ三が日来ない人は人で 当たり前です家族と過ごすのも 大切なことですご親戚との付き合いもありますある意味 この三人は 飛んでいます人は 色々でいいのです関西は すべて 自由です [続きを読む]
  • 壺阪霊験記(盲人の目が開いた)
  • は 浄瑠璃から 起こっている盲目の三味線弾き 沢一と 妻 お里の物語である妻は夫をしたいつつ 夫は妻をいたわりつの名セリフはご存知のかたも居られるでしょう浪曲にもなっている一度お聞きくださいシックは 大泣きするでしょう大水の日 流されるお里を助けた沢一は 泥水に目をやられ 盲目になるそれが縁で お里は沢一の妻になるお里は自分のために 盲目になった沢一のため 壷阪寺という険しいお山の寺に 3年 [続きを読む]
  • 下弦の月と明星が隣り合わせ(イスラムの星)
  • 1月2日 早朝下弦の月と 明けの明星が見えました下弦の月の 右下に明けの明星が大きく輝いて見えました写真があると思いますが 肉眼でははるかに輝いて 明るく見えましたひときわ明るい 明星でした夜空に 輝いていました三日月と 星は イスラムのシンボルですかつて オスマン帝国という国がありました その国の国旗がそれでです2019年1月2日にでました今年はイスラムに関係する年になるのかもしれませんオスマン [続きを読む]
  • 神様の日 おめでとうございます
  • ブログは 読者に支えられています本当に ご支援ありがとうございました世界に人が何人いるかわかりません70億人以上いるそうですお父様は 大勢いても必ずお一人に話かけられました神様が そうなので人は 誰しも 一対一で神様と 対しています感謝申し上げます静かに 訪れてくださる神様に感謝申し上げます霊界も入れるとどれほどの人がおられるのでしょうご無事に このふところで安んじてください今年も変化にと [続きを読む]
  • 男性の皆さん しゃべりましょう
  • 私の友人で無駄に明るいといわれている人がいる彼が職場に来ると やかましい奴がきたーと言われるそこで 彼と私の会話が始まる延々と続く 私は楽しいのであるそばの人は だんだん うるさいなーと想いだすそれも気にはするが 話は続く楽しいからである男のしゃべりはみっともないといわれるが私はそうは思わない男の無口は 情が薄いと想う喫茶店に午後1時に入りしゃべりだして ふと時計を見ると午後7時になっていた気が付 [続きを読む]
  • 家庭総連合
  • 人間てどうしてこんなにだまされやすいのか連合を見ていて思うとって食べたら 本当に死ぬといわれたのですかとって食べたら 知恵を得るでしょうとって食べなさいこのような ルーシェルの誘いが今日もあり そして堕落していく結果は 死である聖書のお話をただ 伝説のように聞き現実を現実として 見ない人になる日本に朝鮮総連という 組織がある北に送金する 北の教育をする組織であるこの組織を見ていると 連合は似てい [続きを読む]
  • 大阪 街頭演説の 報告
  • わずか 5人でありましたでも5人もいました2時間の演説 女性の方と2人で演説しますすると演説の間 10人以上の警察官がやってきます道を挟んで 討論が始まりました動画を取りながらしています外国移民 反対派と 移民賛成派との激しい討論のようで 20人くらいの人と数人の移民反対派が 対立し警察が 間に入っています私はといえば ちょうど移民問題を演説していました毎年 8000人の外国人労働者が行方不明にな [続きを読む]